こんにちわ。

さっそくですが、実は私〝大腸内視鏡検査〟をすることになりました。というのも最近(4、5年あるいは2、3年)ほど前から便の調子が良くない・・・。便秘はありませんが、毎日下痢、あるいは便が細いという症状が続いていました。

健康診断なんて何年もしてないし・・・。普段飯4杯は食べるところが飯2杯になるほど悩んでいました。

そこで、ここはもう思い切って検査をしましょう!と思ったわけであります。

なので今日は診察→検査前日→検査日→結果など〝大腸内視鏡検査〟の詳しい流れを私の体験談をもとに紹介しようとおもっております。


診察

まずは病院に電話。軽く現在の状態を聞かれ、受付は午後4時からという事でそれぐらいに行くことを決めました。病院はとにかくどこも混むのがつらい所ですよね。もう何であんなに待たねばならないのか。まあグチ言っても始まらないので対策を考える。そうだ!早めに行こう!

なので早めに出陣!
午後1番に開店と同時に行く予定が気合い入れ過ぎて着いたのが3時・・・。
仕方なく1時間近く車で待機・・・。ああ・・ヒマだ・・・。まだか?まだなのか?と思いながら・・・ウトウト・・・・。

はっ!寝ちまった!正念場で寝ちまった!これじゃ〝ウサギとカメ〟のウサギじゃないかっ!

時計を見ると4時15分・・・。過ぎている・・・・。

病院に入るとすでに何匹かのカメたちがゴールしていた。くっそ!残念!無念!

受付に行くと紙に色々書いてくださいと言われました。

症状はどうとか、タバコは吸うのか?アレルギーはあるのか?お酒は飲むのか?お酒に飲まれるのか?などなど簡単な質問用紙に記入を済ませ待つ事に・・・。
ちなみに最後の質問に〝大腸内視鏡検査〟を希望しますか?に〝はい〟と記入しました。

意外とそんなに待ちませんでした。体感ですが30分から40分ぐらいで呼ばれました。
なので待ってる間におトイレ行ったり置いてある大腸に関する本など読んでいたらあっという間でした。

病院の先生「今日はどうしました?」

私「あーだ、こーで、そういうわけで・・・。」と大体の内容を説明。

病院の先生「んじゃあ、ちょっと見せて。」


いつも思うのだが、この聴診器ってやつ?昔から病院の先生のファッションには欠かせないアイテムなのだが、意味あるの?これ?何が聞こえるの?癖なの?って思ってしまうのであります。

いや、決して先生を疑っている訳ではなく。何を聞いてるの?っていつも疑問に思うのです。(怪しい)

病院の先生がこちらを見る。

私(やべ!心の声が聞こえちゃった?)

病院の先生「お腹触らして下さい。痛いところありますか?」

私「う~ん、大丈夫です」

病院の先生「でわ、少し強めに押しますよ。どうですか?」

私「う・う・う~ん・・。」

病院の先生「分からないですか?」

私「分かりません」

病院の先生「分からないですよね。」

私(どういうこっちゃ!)

病院の先生「でわ。大腸内視鏡検査をする前に検査前の検査をしますので後は看護婦さんが説明しますので」

私「はい」

となりの部屋に移動。

看護婦さん「これから採血など検査前の検査をしますねぇ~。その前に簡単な質問をさせていただきます」と注射器を持ちながらこちらを見ている・・・。

どうする?
BlogPaint

これが『ドラゴンクエスト』なら迷わずに逃げたい所だが現実はそう甘くはないのだ・・・。

BlogPaint

私「はい」

看護婦さん「お酒を飲まれないんですね?」

私「いや、呑みますけど普段は呑まないです」

看護婦さん「お酒アレルギーですか?」

私「いや、飲めますけど普段は飲まないだけです」

看護婦さん「お酒が弱い方ですか?」

私「いや、弱くはないですけど、普段は飲まないだけです」

私(噛み合わねえ~!泣)

看護婦さん「でわ。腕を出して下さい」

ついにその時が来てしまった・・・。私は注射が嫌いです。針がまずキライナンデス・・・。
後は〝血〟。ホラー映画キライナンデス。どうでもいいけど・・・。
BlogPaint

覚悟を決めて左腕を生贄に差し出した!

