BEAUTIFUL DAY

マシャこと福山雅治さんと タイのバンコクグラスFCでプレー中のサッカー選手 滝澤邦彦選手を応援している 旅好き&グルメ好きな 名古屋人Squallのブログです。 何気なく当たり前に過ぎていく毎日。 でもそれは実は一番幸せなことなのかもしれない。 当たり前のような奇跡。 そんなBEAUTIFUL DAYをこれからも大切に過ごしていきたいです。

2009年10月

ぶらり途中下車の旅 〜福井〜

cfe4acb0.jpgさて 福井の旅 観光&グルメ篇です(^O^)

まずは福井といったら ここ→東尋坊。

土曜日ということもあり 観光バスや団体客で賑わってました(^O^)
bb92df05.jpg
断崖絶壁!!
足がすくむほど めちゃくちゃ怖くて 途中の岩場に座り込んだりしてしまいましたが(笑) それでもやっぱりここまで来たなら 絶壁に立たなきゃ意味がない!!

ということで死ぬのを覚悟で(笑) 崖の先端まで行ってみました(^O^)
50cce1d1.jpg
崖の先端でへっぴり腰になってるララルを激写(笑)。
絶対に絶壁に立つ!と二人で意を決して向かったもののどう頑張っても 立ち上がることは無理で へっぴり腰が限界でした(笑)。
とにかく生きて帰ってこれたことに感謝(笑)。
d60bcad0.jpg
断崖絶壁から無事生還を果たした後は(笑)東尋坊タワーへ(^O^)

大きな声では言えませんが これがですね ショボくて・・(笑)
1分くらいで降りてきちゃいました(笑)。
24f4e143.jpg
そして 東尋坊でお昼ご飯。
私は 『かに釜めし定食』を食べたのですが 手違いで写メを消してしまった模様・・。
こちらはララルが食べた『焼鯖寿司』。
ひと切れもらったのですが これがめちゃくちゃ美味しくて!!
さすが本場です!!
ecf7755a.jpg
お腹もまんぷくになった後は 次の観光地→永平寺へ。
この永平寺は座禅修行の道場であり 約200人もの修行僧が実際に修行に励んでいます。
まずお寺の中に入り 修行僧さんから この永平寺の説明 そして参拝の仕方などのお話を聞き その後順番にたくさんの建物内を参拝していきます。

この時 修行僧さんが話しておられたこと。
ぜひともここでは観光気分ではなく身心を整えて参拝してみてください と。

実際に修行僧が修行をしているので 寺院を参拝している間 たくさんの修行僧さんとすれ違いました。

ここでは 食事をするのも修行。
お手洗いをするのもお風呂に入るのも修行で そこでは一切の私語が禁止だそうです。

改めて思うとホントにすごい世界ですよね。
こういうところに来ると いろんな悩みも ちっぽけに思います。
こんなふうにお寺を参拝することは今までなかったので ホントにいい経験が出来てよかったです。
bc882cb8.jpg
母から『永平寺へ行ったら胡麻豆腐を買ってきて!』と頼まれていたので その任務を完了し 御利益だんご となるものをお買い上げ。
これがめちゃくちゃでかいんです(笑)。
よもぎと普通のだんごがあって 迷ったのですが せっかくだからよもぎにしてみた私。
けど タレは 五平餅のような味噌系だったので ちょっと不思議な味でした。
やっぱりよもぎには あんこですよね(^O^)

でももちろん完食なり〜(^O^)
御利益の効果はあるかな(^O^)
24232813.jpg
ライブ後には 恒例のかんぱ〜い!!
会場近くにあった 『いしだや』さんという小さな居酒屋へ。
偶然通りがかったお店でしたが ここがめちゃくちゃヒットで(^O^)
店内はカウンターのみで 酔っ払ったおっちゃん二人がいるだけでしたが(笑) お店に入ってしまえば みな友達(笑)。
大将さんとアルバイトの男の子も巻き込んでの 楽しい宴となりました(^O^)
cf92dce4.jpg
こちら『鯖の味噌煮』。
やっぱり福井は魚が超美味しい!!
7ea99072.jpg
また鯖ですが(笑)こちらは『へしこ焼き』。
これが福井名物だということを初めて知りました。

しょっぱいかんじが やめられない止まらない(笑)で こちらも超美味しかったです。
焼鳥もおでんも美味しかった〜!
また福井に行くことがあれば 必ず寄りたいお店です。
5f07a59b.jpg
そしてホテルに戻ってからも宴の続き。
私は先日ララルにいただいた柚子小町で(^O^)
ララルはもちろんビール(^O^)
タマラジを聞くために23時半にはホテルに戻ったのに 電波が全くつながらない(涙)。
しばらく悪戦苦闘してみたけど 韓国語とかしか聞こえなかった(笑)。
んー 実に残念(涙)。
なので ひたすら柚子小町を飲みまくってましたf^_^;

そしてうちらにしては割と早い(笑)1時半過ぎに就寝。

翌日はチェックアウトと同時に名古屋へ直行。
ララルとは名古屋で別れ 私は家路へ そしてララルはその足で新幹線で横浜へ。
そう 翌日は横浜でのライブだったのです!
誠さんもララルもタフだわ〜(笑)。


大人になってから初めて訪れた福井でしたが やっぱり何より食べ物が美味しい!
今度は芦原温泉もいいな〜(^O^)
楽しかったです!

