BEAUTIFUL DAY

マシャこと福山雅治さんと タイのバンコクグラスFCでプレー中のサッカー選手 滝澤邦彦選手を応援している 旅好き&グルメ好きな 名古屋人Squallのブログです。 何気なく当たり前に過ぎていく毎日。 でもそれは実は一番幸せなことなのかもしれない。 当たり前のような奇跡。 そんなBEAUTIFUL DAYをこれからも大切に過ごしていきたいです。

2010年12月

2010年ラスト!

いよいよ今年も残りわずかとなりました。
2010年 色々振り返ってみると やっぱりこれは毎年必ず思うことですが たくさんの方々に支えてもらった一年だったなぁ・・と。
そしてやっぱり今年もとても充実した楽しい一年でした。
龍馬Yearで長崎へ旅をしたり マシャのライブがなかったからこそ(笑)たくさんの友達が名古屋まで遊びに来てくれたり そしてレミオロメンにラブ注入されてしまったり(笑)そんな楽しい一年だったからこそ ホントにあっという間の2010年だったような気がしています。

そして私事では 7月から新しい仕事を始め まだまだ慣れなかったり失敗もたくさんしていますが先輩たちに支えてもらいながら頑張ってる次第でございます(^O^)
そんな中 父の病 手術・・と突然の出来事に家族みんなが動揺してしまった 年の暮れでもありました。
でも父の病をきっかけに家族の絆がさらに深まったような実感もしています。
退院前日 普段は仕事の頼み事しかメールをしてこない父から 『明日退院します。ありがとう。』というメールが。
文章こそホントに短いけれど そこには父の愛がたくさん詰まっていて そのメールを見た瞬間 嬉しくて涙が溢れてしまいました。
でも恥ずかしいので返信はしませんでしたが(笑)。

おかげさまで父は今自宅で普段と変わらない生活が出来ています。
もちろん無理は禁物なのでゆったりと過ごしていますが 落ち着いたら母と二人で京都へ旅行に行くそうです。
たくさんの方々に心配していただき 励ましていただき 本当に心の底から友達の有り難みを痛感しました。
本当に本当にありがとう!!

こうして今年も無事に2010年の締め括りと2011年の幕開けを元気に迎えられること・・
そんな環境に心から感謝しています。

そしてただいま私は横浜に向かっています。
朝起きたら雪が吹雪いていたので 慌てて準備をして予定より早目に電車に乗り込みました。
なんたって6時間半の旅ですから(笑)こんな早く電車に乗り込んでも桜木町に着くのは夕方(笑)。
とにかく交通機関が途中でストップしないことを願うばかりです。
横浜でお逢いできる方 待っちょってね〜(^O^)
そしてお留守番組の魂もしかと預かってます(^O^)
人数制限ありませんので(笑)まだまだ魂募集中(笑)。
着いてきてくださいね(^O^)

そしてマシャ〜!!
逢いにいくけんね〜
楽しみにしとるばい(^O^)





来年は私 年女です。
24歳です(笑)。
ウサギのようにピョンピョン跳びはねるような そんな楽しい一年になったらいいなぁ〜(^O^)


今年も一年本当にお世話になりました。
ありがとうございます。
来年もまた懲りずに(笑)よろしくお願いします。
それでは皆様 よいお年を・・。

レミオロメンTOUR 花鳥風月 in山梨 12月6日(月)

d2c1307e.jpg
山梨ライブ二日目。
本公演としては一応(笑)ファイナルです(^O^)

約7か月にわたり そして全国47都道府県を駆け抜けてきたこの記念すべきツアー。
ツアー完走を記念してこの山梨公演から急遽発売されたグッズ『湯呑み』を勢いで買ってしまいました(笑)。
全会場 全日程が焼印されていて 外箱にはメンバー3人の直筆メッセージも記されています。
そして一緒にライブに参加してきた記念として shinoとオソロでレミクマストラップも購入(^O^)
ホテルで 大撮影大会となりました(^O^)

この日のライブはWOWOWで完全生中継されるということもあって なぜか私たちのほうが緊張(笑)。
生中継ということは編集が出来ないから あのグダグダMCもそのまま電波に乗るのかと思うと・・さらに藤巻さんがカミ巻さんになるんじゃないかと思うと・・
大丈夫かな〜・・といらん心配をしてしまった私たちです(笑)。
そんな心配もよそに ライブは最初からパワー全開!!
相変わらず藤巻さんのあの笑顔には毎回ドキュンコさせられます(笑)。
そしてあの左足がやっぱりたまらない(笑)。

この日のMCではWOWOWを意識してか(笑)若干緊張しているかのようにも見えて 前田さん恒例の下ネタも封印されてました(笑)。

可笑しかったのは 全国ネットで オサムさんのお馬鹿が暴露されたこと(笑)。
『馬鹿っていうなよ〜』に『10周年で馬鹿もかっこいいよ!』と全然フォローになってない藤巻さんの一言(笑)。
さらに『二人ともバンド結成の日を知らなかったじゃん!』と自慢げに話すオサムさんに『そういうこと言う?じゃオサの秘密ここで言うよ!』と 子供みたいなやり取りをする3人(笑)。
3人とももう三十路なんですけど(笑)さらにWOWOW生中継なんですけど(笑)まぁでもそこがレミオロメンらしいですよね(^O^)

山梨二日目の日替わり曲は めずらしく前日と同じで♪蒼の世界♪と♪粉雪♪。
『今日何歌ってくれるんかな〜』とドキドキするのも もう今日で最後かぁ・・と思ったら すごく寂しい気持ちになりました・・。
そして毎回いつもステージ演出に鳥肌が立つ♪東京♪〜♪花になる♪の流れ。
スクリーン映像に一体化している3人の姿がホントに素晴らしかったです。
そこからはもう止まることを知らない(笑)ヒートアップなナンバーが続き お馬鹿ソングでは ついオサムさんを意識してしまった私(笑)。
10周年で馬鹿というのもある意味記念ですからね(笑)。

そしてラストの♪花鳥風月♪ ♪小さな幸せ♪。
藤巻さんが伝えてくれる野菜の話が 私はホントに大好きで いつもこのゾーンで 心をほっこりさせてもらっていました(^O^)

