BEAUTIFUL DAY

マシャこと福山雅治さんと タイのバンコクグラスFCでプレー中のサッカー選手 滝澤邦彦選手を応援している 旅好き&グルメ好きな 名古屋人Squallのブログです。 何気なく当たり前に過ぎていく毎日。 でもそれは実は一番幸せなことなのかもしれない。 当たり前のような奇跡。 そんなBEAUTIFUL DAYをこれからも大切に過ごしていきたいです。

2008年05月

福山雅治 PHOTO STAGE ―残響―

ef788d98.jpgもう1か月以上前のことになりますが ここに書き綴っておきたい・・と思うので タイムスリップしながら記憶を鮮明に思い出しながら 私が今回の写真展で感じたことなどをレポしていきたいと思います。


六本木 鳥取大山と開催され 3回目となる今回は マシャの故郷長崎での凱旋写真展。
そして今回は新たに 『残響』というSTAGEも組み込まれ 4つのSTAGEから構成されていました。
順番にSTAGEごとに振り返っていきたいと思います。

《STAGE1 REVERBERATION 〜残響〜》
マシャが36歳を迎えた頃から撮りためていた 故郷長崎での写真が展示されている部屋。

長崎で育って18年 東京で暮らして18年。
そんな節目を迎えた年齢の時に 故郷の風景を写真として残しておきたい・・と漠然と考えるようになったそうです。

入口を進み まず目に飛び込んできたのは 壁一面に刻み込まれた詩『残響』。
マシャがどんなふうに長崎で暮らしてきたのか そして長崎を離れたことで気付いた故郷への想い・・そんなマシャの気持ちがこの『残響』に全て刻み込まれていました。
思わず涙がホロッとこぼれ落ちそうになるぐらい・・本当に素敵なポエムでした。

このゾーンではマシャが過ごしてきた長崎の思い出の地や 精霊流しの様子 平戸の風景などが展示されていました。
なかでも平和祈念像に手をさしのべる写真 マリア様に手をかざしている写真がとても印象に残っています。

そして突き当たりの壁にはドーンと軍艦島の6枚の写真が。
かつて炭鉱の町として栄えていた長崎の西南に位置する端島。
高層鉄筋アパートや学校・病院などが立ち並び 最盛期には5000人という、東京の9倍以上の人口密度だったそうです。
そして昭和49年に閉山となり 廃墟の無人島となりました。

マシャがこの島を撮影してみたい!と思った経緯を NEWS ZEROやラジオで話してくれていましたが その言葉がとても心にズシリと響くものだったので 長くなりますがここで少し紹介したいと思います。


『かつて人間が一生懸命になってたものが今はもう放置されて その形だけが残っている・・
夢の跡といいますか 夢の残骸とでもいいますか・・
非常に人間の営みを象徴している場所だなぁと思ったんです。
この先 地球の中でエネルギー資源というものが枯渇していくと言われていて そういったものをまずひとつ前の時代に体験し体現し見せている。
その場所を見て我々がどう思うのか 何か考えさせるきっかけとなる場所なんだと思うんですよね。

風景っていうのは、残念なことにどんどん変わっていく・・
日本の場合だと古いものは壊して建て替えることで経済的回していくというシステムがあったりするもんですから 自分というものを作ってくれた町の風景っていうのが 残念なことにどんどん失くなっていってしまう。
大人になってからしんどくなったり 辛くなったりした時に 支えにしたいあの時の思い出の風景が失くなってしまうっていうのは 心もとないし 寂しいですよね・・』
↑〜NEWS ZEROより〜

マシャの『軍艦島』への思い。
私は恥ずかしながらも『軍艦島』という島のことを今まで全く知りませんでした。
マシャが軍艦島を撮影したことをはじめて聞いた時も『なぜ無人島を??』ぐらいにしか思っていなくて かつて人間が住んでいたことも 高層アパートが存在していたことも そしてマシャがどうしても撮りたかった・・という思いも この写真展をきっかけに知ることができました。
いつもマシャからは知らないことや新しいことをたくさん教えてもらってるような気がします。

この写真展が開催された直後 blog検索をしていたら ある人のblogにたどり着きました。
それは 故郷が『軍艦島』という方です。
特別マシャのファンでもなく ふらっと立ち寄った美術館で マシャの撮影した『軍艦島』の写真を見たそうで とても感動してらっしゃいました。

私たちに故郷があるように マシャに故郷があるように この軍艦島で過ごした人々にも故郷がある。
それを写真という形ではあるけれど 『帰郷』できた人がいたことに私はとても嬉しく感慨深い気持ちになりました。

きっと 写真を見ながら『軍艦島の残響』を感じてくれたんだろうな・・と思います。

私はこの6枚の写真をしばらくずーっと立ち止まって眺めていました。
近くで見てみたり 入口まで戻って 遠くから見てみたり・・
距離感を変えると 感じ方もまた違って とても勉強になりました。
この『残響』というゾーンには マシャの生まれ育った長崎の音がしっかり刻み込まれ それを 同じように感じることはできないけれど 少しでも共存させてもらえたことに心から感謝したいです。


《STAGE2 PORTRAIT 〜被写体 福山雅治を捉らえた写真家たち〜》
ここでは六本木 大山同様 大村克巳さん 瀬尾浩司さん ハービー山口さん OIDA HIDEOさんの4人の写真家によって捉えられた 被写体福山雅治の作品が展示されていました。

1992年〜2008年まで 長年にわたるマシャの歴史を垣間見ることのできる空間。
私はハービーさんの捉えるマシャの写真が大好きで その写真と共に私の思い出も刻まれていました。
写真を見ることで その当時の自分を思い出すことができる。
ホントにタイムスリップができたような瞬間でした。

気のせいかもしれませんが このゾーンには 六本木にも大山にもなかった未公開の写真が数点 展示されていたような気がするのですが・・やっぱり気のせいでしょうか?(笑)