福井Martin 〜きらめきの街へ〜

047c837e.jpg土曜日 ララルからのお誘いで 斎藤誠さんのお馴染みのライブ『Martinツアーin福井』へ同行させてもらいました(^O^)

福井へは幼い頃に家族旅行で訪れて以来。
大人になってからは初です。
今回もララルカーで 1000円の車旅だったのですが 福井までは意外と近くて ノンストップで行けば2時間強で着いてしまうぐらいの近場でした。
朝早くに出発したので 観光もたくさん出来て楽しかったです。
観光&グルメレポは後ほどアップするとして まずはマーチンライブの感想レポを(^O^)


誠さんのライブは今までライブハウスにしか足を運んだことがなかったのですが 今回の『響のホール』という場所は とてもオシャレなホールで 音響設備がとても良いように感じました(^O^)

午後6時半開演。
誠さんの『きらめきの街へ』でライブスタート。
ツアータイトルですね(^O^)
そしてMartinツアーでは恒例のゲスト紹介。
今回のゲストは 中川イサトさん。
すみません この日まで私は全く中川さんのことをご存知なくて・・
こうして 自分の知らないギタリストの音楽に出会えるのもマーチンライブの良さです。
誠さんは この偉大なギタリストとのセッションにかなり緊張しておられましたが ホントに誠さんが震えてしまうのが分かるぐらい 素晴らしいギターの音色でした。

私は素人の中でも『ド』がつくぐらいギターのことは全く分からないのですが それでも中川さんのギターはホントにすごい!と直感で感じたほど!
『ちょっとトロピカル』という曲がすごく良かったです(^O^)

そして中川さんのソロライブの後は 誠さんのソロライブ。
4月の名古屋ライブ以来だったので 約半年ぶりでしたが 相変わらず素晴らしいステージでした。
特に今回は知ってる曲をたくさん演奏してくれたので なお楽しかったです。
そして歌も素晴らしいことながら トークも爆笑の嵐!!
歌で感動させられ 話で笑わされる。
そのギャップが最高です(笑)。

そしてアンコールでは 中川さんと誠さんのセッション。
『せっかくなので日本の歌をやりましょう!』と ♪上を向いて歩こう♪
この曲はホントに名曲ですよね(^O^)

マーチンライブでは ライブ前にギターショウなるものがあって 一般の方も 展示されているギターを試奏させてもらえるのですが ギタリストである誠さんも このショウには毎回 大興奮なんだとか(笑)。
いろんなすごいギターを貸してもらって演奏できるのもこのツアーの醍醐味で 誠さんもいろんなギターを紹介してくれました。
びっくりしたのは12弦のギター!!
チューニングが大変そうですね(笑)。

そしてラストには そんなたくさんの中から誠さんが選んだ『加藤和彦さんモデルのギター』で 名曲♪あの素晴らしい愛をもういちど♪の大合唱。
スタッフも全員ステージにあがり 会場全体での大合唱がとても圧巻でした。
この日私が一番感動した瞬間だったかも☆
音楽って素晴らしいな と改めて感じた瞬間でもありました。

そしてライブ後はララルにそっとついていき サイン会に参加(^O^)
私は 誠さんを宇宙一応援しているララルのサポーターなので(笑)こうして 都合がつく時に一緒にライブに参加する程度なのですが びっくりなことに誠さんが私のことを覚えてくれてました!!
何も言わなくても つらつらとサインに名前を入れてくれたことにびっくりんご&大感動!!
誠さん ありがとうございました(^O^)

そして改めて思ったこと。
ララルはホントに誠さんの音楽を心から愛して応援しているんだなあと。
そんなララルの笑顔が私にはとても眩しかったです。
これからも私はそんなララルの いちサポーター(笑)でありたいと思います(^O^)

ライブ後は 恒例の女二人での宴で大盛り上がり(^O^)
それも含めて 後ほどグルメ&観光レポをアップしますので 震えて待て!←久しぶりに使ってみた(笑)。

おひとりさま

baeada0e.jpgララルと同じタイトルでアップしてみた(笑)。

名古屋では今 百貨店の何店舗かで北海道物産展が開催されています。

昨日は高○屋でスイーツを購入してきたのですが 今日は仕事中 どうしてもラーメンが食べたい衝動にかられて 休憩中にお隣りの松○屋へ直行!
といっても16時からの休憩だったので 昼ご飯でもなければ夜ご飯でもない(笑)。
本日のラーメンはおやつです(笑)。

吉山商店さんの『ごま味噌ラーメン』。

めちゃくちゃ美味しかった!!
スープにコクがあって チャーシューもトロットロッ。

鼻水たらしながら(笑)スープまで一滴も残さず完食してきちゃいました(^O^)

やっぱり本場のラーメンは 格別です。
27日まで開催されてるから もう一回食べに行こうかな〜 と思うぐらい私にはかなりヒットなお味でした(^O^)

でも それよりも私は本場モンの北海道に行きたい!!
そして美味しいもの たらふく食べたい!!
生涯 色気より食い気です(笑)。


そうそう タイトルの『おひとりさま』にちなんだ話なのですが 私が『ラーメン食べてくるわ〜』と職場のスタッフに言ったら 『えっ!?ひとりで!?』とかなりびっくりされましてf^_^;

その子いわく『ラーメンだけは絶対ひとりで食べにいけない』らしい(笑)。


なんで?(笑)
私は全然平気(笑)。
基本的に『おひとりさま』が大好きなので 私はひとりで どこにだって行けちゃいます。

今日だって 知らないおっちゃんと仲良く?相席で ラーメンがっつり食べましたがな(笑)。

ひとりで旅行もアリだし もちろんひとりランチも ひとりディナーもノープロブレム(^O^)

というより歳を重ねるごとに『おひとりさま』の範囲が広がっていってるような気がする(笑)。

10代や20代の頃って 好きな人とは一日でも長く一緒にいたいと思ったり いつでもどこでも一緒がいい〜 なんて思った時代が少なからず私にもあって(笑) がしかし こうも何年も恋愛から遠ざかってるうちに 『おひとりさま』の味をしめてしまった私(笑)。

今は 『いくら好きでもずっとは一緒にいたくない』なんていう 私なりの恋愛の法則ができてしまった・・。
いや これは単なる強がりなのかな?(笑)
好きで好きでたまらない人が現れたら やっぱりずっと一緒にいたいと思うんだろうか?
んー今の私には そんな自分の未来がまだ見えてこん。

ドラマ『おひとりさま』の中の観月ありさは 『私は結婚できないんじゃなくて結婚しないの!』と主張してましたが 私は間違いなく『結婚しない』んじゃなく『結婚できない女』の代表者です(笑)。

