==========================
■1993年8月22日 自転車日本一周旅行 第44日目
 ・スタート 6:00 滋賀県大津市   
 ・ゴール  20:00 愛知県名古屋市 
 ・走行距離: 約150キロ            
==========================

この日本一周旅行記を書き始めて、3度目の3.11がやってきました。

東日本大震災の被災地である茨城県~岩手県は、
この旅行の初日~5日間で通ったとても思い出深い場所。

改めて震災の被害に追悼の気持ちをささげるとともに、
日々、何事もなく過ごせる自分の環境に感謝したいと思います。

---

というわけで、44日目。

生れて初めて間近で見る琵琶湖に感動しつつ、
目的地の愛知県に向かって、朝の6時に出発しました。


今日の行程は、
前半は琵琶湖に沿って北上し、
米原から関ヶ原方面に進んで岐阜県へ、
後半は南下して名古屋市へ至る、という、
東海道新幹線とほぼ同じルートです。

---

しかしまぁ琵琶湖、ホントに大きいですね。

日本第2位の広さを誇るサロマ湖に沿って走った時も、
どこまでも続くその広さに驚いたのですが、
琵琶湖はその比じゃありません。
まさに海!

大津市を出発して、草津、守山、近江八幡と、
いくつもの都市を通過しても、
まだまだ左手にはずーっと琵琶湖が。

これまでの旅で
道中で長時間休憩することはほとんどなかったのですが、
あまりの大きさに疲れ果てて、彦根市のコンビニで
アイス食いながら小1時間休憩してしまうほどでした。


ようやく昼ごろに米原町に到着。

ここ米原は、東海道と北陸方面が分岐する交通の要衝として知られます。
そんな米原からは東に針路を取り、
いよいよ琵琶湖を離れて、国道21号、22号線経由で愛知を目指します。

目の前には、堂々とそびえる伊吹山。
道も一気に山間になって、
ずっと平地だったこれまでと比べると、漕ぐのが大変。

1時間ほど漕ぎ進みまして、ようやく…

2017-03-05-23-05-33

峠を越えて、23県目、岐阜県に突入!

関ヶ原の戦いで有名な、関ヶ原町です。
なんか、ここを通るの、ミーハー的に嬉しいですね。

有名と言えば、
この関ヶ原のとなりにある大垣市は、
「大垣夜行」の終着駅として知られます。

「大垣夜行」とは、
夜の12時に東京駅を出る鈍行夜行列車。

「どこまで乗っても一日2000円」の青春18きっぷで
東京から九州方面に行く場合、
この列車の利用が不可欠。

そのため、サラリーマンだらけの夜の東京駅で、
この列車だけはバックパックを背負った若者たちで満席、
という、とても面白い光景が繰り広げられていました。

僕も学生時代に一度だけ利用したことがあり、
とても思い出に残っている列車なんですが、
残念なことに2009年に廃止されたそうです。


夜行列車だけに話が脱線してしまいましたが…

大垣を過ぎると、道はほぼ平坦に。

社会の授業の「輪中」で習った、
揖斐川、長良川、木曽川という3つの大河が、
次々に現れます。

2017-03-05-23-06-23

そして、最後の木曽川を渡ったところで、いよいよ

2017-03-05-23-05-21

午後5時頃に、愛知県に上陸!

このペースなら、あと2時間弱で名古屋市に着けるでしょう。
できれば明るいうちに着いて、名古屋城を見たいもの。

ということで、頑張りました!

2017-03-05-23-05-47

写真の質感がレトロすぎますが、「名古屋城と自転車」。

2017-03-05-23-06-01

そして、「名古屋城と懐かしのマニアック車『コロナクーペ』」

2017-03-05-23-06-12

さらに、「名古屋城と懐かしの走り屋御用達『KP61スターレット』」

と、なぜか名古屋城とトヨタ車のコラボ写真を
たくさん撮っておりました。

---

実は、そんな名古屋城で、ちょっとした出会いがありました。
ロードレーサーで東京から大阪にツーリングをしている、
という人と知り合いになったんです。

この方、非常に珍しいのが、
テントを持たず、かつ有料の宿泊所も利用せずに旅をしているという、
私と同じ『野宿派』の方でした。
(私が旅の最中に出会った人のほとんどはテント派で、
 『野宿派』はこの人だけだった気がします。)

そうなると会話の方も自然と、
「今日どこに泊まる予定?」という内容になるわけですが、
この方の宿泊方法は、私にとって
目からウロコが落ちるものでした。

それが、大学の寮に泊まる、という方法。

確かに、大学の寮って
出入りが自由で、ベッドもあるし、寮母もいて安全!

そして何より、こうした旅行に理解がある、
という、まさに自転車日本一周野宿の旅の宿に
求められる条件をすべて満たす場所なんですね。

なるほどーと納得した僕は、
この方といっしょに、大学の寮に泊まってみることにしました。


数カ所の大学寮には断られ、
かなり走って東山動物園の近くまで。
とある大学の古びた寮を訪ねたところ、無事交渉成立。
ようやく今日の寝床を確保することができました。

ちなみに、その寮のことをついつい思い出してしまう映像が、こちら。
(探偵ナイトスクープの「神回」とも言うべき名エピソードです。)

 

 
というわけで、無事寝床も確保できたことで、
その後は記念に同宿の方と飯を食いに。
せっかくなので奮発して名古屋飯。

さらにその後は、学生街の定番である銭湯に行って
人生初の電気風呂も体験することができました。


そんなこんなで、とても楽しく過ごせた名古屋の夜。
まともに寝るのは久しぶりだったので、体の疲れも取れて、
とてもいい一夜になりました。

改めて、ありがとうございます!


ではまた!


【 45日目につづく 】

【 1日目から見る 】


★旅行記に満足いただけたら、
 応援クリックいただけると嬉しいです!

 
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村