911は、我々はTVで事件を知りましたが、そのTV放送の飛行機はCGで(飛行機を突っ込ませたインパクトある映像にすることで、世論をイラク戦争賛成へと導きやすくしたと思われる。あと飛行機と言うことにすれば、パスポート、飛行場の監視カメラ、乗客リストから犯人を割り出せたと言うことも出来る。全部でっちあげ)、実際はビルが爆破されただけだとか。
(現場にいた爆発だけを見た数少ない目撃者は次々と抹殺されてる説などがある。またはキチガイ扱いして目撃者の言論を封じる。或いは911以降作られた愛国者法で逮捕。現場で飛行機を見たと言う人は、工作員かアメリカのHAARPなどによるホログラム映像を見ていたと思われる)



↓の動画で、911の飛行機はCGで、当時、全世界のTVに生中継として放送していたことがわかります。
(セキュリティが高いビルに、イスラム系のテロリストが爆弾を仕掛けたと言うシナリオでは無理があるので、飛行機がハイジャックされたと言うシナリオにしたと思われる。だから飛行機のCGは必要だった。目的は、イラクの石油奪取と、終わらないテロ戦争と言うことで軍産複合体が無限に金儲けすることと、愛国者法でアメリカ国民を永遠に監視するため。そして、WTC1、2、7と、ペンタゴンにあった重要なデータを消滅させるため。だからそれらを、爆弾とミサイルで破壊した。また、一部のオカルト関連本で、イラク戦争はシュメール文明の「スターゲイト」と言うオーパーツを奪取することが目的だったことが書かれている)









(※つまり、当時CGで作っておいた映像を「生中継映像」としてNHKなどに放送させた。手法は、「ザ・エデン」のブログで紹介しているhttp://kinnikuking.blog81.fc2.com/blog-entry-944.html
911事件後、全世界のTV局に資料として送ったはず。アマチュアが撮った映像も捏造された物)















911の飛行機は離陸する前からハイジャックの話していた




911訴える

IKARE.png 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%81%BD%E6%97%97%E4%BD%9C%E6%88%A6

偽旗作戦(にせはたさくせん、False flag)は、あたかも他の存在によって実施されているように見せかける、政府、法人、あるいはその他の団体が行う秘密工作である。平たく言えば、敵になりすまして行動し、結果を敵になすりつける行為である。名称は自国以外の国旗、つまり偽の国旗を掲げて敵方を欺くという軍の構想に由来する。偽旗作戦は、戦争や対内乱作戦に限定されたものではなく、平時にも使用される。偽旗工作・偽旗軍事行動とも呼ばれる。英語ではしばしば false flag operation(s)(偽旗作戦), false flag technique(偽旗技法), false flag tactics(偽旗戦術), false flag attack(s)(偽旗攻撃) 等の句として用いられる。 




 



真のテロリストは、アメリカのキリスト教原理主義者達(有色人種抹殺思想)です。 FC2 Management
911真相を追求したジャーナリストのベンジャミン・フルフォード氏の本「われら二人超アンダーグランドとかく戦えり」によると、1938年に日本が中国を侵略したときに、中国の金(きん)がアメリカに避難され、そのときにアメリカが中国政府に60年国債を渡して、60年経ったら金を返すと言う約束を結んでいた。それで98年に裁判を起こしてお金を返せと言ったけれども、アメリカが嫌だと言った。でも裁判で負けて返さないといけなくなった。その最初の返済日が2001年9月12日。9・11テロの翌日。だからその前にそのデータがある場所(ワールドトレードセンター、WTC7、ペンタゴン)を911の日に破壊したらしい。




BUSSYU.png 



※日本は、悪の大帝国「アメリカ合衆国」の同盟国(属国)のせいでこれを大きく報道していない。
 







ナチス666

↓濃縮版







911YOKOKU.png 
911YOKOKU2.jpg 


↑の様にハリウッド作品を使って、911テロ犯行予告をしていたと言うことは、911のCG合成映像、飛行機の電話捏造記録を作るのに10年以上は掛かったと思われる。10年以上も掛けた物だから、当時多くの人を騙すことが出来た。