看護婦さん「腕はまくらないでいいですよぉ~。」

私「え?」

看護婦さん「血圧測りますんで。」

血圧だったのか・・・。
BlogPaint
看護婦さん「血圧高めですねぇ~」

私(そりゃ!そうだろ!!)

看護婦さん「でわ。次に採血しますねぇ~。ちょっとチクっと痛いですけど我慢してくださいねぇ~」

私「・・・・・。」

看護婦さん「大丈夫ですか?横になって採血しますか?」

私「いや、大丈夫です」(大丈夫じゃない・・・。身も心もボロボロだ・・・。)

その後、レントゲン、心電図、尿検査と検査は進む・・・。
ちなみに受付の待ち時間でトイレには行かないようにしたほうが良いです。検査で尿検査がある場合はそう簡単に出ないかもだからです。

検査が終わると今度は検査日を決めます。

受付のおばさん「いつがよいですか?水曜日なんかどうですか?」

私「水曜日はちょっと・・・。土曜日はどうですか?」

受付のおばさん「大腸検査は土曜日はやってないんですよ」

私「でわ。金曜日はどうですか?」

受付のおばさん「分かりました。でわ、13日の金曜日にしましょう。」

(しまった!13日の金曜日が検査日なんて・・・不吉だ!ジェイソンだ!)

どうする?
BlogPaint
私「はい」

こうして検査日は〝13日の金曜日〟に決まったのでした。

ちなみにこの日にかかった医療費は初診料と検査費と検査前日に食べる検査食。それから下剤など合計6550円でした。検査食は保険対象外です。


検査前日 検査食や準備の方法。

朝食より検査食です。寝坊したのでお昼ごはんからになっちゃいそうですが、急いで朝食を作り味見だけはしなければっ!
20170107_165430
上の画像がその検査食です。
20170107_165514
それからこちらが夕御飯のあとに飲む下剤。
20170107_165543
〝マグコロール〟という粉状のモノを↓の容器に入れて水で溶かして、その半分に〝ラキソベロン〟という下剤を入れて使うようですが、詳しい話は後で説明します。
20170107_165616
ちなみに上の容器は200円で病院で売っています。別に容器なら何でもよいので買わなくても良いです。

ささ!そんな事より朝食!朝食!
20170112_111339
箱の中身はぎっしり入っております。

内容量は

朝食:和風がゆ鮭入り 300g、すまし汁 3.0g。
20170112_111357
20170112_111407

昼食:かゆごはん 200g、お豆腐ハンバーグ 200g、みそ汁 9.5g。
20170112_111419
間食:ビスコ 20g、エネ飲ピーチ味33.5g、エネ飲マスカット味33.5g。
20170112_111444
夕食:コーンスープ 220g。
20170112_111435
以上です。
20170112_111439
カラッポ・・・。

でわまずは朝食の和風がゆ鮭入りですが、お湯で温める場合は袋の封を切らずに熱湯の中に入れ5~7分間温めます。
20170112_111649
時間が来たら切り口から封を開け、容器に移して出来上がり。
20170112_112358
20170112_112433
電子レンジの場合は500Wで約2分30秒、700Wで約2分、必ず容器に移しかえてから温めてください。

それからすまし汁は、中身をお椀にあけ熱湯を約150mLそそぎ、よくかぎまぜます。
20170112_112117
20170112_112217
でわ、食べてみましょう。
20170112_112451
まずは和風がゆ鮭入りから・・・。
20170112_112628
匂いは鮭。味は・・・・。薄っ!うす味です!鮭は見えますが絶滅の危機です。ほぼおかゆです!
それからすまし汁は普通!普通です。
20170112_112635
朝食はひとまず終わったのだが、すぐに昼食の準備にとりかからなければならない。

昼食までの時間が後8分とせまっている・・・・。なんて〝不可能任務〟なんだ!なんて日だっ!!

