福岡を釣る、福岡を食う。

ルアー釣りを中心に、シーバス、メバル、アジ、 さらには貝やカニなどの海の幸をキャッチ&イート。 楽しければ何でもありな、福岡市在住の家族の日記です。

2018年04月

--------------------  

4月15日 晴れ 気温12℃ 風少 波少                         
中潮  満潮/19:40 干潮/翌2:07
釣行時間 23:00~24:00

--------------------

この日も下げ潮の1時間釣行。
博多ふ頭近郊の某所のチェックを兼ねての出撃です。

ここ、冬場はけっこう魚が多かったのですが、
春先は、魚がいたりいなかったり。

また、上げがいい時もあれば、
ド干潮で高活性の時もあり、
なかなかパターンがわかりづらい場所。

果たして、気温も上がったここ最近は
どんな感じなんでしょうか?


到着後、
まずは鉄則の際狙いからスタートします。

すると…

image

いきなり来ました、セイゴちゃん。

とりあえずボウズは回避成功です。


その後しばらくアタリはなかったのですが、
日付が変わるころ、ゴンっと鈍いアタリ。

重量感のある引きで、ドラグもどんどん出て行きます。
引きの感じからして60位はありそうです。

今回、アタリ重視でフロロ0.9号を使っていたんですが、
耐えられるのか微妙な感じです…。

強引なやりとりを避けて、
なんとかじわじわと足元まで寄せてきました。

が、そこで最後の抵抗。
勢いよく潜られて、糸がついに限界をオーバー。

無念のラインブレイクです…。

かすかな風に吹かれて
ひらひらと漂う切れた糸…。


残念な結果に終わってしまいましたが、
ここには大物がいることは分かったので、
次回からは、
もう少しラインを太くして臨もうと思います。


ではまた!    


---------------
2018年の釣りの記録

■釣行回数:26回

■総漁獲高
 ・マアジ:42匹
 ・マサバ:1匹   
 ・スズキ:16匹 
 ・メバル:10匹
 ・アラカブ:5匹 
 ・マゾイ:1匹 
 ・ササノハベラ:3匹    

■ボウズ回数:6回
---------------         



★インスタグラムに最新釣果等載せてます。
 よろしければ見てみて下さい。
 http://instagram.com/masayuking182

   
★九州の釣果情報は、こちらから!   
 ↓




人気ブログランキングへ                                                   


   

--------------------  

4月11日 晴れ 気温16℃ 風少 波少                     
若潮  満潮/18:51 干潮/翌1:33
釣行時間 23:30~25:30

--------------------

4月11日、仕事が終わって、
ちょっとだけ元気が残っていたので、
1週間ぶりの博多湾へ。

水温も上がってきて
ここ最近調子がいいと言われる博多湾ですが、
確かにその通り、1投目から結構アタリがあります。

そして数投目で、ついにヒット!

2018-04-28-23-15-16

2018-04-28-23-15-19

なかなかの重量感とともに上がってきたのは、
45㎝のまずまずのフッコ!

その後、アタリが減ったので場所移動。
去年は結構メバルが居たポイントに潜入してみます。

すると…

2018-04-28-23-15-21


2018-04-28-23-15-20

小ぶりではありますが、連続でメバル!

ようやく博多湾にもメバルが入ってきたんですね!
この調子でどんどん入ってきてくれると嬉しいですね。


2018-04-28-23-15-23

というわけで、
結局最終的には、シーバス2、メバル2で終了。

数は微妙ですがアタリも頻繁にあり、
バラシしも多かったですが、思う存分に魚とのやりとりを楽しめました。


季節も良くなるので、これからも隙を見つけて、
いろんな釣りにチャンレンジしたいと思います!


ではまた!    