藤巻さんも話していましたが 『心がフワッとするような小さな幸せ』。
そんな幸せをこれからも日々の生活の中で見つけていきながら私も過ごしていきたいと思います。

この後 本編が終わりステージを後にした3人でしたが いつもならここでアンコールの拍手が起こるのですが この日は違いました。

どこからともなく流れてきた ♪3月9日♪の大合唱。
最初こそ 探り探りの状態でしたが(笑)途中からは会場中で鳴り響くほどの見事なまでの大合唱で その空間の中で自分もこの歌を歌えていることを幸せに思い そして今ここに流れている温かい空間に涙が溢れそうでした。
最後まで歌い終えた後 会場からも拍手が湧き起こり その拍手の中 3人が登場。
嬉しそうに『スペシャルなアンコールをありがとう!!』と伝えてくれた3人の笑顔がとても眩しかったです。

そして前日同様 ここで新曲『Your Song』の披露。
藤巻さんはこんなことを話してくれました。
『10年前の気持ちと今の気持ち。どこまで同じでどこまで変わったか分からないけれど やっぱり自分の心と向き合うことが一番大切だなって思います。
答えはいつも自分の心の中にあるって信じてるから・・
これからもたくさんの人にたくさんの歌を届けていきたいと思います。』

このYour Songの中に こんな歌詞があります。


変わりたくても変われない
変わりたくなくても変わってしまう


私はこの歌詞が心にグッと響きました。
きっと私たちの知らないところで たくさんの葛藤や想いを抱えてきたんだろうなぁ・・そしてその壁を乗り越えたからこそ 今のレミオロメンが存在するんだろうなぁ・・と私なりに感じました。
私はまだまだひよっこのレミファンですが ずーっとデビュー当時から応援してきたファンの方たちにとって この曲はホントに涙が出るくらい嬉しいものだっただろうと思います。
私たちの席のまわりからもすすり泣きがたくさん聞こえてました・・。

そんな感動の渦に包まれていたのに やっちゃいましたね 藤巻さん(笑)。
曲を歌い終わってすぐ カミ巻さんが登場しちゃいました(笑)。
前田さんからも『さっきまでかっこよかったのに〜』と突っ込まれ 藤巻さんは恥ずかしそうに『やってしまいました(笑)噛んでしまいました(笑)』と笑ってました(^O^)

そして仕切り直して(笑)次の曲へ。
『山梨で生まれてそして今ではたくさんの人に聴いてもらい歌ってもらいホントに嬉しい気持ちでいっぱいです。10周年の今日ここ山梨でこの曲を歌えることに特別な想いでいるんですけど みんなもよかったら一緒に歌ってください。3月9日。』

会場中がひとつになれた温かい瞬間でした。
そして藤巻さんの笑顔が泣きそうになるぐらい優しかった。
ずっとずっと歌い続けていきたい曲のひとつです。

そしてラストの♪ありがとう♪。
歌詞にもあるように・・


出会えた事
全ての日々
素直に今ありがとう


そんな気持ちを心にたくさん感じながら 3人へありったけのありがとうを届けて ライブは終わりました。

本当に楽しく温かくやさしいステージを届けてくれたレミオロメンに感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうレミオロメン!
そしてまた必ず会いにいきます。
bc6eb28c.jpg
ライブ後の甲府駅前にて。

イルミネーションがとっても綺麗で ふと空を見上げたら星もたくさん輝いていて とっても綺麗でした。

山梨って空が近いんですよね(^O^)

ライブだけでなく たくさんの幸せをくれた山梨の旅そのものに 心から感謝です。

ありがとう山梨!!

レミオロメンTOUR 花鳥風月 in山梨 12月5日(日)

61077470.jpg10周年記念にふさわしい 彼らの地元 山梨でのライブ。

いつも通りに いつものレミオロメンで ライブがスタートしました(^O^)

私たちはこの日 今ツアー初の2階席。
上からステージをじっくり見てみたかったので 今まで気付かなかった照明や演出を発見できることがすごく楽しみだったんです(^O^)

さすが地元というだけあって お客さんのボルテージも最初からエンジン全開!!

『おかえりなさい』モードで満ち溢れていてそしてレミオの3人も 故郷の友達に語りかけるようなリラックスした雰囲気で 心からステージを楽しんでいるようでした(^O^)

MCも若干多めで 自由に話したいことを話す みたいな(笑)。
かなり記憶が薄れかけてますが(笑)覚えてる範囲でMCを書き出してみます(^O^)

キーボードの皆川さんが『みんな何か月も前から今日のチケットを持ってずっと今日まで待ってくれてたんだよね。それってなんかすごいよねぇ・・。こんなにもずっと待ってくれてたなんて・・。』とそんな 皆川さんの言葉にジーンとなったのも束の間 すぐにオサムさんの一言で 大爆笑へと変わりました(笑)。

オサムさんいわく『僕は何日も前から約束とかするといつも直前になって あー嫌だなぁ・・めんどくさいなぁ・・と思ってしまうんです(笑)。
だからこうしてみんなが ずっと待っててくれてたと思うとホントに嬉しいですよね。
まさか嫌々来てるわけじゃないですよね?(笑)
めんどくさいなぁ・・と思いながら来てる人がいたら悲しいんですけど(笑)。』と。
オサムさんらしいというか 最後のほうはうまくまとまらなくて 自分でもどうしていいかわからなくなってましたね(笑)。

こんなグダグダ感満載のレミオロメンのMCが私は大好きです(笑)。

そして翌日の12月6日はレミオロメンというバンドを結成して10周年という話から 実はメンバー全員 バンド結成日というのを覚えてなくて(笑) ある時 オサムさんの昔の日記の12月6日のところに『バンド組んだ』と書いてあったことが発覚(笑)。
それで分かったんだそうです(^O^)

でもオサムさんいわく『といいながら12月6日じゃなかったらどうしよう?(笑)実家に日記があるんでもう一回確かめてみます。けど間違ってても僕は12月6日だと言い張りますけどね(笑)。』と。

なので 12月6日でいいんです!(笑)


