BEAUTIFUL DAY

マシャこと福山雅治さんと タイのバンコクグラスFCでプレー中のサッカー選手 滝澤邦彦選手を応援している 旅好き&グルメ好きな 名古屋人Squallのブログです。 何気なく当たり前に過ぎていく毎日。 でもそれは実は一番幸せなことなのかもしれない。 当たり前のような奇跡。 そんなBEAUTIFUL DAYをこれからも大切に過ごしていきたいです。

2008年04月

ひまわり観察日記 〜発芽〜

fda03a15.jpg
種蒔きから約1週間。
本日 芽が出ました(^O^)
10粒蒔いたうちの4粒が 発芽しています。

大きくなれよ〜(^O^)


勝手にひまわりの発芽だと思ってるけど まさかグレープフルーツじゃないよね?(笑)

ひまわり観察日記 〜種蒔き〜

56c891ec.jpg今年の初め。
縁あって あるマシャ友さんから『未来の種6代目』を譲っていただきました。

2002年?2003年? 福山エンヂニヤリングの番組の中で マシャが 育てたひまわり。
その初代ひまわりから採れた種が『未来の種』です。

当時これが欲しくてたまらなかったけど 当然抽選に当たるわけもなく・・

それがこうして年月を経て私の元に舞い込んできてくれるとは夢にも思っていませんでした。

未来の種であり 私にとっては幸せの種・奇跡の種・出会いの種でもあります。

マシャのひまわりから採れた種で こうして毎年いろんな地方で たくさんのひまわりを咲かせていられること それをずっとこうして6代目まで繋げていられること そしてそんなつながりの輪に私も今回仲間にいれてもらえること・・
声をかけていただいたマシャ友さんには本当に感謝しています。

そして彼女にこの『未来の種』が当たったこと。
本当によかった。
彼女だからこそ 大事に大事に育てることができて そしてこうして6年 たくさんのひまわりを咲かせてこれたんだろうなぁ〜と改めて思います。

すごいよねぇ・・マシャが育てた1本のひまわりの種から 毎年2代目 3代目とたくさんのひまわりが咲いて それが今もこうして繋がってる・・
きっと終わりは来ないもんね(^O^)
だから『未来の種』なんだなぁ・・としみじみ感じています。


ただ私 恥ずかしいことに お花を育てたことがほとんどありませんf^_^;
小学生の頃に 朝顔とへちまぐらいしか育てた記憶がない(笑)。
だから ちゃんと咲かせられるかすごく不安でもあるのですが 頑張って育てて 今年の夏に大輪のひまわりと出会えたらいいなぁと思っています。

マシャ友さんのアドバイスによると 種蒔きを何回かに分けると ずっと長く楽しめるということで 第1回目の種蒔きは4月中旬がおすすめらしいです。
ということで 何も分からない私ですが 近所のホームセンターでプランターと土を買ってきて 早速とりあえず10粒蒔いてみました。

それを見ていた甥っ子が いきなり『これも蒔いて!』と 自分が食べていたグレープフルーツの種を持ってきました(笑)。

えーっ!?
たしかに種だけどさぁ(笑)。
でも幼い子に夢を見させないわけにはいかないので とりあえず一緒に蒔いてあげました(笑)。

自分にプレッシャーをかけるためにもf^_^;これからここで 『ひまわり観察日記』として ひまわりの成長の記録を綴っていきたいと思います。
カテゴリも『ひまわり』というのを新たに作りました。

7代目を立派に咲かせて そこから採れた種で 8代目の友に繋いでいけたらいいなぁ〜と思っています。
まだまだ始まったばかりですが頑張ります!
19d29ccb.jpg
《番外編》
こちらのサボテンは 早くも育っちゃいました(笑)。

実はこれ シトラスの香りの消臭 除湿ポットなんです(^O^)

あまりに可愛くて しかも200円という 超激安だったので 3つも買っちゃいました。
サボテン3兄弟です(笑)。

以上 余談でした(笑)。

サッカー観戦 in 長良川

a38c9c41.jpg遅くなってしまいましたが 土曜日に長良川競技場までサッカーの試合(FC岐阜VS横浜FC)を観に行ってきました。

前日までの大雨が嘘のように 見事なまでの快晴!
やっぱり私は雨女返上できたのだろうか?(笑)

今回の観戦仲間は Shino もっちゃん そして東京からはるばるやってくる 唯一の滝友 Aちゃん。

天気も良いので ピクニック気分でお弁当を買い(作りはしません(笑))電車とバスに揺られ 長良川競技場へ。
ここへ来るのは実に5年ぶりです。
忘れもしない5年前の12月 天皇杯。
大雪でキックオフが大幅に遅れ 試合中も吹雪で視界が全く分からない。
しかも なんとオレンジのカラーボールに キーパーの楢崎選手は パンツの下に黒タイツ(笑)。
いろんな意味で 大冒険の(笑)試合でした。

そんな凍えていたイメージしかなかったのですが 久々に足を運んだ長良川競技場は 実にいい天気で 真夏日和でした(^O^)

岐阜は地域をあげて応援してるんだな〜っていうのがすごく伝わってきて 一番びっくりさせられたのが フードメニューの品数!!
今までいろんなスタジアムに足を運んできましたが こんなに よりどりみどりな フードメニューがあるのは岐阜が初めてです。
飛騨の名産 塩せんべいや 五平餅 みたらし団子 伸びるアイスのトルコアイス きゅうりの1本漬けetc どれもこれも食べた〜い!と思うものばかり。
お弁当を食べたばかりなのに 五平餅だけはしっかり戴きました(^O^)

