↑の本に載っている核兵器と原発についての広瀬さんと、明石さんの会話<P104、105より>
明石「『もんじゅ』と『RETF』のことをあわせて考えれば、目的はまさに核兵器開発以外に考えられないですね」

広瀬「ベルリンの壁が崩壊した後、『動燃を作ったのは核兵器のためだ』と元通産省官僚がしゃべっている言葉が週刊誌に書かれた(中略)」


1968年11月20日付の外務省「外交政策企画委員会」での発言
・「(日米)安保条約は永久に続くわけではない。安保条約がなくなったら国民感情は変るかもしれない。その時に、(核拡散防止条約から)脱退して核兵器を作れと国民がいえば作ったらいい」
<仙石敬軍縮室長>

・「高速増殖炉等(もんじゅ)の面で、すぐ核武装できるポジションを持ちながら平和利用を進めていくことになるが、これは異議のないところだろう」
<鈴木孝国際資料部長>

・「現在日本が持っている技術で爆弾一個作るには、半年~一年半ぐらいあればいいと言われる。起爆装置もその気になれば半年~一年ぐらいでできるのではないか」
 <矢田部課長の討議資料>


広瀬「この官僚たちが言ったことの意味は、核兵器をつくるには純度93%のプルトニウムでいいのに、『もんじゅ』では98%の高純度プルトニウムができるということだ。原爆用プルトニウムのほかには、高速増殖炉の目的がない」

明石「純度98%と言えば、中性子爆弾に代表される『戦術核兵器』級ですね。六ヶ所再処理工場で取り出したプルトニウムに加え、『もんじゅ』と『RETF』で生み出される中性子爆弾級のプルトニウムまで抱える……。日本が世界初の『電気料金を使って核武装した国』となるのも、そう遠くないかもしれません」


③「原子力開発=核兵器開発」であり、日本の政府は一貫して核兵器をいつでも製造できる態勢を維持することに努めてきた。その国策を、「たかが原発事故」くらいで変更できないと思っている。
(P234より)

小出裕章さん「で、つまり、今現在の日本という国がもってしまったプルトニウムというのは、長崎原爆をもし作ることに使うならば2000発もできてしまうというくらいの量になっている、わけです。」
<↑クリックで、日本の狂気的プルトニウム保存量がわかる>

小出さんのプルトニウム保存量講義<ここクリック>

<大日本帝国時代の生き残りで、原発を推進する者達>
 石川迪夫[イシカワミチオ]「私の仲間で原爆の仇をとるんだといって(原子力発電の道に)進んだものもいる」
1934年生まれ

 石原 慎太郎「日本は核を持て、徴兵制やれば良い」
1932年生まれ

 田原総一朗、講演料110万円もらって、問題はぐらかし原発推進話
1934年生まれ


<戦後からまもなく生まれた原発推進者の意見>
 田母神俊雄「浜岡原発が危ないということが何故菅直人にわかるのか。これは反原発、反核運動だ。日本の弱体化だ」
1948年生まれ

年間1ミリシーベルト以下の内部被曝(0.1~0.2ミリシーベルト)でも、ガンの発生率が30%高まったという統計データもあります。
内部被曝で1ミリシーベルトというのは、非常にリスクの高い値なのです。


チェルノブイリ特集 最終回 少女の体に放射能は 衝撃的レポート

 隠された被爆労働~日本の原発労働者

東京電力福島第一原発の地下で、直下型地震の恐れ



福島第一原発内の実態
(安全地帯で原発を推進している連中がやるべきです)




http://blog-imgs-42.fc2.com/k/i/n/kinnikuking/2012020903353304f.jpg

4号機が倒壊したら250km影響図(クリックで画像表示)

「12時間~24時間」は、4号機倒壊が起こってから「250km」圏外へと避難するまでの猶予時間です。

反原発まとめサイト
(二酸化炭素温暖化説は大嘘です)

反原発デモ広瀬隆

核兵器、原発は地球を滅ぼす。核戦争、原発大事故後の世界とは?
「フリーエネルギー」に目を向けよう。常温核融合、水で走る車、太陽光発電、とにかく色々ある。欧米の闇の勢力は、権力維持のためあらゆる技術(千年生きれる技術、アークの存在、あらゆる病気を治す薬、一日の労働時間が30分で済む技術など)を隠している。