---------------
2018年の釣りの記録

■釣行回数:25回

■総漁獲高
 ・マアジ:42匹
 ・マサバ:1匹   
 ・スズキ:15匹 
 ・メバル:10匹
 ・アラカブ:5匹 
 ・マゾイ:1匹 
 ・ササノハベラ:3匹    

■ボウズ回数:6回
---------------         



★インスタグラムに最新釣果等載せてます。
 よろしければ見てみて下さい。
 http://instagram.com/masayuking182

   
★九州の釣果情報は、こちらから!   
 ↓




人気ブログランキングへ                                              




気づけば早くも対馬最終日。
予報では多少風が弱まるとのことだったので、
一縷の望みを持って5時起床。

風の影響の少ない浅茅湾内の某漁港に行ってみることにしました。

アジがいるかどうかすら分からないので、
ガルプベビーサーディンを付けて、適当に20カウント。

ゆっくり巻いてくると、いきなりアジっぽいアタリ!

どうやらここにはアジがいる模様。

風も多少は弱まっているので、何とかここでリベンジ爆釣を目指します!

同じ場所にもう一投し、20カウント。
同じように巻いてくると、再びアタリ。
アワセも決まり、ようやくまともにアジが釣れました!

image

この調子で行けば、そこそこ数は釣れるはず!
ということで、3投目、4投目と投げますが、
徐々にアタリがなくなってきます。

日が昇ってきたせいでしょうか。

対馬に来てせっかくの時合なのに、このままではもったいない。

ということで、リフトアンドフォールとか、
いろんなことを試して、とにかくヒットパターンを探します。

そして分かったのが、まさかの早巻き。

福岡で、早巻きで釣れたことなど一度もなかったんですが、
ここ浅茅湾のアジは、早巻きに反応するようで、
早巻きし始めてから、アタリが戻ってきました。

2018-04-24-23-45-24

とか言いながら、結局ポロリ多発で、
キャッチできたのはわずか2匹。

アタリも遠のき、風も再び出てきたので、
1時間ほどで納竿することにしました。

今回の対馬遠征は、風のせいでなかなか微妙な結果だったので、
機会があれば、またリベンジに来たいと思います!


---

そんなわけで宿に戻って朝飯を食い、
その後はフェリーの時間まで、
今まで一度も行ったことのない
島の南部のドライブに充ててみることにしました。

2018-04-24-23-45-27

こちらが、椎根という集落にある、石屋根倉庫。
文字通り、屋根が石で葺かれた建物で、
対馬にしかない希少な建造物だそう。

2018-04-24-23-45-25

2018-04-25-00-27-24

2018-04-25-00-27-25

実際に今も倉庫として使われていて、
歴史の重みと生活感が共存する、何とも不思議な建物でした。


2018-04-24-23-45-30

ご覧の通り、対馬の南部は観光客も少なく、
こんなのどかな漁港が点在していて、
のんびりドライブするには最適なエリア。

2018-04-24-23-45-29

この景色を満喫しながら、2時間ほどドライブを楽しみました。

---

午後1時ごろ、ようやくフェリーの出港地、厳原の町に到着。

対馬の玄関口であるこの町には、
観光案内所や物産展などがたくさんあります。

せっかくなのでここでお土産を買おうと、
土産屋さんに入ってみたのですが、
そこで、去年まではなかったこんな光景に出会いました!

2018-04-24-23-45-31

image

なんと、カワウソのぬいぐるみが、大量に売られていたのです!

実は、半年ほど前に、対馬を舞台にしたこんなニュースがあったんです。

「長崎 対馬 38年ぶり カワウソ大発見」
http://www9.nhk.or.jp/nw9/digest/2017/08/0817.html

どうやらこのカワウソは、絶滅した二ホンカワウソではない、
と言うのが大方の見方らしいのですが、
そんなことはさておいて、さっそくカワウソに目を付けて
お土産屋さんではせっせとグッズ販売が行われていました。

その分、これまで対馬の王道キャラクターとして君臨していた
ツシマヤマネコのグッズが隅に追いやられていたのは、
何とも言えない気もしましたが…。


まぁ、いずれにしても、
対馬の豊かな自然が、
今でもこのような希少な動物を育んでいるのは、
とても素晴らしいことだと思います。

こんな対馬の自然がいつまでも守られるとよいですよね。

私も、微力中の微力ではありますが、
そんな対馬の素晴らしさを広めるために、
せっせと対馬旅行記を発信していこうと思います!


