BEAUTIFUL DAY

マシャこと福山雅治さんと タイのバンコクグラスFCでプレー中のサッカー選手 滝澤邦彦選手を応援している 旅好き&グルメ好きな 名古屋人Squallのブログです。 何気なく当たり前に過ぎていく毎日。 でもそれは実は一番幸せなことなのかもしれない。 当たり前のような奇跡。 そんなBEAUTIFUL DAYをこれからも大切に過ごしていきたいです。

2010年06月

平和への祈り

今回の長崎旅行。
最終日に平和公園界隈の観光を予定していましたが 少し時間が押してしまって・・
時間的に行けないことはなかったけれど ここへはちゃんとゆっくり時間をかけて行きたかったので 次回ゆっくりいろんなことを感じながら見て回りたいと思っています。


そして 旅としては平和と向き合う時間がなかった今回の長崎旅行でしたが 私にはどうしても参加したかったプロジェクトがありまして・・。

旅の最後の道標として 少しそのお話をさせていただきたいと思います。




今回私が長崎で泊まらせていただいた『ホテルウイングポート長崎』。
そのウイングポートさんと同じ系列の『ホテルクオーレ長崎』・『ホテルベルビュー長崎』の3ホテルが企画した『ピース折り鶴プロジェクト』に私は今年初めて参加させていただきました。

企画内容のHPにここからそのままジャンプできればいいのですが 相変わらずURLの貼り方が分からないので(笑) HPから抜粋して紹介させていただきます。
7172808f.jpg
《ピース折り鶴プロジェクト》
〜折り鶴で紡ぐ平和の輪〜


実施期間:2010年4月28日(水)〜8月9日(月・長崎原爆の日)


被爆都市である長崎市では 原爆犠牲者の慰霊と核兵器廃絶そして世界平和を願って 8月9日に平和祈念式典が行われます。
ホテルベルビュー長崎・ホテルウイングポート長崎・ホテルクオーレ長崎駅前では ご来館いただいたお客様が平和を祈るお気持ちを折り鶴に託していただければと思い ホテルロビーに折り紙をご用意いたしております。

皆様に折っていただいた鶴は8月9日(長崎原爆の日)に平和公園へ寄贈させていただきます。

この活動も今年で5年目を迎え スタッフ一人ひとりがこれまでたくさんのお客様と『平和』を考える時間を共有してまいりました。
そして今年もお客様とそのような素敵な時間を過ごせることを嬉しく思います。

〜スタッフ一同より〜




そしてこんな心温まるエピソードも綴られています。




〜お客様との交流〜

当ホテルはビジネス利用のお客様が多いので お忙しい中この企画に参加していただけるかどうか不安の中で開始いたしましたが 毎年たくさんのお客様とそのご家族にも平和の輪が広がっていることを実感させていただいております。

1羽だけですが・・と照れながらフロントに持ってきてくださる男性のお客様。
メッセージを添えてお部屋にそっと置いて帰られるお客様。
長崎に向かう飛行機やJR車中で折ってきてくださるお客様。
『職場の同僚と一緒に折ってきました』とチェックインの時に大量に持ってきてくださるお客様。
不自由な手で一生懸命に折ってくださったくしゃくしゃの未完成の鶴をいただくこともありました。

折り鶴一羽一羽にお客様それぞれの気持ちがこもっています。
私達はその気持ちを大切に 一羽一羽丁寧につづっています。




私はこのプロジェクトのことを2〜3年前に マシャ友であるもっちゃんとハルから教えてもらいました。

平和を願うこと。
正直 何をしたらいいのか 何ができるのか 今でも分からない自分がいます。
平和を願う気持ちをどんなふうに形にしたらいいのか・・。

でもきっと大切なのは形に残るものではなく 心に残るもの・・。

このブログにも書きましたが 私は2年前の4月に長崎を訪れた時 実際に原爆を経験した二人の方から当時の話を聞くことができました。

思い出したくもない当時の話を二人とも一生懸命に私に伝えてくれ そして『ずっとあの当時のことを忘れたいと思ってました。
思い出すのが怖かった。
でもこれから世代が変わりこの原爆を体験した人はどんどん少なくなっていく。
あと何年もすれば原爆のことを知る人が誰もいなくなる。
そう考えた時に この惨事を忘れてほしくない 伝えていきたい・・そう思ったんです。
何年経っても何百年経っても原爆が日本に落とされたというのは揺るがない現実。
今は忘れたくない・・忘れてほしくない・・そして知ってほしい・・語り継いでいってほしい・・そんな強い想いでこうして原爆のことを語るようになりました。』と話してくださいました。

きっと私たちが想像もできないぐらい 原爆の惨状は凄くて そしてそんな辛い過去にタイムスリップして 私たちに伝えること・・
想像をはるかに越える苦しさだったと思います。
それでも 知ってほしい・・と一生懸命に伝えてくれたお二人の気持ち。
私はあの日 形ではないもっともっと大切な何かをお二人から気付かせてもらいました。

原爆も戦争も経験していない今の私たち そしてこれから生まれてくる未来の子供たち。
そんな私たちに出来るのは 『忘れない』こと。
そして『伝える』こと。


今回の『ピース折り鶴プロジェクト』に参加しようと思ったのも そんな想いからでした。

形として残る折り鶴ではありますが その形になるまでの過程 想いが何より大切なんだと私は感じています。

先程アップした『お客様との交流』の中にもあるように 一人一人が 旅の途中 旅の前 旅の後に折り鶴へと想いを馳せたその時間。

それは折り鶴の数が多い少ないに関係なく きっと誰もが 鶴を折っているその瞬間 平和への祈りを込めて折っていたということ その想いひとつひとつが何よりも大切なこと・・なんだと改めて思いました。
22f286fc.jpg
ホテルのロビーにはこのように 折り紙が用意されています。
旅の途中に1分だけでも 折り鶴に平和への祈りを込めていただけたら・・という ホテルのスタッフの方々の想いが感じ取られます。


私は今回長崎へ行くにあたり 旅の前に平和への祈りを込めて鶴を折ることにしました。
夜寝る前に少しずつ少しずつ・・。
鶴を折っているその瞬間 平和への想いを馳せながら・・。

長崎へこの時期に行くことが出来たタイミング そしてこのようなプロジェクトを行ってくれているホテルを選んだタイミング 色んなタイミングが重なって 今回参加させていただくことができたことを心から感謝しています。

チェックインの際 スタッフの方に鶴を託しました。
お世辞にも綺麗とはいえない私の折った鶴(笑)。
正直汚すぎて恥ずかしいぐらいでしたが スタッフの方々は 『こうして想いを込めて折っていただいた気持ちが何よりも嬉しい』と言ってくださり その言葉が私はとても嬉しかったです。

夜ホテルに戻った時 別のスタッフの方にも『鶴ありがとうございました』と声をかけていただき 改めてこのプロジェクトに参加できてよかったと心から思いました。

そして不思議な偶然というか道標ってここにも繋がってるんだなぁ・・と思った出来事が。

私がちょうど長崎を旅している時 あるマシャ友さんの日記で このピース折り鶴プロジェクトのことがアップされていました。

彼女も 何か気持ちとして届けたいという想いから 私とは別のホテルに折り鶴を送ったそうです。
彼女の平和への想いを色で表現し それぞれの折り鶴の色には 彼女なりの深い想いが込められています。

