仕事を除けば、
四国に来るのは人生で5度目。

その中で、一度も行ったことなかったのが、
世界ジオパークにも認定されている、
室戸岬です。

せっかくの長期休暇だし、
今行かなくていつ行くの、ということで、
今回、満を持して
人生初の室戸岬を目指すことにしました。

ーーー

ということで、その前にまずは、
こちらは人生三度目となる、
四国最南端の岬、足摺岬へ。

IMG_2908

太平洋に面して突き出した、足摺岬灯台。
絵になる光景です。

IMG_2910

一応こちらが、四国最南端の証。

IMG_2914

IMG_2915

そんな場所だけあって、
生えている木々も南国風。

西表島で見たような、
板根を持つ木も、あちこちで見られました。


さてさて、そんな足摺岬にある、
足摺サニーサイドホテルというところに
今回泊まったのですが、
ここがなかなか素敵なところでして…

ホテルの裏に、こんな地磯が
広がっているんです。

IMG_2900

ヒラマサでも釣れそうな、
広大な地磯。

IMG_2902

IMG_2906

潮だまりも超キレイ!

IMG_2907

よく見るとテーブルサンゴも生えています。

宿泊者は釣りもできるそうなので、
このブログの読者の方は、
ぜひここに泊まって、
ヒラマサだのブリだのを釣り上げてください!

ちなみに私は、こんな場所があるのを知ったのが
出発直前だったもんで、
せっかく釣り具を持って行ったのに、
ここで釣りすることができませんでした、残念。


ということで、足摺岬を見た後は、
300キロ近く離れた室戸岬へ!
(実際には、別日に行っております。
 一日でこの両岬に行くのは、
 なかなか厳しいのではないかと思います。)

IMG_2959

ご覧ください、こちらが足摺岬と双璧をなす、
高知県東部の岬、室戸岬。

九州からはなかなかアクセスしづらく、
行ったことがない方も多いと思いますが、
ここはここでまた素敵な場所です。

IMG_2956

室戸岬は足摺岬と違い、
海岸まで降りれます。

そこに直接太平洋の荒波が打ち寄せ、
砕け散ります。

なかなかダイナミックな光景です。

また、詳しくは
ジオパークの施設で解説があるのですが、
この辺りは数十万年前の海底の地層が集まっているそうで、

IMG_2961

このような、地層の名残のある
豪快な岩がたくさん見られました!


そんな感じで見て回った足摺岬と室戸岬。

どちらも味があって、
甲乙つけがたい場所ですね。

両方とも行くと、なんかよくわからない
コンプリート感も得られるので、
ぜひ時間のある方は、両方に行ってほしいと思います。


ちなみに、この足摺岬と室戸岬に
挟まれた場所にあるのが、高知市の浦戸湾。

ここは、アカメが棲む場所として知られます。

ということで、その日の夜、
土砂降りの中、人生初のアカメ釣りに挑みました。

結果はというと…

もちろんボウズ。

セイゴのアタリすらありませんでした。

今年はここまで一度もボウズなしで来ていたのですが、
残念ながらここで記録が潰えてしまいました。

まぁ、幻の魚がそう簡単に旅行者に釣れるはずもないので、
これはこれで仕方ないと、
あきらめたいと思います。


ではまた!

-------------

★インスタグラムで最新釣果見れます!
 https://www.instagram.com/masayuking182/


★九州の釣果情報は、こちら!
にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

★ソルトルアー情報は、こちら!
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