けど やっぱり当分 おひとりさまは やめられないなぁ・・(笑)。

秋の味覚

ちょいとお久しぶり〜ふ(笑)の日記です(^O^)

ツアーが終わってから 見事に干物化してまして・・
特に用がない限り 休みの日は引きこもりみたいな生活を送ってます。
どうやら私は マシャと滝以外に 楽しみがないらしい(笑)。

ということで 先日shinoを誘って久々に愛知県を抜け出してきました(^O^)
といっても岐阜なので かなり近場ですが(^O^)

今回の旅の目的は 秋の味覚(^O^)
一番のメインは『栗拾い』だったのですが ほんの5日ほど前に シーズン終了してしまったようで・・

ならば『ぶどう狩り』!!
雨天可能ということだったので ぶどうを目指して 中津川まで車を走らせました(^O^)

そう びっくりすることではありませんが(笑) この日は雨模様。
中津川へ向かうにつれて めちゃくちゃ雨もひどくなり 私と共に雨が移動していってるようなかんじ(笑)。
まぁ こんなことはしょっちゅうなんですけど(笑)。

こんな大雨でも ぶどう狩りできるんだろうか?という若干の不安も感じながら なんとか無事に農園到着!
けど 人っ子ひとりいない(笑)。
とりあえず 直売店のお姉さんに聞いてみることに。

そしたら なんと今日は中止なんだとか・・。
そりゃそうだよね 滝のような雨だったもん(笑)。
基本は雨天でも決行らしいのですが さすがに大雨だと中止になるようです。
農園に着いた時には 雨が若干止んでいただけに 余計に残念でした(涙)。

でも そのお姉さんがとてもいい人で『せっかくわざわざ足を運んでもらったのにごめんねぇ・・。よかったらこれ食べてってね(^O^)』と 私たちの前に ぶどう&りんご&なしを差し出してくれて(^O^)
それも全て丸々1個!!
お言葉に甘えて その場で皮を剥いていただいてきました(^O^)
めちゃくちゃ美味い!!
6ae04633.jpg
そしてこちらは直売店で購入した りんごジュース。
果汁たっぷりで りんごのシャキシャキ感も残ってて これはめちゃくちゃ美味しかったです(^O^)
体にいいもの注入された〜 っていう気分(笑)。

あと 試食でもらったぶどうが甘くて美味しかったので ぶどうもお買い上げ(^O^)
そしたらまたおまけで りんごをプレゼントしてくれました(^O^)

ぶどう狩りはできなくて残念だったけど 美味しい果物にたくさん出会えて お店のお姉さんも良くしてくれて 大満足でした(^O^)

今度は天気の良い日にまた行きたいです(^O^)
って 結局は私が行くと雨になりそうですが(笑)。
50ba4204.jpg
農園を後にして 次に向かった場所は 栗きんとんで有名な『すや』へ。
画像だと『やす』ですね(笑)。

中津川といえば 栗きんとん。
百貨店などで販売されているのは食べたことありますが 本場へ足を運んだのは初めて。
バスツアーの立ち寄りスポットにもなっているらしく 何台か観光バスも入ってきてました。
さすが本場だけあって 商品もかなり充実しています。
食べたいものだらけ(^O^)
でも 上品価格なので(笑) お恥ずかしながらも 栗きんとんをバラで1個だけお買い上げ(笑)。
4041abcb.jpg
そして売店横にある甘味処『榧(かや)』でお茶することに(^O^)

この『やまぐりしるこ』というのが実に気になる(^O^)
e1ecbcc2.jpg
ということで 気になった『やまぐりしるこ』をオーダー。
今だけの季節限定メニューで お値段もこれまた上品価格でしたが(笑) どうしても食べたかったので 贅沢させていただきました(^O^)

栗入りしるこ なのかな?と思っていたのですが しるこ自体が栗!!
もう めちゃんこ 美味しかった!!
栗をそのままつぶしたような食感で 濃厚なのに くどくない。
余裕で もう一杯いけそうでした(笑)。
5ade59fd.jpg
寄ってみた(笑)。
今この画像を見ただけで またヨダレが出そうです(笑)。
094875fb.jpg
そして中津川といえば もうひとつ栗きんとんで有名なお店があります。
『川上屋』。
ここには『すや』にはない 栗粉餅というのがあるので それを食べたかったのですが 残念なことに完売してました(涙)。
なので こちらでもまた栗きんとんをバラで1個だけ(笑)お買い上げ(^O^)
0f2cb4ad.jpg
家に帰ってから 栗きんとんの食べくらべをしてみました(^O^)

手前のものが『すや』で 奥のものが『川上屋』。

どっちも比べられないぐらい美味しくて 私の中では両者引き分け(笑)。

ホントに美味しかったです(^O^)

雨模様で寒い一日だったけど 秋の味覚を堪能できて 大満喫な休日となりました(^O^)

shino行きも帰りも運転ありがとう!

秋は センチメンタルな季節になりがちで この季節になるとなぜか無性に恋がしたくなるけど 予兆も全くありませんので(笑) 今年の秋は 美味しい食べ物と 綺麗な景色をまだまだ堪能していきたいです(^O^)

紅葉は どこに行こうかしら〜(^O^)

心帰る場所

龍馬伝がクランクインして 福山龍馬づくしだったこの連日。

もちろん当たり前ですが(笑)かっこよくて素敵で凛々しくて(^O^)
はじめての大役に挑むマシャの姿を見ながら 『がんばれ!!』という想いで見守らせてもらってます。

そして今日のタマラジで その福山龍馬について話せる範囲のことを私たちに伝えてくれて マシャの役者魂というのを改めて知ることができました。

『今まで見たことのない演技』。

マシャはそれを 私たち見る側が 良いと思うか悪いと思うかは分からんけど・・と話していて たしかに私も 見てみなければ『福山龍馬』が自分に馴染むのか分からない。

ただ今日のマシャの話を聞いて マシャが この龍馬伝にかける意気込みが 本気モンだということを改めて感じました。

福山雅治がどんな坂本龍馬を演じるのか そして今まで見たことのない新鮮な演技。
とても楽しみです(^O^)


