大城眞徳税理士事務所Blog

「経営及び融資計画策定支援、コンサルティング」など幅広くご支援します。

2012年10月

2012年10月30日

古典から学ぶ経営哲学【第22回】                                 「天に事(つか)うる心 ・・・ 天の理は人間の力ではいかんとも難しい」

 「凡(およ)そ事を作(な)すは、須(すべか)らく天に事(つか)うるの心あるを要すべし。人に示すの念あるを要せず。」 (言志四録より)

 事業経営や仕事をしたり、人生を過ごすにおいて、天に仕える気持ちで当たることが最も肝要であり、人の思惑を気にしていては事はうまくいかない。という意味である。

 「天は自ら助くる者を助く」と福沢翁が言っているが、自助努力しなければ天の恵みは得られない。

 「天網恢々(てんもうかいかい)疎(そ)にして漏らさず」という格言がある。天の網は広大で、その網の目は疎く大きいが、善悪の応報は必ず下して見逃すことはない。
 例えば、「積善の余慶」という教えがある。善行を積み重ねた家には、必ず子孫にまで及ぶ幸福がその報いとしてやってくる。反対に、悪人は漏らさずこれを捕まえるということである。

 斯様に天に仕えるということは、常に誠を尽して事業や仕事に当たり行動することが大事だということである。天は人間の力ではいかんともし難いので、天を相手にする気持ちを持てば人に頼ることもなくなる。そうすると利害の対立する者もなくなる。天を相手にしないで人を相手にするから必死になれず、依頼心が出て自分の事績不振を政治や他人の所為にするのである。

 言志四録に天の道理という項がある。「天道は漸(ぜん)を以って運(めぐ)り、人事は漸を以って変ず。必至の勢いは、これを卻(しりぞ)けて遠ざからしむる能(あた)わず。」
 訳すると、天地自然の動きはゆるやかで、人間界もゆるやかに変化する。しかし、ここには必至の勢いというものがあって、この勢いは避けて遠ざけることはできない。また、これを促して速めることもできない。斯様に、天の理は人間の力ではいかんともし難いものであるので、天の勢いに逆らってはならない。
 例えば、どんな人間の力をもってしても、落日を戻すことはできない。でも気長に翌朝まで待てば、日は何もしなくとも上がってくるものである。時の来るのを待て「急いでは事をし損じる」ともある。

 「鎡基(じき)(すきやくわ)ありと雖(いえど)も時を待つにしかず」

 すなわち、農具や種をいくら持っていても、適当な時期を待つほうが良い。時を誤ってはすべて徒労に帰し、無駄な骨をおることになる。又、逆に天には勢いがあることもある。その勢いは止めることは出来ない。従って勢いがあるときは、その勢いを味方にすることが人の智である。

「智恵ありと雖(いえど)も勢いに乗ずるにしかず」と孟子は言ったが、どれほど智力に秀れていても、人の勢いや時の勢いに乗ることには及ばない。

 経営においても、全員一丸の勢いをいかに出すかはリーダーや上に立つ者の腕であり、事がうまくいくかどうかは、その時期の勢するのを見極めることが出来るかにかかっている。「時来たれば、鉄も金となる」と格言が教えるように、事を成すには時が必要という意味であるが、天の必至の勢いの来るのを待つ忍耐も欠くことができない大事なことである。

 自然に時期があるように、人間個人個人にも自然のめぐりあわせ(運気)というものがある。自然に逆らわない生き方をして、素晴らしい人生を送りましょう。

所長 税理士 大城 眞徳

2012年10月05日

古典から学ぶ経営哲学【第21回】                                 「人づきあいの要道」

 事業を成功させたい。立派な社会人として活躍したい。有意義な人生を送りたい。そう思う人にとって、人づきあいのあり方は大変重要なことである。今回は、人づきあいの要道について学ぶことにする。

 菜根譚に次の句がある。「心体光明(こうみょう)ナレバ、暗室ノ中(うち)ニモ青天アリ。念頭暗昧(あんまい)ナレバ、白日ノ下(もと)ニ(れい)鬼(き)生ズ。」訳すると、心が澄みきっていれば、どんな暗がりにいても良心を暗まされる事はない。心が曇っていれば、どんな明るみにいても悪魔のとりこになる。という意味で、心のあり方が大変重要であることを教えている。人づきあいの要道は、まず心を済みきった状態にし、私心を無くすることが大切である。心が曇ると利害得失が先になり、利己的な行為が多くなったり、他人を疑い深い目で見るものである。

 人間はもともと世の中を良くし、皆のために役立ちなさいという使命をもって生を受けている。よって、自分のことだけ考えていては使命に反するのである。私心を無くすることにより天地から受け入れられ、良心になり人を愛する心が生まれる。そうすると心が開かれ、付き合いもうまくいくようになり、多くの良い友をつくることが出来るのである。

 人づきあいについて言志四録には次の句がある。
「人を愛すこと、自分を慎むことの愛敬の二字は、交際の要となる道である。・・・・・侮(あなど)り笑って人をからかってはいけない。」
経書にも「人をもて遊んだら自分の徳を失う。・・・・・」と立派な戒めの言葉がある。
前述の句は、いずれも私心を無くすること、すべての者と差別なく付き合う事が大切ですよ。利己的になったり、自分に利益をもたらす人や目上の人にだけ勤厳実直になり、目下の人、あるいは利益にならない人に対してはいい加減であると、いつしか自分の徳が失われるよと教えている。
では、私心を無くし、すべての人と差別なく付き合うにはどうすれば良いか先人達から学ぶことにする。

一、物事は損益勘定で考えるのでなく、利他(人の喜ぶこと、為になること)の心で考え行動する。

ニ、包み隠しをしない。欲を出さない。心を清めて世の中を明るく見るようにする。

三、マザーテレサは「人は不合理、非論理、利己的である。それでも気にすることなく人を愛しなさい。」と教えているように、人間はもともとそういうものだと認識すれば、つき合えない人はいない。

四、何事も「肯定・感謝・プラス発想」をすることが人間関係を築く最高の方法である。(船井流人間学)
素晴らしい考え方であり、出来るだけ実行しましょう。

五、心(意・・・意識)が変れば、言葉(口(く))が変わり、行動(身)が変わり周囲が変わって、思いが実現しやすくなる。そうすると、人間関係を良くすることがたやすくなる。(空海)

 すなわち、「身・口・意」を一点に集中して雑念を無くすると、宇宙の力が加わり悟りの状態になれば、自分の周囲も変わってくるという。偉大な宇宙の力を借りるためにも、心の修養をもっと大事にしなければならない。日常生活の中で瞑想の習慣をつけ、雑念からさよならしたいものである。些細なことの積み重ねが大きな力をつけるものである。

所長 税理士 大城 眞徳

最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)