あともう1回冬に長良川で対戦があるので その時は お弁当を買わずに岐阜名産を思う存分堪能したいと思います。
65695920.jpg
5年前は気付かなかったけど こんなに山が近かったんだ〜(^O^)
画像では遠くに山が見えてますが 実際はホントに目の前に山が顔を出してくれていて とても清々しく気持ちの良い場所でした(^O^)

本日の試合。
滝はベンチスタート。
後半出番がありますように・・と祈りながら 14時過ぎにキックオフ。

滝が出ていないということも理由のひとつかもしれませんが・・
なんともコメントのしようがない試合内容でして(>_<)
途中何度もZzzz・・してしまいそうになりました(苦笑)。
前半は1-1でドロー。
しかも横浜FCの1点 はオウンゴール。
得点に変わりはないけど んー・・・ってかんじでした。


後半60分。いつもより少し早めの選手交代。
トップバッターは滝!
Aちゃんと二人でテンションあがったのもつかの間 滝が出場した同じ時間60分に失点・・
もちろん滝が直接失点に絡んだわけではないけれど なんで今!?ってかんじでした。

先制され追い付き また逆転され そして追い付き・・の繰り返し。
後半からは少しずつおもしろい試合になってきて 2-2からなんとロスタイム3分前に アンデルソン選手の逆転ゴール!
この時ばかりは立ち上がって喜びました(^O^)
あと3分早く過ぎて〜!このまま追い付かれないで〜!と祈りながらも こういう時の3分って めっちゃ長く感じる(笑)。
最後の最後に危ない場面もあったりで ホントにハラハラさせられましたが なんとか逃げ切って勝ち点3をGETすることができました。

試合後のコメントで 監督も話していましたが本当に心臓に悪い試合でした(笑)。

滝は左サイドのポジションなので いつもは左を駆けあがっていくことが多いのですが 今回は真ん中に切り込んだり 右にいたり・・いつもとは少し違った滝のプレーを見れて それもまた楽しかったです。
でもやっぱり本音を言えば 左サイドでの滝のプレーが私は一番好きかな(^O^)

そして滝が怪我なく元気にプレーできていたことが 何より嬉しかったです。
これからまだまだ続いていく試合。
横浜FCには『J1復帰!』という大きな目標があるし 私もその目標を一緒に叶えるべく これからも出来る限り試合を観に行けたらなぁ〜と思いました。

まだまだ実は 横浜FC側で試合を観るということに少し不安というか葛藤があるけれど 滝が頑張ってる以上 私はこれからもずーっと 滝のいる横浜FCを応援していきたいと思っています。

次の試合観戦予定がまだ決まっておらず 最低月一ぐらいで行きたいなと思っているのですが・・
休みと 財布との相談次第です(笑)。

この週末 滝から心温まるパワーをたくさん与えてもらって 私にとってキラキラなスペシャルウィークになりました(^O^)

そして昔からの仲間と 新たな仲間(もっちゃん(笑))で楽しく試合観戦できたことがとても嬉しかったです。
もっちゃんはキングカズに夢中(笑)私とAちゃんは滝との接触にオロオロ(笑)Shinoはカメラマンとして大活躍(笑) おもしろい光景でした(^O^)

またこうしてみんなで試合を観に行けたらいいなと思ってます。

滝澤選手。
怪我に気をつけて これからも 元気にサッカーができるように そして 滝澤選手らしいプレーができるように頑張ってください。
これからもずっと応援しています。

HAPPY BIRTHDAY 滝!!

a4fe597a.jpg本日4月20日は 横浜FC 滝澤邦彦選手の30回目のBIRTHDAYです!!
滝おめでとう!!
三十路ですなぁ〜(笑)。
ようこそ30代〜ズへ(笑)。
でも男性は30からこそ 磨きのかかったステキな魅力が芽生えてくる と マシャを見てて思います(^O^)

ここ最近の滝を見てても そう思う。
ますますステキな男性になってると思うし サッカー選手としても魅力がどんどんあふれてきている。

まだまだこれからもずーっと応援していきたいので 大好きなサッカーを一日でも長く続けられるように 滝には頑張ってもらいたいです。

そんなBIRTHDAYイヴの昨日 FC岐阜 VS 横浜FCの試合を観に行ってきました。
そのレポは夜にでも。
これからも滝らしいステキなサッカーライフを過ごしていけますように☆

滝おめでとう(^O^)

原爆の凄まじさ・・・《訂正あり》

どうしても ここに書き記しておきたいこと そして ここを読んでくれているみんなに伝えたいことがあります。

長崎旅行二日目の夕方 山王神社で ある老人に出会いました。
山王神社 二の鳥居のすぐ近くに住んでいらっしゃる80歳ぐらいのおじいちゃんです。

私たちが名古屋から来たということ そしてもちろん戦争も原爆も経験していないということ・・

きっと『伝えたい』と思ってくれたんでしょう・・。

ゆっくりと私たちに当時の凄まじさを語ってくれました。
原爆というものを大人の時に経験してるから 当時のことは鮮明に覚えているそうです。
ただ 世で言う『ピカドン』については 『ピカッと光ったことは覚えてるんだけどドンって音がしたのかなぁ・・』と。
それぐらい熱線というものが脅威的だったということを 感じました。

そしておじいちゃんは二の鳥居について 私たちにたくさんのことを教えてくれました。
e550a1f9.jpg
おじいちゃんと出会う前に撮影していた 二の鳥居。
原爆の威力で 片足が吹き飛ばされ 1本足で力強く立っている 原爆の痕跡です。