ちょうどこのピース折り鶴プロジェクトの活動記録ブログに 彼女が送ったらしき鶴がアップされていて なんだかピン!ときて 彼女に尋ねたところビンゴ!でした。

彼女らしさが伝わるホントに素敵な鶴たちです。

そしてお恥ずかしながら 私の鶴もその活動記録にアップしていただいて 嬉しいような恥ずかしいような複雑な気持ちです(笑)。

こうして偶然にも同じ時期にマシャ友さんも鶴に想いを馳せていたこと・・
つながってるんだなぁと改めて感じました。

このプロジェクトは決して強制的ではありません。
旅の途中に少しの時間だけでも 平和と向き合っていただけたら・・という想いから生まれた温かい企画。
もし少しでも何かを感じた方や 何かしてみたいと思った方はぜひ自分なりの想いで参加してみてください。

『ピース折り鶴プロジェクト』と検索すればHPにジャンプできると思います。


ちなみに6月22日の段階で 集まった鶴は 2488羽。
たくさんの人のそれぞれの想いが込められた2488羽。

この全ての想いが平和への道標となりますように・・。

雨の長崎 3日目 part3 〜崇福寺→眼鏡橋〜

午後からは 先日の龍馬伝のロケ地ともなった 崇福寺へ。

今まで何度か目の前を通ったことはありましたが ちゃんと見に行くのは初です。
2ecf6ccf.jpg
崇福寺入口。
この門をくぐって 長い階段を登っていきます。

そしてここにきてまた大粒の雨が・・。
なぜかうちらが屋外観光をする時に限って雨が降ってくる。
まぁ これが雨女ってことでしょう(笑)。
6731aa79.jpg
第一峰門。
この崇福寺には 九州にある10の国宝建築物のうちの2つが現存しているらしく こちらの第一峰門が ひとつ目の国宝。
9180f414.jpg
そしてもうひとつの国宝が こちらの『大雄宝殿』。

1946年に建てられた この大雄宝殿は県内最古の建物だそうで 当時は単層屋根でしたが後に上層が追加されたらしいです。
9e76cc94.jpg
ちなみにこの『大雄宝殿』の前で 余貴美子さん・蒼井優さん・伊勢谷友介さん・そしてマシャの4人が並んで取材会が開かれていましたよね(^O^)

ここに居たんだよなぁ〜と 約1か月前の残り香を堪能しておきました(笑)。
caf2edfb.jpg
そして崇福寺から眼鏡橋界隈に向かって こちらのお土産屋さん『萬順製菓』へ。

ここのカステララスク『かすどーる』が私の大のお気に入りで 生前 おじいちゃんも大好きだったので 帰ってからすぐに仏壇にお供えしました。
その後すぐ食べちゃったけど(笑)。
41e233cc.jpg
萬順製菓さんから少し下ったところにある『ニューヨーク堂』。

こちらも私のお気に入りのお店です。
a5054868.jpg
ホントは びわの実アイスを買う予定でいましたが 限定モノに弱い私(笑)。

龍馬伝とのコラボ商品『抹茶カステラアイス』をお買い上げしてみました(^O^)

パッケージの 『長崎カステラアイス』の部分が龍馬さんのシルエットでくり抜かれてるんですよね(^O^)
f50fb090.jpg
龍馬伝と抹茶・・どんな関わりがあるんだろう?と思って お店の方に聞いてみたら 余貴美子さん演じる大浦慶さんは 近代日本の製茶輸出貿易の先駆け者として幕末に活躍した女傑だったんだそうです。

ほほぅ・・なるほど。だから抹茶なんですね(^O^)
92858742.jpg
ニューヨーク堂でGETした 抹茶カステラアイスを持って眼鏡橋へ。

相変わらず雨です・・。
609a0992.jpg
遠くに見える眼鏡橋をバックに おやつタ〜イム(^O^)

カステラの甘みと 抹茶の苦みが いいかんじに調和されていて まっこと美味いぜよ!!
5890f0a4.jpg
眼鏡になっていない(笑)眼鏡橋(^O^)
96c92d15.jpg
前にここへ来た時は全く知らなくて 多分素通りしていた(笑)ハートストーン(^O^)

いいことありますように☆
d578e605.jpg
セピアモードの眼鏡橋。

以上 これにて長崎旅日記終了です。


この後博多経由で また約15時間かけて(笑)名古屋へと帰りました。
帰りたくないのに無理矢理帰ってきた・・というかんじです(笑)。
今回の旅は見事に雨三昧でしたが 道ゆく脇には雨露に濡れた綺麗な紫陽花が咲き並び 石畳みを濡らす雨の音や 雨の匂い・・。
雨だからこその残響を感じることができて 改めて 長崎は雨の似合う街だなぁ・・と思いました。
といっても もちろん次は晴れてほしいけどね(^O^)

そして街全体が龍馬三昧で 行く先々で必ず福山龍馬のポスターとご対面(笑)。
街を歩いていて こんなにマシャと遭遇(笑)することは今までなかったので 龍馬ブームのすごさを改めて実感しています。



路面電車の運行ルートを眺めていたら『どこ行くと?』と声をかけてくれたおばあちゃん。

バス停でもないのに うちらが迷子になったと思って(笑)わざわざ停まって『乗りますか?』と言ってくれたバスの運転手さん。

道を尋ねたら 一緒に目的地まで行こうとしてくれたお姉さん。

ご飯屋さんやお土産屋さんのお店の方は どこへ行っても笑顔で『どこから来られたんですか?』と話しかけてくださいました。


長崎へ行くたびに『人の温かみ』をいつも感じさせられます。

私 地元の名古屋でもたまに道に迷うことがあって(笑)道を尋ねることがあるのですが 『すいません』と声をかける=キャッチセールスというのが当たり前のようになってしまっていて ただ道を聞きたいだけなのに 逃げるように走り去られたり・・。
そして自分も同じようなことをしているな・・と気付きました。
声をかけられると 『何?』と思ってしまうし どこか警戒してしまう自分がいます。

今回の旅で長崎の人たちの笑顔をたくさん見てきて 改めてそんな自分が恥ずかしくなりました。

人を思いやる気持ち。

長崎の街から 長崎の人から そんな大切な気持ちを教えられたような気がしています。

街全体が温かいから こうして帰りたくなくなったり またすぐにでも行きたい!という気持ちにさせてくれるんですよね(^O^)

長崎はある意味私の心のふるさとです。

この3日間の旅で出会えた全ての方たちへ・・

ありがとう!!


ホントに楽しく優しい忘れられない旅となりました。
また必ず 長崎に帰りたい?(笑)です。


そして相変わらずの長い日記をここまで読んでいただいて 本当にありがとうございましたm(__)m
旅日記はこれにて終了しましたが 最後にもうひとつだけアップしたい記事がありますので あと少しおつきあいくださいm(__)m

雨の長崎 3日目 part2 〜長崎奉行所・龍馬伝館〜

4847ca30.jpg長崎駅から歩いて 長崎奉行所・龍馬伝館へ。
最寄り駅は桜町となってますが 長崎駅から全然歩ける距離です。
f34183b2.jpg
こちらはもともとは長崎歴史文化博物館という名称の施設。
今だけ期間限定で 龍馬伝館として 龍馬関連の施設としているようです。

すんごい立派なお城で 外観を見ただけで おったまげたぜよ!!(笑)
3f9448e4.jpg
このようなのぼりも たくさん掲げられてました(^O^)

ちなみに黒バージョンもあります(^O^)
1dde525d.jpg
入口に入るとすぐ このお二人がドーンとお出迎え(^O^)
まっこと迫力あります。
996d06c3.jpg
それぞれ近くに寄ってみました(^O^)
まずは龍馬さん。
でっかいです!!
3795a234.jpg
続いて 弥太郎。
なんだかもう香川さんにしか見えません(笑)。
c439b719.jpg
せっかくなので後ろ姿も(^O^)
後ろから見ても貫禄ありますねぇ。
ef34a64a.jpg
弥太郎さん。
羽織りにちゃんと三菱のマークもついてますね(^O^)
3b583a35.jpg
1階がお土産ショップになっていて エスカレーターで2階へあがると 龍馬伝館の入口があります。
1371af77.jpg
展示ブースは土足厳禁で このような靴入れ用のビニール袋をもらえるのですが これを靴入れにするなんてもったいない(笑)。

