2016年01月25日

院長のための人事マネジメント

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
本日は近況報告とブログの更新のお知らせです。

<近況報告>
先週の土曜日[1月23日]に、2月11日開催のセミナーの打ち合わせを講師の皆様とさせて頂きました。
準備頂いている内容をお聴きしていると予想以上のすばらしいで出来栄えで、びっくりしました。これまでクリニックの現場の看護師、ドクターズクラークが講師となり現場の工夫事例を話すという内容のセミナーはあまりなかったように思います。
残席は5席ほどあります。ご関心のある方はぜひ、ご参加ください。

http://livedoor.blogcms.jp/blog/masp2010/article/edit?id=4561375

<ブログの更新>
久しぶりにブログを更新しました。
テーマは院長のための人事マネジメントです。
「なんで同じ日本人に日本語を話しているのに言葉が通じないだろう!?動かないのだろう!?」とスタッフとのコミュニケーションで悩む院長の声をたくさん聴きます。

人を動かす立場の人は立場上の違いを認め、それぞれの世代や背景に合った「コミュニケーション」をしていかなければなりません。
と偉そうに語る私も経営者として、まだまだ未熟でございます。今回は私の戒めも込めて、人を動かすためのコミュニケーションのひとつ、「ストーリーを語ること」のメリットや基本的な作り方についてお伝えします。
ご関心のある方は下記をご覧ください。

http://maspartners.co.jp/blog/archives/201



masp2010 at 16:57コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字