SHINY DROP

Sound Horizon/Linked Horizon/Revoさん作品の感想・ライブレポート・イメージアクセサリーなんかをまとめた場所です。 小説や漫画の感想もアリ。

【ライブレポ】Live Tour 2017'進撃の軌跡'総員集結凱旋公演2日目

めちゃくちゃ遅くてごめんなさい仕事が修羅場ってました!
これを書ききらないとアンケートが書ける気がしなくて、アンケートも団長へのお手紙も書き終わることが出来たら、それでようやくわたしの中で進撃の軌跡ツアーが終われるような気がします。
千秋楽は第二壁がヤバい&ヤバすぎてもはや第一壁の内容がほぼすっ飛んでいますご勘弁を!




Linked Horizon Live Tour 2017'進撃の軌跡'総員集結凱旋公演2日目
2018.01.14. @横浜アリーナ




限定のお水を買うために少し早めに(といっても寒さで死にかけてたので10時くらい)会場入りしたら、最後尾に着いたタイミングで7年来の友人が!約束してたわけじゃないのに同時に並んだ!
彼女も実はメルコン追加の時にオフ会で知り合ったので、いまだにご縁が続いているのは本当にありがたい限り。
学生時代からライフステージが変わるタイミングで人間関係を無意識断捨離してしまう癖があるので、それを考えると7年は驚異的に長いのです…
11時に物販開始。千秋楽にして物販号令初めて生で見ましたw
とりあえずというか何というか肉まんとお水とぶどうジュース買って、グッズ買う友人と別れてコースターと記念チケットとポスカを回収し…フォロワーさんが大集合してるので特に約束してなくても誰かしらには会ったりご挨拶したりできるのすごい…

この日は15時開場16時開演でした。わたしが参加した中では最速。
終演見込み時間考えると普通に新幹線で帰れたんだけど、絶対にアフターで誰かと話さないとやってられないだろうなと思って翌日の朝帰りを選択した自分、結果的にGJでした。

座席はアリーナC2列目の中央寄り。ステージ全体が比較的綺麗に見渡せる席でした。
イスカちゃんが前説で「前説のお仕事はやりたくてやった仕事ではなかった、でも楽しかった」ってぐすぐす泣いてたの本当に今日でラストなんだな…と何となくしんみり。

この日のシンクロライトリストバンド、前日までは入り口で配っていたのになぜか座席に配置されていて、勘のいい人たちはTwitterで「ライトの演出あるでしょ」って言ってたのがまさに大正解でした。後で書きます。
テスト点灯でアリーナB/C周辺でライト調子悪い(点滅)人が多くて、交換待ちで行列できてたのにそのまま客電落ちちゃって「エーーーーーーーーーーーーッ!?」って気分のまま第一壁に突入…おかげさまで二ヶ月後の冒頭すっかり記憶がないです!
あ、この日は最初から壁に第一壁って出てました。13日来てなくて前情報入れてない組にはなんだそりゃってやつ。

⊿MC
団長「よぅ……5年ぶりだな!」(1日ぶり2度目)

⊿14文字の伝言
「時間よ止まれ」が今までで一番切実に訴えかけるような声でした…京都初日P席で最前ドセンだったんだけど、その時に瞳が潤んでいた英子さんを思い出してしまって、遠目だったから直接は見られないけどこの時が一番カルラさんだったんだなと。その上での「お願い どうか忘れないで」がもう切なくて聴き続けるのがしんどいくらいに思えてしまった…

⊿御業前MC
れぼさん「今からやる曲は神野大地でーす」客席(めっちゃ反応薄い)れぼさん「…箱根駅伝ひきずってまーすw」
前日のラストのMCで箱根駅伝ネタ出したからって対応できる人ばかりではないのよれぼさん…しかも神野選手去年で青山学院卒業してるから今年出てないですからね…?
領復横浜の領復くん(イヴェくんケツバット回)の「ベイスターズ主砲村田ばりのバッティングで」といい、スポーツネタ拾えるファンばっかりじゃないのよそこでウケ狙ってどーすんの!分かる人は楽しいからいいけどめっちゃ少数派よ!