ではまた!    


【対馬旅行記その他の記事】
その1 対馬で尺アジを狙う
その2 暴風の朝マズメと夕マズメ

【2018年秋の対馬釣りキャンプ】
その1 秋の尺アジ狙い(1日目)
その2 早朝キス釣りと砲台巡り
その3 最終日に奇跡は起こるのか?

【2017年GWの対馬旅行記】
その1 ここはホントに国境の島!   
その2 超希少!ツシマヤマネコに遭遇!
その3 キャンプの食材を釣り上げる
その4 対馬ロックフィッシュフェスティバル!


---------------
2018年の釣りの記録

■釣行回数:24回

■総漁獲高
 ・マアジ:42匹
 ・マサバ:1匹   
 ・スズキ:13匹 
 ・メバル:8匹
 ・アラカブ:5匹 
 ・マゾイ:1匹 
 ・ササノハベラ:3匹    

■ボウズ回数:6回
---------------         



★インスタグラムに最新釣果等載せてます。
 よろしければ見てみて下さい。
 http://instagram.com/masayuking182

   
★九州の釣果情報は、こちらから!   
 ↓




人気ブログランキングへ                                              





対馬旅行2日目。
風が弱まっていることに期待して、朝4時半起床。

釣竿を車に積み込んで、いそいそと海へ出かけます。

ですが…

やはりこの日も爆風。
いや、むしろ昨日よりも風がすごくて、
風を遮る物の陰からしか竿出しできなそうな感じ。

というわけでそんな物陰を見つけ、
風が弱まった隙を見て、
ピンポイントでジグヘッドを投げてみます。

何回投げても風で竿があおられるばかりで
アタリも何もわかったもんじゃないのですが、
何となく違和感があったので軽く合わせてみると…

image

よく分からんけど、釣れてました!
なんとかこれで、ボウズ回避。

ですが、その後も一向に風は弱まらず、
結局朝マズメは
コイツにベラを1匹追加して終了となりました。。。

---

さてさて、
この日の昼は、風も強いので釣りはあきらめ、
前回の来島時にあまり見れなかった、
対馬の歴史遺産に触れてみることにしました。

2018-04-22-23-22-15

超レトロなこのガイドブックを参考に、
まずは、美津島町にある、金田城(かなたのき)へ。

2018-04-22-23-22-16

ここは、大和時代に造られた、
日本でも有数の歴史を持つ城で、
大陸からの侵攻に備えるために築かれたんだそうです。

とは言っても、もはや城らしき建造物は一切なく、
今は、壊れかけた石垣だけがひっそりと山の中に残っています。

2018-04-22-23-22-17

2018-04-22-23-22-19

2018-04-22-23-22-20

とは言えこの金田城は、
そのまま歴史に埋もれてしまったわけではなく
明治時代にもう一度脚光を浴びたことがありました。

海外列強の侵攻を防ぐための砲台が、
この城の頂上に建設されたのです。

その遺構が今もしっかりと残っているらしく、
今回はそこもぜひ見学したかったんですが…

なかなか山道が険しく幼稚園児の娘には難しかったので、
石垣だけを見たところで、
残念ながら引き返すことにしました。


---

そんな砲台の不完全燃焼を払拭すべく、
この日の午後は、対馬で最も保存状態の良い砲台遺構である、
姫神山砲台へ行ってみることにしました。

2018-04-22-23-22-22

天空の城ラピュタの世界が体感できる砲台ということで、
ワクワクしながら山道を登ります。

2018-04-22-23-22-23

ちなみにルートは途中で二股に分かれて、
間違った道に行くと違う砲台にたどり着いてしまうので、ご注意ください。


そしてこちらが、姫神山砲台。

2018-04-22-23-22-26

最初に向かえてくれるのが、レトロな弾薬庫です。

2018-04-22-23-22-25

もちろん中にも入れます。

2018-04-22-23-22-28