この日の日替わり曲は♪蒼の世界♪と♪粉雪♪。
今ツアーで初めて聴けました 粉雪(^O^)
正直 どうしても聴きたい曲ではなかったけど(笑) 日替わりで粉雪が歌われてることを知ってから 見事なまでに粉雪の選曲のライブに当たらなくてf^_^;
そうなると一回ぐらいは聴きたかったので こうしてラストの地 山梨で聴けたことが嬉しかったです(^O^)
粉雪のように散りばめられた 小さな星のような照明が2階席から見ていて とっても綺麗でした(^O^)


そしてライブも中盤に差し掛かり ヒートアップするナンバーが続く中 ♪雨上がり♪の途中で藤巻さんがマイクから離れて後ろを向いてしまった。
その間 歌えなくなってて ・・
えっ?何何?
泣いてる?でも泣く曲じゃないよね?
じゃ笑ってる?(笑)
そんなハテナマークが頭をグルグルしてましたが 藤巻さんの『むせたぜ〜!!』(笑)の叫びで謎は解明(^O^)
途中でむせてしまったんですね(笑)。
そんなかわいいハプニングもありつつ お馬鹿ナンバー(笑)へと続き 恒例のオサムさんタイム。
この日は甲州弁で客席とのレスポンスをとっていたのですが 甲州弁 なんちゃー分からない(笑)。
方言って なんとなくは解読できるはずなのに 甲州弁は全く解読できなかった(笑)。
それにしても このゾーンでのオサムさんは相変わらずかっこいい!!
さすが マシャのサポートメンバー 山ちゃんを師匠にしてるだけあるわ〜(^O^)


その後 ♪花鳥風月♪ ♪小さな幸せ♪と続き 本編終了。
小さな幸せ は何度聴いても心に響きます(^O^)



そしていつもはツアーTシャツで登場するアンコールですが 藤巻さんは白いインナーに黒のジャケットと黒のパンツという正装スタイルで登場。
先日の東京ライブから新曲を披露してくれたという話を聞き ここ山梨で新曲を聴けることをすごく楽しみにしていました(^O^)
そう この正装スタイルは 多分(笑)新曲用です(^O^)


新曲を歌う前 藤巻さんが話してくれた言葉。
『いろんなことに悩んだり躓いたり 自分は何がしたいのか分からなくなる時もあるけど 答えはいつも自分の心にあるって・・そう思います。
そしてそんな想いに気付いた時 見えてくる大切なあなたに贈りたいと思います。』

あなた という言葉を発した時 笑顔で私たち観客を包み込むように・・

そんな藤巻さんの言葉から 今回の新曲は ずっと応援してくれているファンのための歌でもあるということを私なりに感じました。

藤巻さんの想いが溢れるほどに込められている新曲『Your Song』。

イントロからすでに泣きそうになり 歌詞をじっくり聞き取りながら聴いているうちに 涙がどんどん溢れてきました。
藤巻さんが抱えてきた想い 葛藤 そして気付いた答え そこにはいつも大切な人 あなた がいるってこと・・
そんな想いがひしひしと伝わってきて・・


答えはいつも心にある。


すごくステキな言葉です。


この曲を歌う時 藤巻さんは珍しくギターを持っていないのですが スタンドマイクを両手で抱えながら歌う姿も新鮮でした。


♪Your Song♪

来年1月からスタートする テレビ東京系のドラマ『最上の命医』のエンディングテーマ曲となります(^O^)
機会があればぜひ聴いてみてくださいね。


そしてこの日のライブの最後には 会場をバックにしての記念撮影がありました(^O^)
『2階席もちゃんと映ってるからね〜』という藤巻さんのやさしさに 私とshinoはドキュンコ(笑)。
さらに『俺のカメラでも撮っていい?』という素の藤巻さんの言葉がうちらにはかなりツボでして(笑) 顔を見合わせて『俺のカメラだって〜!!キャー!!』と訳の分からない興奮状態(笑)。
ドキュンコドキュンコです(笑)。
藤巻さんが 俺 と言うことがなんだか新鮮で ライブ後 意味もなく 『俺のカメラ』を連発していた イタイ私たちでした(笑)。


まさか自分が山梨まで行くなんて 想像もしてなかったけど(笑) 彼らの故郷での凱旋ライブに参加できてホントによかったです。
楽しく熱いライブをありがとう!!
527a84f0.jpg
ライブ後 会場のロビーでまさかの『山梨限定盤アルバム』発見!!
昨年発売されたベストアルバムですが 山梨だけデモ音源として『ラジオ』という ボーナスCDが付いてるんですよね。
もう今さら売ってないだろう・・と諦めてたので まさかのサプライズでした!!
もちろん即買いです(笑)。

噂では 山梨限定盤は ジャケットの桃から 甘い桃の香りがするということで 張り切って鼻を近付けてみましたが(笑)紙の匂いしかしませんでした(笑)。
539da995.jpg
オサムさんの実のお兄さんからのお祝い花。
お花と一緒にワインがアレンジされているのが山梨っぽくて オシャレですね(^O^)

いつものごとく長くなってしまいましたf^_^;
まだ山梨ファイナルレポもありますので どうか懲りずにまた読んでやってください(笑)。
ボチボチとアップしていきます(^O^)

山梨旅行記 〜レミオロメンの足跡〜

山梨旅行レポ つづいては『レミオロメンの足跡』編です(^O^)

せっかく彼らの生まれ育った山梨に来たことだし 彼らの歩いてきた道のりを辿ってみることにしました(^O^)

といってもほとんど下調べをしていなかった私たち(笑)。
初日のライブ前に サクッと巡ってみようと安易に考えていたのが大きな間違いで・・

彼らの故郷 笛吹市(旧御坂町)までは甲府市内からバスで約一時間かかり さらにバスの本数も一時間に一本しかなく・・
辿り着けたとしてもライブまでに帰ってこれない可能性が大なので この日はレミオ巡りを断念し 翌日レンタカーを借りて 一日遅れで山梨入りをする もっちゃんとハルと4人で巡ることにしました(^O^)

ということで 初日はレミオ以外の観光をしよう!と思ったのですが 遠出するには時間がないし かといって近場には観光名所もないし(笑)と とりあえず駅近辺をウロウロ(笑)。

そしたら思いがけず 駅前でレミオの足跡発見(笑)。
83dfc77c.jpg
駅前ビルにある『新星堂』をたまたま通りかかったら 山梨出身アーティストということで 彼らを紹介しているコーナーがありました(^O^)
68f2d0d4.jpg
そしてそのコーナーの一角には サイン入りのこんな写真パネルが!!