私は今までここへ訪れるたび この角度(正面)からの写真しか撮っていませんでした。
何も知らずに 知ろうともせずに・・
3e7679e7.jpg
『鳥居の横に立ってみて』と言われ はじめて この鳥居を横から見ました。
写真では分かりにくいかもしれませんが 一本柱で立っている上の鳥居の部分 左にずれているの分かりますか?
柱の上のほうにある長方形の部分の向きが真っ直ぐだと思って見てもらうと分かりやすいかと思います。
爆風の威力がどれほど凄かったか・・
衝撃でした。
ebbf5fee.jpg
そしてもうひとつ。
こちらも さっきと同じ角度(横から)撮影した柱です。

石碑に彫られている名前。
左側は黒い字で はっきり見えますが 真ん中から右にかけては真っ白で 字が全く見えません。

これはこの部分に熱線が直撃したからなんです。
670d221c.jpg
こちらのほうが分かりやすいかと思います。
黒い部分と白い部分がくっきり分かれています。


私は今まで何度もここへ足を運んでいるのに 何も知らないままで 通り過ぎてきていました。
ただ 正面からの写真を撮って どうしてこうなったのか 考えもせず・・・

きっとこのおじいちゃんと出会わなければ この日も ただ正面からの写真を撮るだけで ここを離れていたかもしれない。

おじいちゃんは こう話していました。
『たくさんの人たちがここへ来てくれるけど ほとんどの人が正面からの写真だけを撮って帰っていく。
ただ 写真を撮るだけでなく どうしてこうなったのか どんな衝撃を受けたのか 知ってほしい』と。

私たちにその強い想いを伝えてくれました。


私は原爆体験者の方から直に話を聞くのはこの日が初めてでした。当時のことを 思い出すのもきっとつらいだろうに 空を見上げながら 目に涙いっぱい溜めて一生懸命伝えてくれて・・


私が泣くような立場でないと分かっていながら 堪えきれなかった。
話を聞くたびにどんどん涙があふれて止まりませんでした・・。
1b76a1de.jpg
そして『もうひとつ見てもらいたいものがある』と 被爆のクスノキまで案内してくれました。

私は恥ずかしいことに ここへ来たのははじめてでした。
鳥居は何度も見てきているのに どうしてここに足を運ばなかったんだろう・・

樹齢400年とも600年ともいわれる 山王神社の夫婦大楠。
原爆の威力で熱線に焼かれ 今後70年は草木も生えないだろう と言われていましたが 2年程経った後 新芽が芽吹き 奇跡的に緑が蘇りました。

この大きな幹は中が空洞になっており 2006年の台風の影響で大きな枝が折れ 10年ぶりに大掛かりな手入れをしたそうです。
その時 クスノキの幹から新たな空洞が見つかり 中から原爆の爆風で吹き飛ばされたとみられる焦げた石や瓦片が発見されました。

クスノキの根元に 発見された石と同じ大きさのものが置いてあるのですが こんな大きなものが一体どこから飛ばされて どうやって この幹に入り込んだんだろう・・
そう思うと同時に原爆の脅威が想像をはるかに越えた凄まじいものだったということを確信させられました。

このクスノキを実際に手で触ってみたのですが『生きてる』という想いが伝わってきて 込み上げるものがありました。

被爆後 このクスノキが芽吹いた時 街の人たちは幹に抱きついて喜び 人々の心に大きな希望と生きる勇気を与えたそうです。

ここへ足を運んだ際には 幹に触れてみてください。
力強く生きてます。



私はこの山王神社で 本当に忘れられない貴重な経験をさせてもらいました。
このおじいちゃんに出会わなかったら気付かなかったこと・・
つらい状況を思い出しながらも 私たちに伝えてくれたこと・・
そして最後に『こういう惨事が実際にあったということを忘れないでほしい』と言っていました。
私は涙ながらに『今日聞いた話 自分の目で見たことを 絶対伝えていきます』と固く約束を交わし おじいちゃんと別れました。
旅で出会えた一期一会。
こんなステキな出会いに巡り逢えたことに感謝します。
おじいちゃん ありがとう!
いつまでも元気でいてくださいね(^O^)




そして 熱いものを胸に抱きながら 最終日に訪れた原爆資料館。

ここでも私は貴重なお話を聞かせていただく機会に巡り逢えました。

入口に入って どこから回るのかキョロキョロしていた私たちに 『資料館の見学ですか?入口はこちらですね。もしよければ説明しながら回りますよ。』と声をかけていただいた 男性の方。
60〜70歳代の方でした。
ボランティアとして 資料館に訪れた人たちに 展示物や映像について説明しながら回ってくれるということでした。

ここにも私は何度も足を運んでいますが こんなふうに 当時の様子を話しながら回ってくれるのは はじめてです。
もちろん 何も迷うことなく むしろ 『ぜひ!』という気持ちでお願いしました。
私たちを案内してくれたのはFさんという方。
バッヂがついていたので名前はしっかり覚えていますが、ここではFさんとして書いていきますね。

まず 入場券を買い 中へ入る前に飾られていた一枚の地獄絵図。
この絵を見ながら Fさんは小さな声でつぶやきました。

『私の母がこんな状況でした・・』

Fさんの家族は爆心地付近で被爆し 爆心地から離れたところで原爆に遭ったFさんは 歩いて家族を探し求めたそうです。

母の姿を見つけた時 もう虫の息のようになっていて 翌日亡くなられたそうです。
ただ 今でも自分は幸せだと思っていることは 『母の姿を見つけられたこと』と語っていました。


そして中へ入り ひとつひとつの展示物 映像について とても丁寧に説明してくださいました。
今まで何度も足を運んでいたのに 一体私は何を見てきたんだろう・・ と思うほど 知らないことばかりで。