そんな話から始まった今日のタマラジ。
ミュージシャン福山雅治から 俳優福山雅治へと切り替わりつつも 番組途中でアコギをポロロンと弾く姿に なぜか涙が出てしまいました。
なんか嬉しかったというか 懐かしかったというか 自分でも分からないのですが マシャのギターがすごく心地よくて・・。

あー帰ってきてくれてるなぁ・・
そんなふうに思ったんです。

これからどんどん撮影が続いていく中で こうして土曜の夜に 坂本龍馬ではなく福山雅治として帰ってきてくれること・・

ミュージシャンマシャはしばらくお休みでも 毎週タマリクで生歌を聴かせてもらえること・・

演じるわけでもなく そのままの感情をいつも伝えてくれて キャッキャッ笑いながら下ネタトークも飛ばすこと・・

そんなマシャに毎週会えることが幸せだなと感じた夜でした。

ラジオという空間は私にとっても そしてきっとマシャにとっても 心が和む場所であり 帰る場所なんですよね・・。

どんなにキツくても 『ここに来たらホッとする』
そんな 『ラジオ』という場所で ひとりの人間『福山雅治』と向き合えること。
これからも この場所 この時間を大切にしていきたい と改めて思いました。

美味三昧

気付いたら たくさんの御飯物やデザート物の写メがたまってしまっていたので ここらへんで まとめてアップしておきたいと思います(^O^)
9d0dd8af.jpg
まずはこちら 渋谷で偶然見つけた御飯屋さん。
お店の名前を全く見ていなかったので また辿り着けるか不安ですが(笑)ここは絶対もう一度行きたいお店(^O^)

御飯と豚汁が基本で あと3品 自分でおかずを選べるのですが 種類も豊富で3品じゃ選び切れないぐらい。

私は かじきのフライ・しそ入りつくね・かぼちゃのなんとか(笑)をセレクト。

これにドリンクがついて たしか800円ぐらいだったような・・。
渋谷でありながらリーズナブルです(^O^)
店内もオシャレで イケメン店員さんも多く(←ここ大事(笑))また必ず行ってみたいお店になりました(^O^)
2e5f883a.jpg
ここには 絶対行ってみたかった(^O^)
花畑牧場カフェ!!

すっごい行列を覚悟してたけど 思ったほど混んでなくて 少し並んだだけで店内に入れました(^O^)

店内はピンク一色で バスをイメージさせた作り。
吊り革とかもありましたからね(笑)。
a0a37e85.jpg
念願の『生キャラメルアイス』。
すっごく甘いのかな?と思っていたけど 全然そんなことなく ホントに甘さ控えめで めちゃくちゃ美味しかったです(^O^)

いつも長蛇の列で買えない 生キャラメルも 普通に売切れることなく買えるし さすが表参道!!
都会の余裕(笑)を感じました(^O^)
34901610.jpg
そして代々木ファイナルライブの日。
ツアーもこの日で終わりということで 思う存分贅沢をすることに(^O^)

一度行ってみたかった高級フルーツ店『千疋屋』。
606306aa.jpg
『マンゴーカレー』。
贅沢宣言しておきながら こちらは友達と半分こ(笑)。
結局は 貧乏性なんです(笑)。

マンゴーとカレーって どうなんだろう?とちょっとドキドキでしたが めちゃくちゃ美味しい!!
やっぱり半分こにするんじゃなかった(笑)。
84720b1c.jpg
『フルーツポンチ』。
さすがフルーツ専門店だけあって 味は別格!!
032dfcc2.jpg
こちらは友達がオーダーした『グレープフルーツゼリー』。

これもめちゃめちゃ美味しかった〜!!

ライブ前にビタミンたっぷり補給できて 幸せなひとときでした(^O^)
7066f961.jpg
お次は つい先日行ったラーメン屋。
『まさ春』(笑)。

徳島で絶品のラーメンを食べてから ララルと『ラーメン食べにいこうツアー』(笑)を計画いたしまして(^O^)
先日の火曜日の夜 実行してきました(^O^)

ホントはめちゃくちゃ行きたいお店があったのですが 残念なことに定休日(涙)。

ということで 名前に誘われ『まさ春』へ(笑)。
962d9e72.jpg
定番の『中華そば』。
見てください このチャーシューのボリューム!!
59c90cf7.jpg
写真ではリアルに伝わらないのが悔しいのですが(笑) めちゃくちゃ分厚いんです!!
このボリュームのチャーシューが3枚。
さすがの私でも 最後のほうは苦しくなりました(笑)。

まさ春 オススメです(^O^)

以上 私のまんぷく日記(笑)でした(^O^)

どしゃ降りサッカー

1c45a216.jpg今朝の台風はホントに凄かったですね・・。
風で家が揺れて 真剣に家が壊れるんじゃないかと思ったぐらいでした。
被害に遭われた方もたくさんいるようで・・
ホントに自然の災害ほど怖いものはない・・と今回改めて痛感しました。

まだまだこれから台風が通過していく地もありますので 充分気をつけてくださいね。
そして心配してメールをくれた方々 この場を借りてありがとうございますm(__)m
私は大丈夫です(^O^)


さてそんな台風上陸の前日。

長良川競技場まで FC岐阜VS東京ヴェルディの試合を観に行ってきました(^O^)
もちろんドシャ降りです(>_<)
さらに 滝のメンバー外で 心もドシャ降り・・(涙)。
やっぱり悔しかったですね・・。
でも一番悔しかったのは滝本人。
それが分かっているだけに 降り続く雨が必要以上に冷たかった・・。

でも昨日 滝がいない試合を観て改めて思ったことがあります。

やっぱり私は滝のサッカーがめちゃくちゃ大好きだということ。
滝のサッカーが今見たくてたまらないということ。

それを改めて強く感じました。

もう10月だというのに 今シーズンはどうしてもなかなか試合を観に行くことができなくて・・
いや できなかったのではなく 行かなかった。
これが正直な現状です。
特にこの4か月は 毎回試合のたびに気にはなっていながらも 気持ちがどうしても追い付かなかった・・。