⊿第二壁前字幕
カウント315からだった気がする。最後なのか最高なのか。

⊿Theme of the Linked Horizon
MCで2日連続であえて「Linked Horizonのテーマ曲」って言ってくれたあたり、本当にこの曲がこの世に生まれてくれてよかったなってしみじみ思いました…

⊿風の行方
昨日の方式ならここで来る歌姫が誰かによって2曲目までがほぼ確定する…という高揚感の中、
ステージに現れたのはCeuiちゃん。Ceuiちゃんの衣装、進撃仕様なんだけどちゃんとアニエスのワンピースに寄せたデザインになってて可愛かった!
そしてCeuiちゃんの歌、5年前より確実にアニエスでした。透明感増してた…一徹アニキのヴァイオリンも最の高でした…

⊿美しきもの
名古屋でパーカス入りver聴けてはいたんですが、この曲派手な動きが少ない分パーカスのリズムベースが心地よくてそっちに耳が行ってしまう…
ただただ優しくも力強いまなみんの美しきものにほんとに心が洗われました…

⊿MC


⊿花が散る世界
らっしーのピアノソロからのじょえちゃん!
もうただただひたすらに「歌が上手い……」と感嘆の声しか出ない…会場全体がじょえちゃんの声に酔いしれてるのが肌で分かったし当然のように5年前よりも寂しさ切なさと哀しみを盛りに盛ってるのにここまで聴きやすい声ってどういうことなの……

⊿キミが生まれてくる世界
英子さんのキミセカーーーーーー!!!!やっと聴けたーーーーーーー!!!!!!!!
原曲&じょえちゃんverよりキーは下がってました。でも多分このキーが英子さんの声が一番綺麗に伸びる高さ。
語りパートも全部英子さんだった!だから余計に「カルラさんがお腹のエレンに語りかけている歌」に聴こえてしまって本当に涙腺崩壊寸前だった…カルラさんに重なりすぎてラスサビの「さぁ早く出ておいで 怖がらなくていいんだよ ボクはこの世界を…ボクはキミを愛してるから…」の破壊力がすごかった……
あと「詩人は死してもなお歌い」のあたりの弦あれ完全新規アレンジだよね代々木の映像(アソホラ)にそれ入ってた記憶ないんだけど???(いや編成が違うのは承知の上だけど代々木はピアノしか入ってなかったようなうろ覚え)
これ本当に進撃ファンに聴いてほしいすぎるからアンコール完全収録版アンケートでぶん投げるしかない……

⊿MC
れぼさん「キミセカはもともとライブでやることを想定してなかった曲で、原曲聴いたことある人どのくらいいるか分かんないけど、もともとピアノだけでリズムベースはジャンベってアフリカの民族楽器だけだったんだよね。
SHでライブでやる事になった時にライブでできるようにアレンジして、今回またろうさんがいるからそれを基にしてクビになってたジャンべが復活しましたー!何となくね、お母さんのお腹の中にいた時のような懐かしさを感じると思いまーす」
待って弦に気を取られすぎてジャンベ全っ然意識いってなかったんだけど!!!!!?????今すぐ5分前に戻ってもう1回聴かせて!!!!!?????ってマジで思いました……円盤待ってる……
あと原盤でジャンベやってるのれぼさん本人なんだけど(ソース:クロセカのクレジット)当時からそういうこと想定しながら楽器選んでるの本当に頭抱えるしかない……

⊿虚ろな月の下で
RIKKIママン!ママンのお歌も健在で素敵。ずーっと耳に心地よいしこの曲しっとりしっとりだけどBDFFプレイ済みだと音一つ一つに物語が沁み込んでるからゲームやってた時の思い出も同時に想起されて破壊力が…れぼさん絶対ティズとアニエスの二人推しなんだろうなと思うけど(SH見てても絶対に王道ヘテロCP大好きでしょ!盛ってるものいろいろ!)それを楽器に存分に語らせるの本当にもう…
地味にこの曲の見どころはRLBDCの時に田代さんが弾いてたパートの担当がYUKIさんだったとこだと思う。しっとりアコースティックなYUKIさんもとても美味しい…