写真撮影OKということで 張り切って記念撮影していたら 店員さんから『県外の方ですか?』と聞かれ『ライブに来たんです!』と答えたら どうやら今日ライブがあることを知らなかったみたいで(笑) そのあとすぐ店内のBGMがレミオロメンに変わりました(笑)。
42aec224.jpg
噂の(笑)レミオポストもまだ健在だったので 張り切ってshinoと二人でメッセージを書いて ポストに投函してきましたよ(^O^)
私たちの想い 届きますように・・☆

そして翌日の朝 レンタカーを借りて もっちゃんとハルを迎えに行った後 レミドライブスタート(^O^)

ちょうどハルが10周年記念BOXのアルバムを持ってきてくれていたので 車内ではレミミュージックをガンガンにかけて盛り上がりました(^O^)

全くレミオロメンとは繋がりのないこの4人が 山梨まで来てレミオ巡りをすることになるなんて やっぱり不思議です(笑)。
ae431665.jpg
まず向かったのは 彼らが青春時代を過ごした 『御坂中学校』。

この日は月曜日で 授業中だったこともあり 静か〜に記念撮影(^O^)
7bb98845.jpg
中学校の真ん中に立つ オレンジがかった大きな一本の木がとても印象的でした。
faa8057a.jpg
藤巻さんの描く歌には『香り』や『匂い』というフレーズが実に多くて その中には『桃の匂い』という言葉もあります。

きっと通ったであろう通学路(笑)を私たちも少し歩きながら ふと見上げると 桃ではありませんでしたが(笑)ゆずの木があり ほんのりゆずの香りが(^O^)

彼らもこうして日々の生活の中にいつも山梨の香りを感じていたんだな〜と改めてそんなことを感じました。
60b1da8b.jpg
続いては やんちゃな少年時代を過ごしてきた(笑)『御坂西小学校』。

こちらも授業中ということもあり ひっそりと記念撮影(^O^)
6e0fc2e2.jpg
そういえばこの小学校には伝説のエピソードがありましたね(^O^)


体育の授業の後の 通称『水飲み場事件』(笑)。

オサムさんが水道待ち(笑)をしていたら 藤巻さんに腹パンチされて横入りされたという あまりにもオサムさんがかわいそうで そしてあまりにも藤巻さんがひどい このエピソード(笑)。

藤巻さんは当時 かなりの悪ガキ少年だったみたいですね(笑)。
3de5d1db.jpg
そしてレミオロメンといえば この場所なくては語れない あれ意味レミオロメンを育ててくれた場所・・

埋草神社。

レミオロメンを結成してから10年のこの日 12月6日にここへ来れたことを幸せに思います。

レミオロメンというバンドを結成したものの 3人がそれぞれ山梨・群馬・東京と離れていたので なかなか音楽に集中できず・・。
今あるものを全部忘れて 音楽だけに専念してみよう!という想いから生まれたのが『神社時代』でした。

この神社に3人が集まり とにかく音楽だけをやる。
まさに合宿ですね。

この神社時代がなかったら 今のレミオロメンはいなかったかもしれない・・。
そう思うと ホントに感慨深い想いです。
e65d074e.jpg
多分この奥?この隣?に 3人が生活していた母屋があると思うのですが 今は立入禁止になっているそうで入れないので 神社の雰囲気だけ(^O^)

さすがライブ当日ということもあって レミファン大集結でした(^O^)

ファンにとっては一番思い入れのある場所ですもんね(^O^)
7c593556.jpg
神社でいろんな想いを巡らせながら 次に向かった場所は 藤巻さんの大好きな場所『花鳥山』。

とあるインタビューで『どこでも山梨ドアがあったら今どこに行きたいですか?』に『花鳥山』と答えていた藤巻さん。

ナビでもヒットしないので たどり着くまでに随分と時間がかかったけど どうやら埋草神社から徒歩で行ける距離だったようです(笑)。

そんなことも知らず 遠回りした場所に車を停め 登り坂のハイキングスタート(笑)。
息切れしながら坂をどんどん登り 途中途中振り向くと そこには綺麗な景色が広がっていて ともすれば富士山が見えるんじゃないか?と思ったほどです。

山梨の街風景って ホントに綺麗。
cdfba498.jpg
やっとゴールが見えてきました!!
花鳥山のシンボル 一本杉まで あともうちょいです(^O^)
3e57d972.jpg
到着!!
小高い丘の真ん中にドーンとそびえる一本杉。
力強くて 壮大な佇まいでした(^O^)

バワーいっぱいもらえそう!!
07a66b3e.jpg
♪雨上がり♪のPVでメンバーが立ち漕ぎをしている 雨上がりブランコ(^O^)

うちらもそれを再現するべく靴を脱いでブランコに立ってみました。

幼い頃 平気でブランコに立てた記憶があるのに 大人になってからの立ち漕ぎは危険です(笑)。
バランス感覚がうまく取れなくて 立つのも必死(笑)。

そんな四苦八苦している時 ハルがshinoのハプニングに気付き 涙を流して大爆笑(笑)。
本人から 公開OK!と承諾を得たので 暴露しちゃいます(^O^)

なんとshinoのパンツのチャックが全開でした(笑)。
ホントにびっくりすぎるくらいの全開です(笑)。

花鳥山チャック事件ということにしておきましょう(笑)。
093ddca4.jpg
花鳥山 頂上からの眺め。

藤巻さんいわく 4月上旬は桃の香りと共に桃の花が満開で ここからの景色はとっても綺麗なんだそう。

そんな時期にまた来てみたいですね(^O^)

夜景もきっと綺麗なんだろうなぁ・・
かなり満喫できるデートスポットだと思われます(^O^)
31c2a184.jpg
花鳥山を思う存分満喫した後 ゆっくり坂を下りながらも 心がホッコリする風景が連なっていて ホントにステキな場所だなぁ〜と改めて感じました。
6bc18690.jpg
♪アイランド♪にこんな歌詞があります。


彼方から三日月の明かりに照らされた道
僕は何処へ行けばいい
外は冷たい風
すすきが揺れているよ


藤巻さんが レミオロメンと そして自分と向き合うことで生まれたこの名曲。
いろんな葛藤があったこの時期 この歌にある すすきというワードは花鳥山の風景からの言葉だったのかも・・とそんなふうに私なりに感じています。

ホントにすすきが一面に揺れていて 思わず坂を下りながら アイランドを口ずさんでしまったほど 私には 花鳥山のすすきがとても印象的でした。

短い時間でしたが 巡りたかった場所には行けたし たくさんの素晴らしい風景を心で感じることが出来て ホントに楽しかったです。
そして改めて 笛吹という街が大好きになりました。

まだまだ行きたい場所がたくさんあるので (オサムさんおすすめのほったらかし温泉とか(笑))機会を改めてまたゆっくり山梨を旅したいと思います。

ずーっと運転手してくれたshinoありがとう!!