『気になる』と『応援する』では 全く気持ちの意味が違うということ・・
私には滝を応援する力が完全に欠けていました。

本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

今シーズンも残りわずかになってしまいましたが 昨日の試合を観に行ったことで『滝のサッカーが見たい!』と強く感じました。
『気になる』ではなく『応援する』。
一番大事なことを私は滝本人から改めて気付かせてもらえたような気がしています。
目を覚まさてもらったというか・・。

今シーズン あと何回試合を観に行けるか分かりませんが 一日でも多く 一回でも多く 滝のサッカーが観られたらな と思います。


明日はきっと晴れるはず。
昨日は雨やどりしてただけだもんね(^O^)

次は ドシャ降りではなく 心も快晴なそんな試合を観たいです(^O^)

11日の日曜日。
ヴェルディは天皇杯2回戦の試合があります。
それに勝ち進めば 11月1日は 名古屋のホームグランド瑞穂での対戦。
この瑞穂で元気な滝のサッカーが見られること。
それを願いながら これからもしっかり滝を応援していきたいと改めて思った雨の夜でした。

滝がサッカーを続けてくれる限り 私はこれからもずっと滝を応援していきます。

道標ツアー 最後の地へと・・ 代々木9月27日

1459fd56.jpg最終日 9月27日。
11時過ぎにホテルを出た後 どこへ行くわけでもなく 庭園みたいなところでボーッと過ごす(笑)。
とにかく何もする気になれなかったんですよね。
お昼ご飯を食べて お茶をして 15時にはすでに会場に向かっていました。

そしてファイナルのこの日。
少しでも長く会場内にいたい・・という思いから この日は開場と同時に中へ。
まだ誰も座っていない会場を見るのは初めてで それだけでなんだか最初から感極まってしまい 今からここで 道標ツアーのファイナルステージが行われるんだなぁと改めて思ったりもしました。
TFMを会場で最初から聞いたのも初めてで こんなにもライブ前に落ち着けたのはホントに初めてでした。
この日はスタンド1階の後列だったので 開演時間が近づくにつれて アリーナに続々と人が入って席が埋まっていくのもよく見えて あーホントに始まるんだなぁ・・といろんなことを感じた開演前でした。

9月27日(日)17時。
泣いても笑っても 道標ツアー最終公演です。
たくさんの歓声と拍手に包まれながら 真っ白な衣装で両手を大きく広げながら登場したマシャ。
溢れんばかりのみんなの想いを全身で心でしっかり感じているかのような そんな姿でした。
自分では涙を流している意識が全くなかったのですが つらつらと涙がとめどなく溢れていたみたいで 群青を聴きながら 手に涙がポツポツ落ちてきて・・
こんなにも自然に涙が出ていたことに自分でも驚きました。
ステージから離れていたスタンドだったので 群青の映像もとても綺麗に見えて 最後の最後に 改めてこの群青の意味を噛み締めることができたことを幸せに思いました。

ホントにこの日はやっぱり最初から泣けて泣けてどうにもならなかったのですが それでもマシャが『最終日です!とにかく最後まで楽しみましょう!』みたいなことを話してくれたので 泣いてちゃ楽しめない!思いっきり悔いのないように完全燃焼しよう!と自分に言い聞かせて そこからは 『最後だから・・』ということを考えず いつも通りにライブを楽しむことに。
マシャも ホントに笑顔満載で『楽しむ』想いが本当にすごく伝わってきて(^O^)
恒例のハイキックも さすが最終日だけあって かなりの精度でした(笑)。
あれ パンツ破けたりしないのかな?といつも気になっていたのですが(笑)。

稲佐山メドレーでは 土曜日に気付かなかった スクリーンに映し出される写真の数々。
線路や海 夕日・・
代々木でありながら 長崎の風景をこの場で感じることのできた演出に胸が熱くなりました。
特に『遠くへ』でスクリーンに映し出された ギターの写真には 堪え切れず涙・・。

夢を諦めなかったマシャが今このステージに立っていること。

小さいスポットライトを浴びながら 憧れをずっと追い続けていたこと。

マシャが諦めなかったからこそ 私たちが出会えたこと。

そんないろんな想いを感じながら 会場の真ん中で歌うマシャを見て 『これからもずっと歌い続けてくれる』 そんな確信さえしました。
そしてマシャが歌い続けてくれる限り 私たちもまだまだ見えない遠くへ・・一緒に歩いていけたらなと 改めて思いました。

この後のPeachでは前日と同様 紫のOバック。
そして『千秋楽さみしかバイ』の文字が。
イェーイ!!とノリノリだったのに その文字を見た途端 妙に寂しくなって 不覚にもPeachで涙(笑)。
マシャがお尻を妖艶な手つきで触っている中 なんで私今泣いてんだ?と自分でも訳が分からなかった(笑)。
そしてこの日のくす玉から出てきた垂れ幕には『最高ですよ!お前ら!』。
ドMな(笑)会場のみんなは(私も含めて(^O^))この 『お前ら!』にハートを撃ち抜かれたことでしょう(笑)。

Gang★では 相変わらずの マシャのマシャのわしづかみ(笑)。
これには毎回やられまくってました(笑)。
先日のラジオでは『イジリー福山』なんて芸名?(笑)も飛び出してましたね(^O^)
ホントにその名前がぴったりなぐらい いじりまくってましたから(笑)。
あんな光景 当たり前ですがライブでしか見れないので ホントに毎回お得な気分にさせてもらってました(^O^)
テレビ番組でイジリー福山になってしまったら大問題ですからね(笑)。

追憶の雨の中と想では コップを投げる投げる!!
一度 一回の公演で何個投げるか数えてみたいと思っていたけど 思うだけで いつも余裕がないf^_^;
スタンドから見てると コップの到達地点がよう見えるので この日も ナイスキャッチした人には思わず『オーッ!』とひとりで歓声をあげてみたり 遠くのスタンドまで届いた時にも マシャへの『オーッ!』(^O^)
そういえば代々木ではアリーナの通路にバスタオルを持ったスタッフが何人かいて コップが飛んできた付近の人にすかさずバスタオルを差し延べてました。
いやいや 必要ないでしょ?と思ったのは私だけでしょうか?(笑)