なので 自分で何かビニール袋を用意していったほうがいいかも(^O^)

私も ホテルにあったランドリー袋に靴を入れ この龍馬さんの袋はそのままの状態で持ち帰ってきました(^O^)
9451e302.jpg
館内マップ!
実に広いです。
そしてかなり満喫できます。

私たちも予定時間より1時間以上長く滞在してましたから(^O^)


ちなみに館内は 撮影禁止の表示があるものと動画は撮影禁止ですが それ以外は撮影OKです(^O^)
d62dee27.jpg
館内はまるで旅館のようで 照明や壁にも細やかなこだわりが組み込まれてました(^O^)

ほんのり木の香りがしたり ほっこりできる空間です。
559f377b.jpg
順路通り進んでいくと リアル龍馬さんが(笑)。

ここは撮影ブースとなっていて スタッフの方が写真を撮ってくれます。
せっかくなので私たちも記念に一枚(^O^)

最初に業務用のカメラで撮影していただき その後 持参のカメラや携帯でも撮影してくれます。

ちなみにこちらは携帯で撮ってもらった一枚。
龍馬さんの肩に両手を添えるのが決まりなようです(笑)。
4a67f031.jpg
こちらがスタッフの方のカメラで撮っていただいた一枚。

買う買わないに関係なく 最後に見せてもらえます。
もし気に入ればどうぞ(^O^)ということで一枚1000円。
最初は全く買う気ありませんでしたが(笑) 写真を見せていただいたら やっぱり欲しくなりお買い上げ(笑)。

豪華なケースに入れてもらえるし 日付や写真まわりのデザインもかっこいいので 記念になる一枚です。

日付には『慶應143年』と書かれていて これは今の年数を慶應に換算したら・・ってことなのかもしれませんね(^O^)

おもしろいこだわりです(^O^)
e9b623bc.jpg
そして 順路に沿って廊下を曲がると いきなり『ハーイ!トーマスグラバーです!』と ソファーに座った なりきりグラバーさんが登場(笑)。

普通に日本人だし おっさんなんですけど(笑)。

なんだかあれよあれよと記念撮影を薦められ このような形になりました(笑)。

まぁ これもある意味記念かな(笑)。
8b603307.jpg
長崎県ウォーカーを見て気になっていた『花街お座敷撮影コーナー』。
ここで実際に龍馬さんの衣装や女性用の着物を着て撮影してもらうことができます。

もちろん張り切って撮影してきたぜよ(^O^)
92d3c159.jpg
私→龍馬。
みきちゃん→お龍(笑)です。
ちゃんと右手も中に入れてみました(笑)。

撮影待ちの列もなかったので スタッフさんが『衣装を交代してもいいですよ』と言ってくださり お互い龍馬と お龍になりきってきました(笑)。

こんなふうに龍馬さんの着物を着る機会なんてないと思うので 貴重な体験ができてよかったです。
034056b0.jpg
こちらは出口付近にあった長崎限定のプリクラ(^O^)
せっかくだからやろう!と何年かぶりのプリクラに(笑)久々挑戦!

システムがなんちゃー 分からんかったがじゃ。
時代は進んどるのぅ(笑)。

背景を二つ選べたので まずは龍馬像と(^O^)
681154bb.jpg
もうひとつは亀山社中バージョン(^O^)

3・2・う〜み〜の合図で(笑)撮影(^O^)

こちらもいい記念になりました(^O^)

ちなみに今のプリクラって 携帯にも画像が取り込めるらしい。
やっぱり時代は進んどるのぅ(笑)。

この龍馬伝館 思った以上に楽しめます。
これから行かれる方 なるべく時間を多めにとって足を運んでみてくださいね(^O^)

ふぅ。
やっと長崎旅日記も終わりが見えてきた(笑)。
多分(笑)次で終わると思います(^O^)

最終日part3は 崇福寺・眼鏡橋編。

震えて待て〜(^O^)

雨の長崎 3日目 part1 〜旭町防波堤・灯台〜

長崎旅行最終日です。
前日の就寝が遅かったため この日は少しゆっくりめに8時出発。

長崎駅からバスに乗り旭町のほうまで向かいました。
f1dbdeae.jpg
旭大橋を稲佐山方面に渡りきったポートアリーナの突端にある 旭町防波堤灯台。

♪外国船 汽笛響く 灯台にもたれ ひとり 遠くへと想い馳せた18の夏♪

そうあの♪18〜eighteen〜♪の灯台です。
7bd29215.jpg
港の向こう側には 出島ワーフや水辺の森公園。
反対側には稲佐山。

どこを見渡しても 綺麗な景色が広がり ホントにただただボーッと佇みたくなるような そんな想いにさせてくれる場所。
5875bcff.jpg
携帯写メなので分かりにくいですが 遠くに見えるのが旭大橋です。

赤い流星ですね(笑)。
2d9437cb.jpg
この場所で♪18〜eighteen〜♪を聴いてみました。

灯台を見上げながら 遠くの景色を眺めながら・・。
3a560cef.jpg
マシャもあの頃 こんなふうに灯台を見上げたのかな・・。

きっとマシャにとってここは いろんなことを考え 悩み そして決断させてくれた 大切な場所なんだろうなぁ・・。

私もいろんな想いを馳せていたら 泣きそうになってしまいました。
ef37136b.jpg
十七年モノツアーのパンフレットに掲載されていた場所。
この黄色い椅子?(笑)にマシャが座って黄昏れてました(笑)。
b2e4ae59.jpg
同じアングルで記念撮影(^O^)

ホントはマシャはもっと深く座っているのですが そうすると私は地面に足がつかない(笑)。

マシャの足の長さと 私の足の短さを実感した瞬間でした(笑)。
7cae7a81.jpg
さっきよりも若干深くもたれてみましたが 変わってないですね(笑)。


相変わらず見苦しくて(笑)すみません。
05988205.jpg
遠くに見えるのは稲佐山。

ホントにここからは色んな景色を眺めることができます。

マシャがここをお気に入りスポットにしていた気持ちがとってもよく分かりました。
6e74e8e5.jpg
♪どこに行っても行き止まりさ 虚しく響く答えに ギター抱え 空見あげてた♪


遠い昔のマシャの 行き場のない想いをいつも癒してくれていたこの場所。

これからもきっと永遠に マシャにとって心帰れる場所となってくれることでしょう・・。
f5eacf3a.jpg
灯台で思う存分物思いにふけった後(笑) バスで長崎駅まで戻り 降りたバス停がまたNHKの前だったため(笑)昨日は閉まっていたNHKへ。

これといった展示物はありませんでしたが 小学生の子たちが書いた習字の作品の中に なぜか『弥太郎』というお題がありました(笑)。
7bac2f25.jpg
この後 長崎奉行所・龍馬伝館へと向かったのですが こちらも長くなりそうなので(笑)龍馬伝館の後に行った お昼ご飯のレポを先に(^O^)

ホントは 思案橋近くにある 鯛めしの『御飯本店』に行く予定でしたが 問い合わせをしたらなんとこの日はランチ営業がお休みだそうで・・。

駅前のアミュプラザにある『御飯大甚』で同じ鯛めしが食べられるということを知り そちらに向かいました。
23c82c5e.jpg
鯛めし定食!!
新鮮なお刺身・筑前煮・きびなご?の天ぷら・山芋・茄子etc