次は メインのライブレポです。
震えて待て!←久々に使った(笑)。

山梨旅行記 〜甲府グルメ〜

遅くなりましたが レミオロメンライブで足を運んできた先週の山梨旅行の記事をやっと(笑)アップしたいと思います。
書きたいことがたくさんなので 小出し小出しで(笑)。


この日は朝いちの高速バスで名古屋からshinoと一緒に出発〜(^O^)
車内はほとんどがレミっ子でした(笑)。

ずいぶん昔に富士急ハイランドと河口湖へは行ったことありましたが 甲府の街へ足を運ぶことは初。
甲府バージンです(笑)。
a3e2aaae.jpg
約4時間かけて甲府駅到着(^O^)
駅前には武田信玄さまがお座りになられてました(笑)。

歴史に疎い私なので なんちゃー知りませんでしたが 甲府は武田信玄ゆかりの地なんですね(^O^)

まずはグルメ編ということで 甲府で食べた美味しいものオンパレードのレポを(^O^)
7730cf3b.jpg
初日のお昼ご飯は甲府駅前にある ほうとうのお店『小作』へ。

お店へ入ると 店内はレミファンだらけで ちょっと笑ってしまいました(笑)。
b488bdcf.jpg
大人気メニューの『かぼちゃほうとう』。
寒い冬にめっちゃ暖まりそう(^O^)

私こう見えて(どう見えて?(笑))実はほうとうバージンでした(笑)。
dffb618d.jpg
なんとなく きしめんに似てるんですね(^O^)
けど きしめんよりも若干幅広だったような気がする(笑)。
モチモチしていて 野菜もたっぷりで さらにスープがめちゃめちゃ美味しい!!

これはクセになります(笑)。
e827301f.jpg
そして初日のライブ後 甲府へ来たからにはどうしても食べてみたかった『甲府鳥もつ煮』を食べに駅裏の小さな居酒屋へ(^O^)

どこで食べたらいいか分からなかったので 観光案内所のお姉さんに聞いて オススメのお店へ向かったのですが まさかここでびっくりんご!!な体験をするとは夢にも思わず・・

ここの鳥もつ煮はめっちゃ美味しかったのに他に気をとられて 正直 味の記憶がありません(笑)。
なのでもう一回ちゃんと 堪能してみたいかも(笑)。
b42edc94.jpg
二日目は朝からレンタカーを借りて ハルともっちゃんと合流。
そしてまた(笑)小作へ(^O^)

この日は少し足を伸ばして 石和温泉近くにある小作へ行ってみました(^O^)
130721b4.jpg
せっかく4人集まったことだし 色んな味のほうとうを食べてみようということで まずは定番のかぼちゃほうとうと きのこほうとうを(^O^)
24afecb7.jpg
こちらは すいとん。
スープの味がほうとうよりもさっぱりしていて すいとんも めっちゃ美味しかった!!
8167e479.jpg
そして前日の小作で気になっていたメニュー『あずきほうとう』にチャレンジ!
これに野菜などの具が入っていたら微妙だったかもしれないけど(笑)ほうとうと あずきだけなのでデザート感覚で食べれました(^O^)
ほうとう自体がモチモチしていて白玉のようだったので まさに ぜんざいですね(^O^)

以上 甲府で食べてきたグルメレポでした(^O^)
というか ほうとうしか食べてませんね(笑)。
でもほうとうめっちゃ美味しかったので 大満足です(^O^)




山梨旅行記 〜レミオロメンの足跡〜篇へつづく・・・

ご報告

完全にプライベートな家族事ですが ここでちゃんとご報告させていただきます。

水曜日に父の手術が無事に終わりました。
正直この手術をやる!と決めたものの 父本人も私たち家族も不安はたくさんあって・・
手術の説明を主治医から受けた時 たくさんのリスクの可能性を告げられました。
無事に終わった今だからこうして書けますが 今回父が受けた手術は 太ももからカテーテルを入れ 頸動脈の血管を太くするというもの。
1ミリでも間違えば命の危険もあり また成功しても そこから出血したり・・。
そして脳梗塞の治療の手術でありながら 手術中に脳梗塞になる危険もあるそうで それがひどいと半身麻痺 さらに脳死状態になってしまう可能性もあるという たくさんのリスクの説明を受けました。
どの症状も 0.5〜5%の確率でしたが 医学ではこの確率は大きいほうなんだそうです。
100人中5人 と考えると 決して低くはないですからね・・。

でも手術をしないと いつどこでまた血管が詰まるか分からない。
今回は軽い脳梗塞で救われたけど次また同じようなことになったら・・と大きな爆弾を抱えながら毎日生活していかなくてはならないわけです。
もちろん手術の有無は本人に委ねられますが 私たち家族もそして本人も『まだまだ元気に暮らしていきたい』というただひとつの想いで この手術を受けることに決めました。

手術当日 父は先日渡した鈴虫寺のお守りを腕につけてくれていました。
看護婦さんが 手術中も身につけられるようにビニールに入れて紐でくくってくれたそうです。
しっかりと左手につけている父の姿を見て なんだか涙が出るくらい嬉しかった。
そして私たちが思う以上に父は怖かったんだろうな・・とも改めて思いました。