8月6日 広島に落とされた原子爆弾は 火薬を使った爆弾1万5千トン相当のリトルボーイ。

8月9日 長崎に落とされた原子爆弾は 火薬を使った爆弾2万1千トン相当のファットマン。

長崎に落とされた原爆の方が威力は強かったのですが 被害者は広島のほうが多かった。
その原因には長崎には山が多く開けていたので 威力は強かったけど少しだけでも被害は防げたということでした。

想像してみてください。
2万トン以上の火薬爆弾・・・
言葉を失いました。
話を聞くたびに言葉を失ってしまう私たちに Fさんは何度も『想像できないよね・・でもこれが実際に起きてたわけだからね・・』と言っていました。

被爆前の長崎の街。
被爆後の長崎の街。
その変わり果てた姿に 『これは本当に長崎なんだろうか?』と自分に問いただしてしまうような感覚さえ感じました。


そして足を進めていくと 見覚えのある顔と名前の写真にたどり着き・・
昨年8月に見た映画『ヒロシマナガサキ』の中で 当時の様子を語ってくれていた方々でした。

Fさんの話では この中の一人の方は同じボランティアに所属し こうしてたくさんの人に原爆についての体験を語るという活動をしていらっしゃるということです。

Fさんは会場を回る前に『どれくらい時間あるかな?』と聞いてくださり その時間に間に合うように回ってくれました。
私たちには1時間半ほどしか時間がなく とてもじゃないけど 1時間半では足りなかった。

『また今度ゆっくり来てくださいね。まだまだ見てほしいものや聞いてほしいことがたくさんありますので。』と言ってくださり 最後にこう語ってくれました。
『本当はあの時のことを忘れたくて仕方なかった。忘れよう忘れようと思ってきた。でも今 原爆に遭った方たちで生きている人たちはだんだん少なくなってきてる。10年もすれば 語る人が誰もいなくなって この原爆のことも忘れ去られてしまうんじゃないか・・
そう思った時に 自分が生きているうちに 若い世代の人たちに伝えていきたい。知ってほしい。そして親から子へと 語り継いでいってほしい。
忘れたいと思っていたけど 今は忘れてほしくないと思っている。』と。

あふれる涙を必死に堪えました。
きっと誰よりも涙であふれているのはFさん本人だったから・・。
当時のことを思い出しながらもこうして伝えてくれたこと。
心から感謝したいです。


もしこれから原爆資料館へと足を運ぶ方。
機会があればぜひボランティアの方たちに説明してもらいながら館内を回ってほしいと思います。
私たちが行った時はその場で無料で回ってくれましたが 気になったので 帰ってからHPで調べてみました。

『長崎平和推進協会〜ピース・ウイング長崎〜』という団体で HP上では 原爆資料館平和案内人として 予約が必須となっています。
平和公園周辺から被爆建造物をめぐるコースもあるようで そちらも合わせて見てみてください。

ただ私たちは無料だったのですが HPでは 案内人一人あたりの交通費として1000円ご負担いただきます と書いてあります。
そのへんがあやふやなので希望する方は一度電話で問い合わせしてみてください。

リンクが貼れなくて申し訳ありませんが 『長崎平和推進協会』と検索すればHPが見られます。



私は今回こうして二人の原爆体験者から話を聞くことができて 本当に幸せに思いました。
そして blogをやっていることを誇りに思いました。

ここで この場所でみんなに伝えることができる・・
知ってもらうことができる・・

強く強く 伝えたい!という気持ちになりました。

つらい想いをしながらも 昭和20年8月9日11時2分の惨状を伝えてくれたこと・・
本当に感謝しています。
そして絶対に忘れません。

これから長崎を訪れる方で 山王神社に足を運ぶ予定の方。
真っ正面からだけでなく 左に立って原爆の痕跡を目に心に焼き付けてきてください。

そして原爆資料館で 話をたくさん聞いてきてください。


長崎の空が 広島の空が 日本の空が 世界の空が いつまでも青くいられますように・・・。




《訂正》
※ひとつ訂正があります。
長崎は山が多く開けていたから広島より被害が少なかった。

のではなく 長崎は三方を山々に囲まれて 地形的に開けた街ではないから 山でせき止められた というのが正しい言葉です。

全く反対の意味の言葉で表現してしまい 申し訳ありませんでしたm(__)m

文中を一部訂正するというやり方が分からないためf^_^; 追記で最後に訂正という形ですみません。

長崎ぶらり旅 4月9日 〜トルコライス&平和公園〜

f201b84e.jpg大浦天主堂下電停から路面電車に乗って 観光通りへ。

旅最終日にして あることに今頃気付いた私たちf^_^;

路面電車は どこまで乗っても1回100円。

築町電停が乗り換え地点なのですが 私たちは初日 何度もここで乗り換えをして そのたびに100円を払っていました。

そしてこの日も築町で乗り換え。
ふと前のお客さんを見ると 降りる時に『乗り換えしまーす』と言って運転手さんから何やら切符をもらってる。
ん?何 何?
よく分からないけど 私も便乗して『乗り換えしまーす』と言ったら切符をくれました(^O^)

そう! 目的地にたどり着くまでは たとえ乗り換えしたとしても 100円で行けることを今頃知ったのです(笑)。

ということで 築町で乗り換えする場合は切符をもらってくださいね(^O^)
fd3f78ee.jpg
お昼ご飯は 前日ユウに教えてもらった トルコライス屋さん『コロッケ』へ。
と思って行ったら なぜか閉まってた(涙)。

なので もうひとつ候補にあがってた『ツル茶ん』へ。

レトロな店内で とても落ち着けるお店でした(^O^)
eb891472.jpg
トルコライスは6種類ぐらいあり 悩む悩む。迷う迷う(笑)。

ずいぶん昔に チキンカツとケチャップ系のものを食べたことがあったので 今回は少しめずらしい『シーフードトルコ』にしてみました(^O^)