体に良さそうなものがたっぷり(^O^)
5e7b2686.jpg
お盆に乗らなかったのか(笑) こちらの さばの味噌煮は単品で持ってきてくださいました(^O^)

鯛めしは味がしみて めっちゃ美味しくて 正直もっと食べたかった(笑)。
おかわりのサービスがあったらいいのになぁf^_^;


今度は本店にも行ってみたいです(^O^)

以上 最終日の午前中までのレポでした。
part2は龍馬伝館編です。





PS
なんだかブログ投稿の調子が悪くて 写真を何度投稿しても 知らない人の写真がアップされたり(笑) 急にでっかいサイズで写真がアップされてて よう分かりません。
いきなり知らない写真がアップされることがあるかもしれませんが なるべく早く修正しますので あっ!また変なのが出てる!とでも思っておいてください(笑)。

また何か不備があれば遠慮なく言うてつかぁーさい(^O^)
よろしくお願いします。

雨の長崎 2日目 part3 〜稲佐山野外ステージ〜

c29b3a2d.jpg二日目の旅 part3です。

グラバー園を後にして 次に向かった先はこちら。
シースクリームで有名な『梅月堂』。

私何度も長崎を訪れてますが シースクリームの存在を全く知りませんでした。
長崎では ケーキといえばシースクリーム!っていうぐらい 馴染みの深いものなんですよね。

シースクリームアバージンに(笑)ドキドキしながらお店に向かいました(^O^)

そしてここではもうひとつのお楽しみが(^O^)

長崎の美しい有名人(笑) マシャ友ユウ&ユウベビーのコロ助くんに会うこと!!

昨年の稲佐山ライブ前日には8か月の大きなお腹を抱えて 私たちに会いにきてくれたユウ。
『元気に産まれてこいよ〜』とお腹をなでなでさせてもらったあの日から8か月。

ユウに言われて気付いたけど 前に会ったのが妊娠8か月。
そして今回会ったのが産まれてから8か月。
なんだかすごい偶然!!
次はまた8か月後に会いにいかなきゃね(^O^)

ユウもこの日 色々とバタバタしていた中 こうして会いにきてくれて その気持ちがホントに嬉しかったです。

ママになったユウは 当たり前だけど(笑)ママの顔になっていて あんな綺麗なのに やることなすことは肝っ玉かあちゃん並み(笑)。
そのギャップが私は大好きです(^O^)
↑突然の告白(笑)。

しかしまぁ〜 8か月のコロ助くんを育てながらも 出産前と変わらないあの美しさはまっこと見事ながじゃ!
いつもそうだけど 綺麗すぎて ユウの顔がまともに見れんちや〜(笑)。
って恋人かっ!?(笑)

けんど今回はユウよりも(笑)コロ助くんに釘づけ〜(^O^)
まっことかわええのぅ〜(^O^)
かわいいにもほどがある!(弥太郎風)(笑)
d0a6fc66.jpg
ユウから承諾いただいたので写メをアップ(^O^)

生後8か月にして このハンチング帽のフィット感(笑)。
さすがっすね〜 byカニ蔵(笑)

ハンチング帽をとったら 温水さんになってましたが(笑)。

コロ助くんは元気ハツラツで だからといってやんちゃを言うわけでもなく ホントにひとつひとつの動作が全てかわいかった(^O^)

空から神が降りてきたかのようなおもしろいパフォーマンスも披露してくれたし(笑)これからユウ夫妻のようにおもしろ人間になっていくんだろうなぁ〜と(笑)将来が楽しみです(^O^)

短い時間だったけど わざわざ時間を割いて会いにきてくれてホントにありがとう!
また8か月後に(笑)会いにいくけん(^O^)
1fca88fc.jpg
おっと!
シースクリームのことを忘れてた(笑)。

桃とパイナップルと生クリームが乗っていて スポンジケーキの間にはカスタードクリームが(^O^)

うん美味しい!!
スポンジもふわふわで 生クリームではなくカスタードクリームが挟まれているのが 私にはヒットでした(^O^)

素朴な懐かしい味で 家庭的な温かみを感じられるケーキ。

名古屋にも売ってないかなぁ?
と思ったけど シースクリームはやっぱり長崎で食べたい!

また次回長崎を訪れたら絶対食べに行きたいと思います(^O^)
3c5cdd05.jpg
ユウ&コロ助くんとバイバイした後 雨が止んでいたので 少しの望みをかけて 稲佐山野外ステージへ。

けんどバスで山をあがっていけばいくほど どんどん景色が真っ白になっていって(笑) 生憎 ステージもこんなかんじです(涙)。

でもこの霧に包まれたステージを見ながら 10年前と昨年の稲佐山ライブの時 マシャがどれほど霧を心配していたのか・・
実際に見て改めてその心配の大きさを実感しました。
ホントに全く見えないんです。
マシャも言ってましたが『雨はどれだけ降っても構わないんだけど一番心配なのは霧なんだよね・・。霧がかかっちゃうとステージそのものが全く見えないから・・。』

現に10年前のライブの前日。
多分こんなかんじだったんだと思います。
翌日のライブの日の天気予報も雨模様ですっきりしなくて マシャは眠れない夜を過ごしていたんですよね・・。

そしてきっとみんなとマシャの強い想いが奇跡を起こしたあの日のライブ。
開演時間が近付くにつれて明るくなっていく空を見ながら 誰もが笑顔になったことでしょう。

♪Fellow♪ で 『こんなふうに雨があがる 朱色のこの空』と歌いながら 空を見上げたマシャのやさしい笑顔。
今でも忘れられません。

でもこれからもきっと稲佐山はマシャの味方をしてくれるはず(^O^)
10年後 またみんなでここに来ようね(^O^)
d2cc2884.jpg
そして私たちにも奇跡が!!
少しずつ霧が薄れていって ステージが見えるまでに!!

私 雨には縁がありませんが 霧には縁があるようです(笑)。

また霧がかかってしまわないうちにマシャと同じアングルで記念撮影。
相変わらずたくましい背中で見苦しくてすみません(笑)。
3f6ce47f.jpg
昨年のライブで 自分が居た場所から撮影してみました。

あー こんなかんじだったなぁ・・と10か月前のあの日に想いを馳せながら・・。
d934d856.jpg
そして次はマシャになりきってみました(笑)。

ちっくと位置がずれてましたが 花道先端に立ち イメージは追憶の雨の中です(笑)。
3b8bc771.jpg
メインステージのマシャから見えていた風景。

こんなふうにたくさんの笑顔の花を見ていたんだね(^O^)

同じ場所に立っていろんなことを考えていたら感慨深い気持ちになりました。

暑い熱い夏だったなぁ・・。
6d47e1ad.jpg
稲佐山にも綺麗な紫陽花が咲いてました(^O^)
bc6434da.jpg
稲佐山バス停。
ここもマシャの撮影スポットですね(^O^)
67419eb4.jpg
ホントは天気が良ければ稲佐山の夜景を見に行きたかったけど 回復の兆しもなさそうだったので 今回は断念しました。
また次にリベンジです(^O^)

そして山を下って ちょうど降りたバス停の目の前がNHKだったので寄ってみることに(^O^)
といっても中にはもう入れない時間だったので 外から見ただけ(笑)。
d3ea99d3.jpg
こんなでっかい垂れ幕も飾られてましたョ(^O^)

ホントに長崎の街そのものが龍馬さんであふれてます(^O^)
7d568598.jpg
そして次に向かったのはこちら。
『みらい長崎ココウォーク』。
でっかい観覧車が目印です。
7ad71fa5.jpg
そのココウォーク内のTOHOシネマズに展示されている マシャの手形&サイン。