《STAGE3 HOMAGE 〜植田正治に捧ぐ〜》
植田先生とのフォトセッション そして植田先生の写真の軌跡が展示されています。

鳥取大山での写真展の時に 美術館外に大きく掲げられていた 砂丘の写真。
長崎では この写真の前に砂が敷かれてありとてもステキな演出をしてくださっていました。
この砂は実際に鳥取砂丘のものだったのでしょうか?さすがにそれはない?(笑)

植田先生の写真を見ていると 本当に『写真することを楽しんでる』と感じます。
撮りたいものを撮る。
感じたままにシャッターを切る。
『生涯アマチュア』の生み出す写真は そんな無邪気な植田先生そのものが そのまま写真に映し出されていました。

マシャがいつしか話していたこと・・
『植田先生との仕事はいつも1番でした』。
植田先生が手掛けたマシャのCDジャケット写真。
それらは全てチャート1位という結果を生み出しています。
もちろんチャートという括りだけに限らず マシャにとっての1番は植田先生なんだな・・ということも伝わってきました。

この大盛況な写真展をきっと植田先生も天国から笑顔で祝ってくれてる・・そんなふうに感じながら このゾーンを回りました。


《STAGE4 RECOLLECTIONS 〜f5.6のハロー 1 /125のサヨナラ〜》
写真家 福山雅治のコーナー。
約10年間にわたり世界20か国以上を旅したマシャが『旅の記憶』として撮りためたモノクローム写真約100点が展示されていました。

六本木でも大山でも このゾーンに一番長く居た私。
多分今回もそうだったと思います。
何度見ても 何度でも感動するし心に響くものがあるマシャの撮影した写真。
誰かに見せよう!と思って撮影した写真じゃないからこそ マシャの素の感情が写真にそのまま現れているような気がしました。

先日TFMでマシャが公表してくれていましたが やっぱりあれはマシャのおばあちゃんだったんですね!!
実は『f5.6のハロー 1/125のサヨナラ』の写真集が発売された時 そこに掲載されていた あるおばあちゃんの写真を見て『もしかしてマシャのおばあちゃん?』と思っていたのですが ♪そんなはずはないさ〜♪by HELLO(笑)と誰にも言えずにそっと自分の中だけで温めていました。
でも六本木や大山で見た時も 『マシャのおばあちゃん』としか思えなくて(笑) 勝手に自分でそう思うことにしてました(笑)。
あの笑顔がマシャにそっくりで そしていつだったか『このアゴはおばあちゃん譲りなんです』と言っていたように ホントにアゴのラインがマシャそのもの(笑)。
顔立ちもマシャを女装させたようなかんじで(笑) もう おばあちゃんとしか思えませんでした(笑)。
なので疑問が確信に変わってスッキリしました(笑)。

そして六本木でも大山でも長時間足が止まってしまったある一枚の写真。
長崎でもやはりそこからしばらく動けませんでした。
私が一番心を動かされた写真のひとつです。

今回の写真展の中で マシャはこんな言葉を残しています。


ファインダー越しの挨拶。
言葉ではないコミュニケーション。
記憶の中の友人達は 僕に微笑みかけてくれる。


マシャが撮る写真の被写体が素晴らしい笑顔なのは この言葉にあるように 言葉ではないコミュニケーションが存在しているからなんだろうなぁ・・ と思います。
ファインダー越しに生まれる信頼感。
マシャの人柄が 撮影される側にも伝わるからこそ お互いを信頼し合ってるからこそ そこに笑顔の写真が生まれる。
ホントにマシャが撮る写真は みんな素晴らしい笑顔があふれているんです。
幸せな気持ちにさせてもらえる時間でした。


なんだかすごく長くなってしまってすみませんm(__)m

最後にもうひとつだけ。
今回の写真展のタイトル『残響』。
マシャは故郷長崎に ついて 思い出の中に映像と一緒に音も残ってる と話していました。

雨の音・・
外国船の汽笛の音・・
路面電車の音・・
八月のサイレン・・

私は長崎を旅する前 マシャが感じた『残響』を耳をすまして感じてこよう!と思っていました。

もちろん 電車の音や 雨の音 街の音・・
あー長崎だぁ・・と私も長崎の音に触れ合えたことに嬉しさを感じました。
でもそれは『残響』ではなかったんです。
当たり前のことかもしれないけれど きっとこの『残響』は自分の故郷でしか感じられないもの・・
私にとっての『残響』は名古屋であり でも地元を離れていない私には まだ感じられない音なんだということを身に染みて感じました。
いつか地元を離れた時 マシャのように懐かしく『名古屋の音』を感じることができたらいいなと思います。

時代も変わり 街も変わっていく。
あの頃見た風景も遠くなっていく。
自分も変わってしまうかもしれない。

それでも 故郷の音『残響』をずっと忘れないでいてほしい。
私もいつか故郷の音を見つけた時 それをずっと忘れないでいたい。

そんなことを感じさせてくれた長崎の旅でもありました。

そして今回の写真展会期中 マシャファンだけでなく 長崎の人や 旅行として写真展に立ち寄ってくれた人が たくさんいたことを知りました。
もちろん『福山雅治?別に好きでも嫌いでもない(笑)』という人たちです(笑)。

でもそんな方々のレポを読むと ほとんどの人が『素晴らしい写真展だった』と述べてくれていて 中には『あそこに福山さんが来てたんだ!と思い 懐かしくなって 昨日車で出掛けて同じアングルで写真撮ってきました!』という方も。
マシャの写真を見て こうして『残響』を感じてくれた人がいたこと きっとマシャは嬉しいでしょうね(^O^)

今回の写真展は 私たちファンだけでなく 長崎を故郷にもつ人 長崎を旅しに来た人 そんな人たちの心にも響いた写真展だったと思います。

マシャ本当にステキな写真展をありがとうございました(^O^)


めっちゃ長くなってしまいました。
長過ぎですね(笑)。すみませんm(__)m
ここまで読んでくれた人 ありがとう(^O^)