2018-04-22-23-22-27

その先が、メインの砲台エリア。

2018-04-22-23-22-30

2018-04-22-23-22-31

看板と実弾が迎えてくれます。

2018-04-07-14-46-31

2018-04-22-23-22-32

これが、砲台が設置されていた部分。

この円形に沿って、砲台を回転させ、
狙った場所を砲撃していたそうです。

役目を終えて雑草に覆われてしまった姿に、
時代の流れを感じます。


ちなみになぜかこの場所、野草が豊富で、

2018-04-22-23-22-37

ミツバや、

2018-04-22-23-22-36

山椒、

2018-04-22-23-22-43

山菜の王様、タラの芽も生えていました。

そして、その先からが、いよいよラピュタの世界です。

2018-04-22-23-22-38

2018-04-22-23-22-39

ロボットの兵隊がひょっこり現れそうな
まさにラピュタ感満載の小道。

ここを抜けると、いよいよ砲台の最上部、
観測ブースの跡地にたどり着きます。

2018-04-22-23-22-41

2018-04-22-23-22-42

2018-04-22-23-22-40

ここから望遠鏡で敵艦の位置を把握し、
砲手に伝えていたそうです。

そんな場所だけあって、
とにかく見晴らし良くて、素敵な場所でした。


ちなみに対馬にはこのほかにも、
全部で10カ所近い砲台の遺跡があります。

まだまだ全然観光地化してなくて、
タイムスリップしたかのように現代にたたずむ
歴史遺産を目撃できるので、
歴史好きな方は、ぜひ訪れてみることをお勧めします。


---

さてさて、
砲台から30分かけて下ってくると、
気づけば時刻はもう夕方になっていました。

そろそろ帰って晩御飯の準備をしなくてはいけませんが、
いかんせんおかずの魚が足りてません。

ということで、帰りに再度、別の漁港に寄り道!
夕マズメを利用して、食材確保に挑みます。

2018-04-22-23-22-45

2018-04-22-23-22-48

相変わらずの爆風の中、なんとかベラ2匹をゲット。
これで計4匹で、家族の夕食分は揃いました。

2018-04-22-23-23-58

砲台で採った野草(ミツバ、タラの芽、ノビル)とあわせて、
今日も楽しい食卓になりそうです!

---

そんなこんなで終了した対馬2日目。

いよいよ明日は最終日です。

島に来て2日間は、爆風と低温で、
なかなかつらいコンディションでした。

なんとか風が治まって、
明日はまともに釣りができるといいですね。

幸運を祈りながら、床に就くことにしましょう!


ではまた!    


【対馬旅行記その他の記事】
その1 対馬で尺アジを狙う
その3 最終日にアジの群れ発見!

【2018年秋の対馬釣りキャンプ】
その1 秋の尺アジ狙い(1日目)
その2 早朝キス釣りと砲台巡り
その3 最終日に奇跡は起こるのか?

【2017年GWの対馬旅行記】
その1 ここはホントに国境の島!   
その2 超希少!ツシマヤマネコに遭遇!
その3 キャンプの食材を釣り上げる
その4 対馬ロックフィッシュフェスティバル!


---------------
2018年の釣りの記録

■釣行回数:23回

■総漁獲高
 ・マアジ:40匹
 ・マサバ:1匹   
 ・スズキ:13匹 
 ・メバル:8匹
 ・アラカブ:5匹 
 ・マゾイ:1匹 
 ・ササノハベラ:3匹    

■ボウズ回数:6回
---------------         



★インスタグラムに最新釣果等載せてます。
 よろしければ見てみて下さい。
 http://instagram.com/masayuking182

   
★九州の釣果情報は、こちらから!   
 ↓




人気ブログランキングへ                                              






春休みラストの4月5日~、
対馬に旅行に行ってきました!