サイン部分は一応伏せておきます。

実物をいつか見てみたいとずっと思っていたので 思わずマジマジと見てしまいました(笑)。

そしてこの日の夜ご飯は まちなかにある居酒屋さんへ。

写メはありませんが お料理もすごく美味しくて ホッと落ち着ける空間でした。

なんだかいろんなことを語り合ったので(笑)時間もあっという間。
最後の長崎の夜を こうしてゆっくり温かい気持ちで過ごせてホントによかったです。

外の風が気持ちよかったので テクテクと歩いてホテルに戻り 二日目の長崎の旅が終わりました。

いよいよ明日は旅最終日です。
最終日もスケジュールぎっしりで動き回ってきたので また長くなる予定(笑)。

追い追いアップしていきます(^O^)

雨の長崎 2日目 part2 〜グラバー園〜

9a948c51.jpg紫陽花色の梅雨休みを満喫して長崎市内に戻った後は お昼ご飯。

今回の旅は なるべく行ったことがないところ 食べたことがないものがメインだったので 二人ともが足を運んだことのなかった 中華料理『よこはま』へ。

長崎なのに よこはまです(笑)。
a69580a3.jpg
特製ちゃんぽん!!
スープがあっさりしていて お腹にもやさしいホッとできる味でした(^O^)

思案橋ラーメンの爆弾ちゃんぽんとは 全然違いますが よこはまのちゃんぽんはあっさり系 思案橋ラーメンのちゃんぽんはがっつり系 といったかんじです。
その時のお腹の調子に合わせて お店を選ぶのもいいかも(笑)。
b11534e1.jpg
こちらは特製皿うどん!!

ちなみに 一人で二つ食べたわけではありません(笑)。

どっちも食べたい!!ということで 二人で半分こ(^O^)

皿うどんも超美味しくて お酢をたっぷりかけていただきました(^O^)

長崎なのによこはま(笑)。
オススメです(^O^)
aa2d13ca.jpg
お腹も充分に満たされた後は グラバー園へ。

よぉーく考えたら たしか2年前に来た時も雨のグラバー園だったな・・と(笑)。

そんなことをふと思った矢先 大粒の雨が降り出してきました(笑)。
89a299d5.jpg
グラバー園にも綺麗な紫陽花がたくさん(^O^)
e99f88d1.jpg
たしかBROSの会報で この場所が使われていましたよね(^O^)
d24287e9.jpg
世界三大オペラにも数えらられる長崎を舞台にした歌劇マダム・バタフライ(蝶々夫人)。
そんなオペラを作曲した ジャコモ・プッチーニの像です。
f8e5d77c.jpg
グラバー住宅前にある ハートの形をした花壇。

お花の手入れをしていた係の方が『少し前まで紫陽花祭をやってたから この辺り一面アジサイだったんだけどねぇ。』と。

残念ながら4日前に終わってしまったようで・・
今はパンジーが咲き並んでました(^O^)

季節ごとに花が変わるので いろんな季節にグラバー園に行ってみたいかも(^O^)
82a07ac9.jpg
昨年の紅白歌合戦の舞台 グラバー邸。

ここでマシャが歌ってたんですねぇ・・。
夜景が綺麗だったなぁ(^O^)
c11f22f6.jpg
霧がかかってますねぇ(涙)。


グラバー園はほとんどの道が石畳になっているので 雨が降るたびに コツコツ・・と雨音が響き 雨だからこそのそんな情緒あふれる残響も感じることができました(^O^)
d86c90dc.jpg
こちらは先日のNHK『あさイチ』のインタビュー場所となっていた 旧オルト住宅。

この芝生の上に椅子を4つ並べて 撮影してましたね(^O^)
19c8a52e.jpg
インタビューに答えるマシャの後ろに この噴水?も たしか映ってました(^O^)
2e625250.jpg
マシャがインタビューに答える前に 歩いてきた場所。

向こうのほうから テクテク歩いてきてましたが 実は向こう側は行き止まりでした(笑)。
008c8db4.jpg
『長崎くんち』に奉納される龍踊りの青龍。

グラバー園出口にある 長崎伝統芸能館に展示されています。

他にも 奉納踊りを先導する『傘鉾(かさぼこ)』と呼ばれる豪華な飾りなども展示されているので この空間で長崎くんちを楽しめますョ(^O^)
56fbc1e2.jpg
グラバー園出口のお土産屋さんで偶然見つけた記念撮影セット(笑)。

張り切ってやらせていただきました(^O^)

しかもこれ ホワイトボードに自分の名前が書き込めるようになってて ちゃんとマーカーも用意されてる!

右手も出せるようになってるし なかなかの優れもんでごわす。←なぜか西郷どん風(笑)
1a3991e1.jpg
こちらの記念撮影も張り切って(笑)。

けんど これ 顔を入れる穴大きすぎ!!(笑)

負けないぐらい顔のデカさには自信がある私ですが(笑) これには負けた(笑)。

こちらもホワイトボードに自由に名前が書き込めるので まさはるくんにしてみました(^O^)
7302227d.jpg
こちらの『龍馬屋』というお土産屋さんは まさに龍馬づくしのお店(^O^)

稲佐山ライブのグッズやマシャのサイン(名刺サイズ)もお店に飾られているので ぜひ行ってみてつかぁーさい(^O^)

二日目のレポがpart2では終わらなかった(笑)。

一体この長崎旅日記がいつまで続くのか自分でも全くわかりません(笑)。

けんど書きたいだけ書かせてもらうぜよ(笑)。
覚悟しといてください(笑)。

とりあえず二日目part3へつづく・・。

雨の長崎 2日目 part1 〜大村湾・線路沿いの旅〜

長崎旅行二日目です。
この日は起床5時半。
ホテルで朝食を食べた後 7時にはホテル出発。

天気予報だと午前中はなんとか雨が降らなさそうだったので この貴重な時間を一秒足りとも無駄にしたくない!と 朝からエンジン全開です(笑)。
4cce6441.jpg
♪My Home Town あの日この街を愛し あの日この街憎んだ 旅立つ駅のホームで・・♪

マシャの人生の分岐点となった 長崎駅ホーム。
c15f4905.jpg
♪8時6分発〜♪ではないけど 7時24分発の電車に乗って 紫陽花色の梅雨休み(笑)のスタートです(^O^)
eb1ef000.jpg
この路線は 車窓から見える景色がホントに綺麗で 移動中の居眠りはまっこともったいないぐらい(笑)。
うちらも目がギランギランでしたから(^O^)
082b9505.jpg
30分ほど 心地よい列車に揺られて 大草駅到着〜!

空気が澄んでいて 梅雨なのにサラっとした気候(^O^)

気持ちが良いです(^O^)
38cb91f4.jpg
大草駅〜東園駅へと続く線路。
なんとなくセピアモードで撮ってみました(^O^)

そしてここから東園駅に向かって長い長い私たちの散歩(笑)がスタートしました(^O^)

線路沿いを頼りにひたすら歩道を歩いていきます。
歩道にはなっていますが 道を隔てた所は山なので この時期 いろんなものが生息しています(笑)。

何か分からないけど『今なんか動いた!』という得体の知れない生き物や お亡くなりになられた蛇もおりまして・・

けんど ホーホケキョ〜というさえずりがずーっと鳴り響いていて 気持ちの良い散歩ルートでもありました(^O^)

うちら二人とも分からなかったのですが ホーホケキョはウグイス?ホトトギス?(笑)誰か教えてつかぁーさいm(__)m
c3cccf90.jpg
坂道になっていた歩道を登っていくと こんなふうに歩道から見下ろすかんじの線路景色に遭遇。
ここはホントに眺めが良く しばらくここでボーッとしてしまいました(^O^)
3774b0d2.jpg
30分ぐらい歩いたところで マシャが写真を撮っていた大村湾沿いの線路らしき場所を発見!!