汗だくになりながら 息も切らしながら 思う存分ジャンプしまくって 拳振り上げて・・
そして『明日の☆SHOW』 。
限界でした。
ここにきて涙が決壊。
もう出だしから 震えが止まらないぐらいの涙・・。
走馬灯のように 今までのライブのことが頭に浮かんできて そしてステージには満面の笑みのマシャ。

私は この夏 このマシャの笑顔にどれだけ励まされてきたんだろう。

このマシャの歌にどれだけの感動や勇気をもらってきたんだろう。

そんなことを思うと 本当にいつまでたっても涙が止まりませんでした。

そしてそのままの流れで 道標・・。
私はこの曲の前に伝えてくれるマシャの手の話が大好きでした。
何度聞いても いつも同じように伝わるマシャの想い。
自分の手を見て 両親や祖父母との繋がりを感じること 今まで全く気付きもせず考えたこともなかった。
この道標という曲から マシャの言葉から 私はまたひとつ大切なことを教えられました。
いつもこうして たくさんのことを気付かせてもらえるマシャの歌とマシャの言葉。
本当に心から感謝しています。

そしてこの道標では その日 その会場での皆さんの笑顔がリアルタイムでスクリーンに映し出されるのですが これには毎回 胸を熱くさせられました。
マシャも先日のラジオで話してくれていましたが 本当に皆さん 素晴らしい笑顔で その笑顔を見ながら 改めて道標の深さを何度も胸に感じることができました。
私は今でも忘れられない一枚の笑顔の写真があります。
名古屋ファイナルで映し出された おじいちゃんとお孫さんの笑顔。
お孫さんを抱っこしながら そのお孫さんを見つめてやさしく笑うおじいちゃん。
ホントにステキでした。
あの映像を思い出すだけで今でも涙が出そうになります。

あんなピュアなまっすぐな笑顔で笑うことって日常にはない。
マシャもそんなことを話してくれていましたが 私はこう思います。
マシャの笑顔がいつもキラキラで眩しいから 私たちもそんなマシャを見てキラキラな笑顔になれるのかな・・と。
繋がってるんですよね(^O^)
そして『一番眩しいのはみんなの笑顔。それを僕はいつもステージから見ることができていたので実は一番贅沢させてもらってるのは僕なんです。』
そんなことも話してくれました。
泣かせてくれますね(涙)。
私たちがマシャのキラキラな笑顔からいつも幸せをもらっていたように 私たちの笑顔がマシャにもパワーを与えていたことが本当に嬉しかったです。

道標。
この曲からは本当にたくさんのことを学ばせてもらいました。


アンコール。
KISSしてでは またもや風船こず・・。
銀テープもウイングハートもコップも風船も何も飛んでこなかったけど 今回のツアーほど 『物じゃない』もっともっと大切なものをいつももらえていたような気がしています。
本当に温かいライブだったなぁ・・。

そしてアンコール終わりでは いきなりアキラさんがマイクの前に立ち『今日は僕たちからマシャと皆さんへサプライズを用意しました!』と メンバー全員で 歌を披露。
これにはホントにびっくりさせられました。
でも一番驚いていたのはマシャ本人でしたね。
後ろにさがってしまってたし(笑)。
そして アリーナ後方の壁にドーンと掲げられた一枚の横断幕。

『長い長〜いツアーお疲れ様でした。マシャ!あんたは最高バイ!福山龍馬応援しとるばい!きばりんしゃい!  メンバー&スタッフ一同』

またまた涙の川 大決壊です(涙)。
福山チームの温かさ 優しさを しかと心に感じました。
ここまでメンバーそしてスタッフがひとつになれるのって やっぱりマシャの人柄ですよね・・。
マシャ!あんたはやっぱりすごかー!!

こんな素晴らしいサプライズを考えてくれたチーム福山の皆さん 本当にありがとうございました。

そしてそんな温かい最高のメンバーを送り出した後 ひとりステージに残るマシャ。
鳴り止まない拍手と声援に満面の笑顔で『最終日だからもうちょっとやるよね〜』
『そりゃそうだよね〜』と(笑)。
あの笑顔めちゃくちゃかわいかったです(^O^)
そして『ツアーの後半に歌いたくなった歌です』と 披露してくれたのは『東京にもあったんだ』。
前日のライブでもそうでしたが やっぱりこの曲は 訳もなく涙が出ます。
心に響きました・・。
そしてこの後・・
いろんなところでネタバレしてますが マシャは『なかったことにしてください』(笑)と言っていたので ここではなかったことにしておきます(笑)。

マシャが最後に伝えてくれた言葉。
一番印象深かったのは 『今回のツアー。僕はいつも同じ気持ちでステージに立たせてもらっていました。初日だからとか真ん中だからとか最終日だからとか関係なくいつもどこの地でも同じような気持ちで歌わせてもらいました。』
この言葉には自然と涙があふれました。
そしてこの言葉を この日 この会場に来られなかった人たちに一番伝えてあげたい!と思って。
私は贅沢にも今回のツアーにたくさん参加することができて でももちろん 1会場しか参加できなかった人はたくさんいるわけで・・
でもどこの会場でも どこの地でも 全てが みんなにとってもマシャにとっても『一番』だったんだということを マシャの言葉から改めて知ることができました。
これは本当に嬉しかったです。

デビュー当時。
渋谷Egg-manで小さなスポットライトを浴びながら歌っていたマシャ。
その頃 アーティストの間では Egg-manから渋谷公会堂 NHKホール そして代々木へとひとつひとつ横断歩道を渡っていくことが夢だったそうで もちろんマシャもその一人。
でも夢は抱いていても 想像はできなかったと話していたマシャ。
20年経って 音楽を今でもやれているとは思ってもいなかった・・。
幸せなことに 渋谷公会堂へ渡る横断歩道も NHKホールへも そして代々木へも 全部青信号だったんですよね・・。
でもここまで来れたのは 連れてきてもらったのは ここに来てくれている皆さんのおかげです 本当に本当にありがとう!!
マシャはこう伝えて 深く長いお辞儀をしてくれました。

