福岡を釣る、福岡を食う。

ルアー釣りを中心に、シーバス、メバル、アジ、 さらには貝やカニなどの海の幸をキャッチ&イート。 楽しければ何でもありな、福岡市在住の家族の日記です。

2015年07月

もはや完全に釣りブログではなく、
昆虫採集ブログと化してますが…。

3連休初日の土曜日、またまた西に遠征しました。

今回は、息子と一緒。
前回のノコギリクワガタを見て、息子もかなり期待しておりましたが、
現地についてみると、その期待をさらに超える、
こんなやつに出会えました!

2015-07-18-21-37-25

大きくてつやつやの、美カブトムシ。
角も大きくて、威厳があります。

さらに、ちょっと小ぶりでしたが、こちらも発見しました。

2015-07-18-20-36-33

ヒラタクワガタ。
胴体がものすごくつやつや光っています。


この場所、虫の数も多いのですが、
色も形もきれいな個体が多いのもすごいですね。

夏休み初日、息子もとても満足できたようです。


さてさて、明日からは、南の島にバカンスに行ってきます。
このところずっと忙しかったので、熱帯魚でも見ながらリフレッシュしてきます!

ではまた!



にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

==========================
■1993年7月19日 自転車日本一周旅行 第19日目
 ・スタート 14:00 北海道根室市
 ・ゴール  18:00 北海道根室市 
 ・走行距離: 約50キロ            
==========================

ここ、根室までやってきた理由は、もちろん言うまでもありません、
日本最東端の地、納沙布岬を目指すためです!

日本地図で見ると根室市自体が日本最東端にあるように見えますが、
さすがは広い北海道だけあって、
納沙布岬までは、根室市街から25㎞も離れています。

往復にすると50㎞ほどと、そこそこの旅路です。

ということもあって、今日は、午前中は市内でゆっくりくつろいで、
午後から納沙布岬を目指すことにしました。
岬を経由して根室半島を一周し、夕方には戻る、プチトリップです。


昼飯(もはや何を食べたか完全に忘れましたが…)を食って、14時に市内を出発。

2015-07-16-00-47-09

昨夜も見かけたのですが、道中には風情のある建物がたくさん。
本当に美しい町です。

海沿いを走るので風がきつかったのですが、
予定通り16時ごろに納沙布岬に到着しました!

ご覧下さい!
最北端の地に比べると、いささか殺風景ではありますが、
これが日本最東端の記念碑です!

2015-07-16-00-52-33

海の向こうには、一番近い北方領土の貝殻島が望めるそうです。
(この日は天気悪くて見えなかった気が…)


そんな場所だけあって、この辺りは北方領土返還の運動も最先端でして、
シンボルモニュメント、「四島のかけはし」が、
岬の横にどーんとそびえたっておりました。

2015-07-16-00-47-19

最東端の碑より断然立派です。まぁ、そういうもんなんでしょうか。

こうした公的なものだけでなく、地元の方による北方領土返還の運動も盛ん。
個人の思いを込めた領土返還を願う看板もたくさん見られました。

image

手書きで、ものすごく迫力のある看板です。


そんなこんなで、
九州にいると忘れてしまいがちな領土問題が
日本にも存在することを痛感させられた納沙布岬プチトリップも、
根室駅到着をもって、終了!

2015-07-16-00-47-50

ちなみに余談ですがこの根室駅は、有人駅では日本最東端の駅となります。
無人駅も含むと、この隣の東根室駅が真の日本最東端となるのですが、
ちょっと行きづらかったことから、この当時は断念してしまいました。

せっかくこのブログには、
日本最北端の駅はもちろん、最南端最西端も掲載できたのに、
最東端だけが載せれなくて、今思うととても残念です。

なんとか、生きてるうちにもう一度根室に旅して、
東根室駅に行ければいいなと思います。
そしてその時に、もう一度キレイな根室の街並みを見ることができれば、
とても楽しく味わい深い旅になるでしょう。。。


【 20日目につづく 】

【 1日目から見る 】


★20年後、再び思い出の町、根室へ。
 念願の東根室駅も訪問した、旅の記録はこちら


回想旅行記に満足いただけたら、    
ぜひ応援クリックお願いしまーす!


にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

先週土曜夜、
どうしても気になっていた場所を確認したくなり、
大人げなく、成人男子一人でクワガタスポットに行ってきました。

最初に行った南方面のスポットは、コクワガタのみ。
大人なので、すでに飼育しているコクワはもちろんスルー。

続いて西のスポットへ。

1箇所目。結構いました。
コクワ2匹目撃。
そして、別の木の幹にて、ご覧の通りの今年初ヒラタゲット。

2015-07-12-02-10-47

ちょい小さ目ですが、
やはりコクワと違って風格があります。


さらに、別のスポットへ。
近づいただけで蛾が乱舞。これは期待できます。

幹をよく見てみると、いました!

2015-07-12-02-10-08

きれいなノコギリクワガタ。
子供のころ「水牛」と呼んで憧れてたクワガタです。

慎重に素手で捕まえました。

というわけで、結局この日は、この2匹を捕獲。

2015-07-12-02-11-25

やはり、遠征をすると、中央区とは違って虫影も豊富ですし、
コクワ以外の種にも出会えますね。

夏休みは子供も多少夜更かしできますし、何度か遠征してみたいと思います。


ではまた!



にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

先週土曜日、
息子のとあるご褒美に柳川にうなぎを食べに行きました。

とりあえず定番の本吉屋でうなぎを食した後に、
お花のあたりに行ったのですが、そこでこんな場所を発見!

2015-07-07-01-26-09

「おきのはた水族館」という、有明海の生き物専門の水族館。

柳川にはこれまでに数度来たことがあったのですが、
この水族館の存在は初めて知りました。

世界有数の固有種を誇る有明海の生き物がたくさん見られる、
ということであれば、スルーするわけにはいきません。

この日の予定を変更して、さっそく中に入ってみました。


2015-07-04-13-39-04

まずはこんな感じで、入ってすぐに、
有明海で使われていたさまざまな漁具が所狭しと展示されています。

さすが、日本一の干潟というだけあって、貝掘り関係の道具が多いです。

さらに進むと、こいつがいました。

2015-07-04-13-26-28

有明海のシンボル、ムツゴロウ。
意外と大きいです。

その奥には大きな風呂桶があり、
鯉やすっぽんといった、この辺のクリークに見られる生き物がいます。


そして、一番奥にあるのが、有明海を再現した、メイン水槽。
マリンワールドで言えば、玄界灘を再現したパノラマ大水槽に相当します。
それが、こちら。

2015-07-04-13-30-33

メインではありますが、かなり小規模です…。
でも、直接エイや魚に餌をあげられて、子供たちは楽しそう。

しかもいわゆる有明海の生き物に加えて、
島原あたりの外海近辺の生き物もいるので、結構にぎやかです。

2015-07-04-13-33-24

こんなのもいます。
(水族館のおじいちゃんは「クエばい」と言ってましたが、ちょっと違う気が。)


このほかにも、生きたワラスボやシオマネキ、
さらに昔は採れていたという巨大なタイラギの貝殻や、ハゼグチの剥製など、
結構面白い展示がありました。

解説をしてくれるおじいちゃんも親切で、観光施設というより、
漁師のおじいちゃん宅を訪問したようなアットホームな雰囲気です。

柳川に行かれることがありましたら、せっかくの希少生物が見学できるので、
ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。


ちなみにこの辺り一帯には魚屋も多く、
有明海の希少生物を食材として購入することもできます。

今回、我が家で買ったのが、『エイリアンのモデル生物』という噂のある、
ワラスボの干物。

2015-07-05-08-31-46

見たところそんなに美味そうではないのですが、
お酒のつまみに絶品ということなので、そのうち食べてみようと思います。


ではまた!



にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

6月28日 曇り 大潮 気温22℃
満潮/19:53 干潮/翌1:11 
釣行時間 22:00~0:00

------------------------

7月1日 晴れ 大潮 気温22℃
満潮/22:02 干潮/翌3:29 
釣行時間 23:00~1:00

------------------------

釣れん…。
アタリも0…。

image

魚がいない場所で釣ってるんでしょうか?

でも結構、目の前で魚がバシャバシャボイルしてるのですが…。
もしかして、シーバスじゃないのかな??

誰か釣れる方法教えて下さい!

ではまた…。



にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