ひまわり観察日記 〜種蒔きから1か月〜

6c77ff82.jpg
不定期で更新中のひまわり観察日記ですがf^_^; 第1弾の種蒔きから約1か月が経ちました。

結局生き残ったのは2本だけになってしまいまして・・
成長もなかなか伸び悩んでいますが ゆっくりながらも育ってくれています(^O^)
手前のひまわりはやはり背丈が伸びなくて それでも葉は確実に枚数と大きさを広げていっています。
05ecbcae.jpg
こちらは前回の日記で 茎が弱く ぐったりしていたのですが 今は茎も太くなり 真っ直ぐまた空を見上げてくれるようになりました。
花は強いんだな・・と実感した瞬間でもありました。
正直少し諦めていたので とても嬉しかったです(^O^)
9540d5ac.jpg
上から見たもの。
葉も綺麗な緑色で生き生きしてます。
小さい葉も合わせると10枚まで広がりました。
雨の翌日はどうも虫が寄りやすく こまめに害虫駆除スプレーで退治しています。
a030716c.jpg
こちらは10日ほど前に蒔いた 第2弾の未来の種。
3つ蒔いたのですが今の時点では2つ芽が出ています。
若干 葉が茶色く 少し元気がないのが心配ではあるのですが・・
0201e827.jpg
前川清さんのミニひまわり。
3つ蒔きましたが こちらも2つ芽吹きました。
どんなふうに花を咲かせてくれるのか楽しみです。


こんなかんじで 不定期ではありますが(笑)これからもゆっくりと育てていきますので 大輪のひまわりが咲くまで(咲かせられるかな?(笑))どうかおつきあいくださいませm(__)m

残響 〜フィナーレ〜

02f16fe8.jpg4月5日から開催されてきた長崎県美術館での『福山雅治 PHOTO STAGE 〜残響〜』が本日5月25日 無事終幕を迎えました。
最終日の土日ということもあり たくさんのマシャ友がこの日は長崎の地へと足を運んでいたのですが 私も魂だけはフラーッと長崎に足を踏み入れていたようで 現地から『Squall実は長崎にいるでしょ?だってすっごい雨なんだもん!』というメールが来たほど(笑)。
名古屋で大人しくしていたつもりですが 雨と共に私の抜け殻が長崎に足を運んでいたみたいです。
雨降らせちゃってごめんね(笑)。

最終日の今日は 4月に撮影した長崎の空の写真を見ながら そして名古屋の空を見上げながら この空は長崎までつながってるんだなぁ・・とそんなふうに想いを馳せながら過ごしました。

最終的な数字はまだ発表されていませんが
約1か月と20日間の会期中 入場者数は69000人を越えたようです。
なんでもこの長崎県美術館での企画展では初の6万人達成だったようで そんな嬉しい報告を耳にしながら 感極まる思いでした。

私は開催直後の4月7日に長崎を訪れましたが この69000人越えの中の1に値しているんだ・・と思うと同時に 自分の足跡がこうして形になっていることにとても嬉しい気持ちになりました。

故郷長崎で ライブとしてだけではなく 写真展としても帰郷できたマシャ。
毎週ラジオで必ず『写真展来てくれてありがとう』と感謝の気持ちを伝えてくれたマシャ。
そしてフィナーレを迎えた本日 BROSのインフォに自ら登場して 感謝の言葉を述べてくれています。

今までツアー後の抜け殻状態というのは何度も経験してきたけれど 不思議なことに今回もツアー後と同様な抜け殻状態に陥ってます。
マシャ本人に会ったわけではないのにナゼ?
しかも私は長崎を訪れてもう1か月以上過ぎているのに ナゼ今になって?

多分この会期中 常に長崎へと思いを馳せ たくさんのマシャ友から発信された長崎の風や音・・それをずっと見てきたから 感じてきたから 一緒に走り抜けてきたような気持ちでいたのかも。
フィナーレを迎えた今日 そんな想いを抱きながらも 終わってしまうことに寂しささえも感じました。
それぐらい特別に思い入れのある写真展だったから・・。

きっと今回写真展に足を運べなかった人も 気持ちだけは 心だけはひとつになってたはず。
長崎とみんなの心はつながってる・・
そんなふうに感じた1か月強でした。

準備や設置を念入りに行ってくれたスタッフの方 長崎の人 長崎の街 そして行けなくとも心は長崎へといつも飛ばしていたお留守番組の魂 遠くから足を運んで長崎へと向かった方々 現地で走り回ってくれた地元の友達 そして何よりマシャ本人。
たくさんの人の想いがひとつになったこの写真展。
本当に盛大なフィナーレを迎えられたことを嬉しく思い誇りに思います。

マシャ。本当に素晴らしい写真展をありがとう!
そして無事完走おめでとう!
マシャが私たちに感謝してくれている何倍も何十倍も私たちはマシャに感謝しています。
本当にありがとうございました。


P.S.
写真展の感想をどうしても残しておきたいので 近々アップしたいと思います。

名古屋さるく

dc428ef5.jpgここ数日 気分的に考え込んでしまうことが多かったので 天気も良いし気晴らしに買い物でも!と思い 今日は名古屋さるく(笑)してきました(^O^)

出かける前に友達から電話があり ちょうど友達も同じ方向に出かける予定だったので じゃランチしよう!ということで 急遽デート決定(^O^)
1週間前にもランチして 家にもお邪魔させてもらったんだけど(笑)。

なんとなく今日は久々に大須をめぐりたくて昼過ぎにコメ兵で待ち合わせ。
『いらんものはコメ兵へ売ろう!』で有名な(笑)コメ兵です。

そしてランチへと向かったお店は 前からずっと行ってみたかったカフェ『珈琲ぶりこ』。
727151f2.jpg
『ぶりこ』の外観。
普通の民家がカフェになっていて とても風情ある奥ゆかしいお店で。
店内もどこか懐かしさの感じられる 温かく落ち着いた雰囲気でした。
a8260f2d.jpg
『和風ゆずこしょうハンバーグランチプレート』。

