http://agnes2001.blog.fc2.com/blog-entry-128.html
【米連銀に排除措置命令】

≪ハートの贈り物さん≫ 
http://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/5f904238f8fda9d25bd84410e7bab4d0

12の米連銀に対して、いわゆるスカルノ・トラスト?の返還を求め、
4月11日に、先取特権請求が送付されました。
このトラスに関しては、既に、排除措置命令が出ています。
先取特権とは、他の債権者より優先的に債務者の財産から弁済を受けることができる
担保物権だそうです。
請求は、すごいことになっています。金塊 4,638,791,996 kg。(金額にして271兆ドル)
もちろん返すことができないので、12の連銀は、10日間で全資産没収になるのだとか。
とにかく、これは、大変な!ことのようです。
正式に、法的に、連銀の終わりを意味するようです。

【スイス銀行の秘密口座の鉄壁の守りが崩れ始めた】

スイス政府が、スイスの銀行に対し米国富裕層の脱税を手助けしている
従業員や関係機関の名前を、米国捜査当局に渡すよう、指示したそうです。
この件で、米国と、長年にわたり、対立してきたとか。
しかし、もはや、光の圧力に屈せざるを得なくなりました。
これも、大量逮捕の証拠固めに、使われるのでしょうね。
画期的なことが、目まぐるしく起こっています!


【アイスランドで既に無血革命、住宅ローンがチャラに?】

主流メディアが報道しないので、私たちはほとんど知りませんでしたが、
アイスランドで、国民による無血革命が着々と進行しています。

アイスランドが2008年にデフォルトし、その際、借金を踏み倒したこと、
そしてその後、わずか4年で、国債の格付けを投資適格まで引き上げるのに成功したことは、
以前、お伝えしましたが。その他の詳細を、私も知りませんでした。
ここまで進んでいたとはネ!

― 内閣総辞職
― 中央銀行国有化
― 経済に関する決定を、国民投票で
― 責任者たちを投獄
― 国民による憲法改正


何故、(奴らに支配された)主流メディアが報道しないかというと、もちろん、今、
危ないギリシャやアイルランド、ポルトガル、スペインに真似されると困るからですよね。
でも、、、、、真似すると思いますよ。(笑) 
元々、国際金融ギャング団が、違法に、国家を罠にはめて、国の資産を乗っ取るために
背負わせた借金なのですから。さらに、驚きのニュースです。
アイスランドは、国民に対して住宅ローンを免除したそうです!

Iceland Forgives the Mortgage Debt of its Population