でわ、気を取り直して昼食にしましょう。
昼食は昼食:かゆごはんとお豆腐ハンバーグとみそ汁です。
20170112_133450
20170112_133607
面倒なのでかゆごはんとお豆腐ハンバーグは一緒に鍋に入れて温めました。
20170112_133848
みそ汁は器に入れて熱湯を注ぐだけ。
20170112_133932
食べた感想は、おかゆはおかゆでした。私はおかゆが嫌いだからイマイチ。
みそ汁はうん!おお!普通!
でも豆腐ハンバーグが意外といけました。一緒に入っていたジャガイモがGood!ニンジンはニンジンでした。

それにしても・・・・白飯が食いたい・・・。すでに病人の気分・・・。
思いっきりかつ丼が食べたい!
カリカリに焼いたベーコンが食べたい!!

なんて、考えているうちに昼食終了。貴重な食料がまたひとつ失われた・・・。

それから間食!ビスコ!待ってました!
20170112_153847
もう見るからにビスコ!においもビスコ!
20170112_154323
20170112_154259
五個入りです。おいしい!
でも、残りは1コ・・・。
20170112_165621
とうとう夕食を残してすべての食糧を失いました・・・。
そして夕食!もうご飯の話も飽きてきました!
夕食がこれ!コーンスープのみ!
20170112_180749
・・・・・。これだけ・・・。泣けてくる。でも美味かった。
夕食を6時にすませて30分たったら次はいよいよ下剤です。
20170112_182015
この容器に先ほど紹介した〝マグコロール〟を全部投入。
20170112_182126
20170112_182145
全て投入したら水を投入してふたをしたらよく混ぜます。
20170112_182207
20170112_182251
次に容器から半分を別の容器に移して〝ラキソベロン〟こいつを全部投入です。ちなみに目にはいれないこと。
20170112_182354
でわ。思い切って飲んでみましょう。
20170112_183000
匂いはスポーツドリンクのような感じです。味はスポーツドリンクをしょっぱくした味です。
まあまあ簡単に飲めました。
後は下痢を待つのみ・・・・。

来ない・・・・。むしろいつもの方が簡単に来る・・・。まさか・・・便秘になる薬飲んじゃった?

と思ったらちょっと来たのでトイレに・・・。

ガスのみ・・・。おいおいおい・・・。このまま便秘なら明日の検査できずに終了じゃないか・・・。

その時!

「あきらめたらそこで試合終了ですよ」

って聞こえたような・・・気がした・・・。

出ました!ありがとう!○西先生!!

でもいつも通りのが一発でした!あ?え?ざわ・・・。
BlogPaint
あぶなかった!後一歩で・・・。あぶなかった!だって急に・・・急にくるんだもの。ボロボロ・・・。

干ばつのサバンナにいきなり来た豪雨っ!

油断ならない!悪魔っ!悪魔的!豪雨

まあ、何はトモアレ明日は検査です。


検査日当日の準備と検査の内容

おはようございます。今日は検査日です。
朝の6時30分には昨日の下剤の残り半分を30分以内に飲むと言うミッションから始まります。
20170112_182251
例のこれです。↑
コップ2杯なみなみ注いだぐらいの量ですがこれが結構シンドイです。
頑張って飲みましょう。

それから病院に行く前にこれを準備しないといけませんよ。
14841900802211546724937
1484190118292883104604
〝安定剤使用に関する同意書〟と〝大腸内視鏡検査・ポリープ切除術に伴う注意事項/同意書〟の2通に名前と印鑑を押しましょう。病院で渡されます。

まず上の画像の安定剤使用に関する同意書というのは、全長1メートルほどの腸内を肛門から確認するため、圧迫痛があるんですが、それを和らげるために使用します。まずよほどの理由でもない限りは安定剤を使用してみなさん検査しているようです。私も今回使用します。