ゆずこしょうがピリ辛で御飯が進みました(^O^)
とっても美味しかった〜(^O^)
まだまだ食べてみたい御飯物もあったしデザートも豊富だったのでまた絶対来たいと思います。

そしてここで約1時間まったりトークをしたのですが 友達が私を心配して今日誘ってくれたんだな・・という優しさが私には伝わっていました。

分かってはいたことだけど どこかで期待してた。だからちょっとだけ気持ちが沈んでしまった・・。
いつも彼女は そんな私の気持ちを読み取って温かく時には厳しく励ましてくれる。
ホントに感謝してもしきれない大切な友達です。

時間はホントにあっという間で 15時に幼稚園のお迎えがある友達は14時には大須を出なくちゃいけなくて 13時半頃 次の目的地へ。
1fffe115.jpg
『ぶりこ』のすぐ近くにある 屋台のたこ焼き屋さん『たこ咲』。
まだ食べるんかいっ!?
全然余裕です(笑)。

ここのお店は 何年か前に放映していた みのさんの『貧乏脱出大作戦!』という番組から出来上がったお店。
覚えてる範囲で主旨を説明すると・・
お店を持ってはいるものの繁盛しなくて 経営困難になり 家族をも路頭に迷わせてしまう寸前・・という そんな店主を救うことがコンセプトの番組でした。

この『たこ咲』の店主さんが以前どんなお店をやっていたのかは覚えていません。
きっとたこ焼きとは無縁のお仕事だったと思います。
番組の中でたこ焼きの達人といわれる師匠から修業を積んで このお店を開くまでに至ったのですが 何年経っても この屋台には人が途切れない。
土日なんかは行列もできるほどです。
以前大須で働いていた時には 私もしょっちゅう買いに行ってました(^O^)
523b5378.jpg
私が一番好きで これしか食べたことがないという『醤油からしマヨネーズ』。
ソースと醤油があり さらに ネギが大量に乗っかっている ネギたこ焼きもあり どれもこれも大人気です。
基本私は 外がカリッ 中がトロッが好みなのですが ここのは全てがトロットロッ(^O^)
でも全然半焼けではなく どうしたら外もこんなにトロットロッに出来るんかなぁ・・と不思議に思うぐらいです。
そしてここの名物は『天かす』!
カウンターに『ご自由にどうぞ』と天かすがたくさん置かれてます。
どれだけでもかけてOK!!
具に最初から混ぜるのではなく天かすをかけて食べるというのが こんなにも美味しいとは知らなんだ。
これはかなりおすすめなので 一度試してみてください。
そして大須へ寄る機会があればぜひ『たこ咲』に足を運んでみてください。
ちなみに みのさんの写真も飾られています。
みのファンの方(笑)必見ですよ(^O^)
bcf30335.jpg
友達のタイムリミットが近付いてきたので 駅まで見送り 友達とはここでバイバイ。
その後もう少し大須をぶらぶらしたくて 古着屋さんやら お気に入りの雑貨屋さんをめぐった後 昔働いてた職場にちらっと顔を出してみました。
懐かしい顔触れに会えたので 予定外にも 30分ほど立ち話をしてしまって 気付いたら3時近く。
やばい!!
時間がない!!
ということで『また寄るね〜』と懐かしい再会にバイバイして 急ぎ足で伏見まで向かいました。

次の目的は15時半から発売される『堂島ロール』をGETすること。
ずっと前から気になっていたのですが 並ぶまでの気合いもなく(笑) まあいつかそのうち・・なんて思ってました。
でも 先日このロールケーキをテレビで見て『並ぶ!!』という気合いが出たので(笑) 張り切って行ったのですが 30分前ではさすがに遅かった・・。
お店へ着いたらすでに70人ぐらいの行列。
右も左も分からないので とりあえず最高尾に並び 私の後ろに並んだおじさんが『多分ここまでは回ってこんなぁ・・あそこらへんで終わりだわー』と。
えーっ!!
そしたら案の定 係の方が『このあたりが今微妙なところでしてもしかしたら完売してしまう可能性がありますのでご了承ください』とのこと。
そう言われたらなんだかスリルがあって楽しくなり 前後の人たちと『自分の前で完売したら相当運悪いよねぇ』なんて盛り上がってしまいました(笑)。

そして発売10分ぐらい前にスタッフが一人ずつ それぞれ買う個数をカウントしに来たのですが 私の5人ぐらい前のところで完売してしまいました(涙)。
まぁ でも自分の手前じゃなかったから(笑)すっぱり諦めもつきました。
そして私の後ろに並んでいたおじさん すっごく詳しく色んなことを説明してくれてたから もう何度も買いに来ている常連さんなんだろうなぁ〜と思い 『やっぱり美味しいんですか?』と聞いたら 『いや知らん。オレ今日はじめて来たもんで。』って(笑)。

おいっ(笑)。
あそこまでロールケーキについて力説していたわりには はじめてかいっ!?(笑)
ずっこけそうになりました(笑)。
おじさん 次回はGETできるといいですね(笑)。

なんでも2時間前から列は出来ていたそうで 『発売の1時間前に並んでいただければ多分お買い上げできるかと思います』というのがお店の方からの話でした。
気合いが足りませんでしたね(笑)。
85f72c21.jpg
でも諦めるにはまだ早い!
イーティングゥ〜なら待ち時間なしで 『堂島ロール』を食べられるということで 早速念願のロールケーキを食すことに(^O^)

生地がふわっふわっでありながらモチモチしていて そして生クリームたっぷりの割にはくどくない!!
めっちゃ美味しい〜!!
さすが長蛇の列が出来るだけあります。
ちなみに 買えなかった私のような人たちがわんさかとイーティングゥ〜しに来ておりました(^O^)
これは近いうち絶対GETしたいものであります。
4a1fc5c5.jpg
ホントならばロールケーキを買ってから家に帰るつもりでしたが 保冷剤の心配もしなくていいし まだ帰るには早いかな・・と思い また栄方面まで歩くことに。
オアシス21で買いたいものもあったので はじめて『水の宇宙船』へ行ってみました。
地上14メートルにある 水の空中散歩?
ガラスの上面には薄いベールのように水が流れ その透き通った水を通して 下の景色が見えるようになっています。
水面のまわりはグルッと1周歩く道があるので 天気の良い日はとても気持ちが良いです。

