2011年09月19日

エピソード8  オリジナル シーク

スーパースターとザ・シーク。この二人の接点は無いように思えますが、実は、デビュー当時、週末、夏限定でリングに上がっていた時にありました。試合をした訳ではなく、シークは当時レスラー兼プロモーター。オハイオ地区等の興業もプロモートしていました。

さて、最近になって教えてもらったことです。何故今頃になってシークなのでしょうか。

01


Episode 8 : Edward George Farhat "The Original Sheik!"
 
御存知の方は多いと思いますがスーパースターは、現役リング上の姿と違い、リングを降りると人格者。今年のに日本引退試合や各エベントに協力してくれたファンの皆さんへの心から感謝をしていますし、今でも忘れていません。しかも記憶力が良いので1,2回しかた会ったことのないファンの事もしっかりと覚えています。Firendship, Trust, Honesty がイーディ氏の信条です。

前置きが長くなりましたが、シークとのエピソードを紹介します。デビュー当時は、教師も続けながら週末限定でリングに上がっていたイーディ氏の悩みとは?ウィークデーは教師、フットボールコーチとして働かなければならない為、オハイオから遠く離れた場所での試合はかなり厳しかったようです。移動時間もあります、翌日は学校があります。

ジートとのコンビでリングに上がり続けていたイーディ氏をシークはかなり気にっていたようです。更に週末限定で平日は教師というポジションであることにも感銘し、週末の興業は、イーディー氏の仕事に支障がないよう、出来るだけオハイオ州内や隣州で開催してくれたのでした。シンプルな話ですが、スーパースターは、当時シークの配慮について

『あの恩は一生忘れることない。非常に感謝している。私のポジションを理解してくれ、ギャラも良くしてくれた。随分前のことであるが、何年経っても感謝は感謝。シークはリング上とは違って、非常に紳士であり、人格者。彼と出会えたことにも感謝したい』 

といかにもイーディ氏らしいコメント。まだまだ、私達が知らないレスラー達とのエピソードがありそうですので定期的に紹介します。






  

Posted by maskedsuperstar at 00:00Comments(0)TrackBack(0)

2011年08月22日

エピソード5 :流星仮面誕生の真実

流星仮面は様々な偶然の出来事の重なりより誕生したことは意外と知られていない。流星仮面誕生の
序曲はジートとミッドアトランティック地区入りしたボロはアンダーソンブラザーズとの抗争から地元では
ブレークしていた矢先のことであった。その出来事とは・・・

Episode 5: Mystery of Masked Supserstar

当時のミッドアトランティック地区を仕切っていたのは天才ブッカーと言われるジョージ・スコット。

『彼は、IWA地区時代からモンゴルズに注目しており、ミッドアトランティック地区へ招集を狙っていた。』
ジョージの依頼にジートはなかなか首を縦に振らなかったが、IWAに見切りをつけ短期間ということで了
承した』

と当時を振り返る。この頃は既に教師を辞めフルタイムでプロレスに没頭していた時期であった。

ジョージはマッチメーカーとしても、他テリトリーからレスラーの招集やら様々なカードを組み、次々とこの
エリアを繁栄させていた。このエリアには多くのマスクマンがいたが、一番人気を誇っていたのは大型の
スポイラー/スーパーデストロイヤー(ドン・ジャーデン)。しかし、突然、スポイラーはこのエリアを去ってし
まう。ジョージはこのエリアには大型マスクマンが必要と考え、スポイラーに代わる逸材を模索してしいた
時期でもあった。

SDestroyer1

Photo By Bill Janosik

そこでジョージはボロに目を付けた。”ボロは、大型パワーファイター。スポイラーの代わりにミートする”。
時は1976年春先、ジョージは控室でボロにある打診を行った。『ここ(ミッドアトランティック)に残ってマスクマン
にならないか?』 その後、ボロは、ジートとの協議によりこの地区に残ることを決意。ジョージによりリング
ネームをマスクド・スーパースターと命名され、ボリスマレンコをマネージャーとして配備。1976年9月颯爽と
デビューを果たした。ここから流星仮面が誕生し快進撃が始まったのである。

GS

ジョージスコット Hall of Fame in 2007

仮に、スポイラーがこのテリトリーに残っていたとしたら、はたしてジョージは、ボロにマスクマン変身への打診
を行っていただろうか?打診をしていなければ、おそらくボロは、ジートと一緒にオハイオに帰っていたかもし
れない。すると流星仮面は誕生しないことになる。

このような背景から、スポイラーの離脱とジョージスコットとの出会いは、”ミッドアトランティックの流星仮面”
マスクド・スーパースターの誕生とその後の人生を左右した1つのターニングポイントであった。