約3時間弱の手術が終わり 手術後はICUに移された父でしたが すぐに面会も出来 術後とは思えないくらいの元気な姿でびっくりしたほど(笑)。
先生からも『無事に終わりました』と報告を受け 術前と術後の血管映像を見ながら丁寧に説明してくださいました。
本当にひとつひとつ分かりやすく説明してくださる信頼できる先生なので この先生に父の手術をお願いできたことを改めて幸せに思います。

術後しばらくはいろんな症状が出る可能性があるということで ICUで絶対安静でしたが 幸いなことに経過も順調で 翌日には一般病棟に移ることができました(^O^)
顔色も良く術前と変わらないぐらいピンピンしてるので(笑)またわがまま言って看護婦さんに叱られるんじゃないかという心配のほうが今は大きいです(笑)。

実はこの手術のための検査の段階で 他の病気も見つかって 徐々にその治療もしていかなくてはならないのですが これを機に悪いところは徹底的に治してもらって 100歳まで生きてもらいましょう(笑)。

たくさんの方に心配していただき 本当に心の底から感謝しています。
ありがとうございました。

家族揃って安心して家で年末年始を迎えられそうなことが本当に嬉しいです。
といっても私は横浜ですが(笑)。


そして 毎日病院を往復していた母の体調も心配でしたが 体力的にも精神的にもやっとひと安心できたのではないかと思っています。
家族が普通に毎日元気に暮らしていけることって 当たり前のようであって実は奇跡の日々なんだなと本当に改めてそう思いました。
当たり前のようにある 見過ごしてしまいそうな幸せ。
そんな大切なことを私は父の病気から教えられたような気がしています。
そして改めて 自分のできることで親孝行していきたいなと思いました。
来年のマシャの三重ライブに父と母を連れていく予定ですので ぜひ元気な父の姿を見てやってくださいね(笑)。


PS.どうでもいい私の近況ですが 先日寝れないぐらいに歯が痛くなり 10年ぶりに歯医者へ(笑)。
嫌いなものBEST1に輝くのが歯医者なので(笑) 失神しそうな勢いで歯医者行きを決めたのですが さすがに10年ぶりとなれば そりゃーまぁ虫歯だらけ。
親不知4本ともC3以上の虫歯。
1本なんてC4だったしね。
先生もさすがに笑ってましたわ(笑)。
ということで地獄の歯医者通いが始まりました(涙)。
かなり長期戦になるようです・・。
まぁ自業自得ですね(笑)。

以上 最後にどうでもいい私の報告でした(笑)。

レミオロメンTOUR 花鳥風月 in名古屋 11月27日(土)

5e06abbd.jpgレミオロメン名古屋ライブ二日目です(^O^)
この日は休みをとっていたので ランチをしてからのんびりと会場へ。
早目に着いたので 何気なくグッズを見るつもりが 思わずレミシュシュを買ってしまった(笑)。
でもこのシュシュめっちゃかわいいんです(^O^)
レミグッズは治さんの影響なのか(笑)ピンク系が多いですね(^O^)
3fc052a8.jpg
二日目のライブはshino もっちゃん そしてもっちゃんフレンドのめぐみちゃんと4人で参加。
岐阜のライブに一緒に行ったメンバーですね(^O^)

そしてこの日の座席は 1階の最後列 さらに端っこ(笑)。
でも一番後ろだからこそ 思いっきりジャンプも出来て 手も大きく広げられて めっちゃ楽しかった!!
私なんて靴脱いで裸足でしたからね(笑)。
名古屋二日目の日替わり曲は♪蒼の世界♪と♪オリオン♪。
オリオンは冬の夜空にぴったりなナンバー。
これも聴きたかった歌だったので 名古屋で聴けて嬉しかったです。

この日のMCで一番ヒットだったのは風呂桶(笑)。
レミオロメンの3人は二日連チャンで蓬莱軒のうなぎを食べたらしく そのうなぎのボリュームがすごくてお腹いっぱい!という流れから 前田さんが『だってあれ風呂桶みたいなのに入ってるよね?』(笑)。
風呂桶?(笑)
さすがに治さんも藤巻さんも『いやいや風呂桶とは違うでしょー(笑)。柿みたいだよね〜』と。
たしかに柿みたいだけど(笑)そこ重要?って思うぐらい 柿だの風呂桶だの討論してました(笑)。

そして最近のライブでは恒例化しつつある 治さんの野菜ジュース一気飲み。
キーボードの皆川さんが特製ジュースを作って ステージに持ってきてくれてましたが まぁ不思議な色をしてまして(笑)。
不安がる治さんに『さっき少し飲ませてもらったけど結構やばかった(笑)』と藤巻さん。
でもやばかろうがなんだろうが 治さんが一気飲みをするのは恒例ですから(笑)腰に手を当てて 公開一気飲み!!


感想は・・・

ウゲーッでした(笑)。
ドリンクの中身はウコンと生姜。
しかも生姜がかなり強いらしく 治さんはしばらく辛そうでした(笑)。
皆川さんいわく『僕はこれぐらいにしておこうと思ったんですけどボスがもっといれろ〜!って言うから(笑)』と藤巻さんのボスぶりを暴露してましたが 藤巻さんは笑ってごまかしてました(笑)。
意外と悪戯っ子なんですね(笑)。


この日のライブではおもしろいハプニングもあり ♪明日に架かる橋♪の前奏で ステージへりに出てギターをかき鳴らしてたら 歌い出しに間に合わなかったという(笑)。

夢見て〜のところを歌えず いきなり観客からの『OK!!』で始まった 明日に架かる橋でした(笑)。
藤巻さん 恥ずかしそうに笑ってましたね(笑)。

そして私的にこの日ツボだった藤巻語録は(笑)・・

小さな幸せについて 藤巻さんが思う日々の幸せを私たちに伝えてくれてる時 『僕はこういう時にプチ小さな幸せを感じるんですけど・・ん?プチ小さなって結構ちっちゃいね(笑)』と自分で自分を突っ込んでた藤巻さんのその笑顔に胸きゅんでした(笑)。
何度も言ってますが あの笑顔がホントにたまらんのです(笑)。

名古屋二日目は 初日にはなかった♪立つんだジョー♪も復活して 最後まで思う存分にはじけられたホントに楽しい楽しいステージでした。

二日間素晴らしいステージで楽しませてくれたレミオロメンに 心からありがとう!です。




そしてただいま山梨へ向かい中。
彼らの地元山梨で さらに明日12月6日はレミオロメンを結成してから 丸っと10年の記念すべき日であります。
WOWOWで完全生中継もありますので WOWOWが見られる方は ぜひ見てみてください(^O^)
特典として(笑)不細工な私が映るかも?です(笑)。



12月6日(月)
WOWOW 18:30〜21:30
レミオロメン
花鳥風月ツアー
山梨県立県民文化ホール
独占生中継



ちなみに本日23:00〜もWOWOWでドキュメント放送がありますので こちらもぜひ!!

