もう2月も下旬に差し掛かかるなか、正月旅行のネタで恐縮ですが、
今回の平戸旅行では、UMA(未確認生物)だけでなく、
巨大生物にも遭遇しました!

それが、こちら!!

2014-12-31-16-07-09

駅の貨車を襲う巨大カマキリ!
列車の信号機を破壊しています。

という、まぁシュールなオブジェなのですが、
実はこれ、平戸の玄関口、「たびら平戸口」駅にあるオブジェ。

地理に詳しい方ならご存知と思いますが、
この「たびら平戸口駅」、旧国鉄名「平戸口」駅は、
日本最西端の駅として有名です。

2014-12-31-16-06-50

そんなわけで、通常の乗降客以外に観光客も結構訪れるようで、
駅側も、そんな観光客のために、いろいろと手作りのサービスをしています。

その一環が、今回遭遇した、巨大カマキリ。
なぜカマキリなのかというと、駅の近所に
「たびら昆虫自然公園」というテーマパークがあって、
そこにあやかったものだと思われます。

ちなみに、「同公園」WEBサイトはこちら。
http://www.hira-shin.jp/tabira-insect-park/

私もぜひ行きたかったんですが、残念ながら今回は年末年始で休園してました。

しかしまぁ、昆虫と人類の共生を図る公園のコンセプトに共感するように、
実はこの巨大生物は人間と共生してまして…

2014-12-31-16-07-38

この通り、足元には、捕獲を試みる人間が展示されてます!

しかも、このおっさん、よく見ると、腰にこんなものが。

2014-12-31-16-07-52

小さな昆虫を捕獲しまくってます!

共生したいのか、制圧したいのか、方向性がよく分かりません…。
仲間を捕獲したことに怒って、巨大昆虫が攻めてきたのか?
不明点や突っ込みどころが満載のオブジェです。

面白いことに平戸口駅は、これ以外にも変なものが多くて、
例えば、こちらの鉄道博物館。

2014-12-31-16-07-19

ネーミングはすごいですが、展示物は信号と遮断機のみ。
スペースも、畳2畳分くらい。
ここに「博物館」と名付けちゃうセンス、嫌いじゃないです。


こんなことばかり書いちゃうと、平戸が変な場所と思われちゃいますが、
実際にはちゃんとした見どころもたくさんあります。

例えば、駅の近くにある、田平の天主堂。

2014-12-31-15-51-19

ドラクエに出てきそうな、渋い教会。
日本におけるキリスト教を地に足を付けて脈々と育ててきた、
そんな存在感あるたたずまい。

そして、平戸島にわたれば、さらに数々の教会が。
中でも、一見の価値があるのが、この宝亀教会。

2014-12-31-15-05-26

絵本に出てきそうな、ほんとうにかわいらしいデザイン!
平戸島の奥地の森の中にポツンと建ってる感じも、すごくいいです。

そして、ここからさらに西に進むと、ヒラスズキと堤防シイラで有名な、生月島。

2014-12-31-10-25-00

この日は結構荒天で、波は荒れ狂い、サラシが出まくってましたが、
ヒラスズキって、こんなとこで釣るんでしょうか?

館浦港のシイラを含めて、まだまだ私のレベルでは、
こんな場所でどうやってあんな巨大魚を釣るのか想像もつきませんでしたが、
なんか絶景だし、海もきれいだし、自然も豊かだし、
いつの日か、また釣りに来たいなと思いました。


そうそう、釣りといえば、
平戸では、泊まった日の早朝、息子とメバリングに行きました。

2014-12-30-17-04-51

こんな感じで、水はすこぶるきれいでワクワクしましたが、
結果から言うと、ボウズ…。

離島に来れば簡単に釣れるのでは、と勝手な幻想を抱いてましたが、
そんなに世の中、甘くないんですね。


ではまた!



にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村