確実な場所は分からないので 絶対ではありませんが(笑)多分このへんかな?と(^O^)

ちょうど線路脇に下る階段があったので やっぱりここかな?
42204200.jpg
こちらもなんとなくセピアモードで(^O^)
d7f6f8a0.jpg
さすがに桜も菜の花も咲いていなかったけど(笑) 小さな黄色の花が咲き 緑に囲まれた線路沿いもとっても綺麗でした(^O^)
6c728ac1.jpg
線路脇で記念撮影(^O^)

ちなみにこの線路は旧線ではなく本線なので 普通に列車が通ります。
危険なので絶対線路の上では撮影しないように!!
78588539.jpg
階段を登って歩道へ戻ると 少し進んだところに『古川町』というバス停が。

きっと本数はありえないぐらい少ないと思いますが(笑)このバス停が一番最短ルートではないかと(^O^)

でも気持ちのいい風を感じながら歩くのも いろんな景色に出会えて いいもんです(^O^)
c436761e.jpg
そしてここからまた綺麗な景色を眺めながら 東園駅へと下っていくのですが 途中で立ち止まって『駅あのへんかな?』とみきちゃんとキョロキョロしていたら スーッと私たちの前で一台のバスが停車。
え?ここバス停?と思いながら バスに近付いていくと スーッとドアが開きました。

どうやら私たちが道に迷っていると思ったらしく わざわざバス停でもないのに停車してくれたんです。
『諫早駅まで行きますけど乗っていきますか?』と声をかけていただいて・・。
たしかに田舎モンの二人がこんなところでキョロキョロしていたら不思議に思いますよね(笑)。
あともう少しで駅に着きそうだったので その気持ちだけ有り難く受け取り 御礼を言ってバスを見送りました。
ホントに 長崎の人の優しさには頭が下がります。
364c4332.jpg
大草駅からずーっと1時間弱歩いて 東園まで下ってきました。

ホントにのどかな街で すれ違う人たちみんなが『こんにちわ』と挨拶をしてくれます。
旅の途中の こういう一期一会はホントに素敵だなぁと改めて感じました。

そんな中 犬の散歩途中で世間話(笑)をしていたおば様二人組が 私たちを見るなり『雅治やろ?』と話しかけてくれました(笑)。

やっぱり福山雅治ファンオーラでも出てるのかな(笑)。

『雅治がちっちゃい頃 よう電車に乗ってここまで遊びに来とったばい!』と まるで自分の息子のように嬉しそうに話してくれました(^O^)

そして親切に駅の場所も詳しく説明してくださり ホントにこの午前中だけでたくさんの出会いに遭遇できたことを幸せに思います。
210fe849.jpg
東園駅到着(^O^)
2da9b4c1.jpg
ホームからの眺めも とっても綺麗です。

マシャが好きな・・弓なりに続く線路。

どこまでゆくんだろう。
このレールのゆく先には何があるんだろう。

そんなふうにきっと遠くへ・・想いを馳せていたんだろうな・・。
8410f8dc.jpg
長崎駅に戻る道中 本川内駅 通過。
こちらもマシャスポットですね(^O^)
49ffad03.jpg
ちょうどお昼ぐらいに 長崎駅到着。

この看板 昨年の夏は『おかえりなさい。福山雅治さん。』でしたよね(^O^)

もうすぐ一年になるんだなぁ・・。
昨日のことのように あの夏の感動が蘇ります。
c4b9f6bf.jpg
ちなみに長崎駅には 『龍馬観光案内所』があり 龍馬関連のスポットについて かなり詳しく案内してくれますので これから長崎へ行かれる方はぜひ利用してみてくださいね(^O^)

またまた長くなってしまったのでf^_^;続きは後ほど〜(^O^)

雨の長崎 1日目 part2 〜亀山社中→ぶーつ像→風頭公園〜

一日目後半編です。

龍馬さんも歩いた道 龍馬通りを風頭山から下っていくルートを使う予定でしたが それだと亀山社中記念館の閉館時間ギリギリになりそうだったので逆のルートで 風頭公園まで登っていくことに。

そうと決めたからには 体力勝負です(笑)。
ac081760.jpg
まずは路面電車で公会堂前まで。

長崎市公会堂です。
98年のツアーでここまで来たことを思い出しました。
観客席から自然と広がった♪Fellow♪の大合唱。
今思い出しても泣けてきます(涙)。
39c82791.jpg
ちょうどこの日 公会堂前では『ながさき龍馬フェスタ』というイベントが開催されていて たくさんの龍馬関連のお店が屋台を開いてました。

なりきり龍馬さんもたくさん居て あっちにもこっちにも龍馬さんの格好をしたおじ様たちが(笑)。

そして公会堂内では 後藤象二郎役の青木崇高さんのトークショーも開催(^O^)

時間がなかったのでスルーしましたが(笑)。


ざっと屋台を見た後 ここから果てしなく続く坂を登って風頭公園まで向かいます。

が早速トラブル発生(笑)。
完全に反対方向に向かってましたf^_^;

なんか違うなぁ・・とお互いが感じて(笑) 通りがかった地元の人に聞いてみたところ 全くの逆方向でした(笑)。

先日ケンミンショーでも取り上げられていましたが 長崎の人はホントにやさしくて温かい。

その方も 見ず知らずの私たちに わざわざ坂を下ってまで道を説明してくださり あろうことか現地まで一緒に行きましょうか?というぐらいの勢いでした(笑)。

ホントにこうした一期一会の縁に心が温かくなります。
cd2470e7.jpg
親切な方のおかげで やっと案内看板のところまで到着(^O^)

あとは矢印に向かって進んでいけばいいので ホッとひと安心(^O^)
9193dce0.jpg
龍馬さんを始め 若き幕末の志士たちも通った龍馬通り。
ここからずーっと坂道や階段が続きます。
3f7d7ac8.jpg
坂道の途中には こんな看板が出迎えてくれるので この看板ごとにひと息つきながら ふぅ・・はぁ・・言いながら(笑)歩いていきました。
fba11d24.jpg
あと100メートル!!
0ede1901.jpg
この坂で
私は気付いた
運動不足(笑)


龍馬さんに叱られそうです(笑)。
800e8b93.jpg
看板ひとつひとつ 言葉が違うんですね(^O^)

道標。

マシャと龍馬さんは出会うべくして出会った縁だったのかも(^O^)
8fedb9d6.jpg
坂の途中には 雨露に濡れた綺麗な紫陽花もたくさん(^O^)
e9e984c8.jpg
あと60メートル!!
ce6de023.jpg
ここまで案内ありがとバイ!!
c28d88b7.jpg
そうじゃ そうじゃ!
その通りぜよ!
ef2629b1.jpg
到着〜!!
ここに着いた時には 鼻息がフンフン 口からはゼィゼィ さらに湧き出るデブ汗(笑)。

少し落ち着かせてから(笑)館内に入りました(^O^)
4053974b.jpg
館内は小さな部屋が二間あるだけの ホントに小じんまりとした空間ですが なんだかとても落ち着く場所でもあります。


第一展示室には 坂本家の家紋の入った黒地羽二重の紋服やブーツなどが展示されていました。
83cc3ab5.jpg
そして 大河ドラマ龍馬伝の中でもマシャが弾いていた 月琴。

スタッフの方が美しい音色を披露してくださいました。
27d811b6.jpg
この月琴。
私たちも弾かせてもらうことかできます。

丁寧に弾き方を教えてくださり なんとか音は出ましたが この音ひとつ出すだけでも素人にはまっこと難しい。

月琴を弾かせてもらう機会なんて そうそうないと思うので 貴重な体験が出来ました(^O^)
a3708d18.jpg
刀を持って記念撮影も出来ます(^O^)