ジョージ・スコットはマクマホーンSrとの交流から1983年にWWFへ移籍。レッスルマニアの成功は全て彼自
身の功績であった。おそらくジョージ・スコットはマーケッティング能力に長けていたと思う。『ファンが何を望ん
でいるか多方面から分析をして仕掛けを行う』一般ビジネスでもマーケッティングは重要な要素の1つ。

流星仮面本人は、レスリングビジネスは、『トレーナー、ブッカー、マッチメーカーの3つが大事』であると唱え
ている。様々な経緯から誕生したマスクド・スーパースター。可能であればジョージ・スコットに流星仮面誕生秘
話を聞いてみたい■



  
Posted by maskedsuperstar at 00:00Comments(0)TrackBack(0)

2011年07月01日

エピソード7 ウイリアムとビル





Episode 7 : William and Bill

ウィリアムというのはアメリカでよくある名前である。たとえば、マイクロソフトのウィリアム・ゲイツや
HPのウィリアム・ヒューレット、元アメリカ大統領のウイリアム・クリントン。その愛称がビルなのである。
一般的に言えば、ウィリアムより、ビルゲイツやビルクリントンと言った方が聞き覚えがあるかもしれない。

しかしながら、何故ウィリアムがビルなのか?ウイリアムとビルを比べるとまったく共通点が見あたらない。
愛称と言えば、他にもデイビットがデイブだったり、トーマスがトム、レベッカがベッキー、マイケルがマイク、
テレンスがテリーだったりと分かりやすいものも多いのですが、ウィリアムとビルに関しては、共通点が見
当たらない。

ちょっと調べていると答えとしては以外とあっけない。Williamをそのまま省略するとWillになる。ここまでは
問題無し。するとウィルが愛称? しかし、違う。ビルにはならない。

実は、Willをそのまま発音するのではなく、ドイツ読みで発音。そうすると、Billとなる。ドイツ読みではW
の音はBと発音するそうです。例えば、フォルクスワーゲンはドイツ読みだとフォルクスバーゲンとなる。
このように、Willもドイツ読みしてBillとなったようです。しかし、なぜドイツ読みが出てきたのか。多分、アメ
リカは移民が多いので、このような発音に関して結構あいまいだったかもしれません。
次回本人に聞いてみたいと思います。 ちなみにイーディさんはの由来は?祖先は、スコットランドである
そうです。ちょっと前の映画でウイリアム・イーディーという主人公がいました■
  
Posted by maskedsuperstar at 00:17Comments(0)TrackBack(0)

2011年06月30日

エピソード6:A・猪木?



1970年代後半からNWF戦、覆面剥ぎマッチでA猪木と激戦を続けたスーパースター。
2009年の来日時、約20年ぶりの再会を果たしました。猪木氏は、トレードマークの赤いマフラー
姿で登場。一方、スーパースターは比較的カジュアルなスタイルで二人は再会したのでした。


Episode 6 : A・猪木

スーパースター:猪木と再会してどうだったか??ニヤリとしてシンプルに一言。

"INOKI IS INOKI "

これ以上のことは何も語りませんでした。ブルーサファイアの目の中では、”分かるだろう?”
とも言いたかったようにも感じた瞬間でした。レスラーはリング上が全てなのでしょう■

305932571












  
Posted by maskedsuperstar at 02:51Comments(0)TrackBack(0)

2011年06月20日

エピソード4  敵前逃亡!新日本プロのミステークとは?



1978年3月新日本プロレス「ビッグ・ファイト・シリーズ」蔵前国技館最終戦。メインイベントは
スーパースターVS猪木戦。同じシリーズに藤波戦を控えたカネックも来日していました。
しかし、蔵前の最終戦に事件が起きます。トークショーでも質問がありましたが、カネックが居
なくなった真相はスーパースターも知らないようです。控室では一体何が起きたのでしょうか?
スーパースター曰く、新日本はビッグミステークをしたと・・・そのミステークとは?

Epsode4 : 敵前逃亡された新日本のミステーク?

同時期に来日していたカネックがメインイベント前(1978年3月)逃亡したけど覚えている?

ああ、覚えているよ。試合前に彼がいなくなったので大騒ぎになっていた。初めは何が起きてい
たのは分からなかったけど。。。彼が居なくなったと控え室は騒然としていたよ。会場に来ないレ
スラーはアメリカではあるけど、会場から居なくなったという話はじめてだな。関係者が会場内を
探したようだが結局彼はいなかった。いなくなった原因?I don't know! 。ただ1つ言えることは新
日本はミステークを犯したことだ。

何がミステーク???