エビフライ・スパゲッティ・サラダ・ピラフ そしてシーフードたっぷりのクリームソース。
たしかにマシャが言うように こりゃ2000キロカロリーあるわ(笑)。

でもペロリと完食しちゃいました(^O^)

美味しかったです(^O^)
ce4c5e85.jpg
♪こんなふうに橋を渡る 電車通りを抜けて こんなふうに逢いにいく 8番街のおまえに♪

Fellowでお馴染みの 仲見世8番街です(^O^)

この後 私たちは市役所へ向かうことに。

風と雨がさらに強くなり なんか傘に変な違和感を感じると思ったら 反対方向にひっくり返った!
つまり 骨が折れたというわけです(笑)。
ホテルから借りてる傘なのに・・どうしましょう(>_<)

そんなハプニングもありつつ 雨にも負けず 風にも負けず 必死の思いで(笑)市役所到着!

前日ユウに教えてもらったのですが マシャが撮影した軍艦島の写真が 市役所ロビーのショーケースに展示されています。

時間があればもう一度写真展に行きたい!と思っていたので ここで軍艦島の写真をまた見られたことを幸せに思いました。

こうして 福山ファンだけでなく 長崎市民の方が市役所に訪れた時に 写真に目を向けてくれる。
ひとりでも多くの人に 見てもらいたいな と思うと同時に 故郷である長崎の市役所に マシャの写真が展示されたこと ファンとしてとても嬉しくもあり誇りにも思いました。
時間がある方はぜひ市役所にも足を運んでみてくださいね。
43b2e297.jpg
長崎を旅する時は必ず足を運ぶ場所・・ 平和公園。
33fe09e5.jpg
光の関係で全く見えなくて申し訳ないのですが・・
平和の泉の石碑に書かれた言葉。


のどが渇いてたまりませんでした。
水にはあぶらのようなものが一面に浮いていました。
どうしても水が欲しくて とうとう油の浮いたまま飲みました。


こう記されています。

そして 泉の間から遠くに見えるのは 平和祈念像。
198b0076.jpg
反対側から 平和の泉を撮影してみました。
泉の間 遠くに見えるのは稲佐山。

ここの真ん中に立って記念撮影をすると 泉が羽になって 天使のように見えます。

平和の象徴がここにも現れていました。
7a3f532f.jpg
平和祈念像。
高く天を指す右手は原爆の脅威を 水平にのばした左手は世界の平和をあらわし 軽く閉じた目は原爆犠牲者の冥福を祈っています。
9f898a25.jpg
長崎へ来るたび ここにも必ず足を運んでいます。

ここでもたくさんの平和授業をしてもらえて この日初めて知ったこともたくさんありました。


山王神社での出来事と合わせて ここでのことも 後にじっくりレポしたいと思います。


この後ホテルに戻り荷物を受け取り 傘を壊してしまったことを謝り(笑)・・
ここのホテルのスタッフさんたちはホントにとても気のきく素晴らしい方たちで 心が温かくなれるような素晴らしい接客をしてくださいました。
またここに泊まりにきたい と思えました。

そしてバスで空港へと行き 帰りたくないのに(笑)名古屋に帰ってきてしまいました(涙)。
帰りの飛行機の中から見えた 空と雲に架かる虹。
旅の最後にとてもステキな景色に出会えたことを幸せに思います。




以上 やっと3日間の旅レポ終了です。
事前に 時間単位でスケジュールを立てて行ったのですが ほとんどは計画通りに進みました。
私ともっちゃんという 『どうにかなるさ〜』コンビにしては(笑) ここまで計画通りに進んだことはめずらしい(笑)。

ただひとつ心残りだったのは 原爆資料館にあと1時間はいたかった・・。
それだけがどうしても心残りなので また必ず行きたいと思います。

そして今回 唯一 計画違いで(笑)行けなかった『龍馬のぶーつ像』と 時間がなくて泣く泣くスケジュールからはずした『野母崎』 そして 次回は絶対に見ておきたい『軍艦島クルーズ』。