ここもオープン当初は この空中散歩をするためだけに長蛇の列が出来ていたほど。
さすがに今は並ぶどころか 誰もいないってことのほうが多いかも(苦笑)。

オアシスでショッピングゥ〜した後 LACHICにも足を運び その後 地下鉄で帰ればいいものを まだ歩いてみたくて 30分かけて名古屋駅まで歩きました(笑)。
これが長崎ではなく名古屋なのが なんともせつないところですが(笑) 私にとって『さるく休日』となった とても充実した一日でした(^O^)

もやもやしていたことも 意外とあっけらかんに(笑)解消できたし 『さるく=歩く』ことって いい意味でリフレッシュできると思います。

短い時間の中でも こうして足を運んでくれた友達ありがとう(^O^)

名古屋を大満喫できた休日となりました(^O^)
6ca5bd7e.jpg
《番外》
LACHICで見つけた このスナック菓子。
『じゃがポックル』には負けるけど なかなかイケます。
コンビニとかでも売ってるんかなぁ・・
見つけた方はぜひ一度お試しあれ(^O^)

母の日と不思議な出来事

0c278cae.jpg
今更ですがf^_^; 先日の日曜日は母の日でしたね(^O^)
前日のタマラジで 福山家の母と息子の珍道中を聞きながら ケタケタ笑いが止まらなくて そんな中 この日はたくさんのマシャ友さんのメールが読まれて 本当に色んな意味で大興奮な夜でした(笑)。
なんか『大興奮な夜』って ちょっとエロいですね(笑)。

この場を借りて。
メールを採用された皆さんおめでとうございます!!


我が家の母の日は 特に特別なこともなく ささやかな贈り物をするだけでしたが 母の日の3日ぐらい前に なんとも不思議な出来事が起こったのです。

仕事帰りに プレゼントを選んでいて 母の日っぽいプレゼントはもうこの何年かであげてるし 何にしようかホントに迷って迷って・・。
母の欲しい物もこれといってなさそうだったし できれば毎日使ってもらえるものがいいな〜と思い 同じ柄のマグカップとお茶碗をセットにしてプレゼントすることに決めました。
でも買ってからも 『茶碗もマグカップもたしかまだそんなに使い古してなかったよなぁ・・』と思いながら ホントにこれでよかったかな?とウダウダ考えておりました。
買った後だからそんなに悩んでも意味ないんだけど(笑)。

そしてその日の夜 御飯を食べていて ♪びっくらこいた〜♪的な事件が!!
母が自分の茶碗を真っ二つに割ってしまったのです!!
まるで私が新しい茶碗を用意しているのを知ってるかのように(笑)。
私には予知能力があるのかも?と真剣に思いました(笑)。

そして母の日当日 プレゼントを渡した時 『こないだ割っちゃったから買ってきてくれたんだね〜(^O^)』と母。
そりゃ そう思うのは当然(^O^)
『違うんだって〜!』と興奮しながらこの経緯を話したら 母もかなりびっくらこいておりました(笑)。
でもおかげさまで?早速お茶碗もマグカップも使ってくれていて とても嬉しい娘なのでした(^O^)

母の日仕様のかわいいトイレットペーパーを見つけたので これもプレゼントに添えたら 『もったいないから飾っておく(^O^)』と なぜかリビングに飾ってあります(笑)。

いつも 渡すものだけ渡して 感謝の言葉は恥ずかしくて言えない私f^_^;
小心者なので(笑)この場を借りて。

お母さんいつもありがとう!
これからもダメダメな娘ですが 気長におつきあいくださいませ(^O^)
また旅行でもしようね(^O^)


今でも半年に一度 ある病気の定期検診に出掛けている母。
検査結果も良好で大事に至ることなく毎日を過ごせています。
私の一番の親孝行は『孫の顔を見せてやること』だと思っているので 母が元気なうちに叶えられたらなぁ・・と最近は強く思うようになりました。

でもこればっかりは 自分ひとりではどうすることもできないので(笑) 気長に待ってもらうとしましょう(笑)。

そのためには母に長生きをしてもらわないとね(^O^)

お母さん これからもまだまだ元気でいてください。

ひまわり観察日記 〜定植&第2弾種蒔き〜

3db35d9b.jpg
ここ数日 寒波が押し寄せていたこともあり 未来の種も成長が止まっていました。
背丈も葉の枚数もしばらく変わりなし・・
さらに 茎や葉の裏に ちーっちゃい虫が!!
早急に害虫駆除スプレーを散布して対処しましたが 虫が嫌いな私は早くも挫折してしまいそうでした(笑)。

成長が止まっているとはいえ 葉も6枚まで広がり それぞれ差はあるものの 一番育っているものだと 背丈は20センチぐらいになっていたので 大きなプランターへと定植したのですが・・・

私にはかなりの難関でした。
御覧の通り 10粒蒔いた種のうち 4つしか植え替えできませんでした・・。
茎がボキッと折れてしまったんです(涙)。

甥っ子が一緒に手伝ってくれたのですが ダメにしてしまった未来の種ちゃんたちを『かわいそうだからお墓に埋めてあげよう!』と言ってくれて 庭の隅にお墓を作ってあげました。
ebf4ba33.jpg
残った元気な4つの未来の種ですが 植え替え後一夜明けて こんな姿に(涙)。
下の葉がくったりしています・・・。
なぜこんな姿になってしまったんでしょう・・・。
すごくショックでした。
5925cf9e.jpg
こちらも 茎が弱くなってしまい 真っ直ぐ支えられない状態です。

植え替えする前まではすっごく元気だったのに・・・。
やっぱり知識がない上での植え替え作業は危険だったのかも。
2c4a8182.jpg
定植後も唯一元気に葉を広げてくれている 未来の種(^O^)
でもこの子は 植え替えする前からずっと背丈が伸びないんです(>_<)