藤波との試合が出来なくなったのもミステークだが・・・・。

新日本の場合、通常ギャラの支払いは最終日の試合後なんだよ。あの時に限っては前日に支払
いがされたんだ。彼はタックスも払わずに帰国したんだから得したはずだ。(笑)

カネックとどう評価する?

あのツアーで、彼はしっかりと仕事をしてたし、藤波戦を拒否する理由があったとは思えないけどな
・・。藤波との試合も観たけどいい試合をしていたと思う。それ以上に何か深刻なことがあったのだろ
う。それ以上は分からない。当時、英語は話せなかったがその後も新日本のツアーで一緒になった
ことがあるが、彼はいい奴だし、試合もしっかりするよ。●●とは大違いだ(笑) とにかく新日本は損し
たな。それ以来、支払いは全て最終日になったよ■




【来日中イベント】

関西地区

●7月14日(木)大阪 トークショー、サイン会
  場所 : カウント2.99
  開始時間 : 20:00〜予定 
  問合せ先 : カウント2.99   

●7月15日(金) 流星仮面 OSAKA FINAL チャリティー大会  (大阪プロレス)
  場所 : 大阪プロレスアリーナ (ミナミムーブオンアリーナ)
  開始 :  18:00 開場 19:00試合開始 全試合4-5試合予定
  チケット情報 :大阪プロレス   Sリングサイド \6,000 リングサイド \4,000 - \5,000 バルコニー\5,000 VIPルーム 200,000
  
都内

●7月13日(水)流星仮面ファンの集い (主催:流星会)
  開始 19時〜 トークショー、サイン会(食事、ドリンク付き)
  場所 都内開催予定 
  事前登録制になりますので問合せ下さい。 問合せ先 ⇒ msuperstarjp@yahoo.co.jp 
   
●7月17日マスクド・スーパースター引退試合 「流星仮面FIESTA・FINAL」 
  場所 新木場1st Ring
  開始 12:30 〜
  チケット情報 デポマート
  
Posted by maskedsuperstar at 00:01Comments(0)TrackBack(0)

2011年06月18日

エピソード3: 流星仮面の教育論



テーマ曲: THE FLY


Mスーパースターは日本のことを"BEAUTIFUL"の一言でで形容します。メールでも会話の
中でも"Beautiful Country"という言葉が頻繁に耳にすることが多いのです。

では、何がBEAUTIFULなのか?

2009年大阪でのトークショー時のファンの方からのエピソードを紹介します。

Episode3: 流星仮面の教育論
 
2009年大阪のサイン会&トークショーは多くのファンが詰めかけ非常に盛り上がりました。
ここで大阪のファンの皆さんには改めてお礼申し上げます。会場となったビルの1Fのエレ
ベーター前に大勢のファンのが行列を作っている所に、スーパースターが登場。
(大阪の街中で銀のマスクを被って歩くのが凄いかもしれません)本人もご満悦でした。

一般にトークショーではプロレスに関することがほとんどなのですが、ファンの方から

『子供が生まれたけど、どのように教育をすればよいか?』

との質問がありました。この質問を受けた本人は、スーパースターではなく、イーディ先生
に変身。マスク越しにニヤリとしたブルーサファイアの目を今でも覚えています。

一般にこの手の質問に対する答えは簡単ではないと思うのですが、このような質問は、まさ
に本人の得意分野。He is A Professional Teacher & A Mentor For Kids At Risk なのです。

イーディー先生は、考える間もなく、次のような答えをしてくれました。

『子供に教育は非常に大事であり、人生を左右すると言っても過言ではない。子供に対しては愛情
を持って接すること、誰でも初めは子供の先生は親なんだから』から始まり

『子供は何も知らないのだから、一度は何でもやらせてみること』と続きました。そして次に

『何が悪いことなのか、何が正しいことなのをしっかり教えて教育することが大事であり、悪い事
に対しては、”何故悪いのか?”を教えること。叱るときも親としての愛情が必要』

会場は拍手喝さい。Q&A形式のトークショーも無事に終わり2日間に渡る関西ツアーを終えたの
でした。教育論の質問をしてくれたMさんありがとうございました。今回の来日時も大阪に行きますの
で是非会い来て下さい。

話は、BEAUTIFULに戻り、大阪から都内に戻る新幹線の中で、イーディ先生はまた、BEAUTIFUL
とつぶやいたのです。”何かBEAUTIFUL?”と聞くと、

『アメリカのファンは、私のチャリティーに協力をしてくれているけど、トークショーでは100%プロレス
の話のみ。しかし、日本のファンは違う。教育等の考えをしっかり持った国民だから、街も綺麗だし、
犯罪も少ない。この教育についての質問には驚いた』 更に 『神戸の件もそうだ』 神戸の件?