まだまだやり残したことがたくさんあるので また時間を見つけてお金を貯めて 長崎に行きたいと思います。

今回長崎を旅して思ったこと。
これは長崎に行くたびにいつも感じていたことですが ホントに 街が 人が温かい。

路面電車の方向が分からなくてキョロキョロしていた私たちに『どこ行くとー?〇〇ならこっちでいいよ(^O^)』とやさしく教えてくれたおばあちゃん。

10年ぶりに訪れた魚屋さんのおばちゃんとおじちゃんが あの頃と変わらず元気だったこと。

道に迷ってしまった私たちを目的地まで案内してくれたお姉さん。

『せっかく名古屋から来てくれたんだから大きく巻いておくね(^O^)』と ソフトクリームを通常よりも大きく巻いてくれた お土産屋の店員さん。


マシャが育った長崎の街。
マシャの人柄がそのまま この街にはあふれていました。

名古屋で生活していると 普通のことが普通でなくなってしまってるように感じる。

人に道を聞かれても 声をかけられる=キャッチセールスという方程式が勝手に出来上がってしまっていて 笑顔で振り返ることができなくなっている自分を改めて感じました。

東京に行った時 道が分からなくて声をかけたら 逃げるように走り去られてしまいました。

そんな街に 皮肉にも慣れてしまった私・・。

こんな生活に慣れてしまうことが間違ってる。
そう思いました。

人から声をかけられて 逃げてしまう世の中・・
そんな世界にしてしまったのは私たち本人なのかもしれません。

当たり前に普通に 人に温かみを持って接すること。
そんなことを長崎の街から 人から教えてもらったような気がします。


いろんな意味で本当に忘れられない旅となりました。

こんな長いレポを最後まで読んでくれて 本当にありがとう!
写真展を見て感じた想いもたくさんあるので これは写真展が終わって 忘れた頃に(笑)アップします。

そして最後にもうひとつだけ記事を書かせてください。

みんなにどうしても伝えたいこと・・
文章がまとまったらアップしますので 待っててください。

長崎ぶらり旅 4月9日 〜グラバー園&オランダ坂〜

長崎旅行最終日。
朝起きたら 外は薄曇り。
天気予報を見たら降水確率90%(涙)。
とうとう私の雨パワー本領発揮の日が来てしまったようです(笑)。

ホテルでチェックアウトを済ませ スタッフの方が親切に傘を貸してくださいました。
そう 気付けばもう本降りになっていたのです。
28338431.jpg
ホテルから徒歩でグラバー園へ。

グラバー園の最上部 『旧三菱第2ドックハウス』からの眺めです。

うーん 霧がかかってますなぁ・・・
天気が良ければ ここからの景色は最高です(^O^)
5b7b7cfa.jpg
こちらは旧グラバー住宅。
チューリップがとても綺麗に咲いてました(^O^)
このグラバー住宅は 真上から見ると 屋根が四つ葉のクローバーの形をしているらしいです。

そしてこの近くにある旧自由亭という建物2階にはレトロなカフェがあり 土日祝日限定でハート型のメロンパンが発売されるらしい。
ちなみに一日12個限定!
12個って・・少なっ(笑)。
土日に行かれる方 よかったらGETしてみてくださいね(^O^)
9ade4ad8.jpg
見つけると恋が叶うというハートストーン!!
見ーっけ!!
というより 団体客のガイドさんが『ここにあります』と説明しているのを聞いてしまった(笑)。

必死に自分で見つけてやるーっ!と張り切ってたのにチーン・・(涙)。

もう恋は叶いません(笑)。
16c19be5.jpg
二つ目は ばっちり自分で発見できました(^O^)
こちらは大きなハートストーンなので見つけやすいかも(^O^)

皆さん頑張って探してみてくださいね(^O^)
0b8162b5.jpg
長崎伝統芸能館に展示されている 『長崎くんち』の龍踊り。
これを見ると マシャが一生懸命に披露してくれた 稲佐山ライブを思い出す。
かっこよかったなぁ・・。
162dac62.jpg
グラバーガーデンショップで こんなものを発見!
ハートの貝殻に願い事を書いて・・・
952dd505.jpg
この大きなハートの輪に吊すと願いが叶います(^O^)

すっごいたくさんのハートでびっくり!
こっそり ちらちら見てみたら 『〇〇くんと結婚できますように』とか みんなめっちゃリアル(笑)。
私も超リアルな願い事を書いて吊してきました(^O^)
44ee2edd.jpg
グラバー園を出ると お土産屋さんがずらりと立ち並んでます。

なぜか ねこバスながさき号発見!!
もしかして乗れる!?と大興奮だったのですが 鑑賞のみでした(涙)。
いつか トトロの ねこバスに乗るのが夢です(笑)。

その他にも 個人的に欲しいと思っていたガラスエンジェルがあって。
ドラマ『愛し君へ』で使われていた かわいいガラスエンジェル。
すっごく迷ったんだけど 『いつか好きな人と長崎に来た時に二人で1個ずつ買おう!』と そんな日は来るのか?ってかんじですが(笑) その日を夢見て今回は我慢しておきましたf^_^;
0cd8d04f.jpg
今気付いたけど 長崎旅行3日間で 毎日アイスを食べてたらしい(笑)。

グラバー園を下ったお土産屋さんでしか食べられないという『びわソフト』。
雨降ってて めちゃくちゃ寒かったんだけど震えながら食べました(笑)。
おいしかった〜(^O^)
30736cc3.jpg
雨がだんだん強くなり それでも さるきながらオランダ坂へ。

この坂を登っていくと オランダがあるらしい(笑)。←福山大使談(笑)。

この写メを撮った直後 ありえないぐらいの大雨に見舞われることに(涙)。
傘さしていても 背中はびしょ濡れ 靴の中もびしょ濡れ。
あまりの大雨に笑えてきました(笑)。

そしてこの後 悲劇が起こることに(笑)。
またまた震えて待て!

長崎ぶらり旅 4月8日 〜餃子&おにぎり&ユウ〜

8dde8ed5.jpg
長崎駅から路面電車に乗り ふたたび思案橋へ。

こちらも マシャおすすめ『雲龍亭』の一口餃子。
27d30227.jpg
一口サイズでめっちゃ美味し〜い(^O^)

これ2人前なんですけど 余裕で4人前とかいけそうです(笑)。
この後 『かにや』に行く予定だったので ここはグッと我慢f^_^;

ここでも 餃子のタレに にんにくたっぷり入れちゃいました。

一口で手軽に食べられるので おやつ感覚で行ってみるのもいいかも(^O^)
e3d45e51.jpg
次に向かうは こちらも ふくやまっぷるに必ず掲載される(笑)『かにや』。

最初お店の名前を聞いた時 ネーミング通り 『かに』料理のお店だと思っててf^_^;

お酒を飲んで ちょっと小腹が空いた時などに立ち寄れる おにぎり屋さん。
狭い路地を入ったところにあります。
9ef9ad3d.jpg
私は おかかと 揚げそぼろ。
もっちゃんは おかかと 岩のり。
そしてマシャおすすめの赤出しを付けて(^O^)