いろいろ心配の種が山積みですが しばらく様子見で 育てていきたいと思います。

毎朝起きてすぐパジャマのまま庭へ出る私を見て(笑)『神経質になりすぎなんだわ〜。』という母。
『なんでいきなり花育て始めたんだ?』 と父。
この未来の種の経緯を話すと『そうだと思ったわ!オマエがここまで気にするのは福山関連しかないでな!』と。
よう分かってらっしゃいます(笑)。

母も言うように 神経質になりすぎるのも良くないと思うし ちょっと溺愛しすぎてしまったかな(笑)。
ということで 少し放っておくぐらいの気持ちで マイペースに行きたいと思います。
元気を取り戻してくれることを願って・・・。
75a680df.jpg
そして 植え替えが苦手なことに気付いたので(笑) 今度は植え替えをしなくてもいいように 大きなプランターに間隔を広げて3粒だけ 第2弾の種蒔きをしました。
種蒔きを何回かに分けると たくさん楽しめていいですね(^O^)
55d5fa55.jpg
こちらのミニプランターには 未来の種と一緒に譲り受けた 前川清さんのCD購入特典となっていた ミニひまわりの種を蒔いてみました(^O^)

こちらも楽しみです。

早速初めての子育てに大奮闘している私ですが(笑)こんなかんじで これからもひまわりの成長を綴っていきますので 長い目で温かい目で どうかあまり期待せず(笑)見守ってやってください。

アダルトな長崎の風

こんなところにあったんだ(笑)と 性愛王国の国民としては 目がギラギラに光ってしまう長崎の旅の瞬間があったのですが さすがにこれはblogには載せられない!と 自分の携帯の写メだけでこっそり温めてました(笑)。

でも先日小原さんが魂ラジブログにアップしていたので 載せてもいいんだ!と開き直り(笑) 恥ずかしながらも 小原さんに便乗したいと思います。


















道のど真ん中でこれを写メしている30代独身女ってどうよ?(笑)
5a29707e.jpg
小原さんとはアングルが逆ですねf^_^;


なんでこれを写メしたかは自分でも謎(笑)。
一緒にいたもっちゃんは さりげなーく私とは他人の振りしてたかも?(笑)
でも ずいぶん昔(13年ぐらい前)マシャがこのお店の話をしていたのを うっすら覚えていて。

そして先日の魂ラジで マシャが大人になってから何度か足を運んでいたことも発覚(笑)。
さすが性愛王国の国王ですな(^O^)

ということで ある意味ここもマシャの足跡です(笑)。
勇気のあるそこのあなた ぜひお店に足を踏みいれてみては?(笑)

以上ちよっぴりアダルトな長崎の風でした(^O^)

栄ミナミ音楽祭'08

b5a5710b.jpg
土曜日に 名古屋市栄の矢場公園で開催された『栄ミナミ音楽祭'08』を見に行ってきました(^O^)

栄の街の至るところで いろんなアーティストが音楽を奏でてくれるという 『街を歩けば歌声』っていうぐらい どこにいても 音楽が流れてくる まさに ザ・ミュージック!(笑)なイベントです。
この盛大?(笑)なイベントに 斎藤誠さんが出演すると決まってから ララルが一生懸命動いてくれて(^O^)
もちろん晴れの日を前提として(笑) いろいろ準備してくれてたんです。

がやっぱりこのメンツでは 雨の日を前提にするべきだったのかも(笑)。
はりきって立候補しますが(笑)私は史上最大の雨女。
ララルのお友達のトモちゃんも雨女。
そしてなんと当の本人 斎藤誠さんも 超がつくほどの雨男。

この3人の威力は朝からパワー全開でした(涙)。
止む気配のない雨・・
正直『きっと中止だろうな・・』と半分 いや90%は諦めてた。
でもそんな中 ララルとトモちゃんは朝の10時から会場に足を運んで様子を見に行ってくれて そして 開催されるかどうかも微妙な状況の中 岡山からかざはながやってきてくれました。
かざはなとは当初6日に会う予定で 一旦岡山に戻った後 10日も会う約束はしていたのですが かざはなにとって大変な時だったので きっと来られないだろうな・・と思ってたんです。
でもかざはなは『誠さんの歌を聴く』という強い気持ちを持って はるばる名古屋まで来てくれました。
すごく嬉しかった。
誰もが『中止』を意識していた中 かざはなだけは『きっとやるよ』と信じてくれていて その気持ちが今回のイベント開催につながったんだと思っています。


『リハやってるから開催されるっぽいけど雨がひどくて とても居られないのでカラオケに避難してます』とララルから連絡をもらい 名古屋駅でかざはなと合流した私は その足でカラオケへ直行。タンバリンとマラカスまで借りて 思いの外盛り上がっちゃいました(^O^)
そしてもちろん歌いましたよ 『Tomato Game』(笑)。
これは私のカラオケ18番Songです(笑)。
13時過ぎに もうひとりのお友達キョーコちゃんも仕事終わりで駆け付けてくれて 5人揃ったところで ピクニック(^O^)
トモちゃんがお弁当を作ってきてくれたのです!!
天気は雨になってしまったけど 雨でもこうして全員分のお弁当を作ってきてくれたことがすごーく嬉しかった。
だって 私なんてこの日が『はじめまして』だったし そんな初対面の私にまで作ってきてくれたことが 本当に感激でした。
トモちゃんの彼氏になった気分で なんかキュンとしたもん(笑)。
d5eaef22.jpg
鶏御飯で作ってくれたおにぎりと 玉子焼き。
玉子焼きにはメープルシロップが入っていて それなのに甘くなくてめちゃくちゃ美味しかったです。
5e12adec.jpg
唐揚げ・アスパラ牛肉巻き・マカロニサラダ。
もう どれもこれもめちゃくちゃ美味しい!!
料理が苦手な私とララルは ただただ感動でした。
トモちゃん 本当にありがとう!!