実は、神戸のチャリティーイベントの前に、イーディー先生とコンビニに行った際、先生は、ホテルの朝
食券を無くしてしまったのです。後でこの事に気づき、フロントへ朝食券を再発行しようとお願いした所、
無くしたはずの朝食券が届けられていたのです。本人はこれに驚き、『アメリカでは考えられない』と
感激していました。(余談:コンビニではコーラを購入。イーディ先生はコーラが好きなのです)

関西ツアーは、本当に熱い2日間でした。日本が好きなイーディー先生は、1カ月後にやってきます。
今回は前回と同様に各地でチャリティーイベントを開催しますので皆さまのご支援を宜しくお願い
します。■
  
Posted by maskedsuperstar at 17:53Comments(0)TrackBack(0)

2011年06月13日

エピソード2:モントリオールの悲劇




モントリオールと言えば、ディノ・ブラボー。新日本プロレス来日時にスーパースターと出会い当時の
プロモーターであるディノからの依頼でモントリオールで1年ファイトしたスーパースター。この地は家
族も気に入り、有意義な1年間の生活だったようです。

Episode2: ディノ・ブラボー 

ディノとは日本遠征で知り合った。何故か気が合い、モントリオールへ遠征することに。家族もここが気に
入り1年くらい住んでいたこともある。ディノはプロモーター。彼との試合もエンジョイでした。モントリオール
という場所も凄く住みやすかった。今では懐かしいグッドメモリーだよ。

残念なことはディノが死亡したこと。様々な経緯があるようだ。彼の奥さんの家系は実はギャング
(gangster)だった。何が原因かよくわからないがトラブルがあったのだろう。彼は色々なビジネスをして
いたからね。驚くことに彼は自宅でヒットマンに28発打たれた。後から聞いた話だが、ヒットマンは、
「お前が奴を殺さないとお前が死ぬ」と言われたようだ。何とも痛ましい事件だった。

ディノは本当にいい奴だっただけに残念でならない・・・・。■ 






  
Posted by maskedsuperstar at 00:00Comments(0)TrackBack(0)

2011年06月12日

エピソード1:ジョニーパワーズ



2009年来日の際、どこのトークショーにおいてもファンから必ず受ける質問は何か?
それはジョニーパワーズなのです。このエピソードはMr.高橋氏の著書でも有名。
普段から他人の悪口を言わないスーパースターですが彼の話になると口数が増えます(笑)

Episode1 Johnny Powers

不思議なくらいどこのトークショーでも奴の話題がでるな(笑)そんなに奴は日本で有名なのか?

Mr.高橋の本のことを教えると。。。

なるほど。ピーターが言っていたのか。ピーターの話は本当だよ。先日のトークショーでもに言った
とおり、あの話は事実。とにかくあいつは、陰険で性格も悪く、レスリングも下手くそなボンクラだ。

当時の話?モンゴル時代に奴はプロモータ−だったが、奴はギャラを払わなかった。ジートと二人分ね。
他にもギャラを貰えなかったレスラーはいるんじゃないか。とにかくひどいプロモーターだった。

ある日、ジートが、急にトロントに行くと言い出したんだ。試合もないのに何故?と聞くと

「ジョニーがトロントにいるらしい」と。それで試合もないのにトロントに行き、会場で奴を見つけた。

ジート(発音ではギート)が「ギャラを貰いに来た」と告げると奴は「おまえらに払う金はない」と。
ここで我々は切れた(笑) 会場の控室にいた、レスラー達を一時外に出てもらい、全ての扉に鍵をした。

それからこの前話をしたとおり。殴る・蹴るでボコボコにした。更に、便所に引きずり便器の中に顔を
突っ込んだ。

前歯は折れ、カツラを剥がして・・・・(笑)それに相当する最低な奴さ。まさに「ベンジョ」野郎だよ。
そうするとフランクタニーがやって来て、奴を解放してくれと。何でか?知らないけど多分ビジネスの
ことだろう。結局フランクがギャラを払い、貰うはず以上のギャラを貰った。

新日本もなんであんな奴を呼ぶのか理解できなかった。態度も悪いし、レスリングはイマイチ。
まさにベンジョ野郎だ。一度、日本でタッグを組まされそうになったことを覚えている。もちろん断った。
ありえない話さ。 そう言えば、一度偶然、空港で彼を見かけたんだ。同じフライトのはずだった。
その後、彼は同じ便には乗っていなかったよ。確か80年中盤頃。それが奴を見た最後だった。
今となってはどうでもいい話さ。■
  
Posted by maskedsuperstar at 00:23Comments(0)TrackBack(0)