にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ←各種釣行記録はこちらから!

------------------
2019年4月17日 釣行時間 23:15~25:00
気温15℃ 水温17℃ 晴れ 風なし 波なし
中潮 満潮20:43~干潮翌2:47
------------------

例年、博多湾でメバリングしていて、
20㎝オーバーが釣れるのって年に数えるほど。

23センチを超える良型となると、
良くてシーズンに1匹くらい、
という肌感覚がありました。

ところが今期は、すでに24センチ級を2匹。

しかも何となく、居場所やアタリ方も似ていたので、
もしかして同じ方法をやれば、
博多湾でも安定的に
20オーバーのメバルを釣れるのかもしれません。


というわけで、平日ですが17日の夜、
そんなことを意識しての釣行を実践しました。


いつもは比較的オープンな場所で釣りをするのですが、
やはり良型のメバルはそういう場所にはあまり居ず、
身を隠せるものがある場所でヒットすることが多い気がします。

なので今回は、
ストラクチャー周りから重点的に攻めてみることにします。

すると1匹目。

IMG_2829

比較的表層でアタってきたのが、いつものチビメバル。
地形や障害物に関わらず、表層にはこのサイズが多いんでしょうか。


逆に、レンジを下げてストラクチャーのキワキワを通すと
ヒットしたのがこの方。

IMG_2830

いつもよりちょっとだけ大きいサイズ。
やはり大きくなるほど障害物に居着いているんですかね。

で、メバルならこれよりちょっと浅いレンジかも、と、
気持ち浅めの層を通していると、
再びはっきりとしたアタリ。

反応が鈍いので、小さいセイゴかなと思ったんですが、
一応しっかりアワセます。

すると一気に下に向かって走る動き!
きっとこれはメバルでしょう。

ということで、慎重にやり取りして
上がってきたのがこいつでした。

IMG_2832

IMG_2835

23.5センチ!
やはり、この場所、このやり方!

メバルはレンジさえ合えば、居れば食ってくる、
なんて言いますが、その通りのようです。

いずれにしても、狙って答えを出せたので、
この魚は格別ですね!


ちなみに普段は、あまりレンジを下げると
根がかりして、仕掛けも気持ちもロストしちゃうんで
あまり低層は攻めないのですが、
とにかくこの日はいろんなレンジでテストしてみました。

結果…

IMG_2836

IMG_2837

タケノコだけじゃなく、
博多湾では珍しいアラカブまで釣れてしまいました。


というわけでまぁ、
なんとなく博多湾の良型メバル釣りの
コツがちょっとつかめた気がした、
春のとある夜の釣行記録でした。


ではまた!

-------------
2019年釣りの記録

■釣行回数  :20回
■魚種別漁獲数
 ・アラカブ  :4匹
 ・メバル   :43匹
 ・マアジ   :19匹
 ・マサバ   :1匹
 ・スズキ   :8匹
 ・タケノコメバル:25匹
■総水揚げ数 :100匹
■ボウズ回数 :0回


★インスタグラムで最新釣果見れます!
 https://www.instagram.com/masayuking182/


★九州の釣果情報は、こちら!
にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

★ソルトルアー情報は、こちら!
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