まっこと 様にならない立ち姿じゃき(笑)。

第二展示室では 亀山で焼かれた亀山焼きの展示や 社中運営に励む当時の龍馬さんの様子が伺える書簡などが展示されてました。


また龍馬さんが身を隠したといわれている中2階(隠し部屋)も再現されていて ハシゴで登って その部屋を覗くこともできます。

龍馬さんだったら天井に頭がぶつかるんじゃないか?というぐらい ホントにこんまい空間だったがじゃ。

ちなみにこの第二展示室は撮影禁止です。
be9dd75d.jpg
縁側からの眺め(^O^)
cd0d7b2c.jpg
亀山社中を出た後は すぐ向かいにある『龍馬のぶーつ像』へ。
88413d80.jpg
雨あがりの濡れた石畳に ニャンコ登場(^O^)
この界隈はホントに猫がたくさんいますね(^O^)
和みます(^O^)
f9ba969a.jpg
雨が降っても水が溜まらないように ちゃんとブーツに雨抜けの穴が開いているそうです。←みきちゃん談(^O^)
e3b1fd4e.jpg
天気が良ければ ここからの眺めは最高!!
夜景も綺麗なので 今度は夜にも来てみたいです(^O^)
もちろん晴れた日の夜にね(^O^)
というか晴れるのか?(笑)
0a5120e1.jpg
ぶーつを履いてみたぜよ(^O^)

よかった 私でも履けた(笑)。
1b94b833.jpg
ちなみに私たちが『マシャのアングルこうだっけ?』と あーだこーだ言いながら繰り広げてる撮影大会を 呆れた顔で先程のニャンコがガン見していました(笑)。

けんどさすがに見ておれん!と思ったのか(笑) その場でスヤスヤ・・。
気持ちよさそうに眠ってしまったので 起こさないように そーっとニャンコにバイヴァルディアしてきました(^O^)
bc2e3438.jpg
さて ここからが試練です(笑)。

坂本龍馬銅像まで500メートル!!

頑張るぜよ!!
0e44fbee.jpg
登っても登っても まだまだ先は長い。
会話がなくなり 二人の鼻息だけが響き渡ってました(笑)。

けんど途中で巡り会う紫陽花はまっこと綺麗で 疲れも吹き飛びましたきに(^O^)
74ca71c2.jpg
やっとの思いで風頭公園に到着!
龍馬さん銅像まで あとチョイです。
3e562739.jpg
風頭公園にも満開の紫陽花畑(^O^)
22efdc83.jpg
龍馬さん!!
やっと会えたね(笑)。

がしかし ここに来て雨が本降りに・・(涙)。

ここからの景色も 晴れてたら綺麗なんだろうなぁ・・。

また晴れた日にリベンジです(^O^)

何度も言うけど 晴れるのか?おんしっ!(笑)

でも高い所から眺める長崎の景色は 天気に関係なくやっぱりホッとするような安心感があって ボーッと眺めているだけで とっても気持ちよかったです。


さて あとは下るだけです。
楽ち〜ん!と思っていた私は甘かった(笑)。

意外と下りのほうがきつかったような気もするf^_^;

雨で地面が濡れてるから何度も尻餅つきそうになったし(笑)。
雨の下り坂は危険です!
38dd09a7.jpg
そろそろお腹も空いてきたので 眼鏡橋近くまで戻り おじやのお店『一二三亭』へ。
cf703ee9.jpg
ネギたっぷり ゴマたっぷりの ふわふわとろとろおじや(^O^)

これは激ウマです(^O^)
こんなおじや 今まで食べたことがない!!
どうやったらこのふわふわ感が出せるがじゃ〜?

とにかくここはオススメ!!
ぜひ行ってみてつかぁーさい(^O^)
f0e21db2.jpg
まだ食べるんかぃ?と言われそうですが(笑)これはある意味オヤツですから(笑)。

雲龍亭の一口餃子(^O^)
a1f93cdd.jpg
やっぱり何度食べても美味しい(^O^)
ラー油たっぷりかけていただきました(^O^)
b1e36ed7.jpg
この後 思案橋ラーメンにて爆弾ちゃんぽんを・・。




と言いたいところですが いくら大食いの私でも さすがにそれは無理(笑)。

なので外観だけ(^O^)
そしてガラス越しにマシャサインもチラ見(笑)。
bc2f0e6a.jpg
そして歩いて丸山公園まで。
暗闇に光る龍馬さん(笑)。
ちっくと怖かった(笑)。
d41e8b00.jpg
この後 史跡料亭の花月へ。
食事しに行くのは経済的に厳しいので(笑)外からちらっと見るだけf^_^;

丸山公園のすぐ近くでありながら うちらは反対方向の坂道をどんどん駆けあがってしまって 奥まった道を進んでいくとなんと行き止まり(笑)。

デブ汗かきながら(笑)近所のおじさんに道を尋ねたら これまた親切に教えてくださいました(^O^)

でもそのおじさん半笑いだったような気がする(笑)。
こんな田舎モンが花月!?と思ったのかもね(笑)。


駆けあがった坂道をそのまま下って戻り(笑) 丸山公園まで出ると すぐ向かいに花月がありました(^O^)

もちろん食事をしないから(笑)中に入ることはできないので 石碑と看板だけを記念に(^O^)

いつかここにご飯食べに来たいなぁ〜。
9549b789.jpg
思案橋電停を降りたら目の前にある サラダパンの美味しいお店『東洋軒』。

ここで夜食用に(笑)サラダパンを購入(^O^)
33f98df3.jpg
イラストがまっことかわええのぅ(^O^)
5406345c.jpg
ポテトサラダとハム そしてシャキシャキのリンゴが入ってて めちゃくちゃ美味しい!!

小学校の給食を懐かしく思い出しました(^O^)
素朴でやさしい味です(^O^)

22時にはホテルに戻っていたので 22時〜の龍馬伝をホテルの部屋で サラダパン食べながら鑑賞(^O^)

長崎で龍馬伝を見る というのもなんだか感慨深かったです。

ちなみに翌日からのうちらの記念撮影の合図は 『はいチーズ』ではなく『はいウ〜ミ〜』になりました(笑)。



またまたかなり長くなってしまいましたねf^_^;
すみませんm(__)m
これにて長崎旅一日目の日記終了です(^O^)
長いのに ここまで読んでくれてありがとうございましたm(__)m
懲りずに(笑)二日目へと続きます。
震えて待て(笑)。

雨の長崎 1日目 part1 〜かもめ広場→まちなか龍馬館〜

6月20日〜22日まで マシャの生まれ育った街 そして龍馬さんゆかりの地 長崎へ行ってきました。

昨年の稲佐山ライブ以来なので 1年弱ぶりです。
稲佐山ライブの時は 観光もグルメも全く堪能できなかったので 日を改めてゆっくりじっくり長崎の残響を感じに行きたい・・とずっと思ってました。

梅雨真っ只中の6月。
雨が降ることは予想していたけど というより梅雨じゃなくても私が行くなら雨だっただろうけど(笑)見事なまでの3日間全て雨(笑)。
時折雨の止み間も何度かありましたが 合算したら雨が降っていた時間のほうが明らかに多かった長崎旅でした(笑)。

そんな雨の長崎への旅路。
書きたいことがたくさんありすぎて いつまで長崎レポが続くか全く把握できてませんが(笑) 根気がある人はぜひ最後まで読んでつかぁーさい(笑)。

ではゆっくり一日目からタイムスリップしてみましょう(^O^)