お腹もいっぱいになったところで まったりしていたら 14時半に。
誠さんの出番は15時50分からなのですが もう一人どうしても見たいアーティストがいて 15時からの出演だったので カラオケを後にして矢場公園へ向かいました。
雨は止む気配どころか朝よりひどくなってました(涙)。
でも会場へ着くと ステージにはしっかりテントが組み立てられ 客席後方にもテントが組まれていました。
朝の時点では客席に屋根はなかったとララルが言っていて 雨の中スタッフさんが急遽屋根を作ってくれたんだ と思ったら その気持ちがとても温かくて たくさんの人の温かい気持ちがつながっているイベントなんだなぁ・・と実感しました。

そして私がどうしても見たかったアーティスト。
木下航志くんです。
彼の歌とピアノは一度生で聴いてみたくて いつかライブに行こう!と思っていたのですが まさかこのイベントで聴くことができるなんて夢のようでした。

体は華奢なのに歌声はホントに迫力があって 彼の声もピアノも スーッと心に染み込んでくる。
彼には 耳で音楽を感じる力が誰よりも備わっているんだろうな・・ と感じました。

今年の春高校を卒業したばかりの まだ18歳。
と思っていたら 二日前の8日が誕生日だったらしく 19歳になってました(^O^)
木下くんおめでとう!
司会者の方から『高校を卒業して何か変化はありましたか?』と質問され『今までは学校と音楽を両立していたけど今は100%音楽になりました。』と(^O^)
これからの活躍が楽しみなアーティストの一人です。


そして木下くんの次を飾るのは 誠さん(^O^)
雨の中 ゾロゾロと前の方に移動しました。
傘で見えないので みんながそれぞれ見やすい位置に移動したりしていたら 最終的には個人個人でライブを見る形に(笑)。

今回の誠さんのライブは名古屋在住のセンチメンタルシティロマンスというバンドとのセッションでした。
誠さんと大の仲良しバンドなので 誠さんはこうしてセッションできることがとても嬉しそうで(^O^)

『雨なのにいきなりこの歌ですみません』と『天気雨』からスタート(笑)。
歌い始めたらいきなり雨が強くなってきて 誠さんの雨パワーすごすぎっ!!(笑)。

最新のアルバム『POP ROCK SHOP』から何曲か歌ってくれたのですが 私的に この日一番良かったのは『今僕を泣かせて』でした。
センチの中野さんのコーラスが 誠さんの歌声にすごくマッチしていて綺麗なメロディーが矢場公園一帯に広がっていました。
雨で全身びしょ濡れで すごく寒かったけど 心はポカポカなライブを繰り広げてくれた誠さんに感謝です。

誠さんの出番が終わり 司会者からインタビューを受け始めると ドヤドヤと後ろからたくさんの人が前になだれ込んできて。
何何?誠さん大人気?(笑)と思ったら 次に出演する ジェロ効果でした(笑)。

名古屋で あのジェロが見れる!とうちらも張り切っていたのですが(笑) 全身びしょ濡れで寒さも限界で 人がなだれ込んできて居場所もなくなったし(笑) とりあえず後ろに退散しよう!ということに。
で パッと後ろを見たら すごい人人人!!
階段のところまで人があふれていて ジェロ人気のすごさを実感したのでした。
人をかき分けながら 雨宿りできる場所まで移動。

ジェロの姿は全く確認できない場所だったけど 木と木の間からちーっちゃいジェロを確認できて満足(笑)。
そして海雪を聴けて満足(笑)。

寒くて凍えそうで とにかくどこかで暖まりたくて トモちゃんとキョーコちゃんとはここでバイバイして 3人でいつもの居酒屋へ向かいました。
121389f1.jpg
白海老の唐揚げ。
こないだ行った時はじめて食べてすごく美味しくて今回も迷わずオーダー。
2ba14608.jpg
なんだったかな?(笑)
とろろ芋の豆腐ステーキ?
とーっても美味しかった(^O^)
9f5ab049.jpg
最後の締めにオーダーした『えびせん』
居酒屋に えびせんがあるなんて笑ってしまうけど 10年ぐらい前 毎週のようにこのお店に通っていた時 必ず毎回食べてました(^O^)

しばらく行かなくなって ここ2 3年でまた通い出してからは ずっと食べてなくて 約10年ぶりくらいに ここの『えびせん』を食べたのですが やっぱり普通とは違う。

マシャが 『なんでか分からないけど美味しいのよ〜』と かにやのおにぎりを絶賛していたけど 全く同じで ホントになんでか分からないけど ここのえびせんは美味しい(^O^)


18時過ぎにはお店に着いてたので 約3時間半 いろんな話をたくさん出来てとても楽しかったです。
ララルとは 恋人並にしょっちゅう会ってるけど(笑) かざはなとゆっくり話をするのは はじめてで。
米子の大山ではじめて会った時から思っていたけど かざはなはホントに心の綺麗なステキな人だなあ〜ってことを今回改めて感じました。

この出会いに感謝したいです。

タマラジ曜日だったので22時には名古屋に戻り かざはなをホテルまでお見送りしたあと 私も帰路につきました。
めったに会えない距離だからこそ マシャ友さんとの別れは 恋人と別れる時のように(笑)寂しいものがあります。

かざはな 遠いところから そして疲れも残っている中 名古屋に来てくれてありがとね(^O^)
かざはなの気持ちがとっても嬉しかったです。
また絶対名古屋来てね(^O^)

ララル 誠祭のためにいろいろ準備してくれてありがとう!
祭グッズは夏に使える構えあり?(笑)なので その時まで温めててね(^O^)

トモちゃん お弁当作ってきてくれてホントにありがとう!すっごく美味しかった(^O^)
はじめて会うのに なんだか私と同じ香りを感じました(笑)。
おもしろかったです。

キョーコちゃん 仕事終わりに駆け付けてくれてありがとね(^O^)

そして右往左往 走り回ってくれて 探してくれて(笑)ありがとう!