マシャはこのツアーを終えて 大きな仕事『大河ドラマ』へと向かいます。
短くても一年 いやもっとかな・・
音楽活動からは離れてしまうわけで 次いつ 歌うマシャに会えるのか全く分かりません。
でもだからこそ こうして大河へ向かう前に 4か月で42公演という 50万人ものファンに会いにきてくれたこと。
こんなに幸せな夏を過ごせたのは私にとって初めてでした。

マシャは最後に『また必ずライブに来てくれますよね?』
『絶対来てくれますよね?』と力強い言葉で私たちに また必ずステージに戻ってくることを約束してくれました。
それが何年先になるのか分からないけれど でもその約束があるから 私は何年でも待てます。

休む間もなく 大河ドラマの撮影に入るギリギリまでツアーの日程を組んでくれたこと 一日でも多くファンのみんなに会いにきてくれたこと 本当に本当に心からありがとうの気持ちでいっぱいです。

『また逢おう!またやろう!バイバイ!』と笑顔でステージを降りたマシャ。
その背中は もう前を向いていました。
清々しかった。

だからこそ私も前向きにいこう!と思いながらも やっぱりムリでしたね・・。
終演後の放心状態は半端なかった(笑)。
その後の名古屋へ帰ってからの抜け殻生活も半端なかった(笑)。
でも今はもう大丈夫です(^O^)

マシャ。本当に最高に素晴らしい2009年の夏をありがとう!
この4か月 マシャも私たちも体調崩すことなくこのツアーを走り切ることができたこと。
それに何より感謝しています。
いつもいつも どこの場所でも 同じキモチを届けてくれてありがとう!
私たちには どんなに遠い座席でもいつも同じキモチがしっかり届いてました。

マシャからもらったたくさんの幸せを胸に 私たちもまたマシャがステージに帰ってきてくれる日を心待ちにしています。
そして 大きな挑戦でもある『福山龍馬』。
きばりんしゃい!(笑)
応援しています。


とんでもなく長い日記になってしまってすみません。
そしてここまで読んでくれてありがとう。
いつも携帯からアップしているのですが 初めて『文字数オーバー』になりました(笑)。びっくらこいた!!

最後になりますが・・
やっぱり何度伝えても言い足りないぐらい マシャへ・・

ありがとう!!!

道標ツアー 最後の地へと・・ 代々木9月26日

e9ab02f6.jpg今頃のレポになってしまってすみません。
抜け殻からも脱出できましたので(笑)要所要所ですが代々木のライブのことを振り返っていきたいと思います。

まずは9月26日。
朝一のバスで名古屋を出発し(車内は福山雅治ファン御一行様だった(笑))2時半少し前に新宿に到着。
一緒に参加する友達とはホテル集合ということで そのままホテルに向かったのですが これがまた歌舞伎町でしてね・・
警視庁密着24時の世界です(笑)。
いやぁ〜すごかった!!
怖くて 人と目を合わせられないから 下を向きながらひたすらホテルを探しました。

目が合う=殺される。
そんな方程式が歌舞伎町では成立するかのような怖さ(笑)。

で やっとホテルが近づいてきた〜!と思ったら 何やらまわりはラブホばかり・・。
私もしかしてラブホを予約しちゃったんだろうか?と真剣に焦りました。
でも そんなラブホ街にポツンと佇むビジネスホテル。
大丈夫でした(^O^)
かなり安かったので心配していたんですが 場所柄ということもあってか 安さの要因は ラブホ街にあるからなのかな・・と。
部屋はめちゃくちゃ綺麗で広くて ホントにびっくりするぐらいの満足さ!!

チェックインしてしばらくしてから 友達も無事に到着。
なんだかホテルでまったりしてしまい 結構ギリギリな時間に会場へ向かったのでした。

KAZEツアー以来4年ぶりに訪れる代々木。
やっぱり代々木はでかい!!
さすが東京!!というかんじです。

この日はアミュモバで当選したSB席での参加。
もちろん(笑)オグちゃん側です(^O^)
というのも私はオグちゃんに縁があるらしく 今回のツアーは見事にオグちゃんサイドばかり(笑)。
ジョージ側に行けたのは一回だけでした(笑)。

そして開演。
あれ?マシャの顔が見えない。
そう マシャをサイドから照らすスポットライトが見事に直撃で センターステージで歌うマシャの姿は 下半身(笑)しか確認できなくて。
ホントにすっぽり上半身がライトで消えてしまうので 終始 足だけのマシャ(笑)でした。
でもだからこそ発見できたことがたくさんあって オープニングの群青を歌い終わる直前 ON AND ONのイントロが始まる前に マシャはすでに足でリズムをとっていました。
これは今まで全く気付かなかったことだったので こうして最後の最後に 小刻みにリズムをとるマシャの足(笑)を堪能できて良かったです(^O^)


代々木は稲佐山仕様のステージになっていて 花道がセンターにも!!
そう あなたへと続く滑走路(笑)。
まさか代々木であの稲佐山メドレーを聴けるとは思いもしなかったので 本当に嬉しい瞬間でした。

あの日あの時の空 風 夕日・・
そのまま鮮明に蘇ってきて 涙がつらつらと・・。
マシャが代々木でこの稲佐山メドレーをこうして再現してくれたこと。
きっと稲佐山へ行けなかった人たちのために・・という想いもあったんだろうなぁ と感じました。

恒例のPeach尻ヅラは『千秋楽前夜祭』のロゴ入り 紫Oバック。
Tバックや 白ふんどし 紅白ふんどし とレパートリ多彩でしたが 私はこのOバックが何気に一番お気に入りでした(^O^)
真ん中の穴に手を突っ込んで やりたい放題でしたからね〜(笑)
そういえば余談ですが たしか大阪で マシャが『これ偽物ですからね』とPeach終わりに軽く説明した時 後ろの方が『えっ!偽物だったん!?』 と 偽物だったことにかなりびっくりされておりました(笑)。