それから下の画像は、大腸内視鏡検査をしている時にポリープが見つかった場合にすぐにその場で、切除を希望するかどうかの確認の書類です。

これはどういう事かというと、ホリープが見つかって切除した場合小さいもので1日安静、大きいものだと10日ほどの入院なり自宅安静にしなければならないので、お仕事や予定がある方などは検査のみで切除は別の日に希望したい人などへの確認ですね。

ただ私の考えだと、その場で切除を希望した方が良いと思います。
なぜなら、ここまで説明した工程をもう一度やらなければならないからです。検査食なんて二度とごめんですね。

予算的にも当然安くなるし、何よりも重要な事は体にそのまま持ち歩いていても何も良い事がないからです。

当然仕事などの事情があり、理想通りにいかないかもしれませんが予定がない方は思い切って切除希望にマルしてください。

では、病院に行きましょう。

検査の時間は午後の1時50分からなので30分前には来て下さいと言われていました。
なので30分前には病院に到着。

まず最初に血圧を測りました。

看護婦さん「はい。次はエコー検査をしますんで、隣の部屋に移動してください」

私「はい」

となりの部屋に行くと髪が白髪で真っ白なおばちゃんが椅子に座って待っていました。

白髪のおばちゃん「はい。仰向けに横になってお腹出してください」

私「はい」

白髪のおばちゃん「ジュリ塗ってよい?」

私「はい?」

白髪のおばちゃん「ジュリ?」

私「え?はい?」

白髪のおばちゃんは「ジュリ!」と言って右手に持っているモノを私に見せつけてきました。

私「ああ、どうぞ」(あ!それはジュリじゃなくて、ジェルじゃないのか?あるいはゼリー、いや医療関係者の専門用語?)

後で家に戻って調べたら〝エコーゼリー〟という名前でした。ジュリではありません・・・。

エコー検査が終わるとこの服に着替えるように言われました。ちょっと分かりずらいかもですけどつなぎの布で上からかぶるように来ます。
20170113_154026
問題はこちら・・・。パンツの代わりに履くトランクスのようなモノなんですが、お尻の所が穴が開いています。
前後ろ逆に履かないように気をつけましょう。危険です!
20170113_153935

20170113_153948
着替えたら、また別の部屋に案内されて、横になって点滴を打ちます。
その状態でしばらく横になった後は、いよいよ大腸内視鏡検査の手術台へ・・・・。

帰りたい・・・。(やっぱり)

看護婦さんA「仰向けに横になってください」

私「はい」

看護婦さんB「酸素量と血圧を測りますね」

私「はい」

看護婦さんC「でわ、安定剤を注射していきますねぇ~。ちょっと血管の当たりがピリピリ痛むかもしれませんが我慢してくださいねぇ~。」
BlogPaint
私「はい・・・。」

看護婦さん「安定剤打つと少し頭がボーっとしますからねぇ~」

私(まさか~?そんな訳ないでしょ)

私「ボー・・・・。」

からの~(痛い~!ボーじゃねえ!)

感想


これは個人差があるようですが私は痛かったです。
私の母も検査した事があるんですが、痛くなかったと言っていました。

でも痛いと言ってもずーと痛い訳ではないのでご安心を・・・。
痛い時があると言うだけで時間にすると3分ぐらいです。たぶん・・・。

それから過去に手術や帝王切開などを経験した事がある人は癒着等で痛い時があると言われています。

私は過去に経験なかったのに痛かったので、これは個人差あるので何とも言えませんが終わってしまえば想像していたより全然楽勝でした。安定剤は使った方が良いかもです。

私の場合は何かあったのか、詳しい検査結果は1週間後に出るとの事です。

ちなみに1日自宅で安静にしてご飯はおかゆなどやわらかい物を、お風呂は長風呂禁止で明日からは仕事しても大丈夫といわれたので小さいポリープだったのかと思います。

まあ、検査結果なんかみなさん興味ないと思うのでこの辺でおしまいにします。

ちなみにこの日にかかった医療費は15050円でした。

前回の検査食と診察の6550円と今日の15050円を足して合計21600円でした。

決して安くはないですが、健康のためにと考えれば安いもんではないでしょうか。

おすすめです。