レミオロメンTOUR 花鳥風月 in名古屋 11月26日(金)

784e2aeb.jpg先週の26日と27日に 名古屋センチュリーホールでのレミオロメンライブに参加してきました(^O^)

どの会場に参加しても楽しみな気持ちは変わらないけど やっぱり名古屋に来てくれる!と思うだけで テンションがあがって 金曜日はほとんど仕事にならなかった(笑)。
しかも電車乗り間違えて ライブ前からアタフタ(笑)。

冬なのに汗だくで会場に着き(笑)このブログのレミオロメン記事にコメントをくれたことがきっかけで出来た はじめてのレミ友さん(笑)pi-koさんとはじめましてのご対面。
想像通りのやさしい綺麗な方で 会った瞬間から炸裂トーク(笑)。
レミマジックです(笑)。
全然話し足りなかったので(笑)機会を改めて近々レミ会を開くことになりました(^O^)
楽しみ〜(^O^)

この日のライブは私とshino そしてもっちゃんと マシャ友のミッキー 4人で参加。
先に席に着いてたもっちゃんから『やばいよ!!』メールが来て(笑) 私たちも場内へ入り 席に向かうと ホントにやばかった(笑)。
4列目の藤巻さんのマイクスタンドの真ん前!!
しかも1列目がほぼステージと一体化?っていうぐらい近いので 4列目でも あきらかにアリーナクラスの1列目より近い近い!!
席に着いてからは 笑えるぐらいにshinoがアタフタしていて ひとつひとつの行動が笑えて仕方なかった(笑)。

椅子からお尻がもう浮いてたしね(笑)。

そして19時を少し過ぎた頃 満面の笑顔でレミオロメンが登場!!
藤巻さんの笑顔に何度もノックアウトされながら(笑)あまりの近さに私足がガクガク震えてましたf^_^;

ギターをかき鳴らすあの細い指 リズムをとるあの左足 もうたまらん!(笑)
って自分で書いておきながら なんかこの文章キモいですね(笑)。


曲の間奏中は 一歩前に出て ギターを弾きながら 会場のみんなに微笑みかけてくれるのですが そのステキな笑顔をいただき 私はもう幸せの絶頂(^O^)
テンションがハチャメチャになってました(笑)。

藤巻さんが話してくれてましたが この名古屋で 今回のツアー全都道府県制覇したそうです。
あと残り6本ですが 東京が4本と山梨が2本なので 前半にすでにライブをした場所ですからね。
そして久しぶりに少し大きい会場ということで 響きがいいね〜と藤巻さん嬉しそうでした(^O^)


MCは相変わらずグダグダで(笑)藤巻さんも自分で『ホントMC下手くそなんです・・』とぼやいてましたね(笑)。
いやいや それがレミオロメンの良さなんだと私は思ってますよ(^O^)


そして今回のツアーの目玉でもある 日替わり曲。
名古屋初日は♪コスモス♪と♪Wonderful&Beautiful♪(^O^)
ワンビューは(勝手に略してみた(笑))聴いてみたい曲だったし 冬にぴったりなメロディラインで しっとりと心に響きました。

この曲を歌う前に藤巻さんが話してくれたこと。

『渋滞はいつか必ず抜けるし 晴れない雨もない。』

言葉としては短いけど 藤巻さんの伝えたい想いがこの言葉に この歌に ぎっしり詰まっているような そんな深さを感じました。

ライブも中盤に差し掛かり 毎回ステージ演出に感動させられる♪東京♪〜♪花になる♪の流れ。
『花になる』では藤巻さんのギターソロで 大きな藤巻さんのシルエットが映し出されるのですが この日は前方だったこともありそのシルエットの奥でギターをかき鳴らす生藤巻(笑)を見ることが出来て その姿に思わず鳥肌が立ちました。
かっこよすぎます!!

そして『雨あがり』『スタンドバイミー』など 楽しいナンバーが続き 藤巻さんも何度も前に出てきて 何度も笑顔を振り撒いてくれるもんだから 私たちも完全にぶっ壊れてましたね(笑)。
『明日に架かる橋』ではお決まりの おバカにもなれたし(笑)ホントにめちゃめちゃ熱く熱く盛り上がりました(^O^)

そして治さんのドラムソロ。
実に素晴らしい!!
治さんも完全に自分の世界に酔ってましたからね(笑)。
あまりに興奮しすぎてスティック落としちゃってましたから(笑)。

汗だくになって盛り上がった後は その汗をスーッと落ち着かせてくれるような このツアーのタイトルにもなっている『花鳥風月』。

この曲のラストで 藤巻さんが撮影してきた 名古屋の街風景の写真がスクリーンに映し出されるのですが 私はその写真を見ながら思わず涙があふれてしまいました。
日頃何気なく見ていた名古屋の風景も こうしてじっくり見ると 空が青かったり 気付かず通り過ぎていたけど道には花が咲いていたり・・
名古屋にもこんなにたくさん小さな幸せが満ちあふれているんだなと改めて感じさせられました。

藤巻さんの撮る写真は やさしさや温かさが伝わってくるので ホントに泣きそうになるぐらい心にグッときます・・。

そんな花鳥風月でしたが 曲の後半で 藤巻さんの声が辛そうで・・
一生懸命歌ってくれてるだけに 胸が張り裂けそうな想いでした。

そして本編最後の♪小さな幸せ♪でも ホントに辛そうで・・

大丈夫かな・・と心配していたのですが やっぱり大事をとって アンコールでは♪立つんだジョー♪をこの日は歌いませんでした。
この曲を聴けなかったのは残念でしたが 翌日もライブあるし 無理だけはしてほしくなかったので この選択には納得です。