さらに代々木では Oバックを脱がせてしまった後 割れ目に丸福のマークが(笑)。

さらにさらに暗転した後 明るくなった時には お尻からぶら下がる金のくす玉。
金色っていうのが妙にリアルだったんですけど(笑)。
そしてオグちゃんがくす玉を引っ張ると『代々木最高!』というミニ垂れ幕が(^O^)
ホントにやりたい放題です(笑)。
でもいつもPeachではホントに楽しませていただいて 何度見ても笑いが止まらないゾーンでした(^O^)
お尻の触り方も日々進化してたしね(笑)。

この後は熱い熱いナンバーが続き 狭いスタンド席でも必死にジャンプ!
何度も足をぶつけていたらしく 膝小僧にはありえないぐらいの青アザができてました(笑)。
いまだに消えてないf^_^;


化身では ふと下に目をやると ステージの下にジョージが!!
エッ!?なんでこんなところに!?とびっくりしたのですが ステージにも普通にジョージがいる!!
私 見てはいけない幻でも見てしまったんでしょうか?
ジョージと全く同じ格好で同じ帽子で たしかにギターを弾いてた!!
化身が終わったらいつの間にか消えていたのですが あのもう一人のジョージがいまだに謎です。
あれは誰だったんでしょう?


アンコールのKISSして では 大きな風船があらゆるところから出没。
でも自分のところには来ないというのが分かったので(笑)ひたすら花道にいるマシャをガン見(^O^)
中から小さな風船が飛び出すとは みんなもびっくり!でしたね(^O^)
スタンドから見てて カラフルな風船がとても綺麗でした(^O^)

Wアンコールは 今ツアーで初めて披露してくれた 『東京にもあったんだ』。
ずっと聴いてみたい と願っていた曲だったので 本当に嬉しかったです。

ギターだけでの弾き語り・・。
マシャの歌声とギターの音色が心にしっかり響いて 涙が止まりませんでした。
マシャはこの東京で いろんな迷いや不安を感じながらも これからも歩いていく。
それでも都会の色に染まりながらも 忘れてはならないこと なくしてはならないこと そんなことを教えてもらえたような そんな瞬間でした。
東京にも綺麗な月や星があるんですよね・・。
なかなか東京では空を見上げることがなかった私。
この日は会場を出た後 空を眺めてみました。

綺麗でした。
東京にも心がホッとなれる瞬間があるんですよね。


この日のライブ。
マシャの顔がほとんど見えない状態でしたが だからこそ改めてこのライブの大切な部分というのを感じることができました。
ホントにどの角度からでも 見えなくても マシャの歌が気持ちがビシビシと伝わるんです。
『見えない・・』とテンションが下がることは一度もありませんでした。
この空間にいられることが幸せ。
それを本当に心から感じたライブでした。
以前ずいぶん昔にマシャが話していたこと・・。

『まわりの状況が変わったとしても変わらないもの。友達・音楽・そして僕とみんなの間に流れているもの。』

この言葉が自然と頭に浮かんで 今でもこうして 変わらないキモチを感じることができるのは きっとこんなマシャの想いがあるからなんだなぁ・・と。
ホントに ライブで流れている私たちとマシャの間にあるものって今も全く変わってないし この先も変わらないと自信を持って言えます。
この日のライブでは特にそんなことを感じましたね。


こんなかんじで26日の代々木ライブを振り返ってみましたが なんだかレポもぶつ切りですみません。
というかほとんどレポになってませんよね(笑)。
27日のファイナルもレポというよりは感想みたいなかんじになってしまうと思いますが ぼちぼちアップしていきたいと思います。

余談ですが ライブ後 歌舞伎町24時の街を恐る恐る歩きながらホテルへ帰ったのですが 夜はもうエライことになってましたね。
まさに 『眠らない街』です(笑)。

でもいい冒険ができました(笑)。

残響・・・

ふぅ・・・
どうしたもんでしょう 全くやる気が起こらない毎日です(>_<)
コメントもたくさんいただいてるのに 全く返事も出来なくてホントにすみません。
でも皆さんからのコメント しかと心に刻みつけながら読ませていただいてます。
いつもありがとう(^O^)

代々木から帰っても全くライブレポも書けず マシャの歌も聴けず 稲佐山ライブの映像なんぞを見てしまったら 泣きすぎて発作起こしそうな勢い(苦笑)。

常にボーッとしているので いつも以上に動作が鈍いし 駅では何度も人にぶつかるし そのたびに『チッ』って舌打ちされるし 頭も心もぽっかり穴が開いてしまったような そんな最近の私です・・。

始まりがあれば終わりが来る。

それは十二分に分かってたつもり。
それでも・・やっぱり終わりは想像以上に寂しいものでした。
今週末も普通にどこかでライブをやりそうな気がしてるし 私もスーツケース抱えてどこかに遠征するような気さえしていて・・
私だけがまだ終われてない・・。

今の私のこの抜け抜け生活をマシャが知ったら きっと怒られるでしょう(笑)。
シャンとせんかぃ!!って・・。

毎日毎日 マシャのキラキラな笑顔と歌声が残響となって 頭の中をグルグルしています。
そして不思議なことに毎日マシャの夢を見てしまう私。
それも必ずライブの夢。
目が覚めてさらに寂しさ倍増です(涙)。
重症ですね(笑)。

でももう少しだけ・・
土曜日のタマラジでマシャの言葉や想いを聞くまでは 思いっきり泣いてもいいかな・・。

私だけが寂しい気持ちでいるわけじゃない・・
ここに来てくれるみんなも そしてきっとマシャだって 道標ツアーの残響にいろんな想いを巡らせているんですよね。
それでも 前を向いて歩いていってるんだもんね。
私はまだまだ立ち止まったままだけど 来週にはしっかり前を向いて未来に進んでいけるように 頑張りたいと思います。

マシャ 私にドSな喝入れてくださいね(笑)。
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