結局雨は最後まで止むことはなかったけど 私の心は一日中 晴れ!っていうぐらい楽しい土曜日でした(^O^)

名古屋チックな晩餐会

GW最終日の6日。
本当ならば岡山から遠路はるばるやってくる かざはなを名古屋で盛大に迎え入れる予定でした。
でも残念なことに前日に急用で来られなくなり・・・
かざはなもすごく残念がってて 何度も『ごめんね・・』と 逆に気を遣わせてしまったんじゃないかと心配。
うちらも名古屋も逃げていかないし(笑)いつでも会えるから 近いうちまたリベンジしましょ(^O^)

ということで 6日は私・ララル・もっちゃんの3人会(^O^)
ララルともっちゃんは今まで何度かニアミスがあったものの ちゃんと会うのはこの日がお初で『はじめまして』でした。

名古屋人しかいないのに ここへ行くのはどうだろう?と思ったけど 今夜は『名古屋チックな晩餐会(笑)』ということで 手羽先で有名な『世界のやまちゃん』へGO!
3e3c5c7e.jpg
名古屋の夜にかんぱーい!!

ララルはビール もっちゃんはマンゴーミックス?ジュース 私はゆずサワー(^O^)
ddfe40dd.jpg
何もかもが やまちゃんです(笑)。
c5958035.jpg
こちらにも(^O^)
この やまちゃんって 実在するのかな?
普通に そのへんに居そうな顔ですよね(笑)。
f61328d9.jpg
幻の手羽先(^O^)
結局うちらは3人で 最終的には6人前食べました(^O^)
手羽先以外にもいろんなものを注文したから はっきり言って食べ過ぎです(笑)。
まあ 今に始まったことではないけど(笑)。
063ded71.jpg
懐かしくてどうしても飲みたくなったラムネをオーダー。
がしかし 全然ビー玉が開かない。
ララルともっちゃんにも挑戦してもらったけど どれだけ力入れても開かない。

それを見ていた隣のテーブルの方々が 見るに見兼ねたのか(笑) 『こうやって開けるんだよ』と教えてくれました。
小さい頃 何の迷いもなくラムネを飲んでたはずなのに 開け方を誰一人覚えていなかったとは(笑)。
『すぐシュワシュワ〜ってなるから開いたらすぐ飲むんだよ!』と言われ 私は大注目の的に(笑)。

みんなの視線を感じながら なんとか自分でラムネの開栓に成功し あたふたしながら慌てて飲んだのでした(^O^)

そんなラムネ事件がきっかけで(笑)いつしか 名古屋の会は 名古屋&香川の会に(笑)。
そう お隣りさんグループは香川からいらしていて 中日VS阪神戦を見にきていたのでした。しかも阪神ファン(苦笑)。
るるぶ名古屋を片手に 名古屋トークで盛り上がる盛り上がる!
『やっぱり名古屋の人って だぎゃぁ〜 って言うんですか?』とか『語尾に〇〇みそって付けるんですか?』とか(笑)。
だぎゃぁ〜は言わないけど だがーは言う(笑)。
語尾にみそは付けないけど 何にでも味噌をつけて食べる(笑)。
まぁ 似たようなもんかな(^O^)

るるぶを頼りに名古屋城やミッドランドスクエアに行ったり きしめん食べたり たくさん名古屋を満喫していただいたようで なんとお土産に そのるるぶをいただきました(笑)。
名古屋のるるぶってじっくり読んだことなかったけど なかなかおもしろい!
これをきっかけに今度名古屋観光ツアーを計画しよう!と3人で盛り上がりました(^O^)

ちなみに話が逸れますが 香川にもサッカーチームあるのかな?と思って聞いてみたら J2よりもずっとずっと下の『カマタマーレ』というチームがあるらしいです。
そしてそのチーム名の由来を聞いて へぇ〜へぇ〜へぇ〜のオンパレード!
香川といえば讃岐うどん。
そう 釜玉。
釜玉〜レ(笑)。
ナイスネーミングですよね(^O^)
ちょっと感動しちゃいました(^O^)

香川御一行様は23時過ぎの夜行バスで帰られるそうで 22時半頃 またぜひどこかで! と固い握手を交わし お別れしました。
二組の夫婦さんだったのですが とってもいい方たちで つかの間の時間でしたがとても楽しかったです。
ひとりの方が すっごくリリーフランキーさんに似ていて ダンディズムでした(^O^)

いつかカマタマーレの試合でまた再会できたらいいなと思っています(笑)。

食べて飲んで喋って とても楽しい晩餐会でした(^O^)
次回は主役のかざはなを交えてまた来たいと思います。

ちなみに 近々 世界のやまちゃんが広島に進出するそうです。
世界のナベアツ・・ではなく(笑) 世界のやまちゃんなんだから 世界中に進出すればいいのにね。

広島県民の方 ぜひ機会があれば広島で名古屋の風を感じてみてください(^O^)

ひまわり観察日記 〜成長中〜

e28847d0.jpg
種蒔きをしてから2週間が経ちましたが こんなに大きく成長しています(^O^)

一番初めに芽を出したひまわりは 葉も大きく立派に育っていて 他のひまわりもそれを追い掛けるように それぞれマイペースに育ってくれています。

なかなか芽を出してくれなかった未来の種も 今は10個中 9個が発芽してくれました。

あと残りの1個も 諦めずに待ちます。
ゆっくりでいいから 10個全てのひまわりと出会いたい。

今の段階で 一番早く成長しているものは背丈が15センチぐらいになっているのですが そろそろ植え替えをしたほうがいいのでしょうか?
でも私なんかに 植え替えという大作業が務まるのかな(笑)。

不思議なもので もう我が子のような存在になっていて 朝起きて一番にまずはプランターを見に行くし 風が強い一日は 出先にいても『大丈夫かな?』と心配になります。

ある意味私にとっては初めての子育てですね(笑)。
育児放棄になんてならないように しっかり育てます(^O^)

先輩方 これからもアドバイスよろしくお願いしますね(^O^)
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