6月19日夜。
節約旅行のため(笑)名古屋〜博多〜長崎のルートを全行程バス移動!!
約15時間弱の旅です(笑)。
15時間も移動するのに国内っていうのが まっこと笑える(笑)。
そんな私の無謀すぎるプランに 大阪のみきちゃんが 即答で『行く!』と乗っかってくれました(^O^)

久しぶりの長旅だったので若干自分の体力が心配でもありましたが まだまだイケるようです 私(笑)。

約12時間バスに揺られ 翌朝博多でみきちゃんと合流。
そしてまた(笑)バスで長崎へ。
dad7d295.jpg
まずはバスの中で食べる朝ご飯に 『博多いもっこ屋』のおむすびサンドを購入。

見ての通り 爆弾サイズです(笑)。
852f5ed5.jpg
中身はこんなかんじ(^O^)
分厚い玉子焼きが入っていて めちゃくちゃ美味しかったです(^O^)

おにぎり1個だけじゃ いつも絶対足りない私ですが(笑)さすがにこのボリュームなので 1個だけで充分お腹は満たされました(^O^)
1af0e17c.jpg
2時間半ほどバスに揺られ 10時半頃長崎駅到着!
かもめ広場には早速福山龍馬がお目見え(^O^)
8ae2ff96.jpg
反対側にも(^O^)
計8人の福山龍馬が長崎駅を見下ろしてます(笑)。
ff97c7f4.jpg
駅前にはこんなショーケースまで飾られてました(^O^)
ちなみにマシャのアルバム『残響』も 龍馬みやげのひとつらしい(笑)。
54c4a94c.jpg
こちらは 長崎が舞台になる第3弾のスタートまでのカウントダウン看板(^O^)

駅前だけで すでに龍馬さんでお腹いっぱいです(笑)。
855cd7cd.jpg
ワールドカップ仕様のアミュゴン!!
まっこと迫力ありました(^O^)
e206a40b.jpg
そして稲佐山ライブの時にもお世話になったホテルに荷物を預け 路面電車の一日乗車券を買って いざ出発〜!
66b9c852.jpg
この路面電車を見ると 長崎に来たんだなぁ・・と感じます。
ちなみに チキンラーメン号(笑)とか 龍馬伝館号とか いろんなラッピング電車がありました(^O^)
164217ab.jpg
まずは早速おやつ(笑)。
ずっと気になりながらも行ったことのなかった ふるーつ大福の双葉屋へ。
243aeb75.jpg
びわ・イチゴ・りんご・巨峰・さくらんぼ・梅・チーズ・ちょこ・バナナ・柿etc・・
種類が多過ぎて迷う迷う。
1個だけ食べるつもりでお店に向かったものの選び切れず 結局2個お買い上げ〜(^O^)

私はりんごとびわのフルーツ大福を。

びわの餡とりんごの餡が入っているのかと思いきや そのまま実が入ってる!!
大福なのに甘さ控えめで これはまっこと美味い!!

2個どころかあと3個ぐらい余裕でいけそうでした(笑)。
13329280.jpg
こちらはみきちゃんお買い上げの 梅大福と 龍馬の恋(^O^)

龍馬の恋は 中に白餡が入っている焼き菓子。

大福屋さんにも龍馬ブーム到来してます(笑)。
ea47e11b.jpg
♪こんなふうに橋を渡る
電車通りを抜けて
こんなふうに逢いに行く
八番街のおまえに♪

by Fellowより



お昼ご飯のお店へ向かう途中で 偶然通りがかった仲見世八番街。
fd892752.jpg
お昼ご飯はこちら。
創業36年のトルコライス屋さん『ニッキーアースティン』。
私より少〜し先輩だわ(笑)。

長崎県ウォーカーで このお店のトルコライスを見て ぜひ食べたい!と思ってたんです(^O^)


アーケードを少し抜けた場所にあるので 方向音痴の私たちは何度も行ったり来たり 行きすぎたり戻りすぎたり(笑)。
そんな迷子の私たちを(笑)お店の方がTELで親切に案内してくださいました(^O^)
702c8ca1.jpg
150種類以上あるトルコライスの中から私が選んだのは『チキンカツがメインの鉄板トルコ』。

長崎県ウォーカーで紹介されているメニューそのまんまです(^O^)

ドライカレーピラフなどご飯の種類や スパゲティーのソースの色まで自由に組み合わせが選べるので オリジナルのトルコライスが自分なりに楽しめます(^O^)

ドリア風で熱々で チキンカツもやわらかくて まっこと美味かったぜよ(^O^)
d9f4e540.jpg
お腹も満たされた後は アーケード内にある『長崎まちなか龍馬館』へ。
38ad307c.jpg
これから長崎へ行かれる方。
龍馬さん巡りをするなら グラバー園・まちなか龍馬館・亀山社中記念館・長崎奉行所龍馬伝館の4施設がお得に利用できる この龍馬パスポートが便利です(^O^)
通常料金よりも500円お得なのでぜひ利用してみてくださいね。
74d28705.jpg
パスポートを入口で提示すると 施設ごとにかわいいハンコを押してくれます(^O^)
これも記念になりますね(^O^)

また期間中であれば いつでも1回限り入場可能なので もし行けなかった場所があっても 期間中ならまた後日使えます。
47103c15.jpg
まちなか龍馬館入口前には こんな龍馬さんが(^O^)

ちっくと顔が微妙です(笑)。
e7aa15dc.jpg
龍馬さんのすぐ後ろには 妻となるお龍さんも(^O^)

こちらもちっくと顔が微妙(笑)。
07aa9d76.jpg
そしてこちらは入口に飾られていた たくさんのメッセージボード!!

福山龍馬を応援する方々からのメッセージが満載で このような温かい企画に感動させられました。

LOVEという仕掛けも素敵ですよね(^O^)

館内では 龍馬さんだけでなく 龍馬さんに関わった幕末の志士たちのこともそれぞれクローズアップしてくれているので とても勉強になります。
1bc79535.jpg
こちらは上野彦馬写真館。
館内は撮影禁止ですが このブースは撮影OKです。

後ろに台が置いてあって 顔をひょっこり出すことで 龍馬さんになれるのですが これがまた難しい(笑)。
首の位置が微妙に合わないので 首長龍馬になったり 首なし龍馬になったり(笑)。

ちなみに私は首なし龍馬でした(笑)。

ちなみに このまちなか龍馬館のお土産コーナーの一角に レグザがあるのですが ここで長崎の街案内が映像として流れています。
しかもBGMが♪18〜eighteen〜♪

とても心和む ステキな映像でした(^O^)

まちなか龍馬館を出た後 当初の予定では 長崎奉行所龍馬伝館に行くつもりでしたが 外へ出たら空が少しだけ明るくなって 雨が止んでる!!

明日も明後日も雨予報だし(笑)この貴重な止み間を 屋内観光にするのはもったいない!ということで 急遽 亀山社中〜ぶーつ像〜風頭公園へと登っていく 龍馬さんめぐりに変更(^O^)



まだ一日が半分過ぎただけなのに うっとうしいぐらいの(笑)長いレポになってしまったので 龍馬さんめぐり〜一日目終了までは 次のレポにて(^O^)

この旅日記。
いつまで続くのか自分でも不明ですが(笑)早速の長いレポをここまで読んでくれてありがとうございましたm(__)m

一日目後半へとつづく・・。

旅人

64516907.jpg急ピッチで折り終えた百羽鶴(笑)を持って今から旅に出ます(^O^)

ちっくと名古屋を脱藩ぜよ(笑)。

ちなみに片道約15時間の旅f^_^;
なのに国内(笑)。

さらにさらに当たり前だけど 旅行中全て雨マーク(笑)。
雨だからこそ感じられる残響を たっぷりじっくり感じてきたいと思います。

ほんならのぅ!(龍馬さん風)(笑)
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