2018-04-05-23-27-18

今回も利用したのはフェリーつばさ。
家族4人に車まで乗せて
往復約4万円とリーズナブルなフェリーです。

そして翌朝5時、予定通り対馬に到着。
あいにくの雨で、風も吹き荒れ、なかなか微妙な状態。

ホントは朝から釣りをしたかったのですが、
この天気じゃ無理ですね…。

仕方ないので朝から宿泊場所にチェックイン。

---

近辺をぶらぶらしたり適当に時間をつぶした後、
前々から楽しみにしていたとある店に、ランチに出掛けました。

2018-04-22-03-37-53

豊玉町にあるあなご料理専門店、あなご亭。
対馬名物の黄金あなごを、これでもかと食べさせてくれる
対馬が誇る名店です。

家族別々に、刺身と白焼きと、煮あなごとカツをオーダーし、
せっかくなのでいろんな味を食べ比べてみることにしました。

2018-04-22-03-35-12
■こちらがあなごの刺身。こりこりして美味しいです。

2018-04-22-03-37-01
■こちらは白焼き。身は大きくふっくら。相当大きなあなごを使っているんですね。

2018-04-22-03-36-06
■あなごカツ。衣のサクサク感と身のふわふわ感の絶妙なハーモニーって感じです。

どれもとてもおいしく、
しかも他所では食べられない希少なあなごで、
大満足のランチになりました。


---

ご飯を食べ終わって店の前に出てみると、
目の前の岸壁で、現地のおばあちゃんが釣りをしています。

サビキでアジ釣りです。

見てると、数投に1投、アジがぴちぴちと上がってきます。

これは、尺アジいるかも!
ということで、相変わらず強風下ではありますが、
私たちも横で投げさせてもらうことにしました。

0.8gのジグヘッドにアジミートを装着。
サビキの潮下にいるアジを捕獲しようと攻めましたが、
最初の反応は、まさかのコイツ!

2018-04-22-03-39-31

なかなかのビッグサイズアラカブ。
釣ったのは嫁でして、とにかく重量感があって楽しめたそうです。

そしてサビキの人たちが帰ってから、ようやく…。

2018-04-22-03-40-18

アジ捕獲成功!

2018-04-22-03-41-10

数投後、少しだけサイズアップ!

2018-04-22-03-42-11

最後は、25㎝のサバ!

強風が吹き荒れる中、
何とか魚が釣れてよかったです。

---

さてさて、実は今回の旅の裏テーマが、自給自足。
ご飯を外食するのではなく、現地の名産も取り入れながら、
自分たちで調理しようという計画です。

なので、宿泊先も、きちんとしたキッチンのある物件を予約し、
調味料などは、わざわざ福岡から持ってきました。

というわけで完成したこの日の晩御飯が、こちら!

2018-04-22-03-43-40

■写真左上が、「対馬産サバのソテー しめじと小松菜の炒めものを添えて」。
 真ん中が、「アラカブとアジの刺身」。
 そして、下右が「アラカブのアラ汁(頭)」。

旅先でバタバタ作ったにしては、
なかなか美味しそうにできました!
自給自足の旅も、悪くないですね!

この調子で、明日もしっかりと食材が確保できるように、頑張ります!


ではまた!


【対馬旅行記その他の記事】
その2 暴風の朝マズメと夕マズメ
その3 最終日にアジの群れ発見!

【2018年秋の対馬釣りキャンプ】
その1 秋の尺アジ狙い(1日目)
その2 早朝キス釣りと砲台巡り
その3 最終日に奇跡は起こるのか?

【2017年GWの対馬旅行記】
その1 ここはホントに国境の島!   
その2 超希少!ツシマヤマネコに遭遇!
その3 キャンプの食材を釣り上げる
その4 対馬ロックフィッシュフェスティバル!


---------------
2018年の釣りの記録

■釣行回数:22回

■総漁獲高
 ・マアジ:39匹
 ・マサバ:1匹   
 ・スズキ:13匹 
 ・メバル:8匹
 ・アラカブ:5匹 
 ・マゾイ:1匹     

■ボウズ回数:6回
---------------         



★インスタグラムに最新釣果等載せてます。
 よろしければ見てみて下さい。
 http://instagram.com/masayuking182

   
★九州の釣果情報は、こちらから!   
 ↓




人気ブログランキングへ                                          








↑このページのトップヘ