毎回いつも感動させられる♪3月9日♪の大合唱と ラストの♪ありがとう♪。
会場のみんなの歌声を聴きながらやさしく微笑む藤巻さんの笑顔がとても印象的でした。
小さな幸せどころか大きな大きな幸せをありがとう!!
ホントに温かくて優しくて そして力強くて たくさんのパワーを3人からもらえた素晴らしいステージでした。
長くなってしまったので 二日目のレポに続く・・。

ありがとうの日

8fae0337.jpg一日過ぎてしまいましたが 12月3日にまたひとつ歳を重ねました。
30を過ぎたら 歳を重ねるのではなく 歳が戻っていったらいいのになぁ〜と そんな夢みたいなことを考えたりしますが(笑)それでもやっぱり おめでとうと言ってもらえるのは 何歳になっても嬉しいものです(^O^)

昨日は帰宅したら お恥ずかしながら(笑)名前入りのバースデーケーキが用意してありました(^O^)

こうして何歳になっても誕生日を忘れずお祝いしてくれる母に心から感謝しています。
そして改めて・・
両親へ。
産んでくれてありがとう!!
誕生日はおめでとう以上にありがとうの日だと ここ数年 そんなふうに感じるようになりました。
と言いながら 両親に面と向かって ありがとう!とは言えてないんですけどね(笑)。
なので ここで声を大にして・・(笑)

お父さんお母さんありがとう!!


また一年 元気に過ごしていきたいと思います(^O^)

色づく京の街

書きたいことがいっぱいな毎日ですが・・
まずは一番新しい月曜日の出来事を(^O^)

そうだ京都行こう!的な乗りで(笑)急遽決めた京都日帰り旅。

来週手術を控えている父へ鈴虫寺のお守りを渡したくて・・
行ける日が月曜日しかなかったので 強行日帰り旅となりました。
突然決めたからって 平日だし(^O^)と甘く見てたら バスは始発から2本目までが満席!

よーく考えたら この時期は休日平日関係なく 混み混みの京都なんですよねf^_^;
紅葉シーズンってことをすっかり忘れちょりましたf^_^;


お昼少し前に京都駅に着き こんな急遽決めた旅にわざわざ時間を割いてくれた 京都在住のマシャ友 ともちゃんと1か月ぶりの再会(^O^)

1時間強バスに揺られ まずは早速鈴虫寺へと向かいました。
850fe6c8.jpg
さすが紅葉シーズンだけあって 階段途中まで待ちの列が出来ており 30分ぐらい並んで 寺内へ。

『行列のできるお寺』ですね(笑)。

何回行っても そして何回聞いても 真剣に笑わせてくれる住職さんの説法が私は大好きです。
この日もたくさん笑顔にさせていただきました(^O^)
f6ee3d45.jpg
今年は例年より少し遅い紅葉だったようで 秋の京都は11月末でも見事なまでの色づき(^O^)
4dfd15db.jpg
こちらは真っ赤ですね(^O^)
fe51c1b3.jpg
そしてこちらは黄色(^O^)

紅葉はたくさんの色を楽しめるので まるで♪心Color♪みたいです(^O^)←無理矢理?(笑)
9cf4b4ac.jpg
鈴虫寺のお庭も 緑とオレンジのコントラストで とっても綺麗でした(^O^)

そして鈴虫寺を後にして 私たちは四条方面へとバスで向かったのですが ここからが予想外の展開に!!

通常なら鈴虫寺から嵐山まで15分で行けるのですが なんとバスで1時間!!
嵐山は観光客や観光バスでごった返してて とにかくバスが全く進まなくて・・
まさに紅葉渋滞でしたね(笑)。

まぁでも進まなかったおかげで 車内から綺麗な紅葉景色を眺めることができたので 私にとってはこれが小さな幸せでした(^O^)

そしてやっと嵐山を抜けて それでもそこから1時間強はかかったのですが 4時頃にようやく四条近辺に到着。
4cebbda3.jpg
前日にちょうど『龍馬伝』の最終回を見て 龍馬さんへの想いを巡らせていただけに 足を運んでみたかったこの場所。

坂本龍馬亡命の地 近江屋跡。

今はコンビニになっていて このように看板と石碑が立てられていますが たしかにここで龍馬さんが命を終えたんだと思うと なんだか胸が締め付けられる思いでした。

ホントは時間があれば 龍馬さんのお墓参りをして『福山雅治さんが最後まで立派にあなたを演じてくれました』と伝えたかったのですが・・いかんせん時間がなかったもんで(笑)。

でもここに来れてホントによかったです(^O^)
2d9beaa7.jpg
アーケード内で おもしろい看板を見つけたので写メってみました(^O^)

さすが坂本龍馬の街ですね(笑)。

そしてこの後 偶然京都に来ていた マシャ友あやかちゃんと せっかくなんで会おう!ということで 四条で再会(^O^)

といってもちゃんと会うのははじめてで 私よりも干支が一回りぐらい若いので 意味もなく緊張してしまいましたが(笑)ホントにしっかりしたいい子で 私のほうが落ち着きがなかったぐらい(笑)。
楽しい話がたくさん出来て ホントに嬉しかったです(^O^)
こんなおはちゃん相手に(笑)あやかちゃん ありがとう!
02ec3541.jpg
帰りのバスまで少し時間があったので あやかちゃんとバイバイした後は ともちゃんにつきあってもらい 京都駅地下で偶然開催されていた 『大河ドラマ龍馬伝 番組紹介展』へ。
小さな空間ではありましたが パネルや衣裳などが展示され 龍馬伝最終回を見た後だっただけに感慨深いものがありました。

急遽決めたバタバタな京都旅で 京都らしい食べ物も何も満喫はできませんでしたが 今回の目的は鈴虫寺へ行くことが一番だったので それが達成できただけでも行った甲斐がありました(^O^)

よーく考えたら滞在時間よりも移動時間や待ち時間のほうが長かったような気もする(笑)。

父の手術が終わって落ち着いたら また来年あたりに今度は御礼参りに行きたいと思うちょります(^O^)

強行スケジュールの旅につきあってくれた ともちゃん そしてあやかちゃん ありがとう!!
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