不思議だったのが メニューに 赤出しと 味噌汁があったこと。
名古屋では赤出し=味噌汁なんです(笑)。

ここのおにぎり!
マシャも言ってたように なんか分からないけど めちゃくちゃ美味しい!
おにぎりって どこも一緒のような気がするし 特別美味しいっていうのがよく分からないけど でも ここはホントに特別!
c43a6898.jpg
こちらも名物 おでん。
けど 大根と卵には味噌が欲しかった(笑)。
何にでも味噌をつけて食べる習慣は名古屋人のクセですね(笑)。
75ddcc92.jpg
焼鳥!
マシャが『焼鳥もあんの?』と言ってたけど ありましたよ〜(^O^)

日本の御飯!ってかんじで なんだかとってもホッとできるお店でした。
2873831a.jpg
かにやを出た後 長崎美女ユウとの再会!
ユウとは三度目ましてだけど 初対面の福岡の時は5分程度の立ち話。
二度目ましての愛媛では 1階と2階で 上と下とで会話(笑)。
ゆっくり話したことはなく 今回やっとお茶しながら語り合えることに(^O^)

それにしても何度見ても べっぴんさんですな〜(^O^)

ユウおすすめのカフェでまったりトーク。
すっごい落ち着くお店でメニューもすっごい豊富だった(^O^)
蜜柑系の飲み物が何よりも好きな私(^O^)
『甘夏ジュース』をオーダー。
ユウとおソロ(^O^)
76863ea8.jpg
ユウからいただいたお土産。
なんとなんと リトルエンジェルズのお菓子!

『長崎の女の子で知らない人はいないってぐらい有名なお店のやつで・・』って説明してくれたユウ(^O^)

行った行った〜!と大盛り上がり!

名古屋へ帰ってすぐ このお菓子いただいたけど めっちゃ美味しかった〜 ありがとう(^O^)

笑い満載のトークだったけど ちょい真面目なトークも出来て すごく濃ゆい時間を過ごすことができました。
この後カフェを出て
また かにやへ(笑)。
ユウも久々に買いたい!ってことで うちらも 翌日の朝御飯用に(^O^)
ホテルの朝食ついてるんだけどね(笑)。

そしてユウがマイカーでホテルまで送ってくれました。
めったに会える距離じゃないから バイバイする時はめっちゃ寂しかった(涙)。
ユウの姿が見えなくなるまで ずっと手を振り続けたよ(^O^)

体調崩してる中 そして仕事後で疲れてる中 時間作ってくれてホントにありがとう(^O^)
また行くけんね〜 マシャとユウに会いに長崎へ(^O^)
4a1e9400.jpg
ホテルへ戻り なぜか朝食用だったおにぎりを 『なんか今食べれそう〜』ってことで(笑)結局はお夜食に(^O^)

やっぱり美味しい〜(^O^)

おにぎりを食べた後 順番にお風呂に入って この日は大人しく二人とも0時前には眠りについたのでした(^O^)

二日目の旅日記終了です。

さていよいよ残すは 豪雨&嵐の最終日のみ。
もうちょっと震えて待て!

長崎ぶらり旅 4月8日 〜マシャの足跡&約束の丘〜

市内へと戻り 次は 福山少年の足跡めぐり(^O^)

まずは 長崎県立工業高校!
この日 4月8日は まさに入学式だったようで 私たちが着いた頃はちょうど式が終わった直後。

わんさかと 初々しい男の子たちが校門から出てきて とてもじゃないけど 車を降りて写真を撮ることはできず(笑)。
なのでドライブスルーで(笑) マシャが過ごした高校時代の面影を目に焼き付けてきました(^O^)
1bb04829.jpg
こちらは 幼少時代を過ごした『宝珠幼稚園』。
坂を登ったところに幼稚園があります。

同級生の女の子に『福山くん一緒に行こっ』と言われて 恥ずかしくて泣きながら家に帰ったという伝説がありますね(笑)。
ウブだったのねぇ(笑)。
4ff472fc.jpg
ツアーパンフにも掲載されていた 幼稚園前にある桜並木。
葉桜になりかけてたけど 満開の季節はきっともっと綺麗なんだろうな〜。
6c4474d0.jpg
こちらもマシャを再現(^O^)

けど 後でパンフを見たら 反対側の桜を見てた(笑)。

幼稚園の入口には 当時のマシャの写真や 大人になってから幼稚園を訪れた時の写真 そしてマシャからの手紙などが飾られています。

迷惑がかからないように こっそりと堪能してきました。

マシャゆかりの地めぐりは 基本こっそりです(笑)。
448d430e.jpg
幼稚園を下ったところにあるバス停。
マシャは『ロープウェイ下』と言っていたけど こちらは『ロープウェイ前』。
名前が変わったのか?それとももう少し先に ロープウェイ下があったのか?
定かじゃないけど 多分?ここが 有名な『バス停のキミ』(笑)。

ここに立つマシャを 女子高生たちは目をハートにしながら眺めてたんだろうな〜(^O^)
bd7ba428.jpg
ボイコット事件を起こして 警察沙汰にもなり 勝子かあちゃんにビンタを喰らった(笑)『稲佐小学校』。

ずいぶん昔に『ホテルみたいにすっごい綺麗になってるんだよね〜』と言っていた通り とても小学校とは思えない風貌です。

建物は新しくなってしまったけど ここで わんぱく時代を過ごしたんだろうなぁ(^O^)
02732ef1.jpg
小学校近くの魚屋さんで お刺身を買って(笑)稲佐公園でピクニック(^O^)

ピクニックに お刺身って(笑)。

でも新鮮でめっちゃ美味しかった〜(^O^)
ee6ff0de.jpg
マシャの生まれ育った街を散策した後 次に向かうは 稲佐山野外ステージ。
そう 約束の丘です。

ここに辿り着いた時 2000年のライブのことが鮮明に頭に浮かんで涙があふれそうでした。
駐車場全面には全国から集まったマシャファンの長蛇の列。
そしてこのステージの前の芝生にはたくさんの笑顔と感動の涙。

あの時 前日からの雨で霧がすごく 当日もライブ前までは優れないお天気で・・

長崎の街のことを綴った歌『Fellow』。
♪こんなふうに 雨があがる あかね色の この空♪

歌いながら空を見上げてにっこり微笑んだマシャの表情。
私は今でもあのやさしいマシャの笑顔を鮮明に覚えています。

ほんとに綺麗な雨あがりの空だった。
まるでマシャの10周年をお祝いしてくれてるかのような・・・。

このFellowを歌っている映像が 15周年記念のDVDに収録されていますが 今でも見るたびに涙があふれます。
20周年 またここで みんなと集まれたらいいな・・(^O^)
3296ce8e.jpg
マシャから見えていた景色。
マシャが立っていたステージから マシャの目線で撮影してみました。
あの芝生の向こう側まで ぎっしり全国からのファンが集まってたんだよね。
すごいなぁ・・
3c2f89d4.jpg
これ 何か分かりますか?
長崎名物?『桃カステラ』。
稲佐山のステージを眺めながら芝生の上でピクニック(^O^)
マシャいわく 『まずくはないけど好きじゃない(笑)』らしいけど 私は美味しかったよ(^O^)

桃の部分は ほとんど砂糖!
土台はカステラ!
だからめっちゃ甘いけど(笑) 二人で半分ずつなら いいかんじで『美味しい!』と思えます(笑)。
17183ccd.jpg
この芝生の上に寝転んでお昼寝したいぐらい気持ちの良い場所でした(^O^)

マシャ また ここ約束の丘で会おうね(^O^)
d263ff0d.jpg
マシャが稲佐山ライブ後の取材で立っていた場所。

撮影してる時に バスの運転手さんが笑顔で『どこから来たと〜?』と話しかけてくれました。

もっちゃんと二人で 『もっとこっちだっけ?』とか『マシャこっちじゃなかった?』とかアングルについて あーだこーだ言ってる姿をずっとニコニコ笑いながら見ていた運転手さん(笑)。
長崎の人の温かさに触れ合えた瞬間でした。
3a61656f.jpg
多分 マシャはこっち側に立っていたような気が(笑)。

ちなみに これを撮影してる時も 視線の先にはバスの運転手さんがいました(笑)。

この後 稲佐山を降り 山王神社の二の鳥居と被爆のクスの木を見に行ったのですが ここで とても貴重な出会いと そして涙の止まらなかった出来事がありました。

これに関してはみんなにどうしてもじっくり伝えたいので 別記事にて 後にアップしたいと思います。


レンタカーを返却した後 夕飯を食べてから長崎のマシャ友ユウとの再会です(^O^)

しつこいけど(笑)震えて待て!

長崎ぶらり旅 4月8日 〜春のドライブ〜

さて やっと二日目です(^O^)
6時過ぎに起床し ホテルで朝食を食べて 8時半頃出発!!
07b461fa.jpg
ホテルの前で チリンチリンアイス発見!

『どこから来たと〜?』と気さくに話をしてくれたおばちゃん(^O^)
『じゃーバラとチューリップにしてあげるね(^O^)』と手慣れた手つきで ササッとバラとチューリップのアイスを作ってくれました(^O^)
食べるのがもったいなかったぐらいです。
このチリンチリンアイスには 天気が良い日の観光スポットで出会えるので リヤカーのアイス屋さんを見つけたらぜひ行ってみてください。
ちなみに100円です(^O^)
7fc57efc.jpg
今日もとっても良いお天気(^O^)
♪BEAUTIFUL DAY♪を聴きながら 口ずさみながら 本日は長崎市内を離れて 少し遠出のドライブ。
こんなお茶を見つけました(^O^)
渋くて濃ゆくて おいしかったです。
b1152357.jpg
目的地到着!
こちらは 17年モノTOURのパンフにも掲載されていましたが 今回の図録にも掲載されていますので 楽しみにしていてください(^O^)
814a8768.jpg
マシャと同じ場所で 同じポーズで 再現(笑)。
ここで同じことしてる人 たくさんいるだろうな〜(笑)。
078cb81f.jpg
菜の花と どこまでも続く線路。

♪このレールの行く先には まだ見ぬ君が待っている♪
959cd787.jpg
この線路は今はもう使われていないので こんなふうに写真を撮ることもできます。

ちなみに 向こう側に見える線路は本線で今も電車が走っているので 間違っても向こう側には行かないように!
31c11a83.jpg
このあたりは ほんとにのどかな景色や空気が広がっていて ここでしばらくボーッとまったり(^O^)

長崎の街の温かみを感じられる場所です。

そしてここでも影絵(^O^)
これ 一応ハートを作ったつもりなんだけど 全くハートになってない(笑)。

というか 猿っぽい(笑)。
4d26d4e7.jpg
市内へ戻る道すがら こんなに綺麗なスポットを発見!
桜は散りかけていたけど 風が吹くたびに桜吹雪が舞ってきて とっても綺麗でした。
b8af27bb.jpg
青空の青と 桜のピンクがとても綺麗。
c4024b1e.jpg
桜並木の眼下には こんなふうに線路と海が続いていました。

空気が澄んでいて 風も気持ち良く 心がリフレッシュできた とってもステキな春のドライブでした(^O^)


この後長崎市内に戻り マシャの少年時代の街へ そして約束の丘へ・・
またまた震えて待て!
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