⊿戦いの果てに
しっとりしっとり…で次に繋げると思いきや突然の>石碑からドラゴン!?<
(BDFFのゲーム中、サブイベントで世界に6ヶ所ある石碑を調べて入るダンジョンがあるんだけど、
石碑調べると属性持ちドラゴンと戦う羽目になるし全部倒さないとダンジョンに入れない)
暗転なしで直接繋がったんだけど、ノリノリで拳突き上げて煽ってから捌けてくRIKKIママンが可愛かったw
ロングバージョンがゲームのサントラに入ってないから(マキシ「ルクセンダルク小紀行」のBDFF版にしか入ってない。確か)しばらく聴いてなくて、櫻庭さんのソロらっしーverが大変に美味しかったし西山ーティのギターめっちゃくちゃかっこよかった……

⊿MC
れぼさん「戦いはいつだって突然始まるものなんですよ」昨日のMCめっちゃフラグだった!

⊿エルの肖像
やっと生で聴けたーーーーー!!!ツアー7公演行ってつっきーアンコール3回当たったのにまさかの全部十字砲火だったから本当に念願でした!
イントロのオーボエ鳴った瞬間心の中でガッツボーズしたけど次の瞬間原曲とキー違うことに気付いて黙って聴くしかないですよね…低かったのは覚えてるんだけどどの調だったかまでは覚えてないんだ…
例によって弦のアレンジが盛られててやばかったです。Aメロの「黒い瞳の少年は~」からのチェロとコントラバスのピチカートが生だったんだけど、音色が本当に選び抜かれた音色で…重すぎず軽すぎない少年の歩を進め方を表すような、なおかつ森の深さと樹氷の冷ややかさも同時に孕んだ絶対零度一歩手前の音で。
メンバーピックアップあったらそこだけ抜いてくれって言いたいし円盤でカメラ抜いてくれ~~~ってめちゃめちゃ期待してます。
つっきーのボーカルもすんごい完成度でした。原曲のあらまりさん、これまでライブで歌ってきたえんまりちゃんやかなみん(彩乃かなみさん。残念ながら領復の時なので音源も映像もないけどかなみんの肖像も最の高だったんだ)が持っていた儚さの代わりに、力強いのにもかかわらずそれに相反した薄氷を踏むような危うさも同時に繰り出すっていうとんでもない音色を選んで歌ってた…どんだけ底なしに伸びてくのつっきー…
「八つの誕生日に」のあの伸び!やっばい!
どれだけぶりか分からない「エルを求めるだろう」のコーレス、久しぶりですっごい楽しかった!ちゃんとスクリーンに字幕出てた!w
意外と右手親指と人差し指でLの鏡文字作ってる人少なくて、ああ6年の間にRevoさんの曲を聴く人がこんなに増えたんだなぁ、としみじみ。
あとこの曲も例によってつっきーが語り全部やったんだけど予想以上に語りの声色の温度感よかった…
自分でもだいぶ忘れかけてるのでライブ翌日のツイートをちょっと貼っとくけど本当これに尽きる、チーム進撃の歌姫が応えてくれたからSHとRevoの物語と音楽はまた一つ高みに行けるなと素直に感じました。うん。







⊿凱旋の【Linked Horizonアリーナ】
つっきーが捌けてから、上手から歩いてきて花道に向かうサッシャさん。どうやら彼は方向感覚を失ったようで…?
サッシャ「今までどの方角を向いてた?」→え、二ヶ月後がシガンシナの先の海岸線なら南?
サッシャ「東…そう、東」→あ、進撃の世界では太陽は西から登って東に沈むんだった、えっじゃあ宵闇?まさかのTNG?
サッシャ「ということは西へ向かう」→あっちょっと待ってコンキスタ!!!???待って待って心の準備が
サッシャ「西進…」\ギャアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!!!/(会場、今公演どころか今ツアー一番の阿鼻叫喚)

いやほんと何年ぶりよ!?6年半ぶりだよ!!!!????(終演後に気付いた)という熱狂の中の聖戦のイベリア、火蓋が切って落とされた感めちゃくちゃあったし大騒ぎどころのアレじゃなくて会場にいた鎖地平団員兼ローランの血液一瞬で沸騰したんじゃねーのってレベルでした。冗談抜きで。おかげで流浪の三姉妹の台詞「畏まりました」「仰せのままに」「はい、サァディ先生」が完全に吹っ飛んでたことに気付いたのは終演後だいぶ経ってからでした…
SHでは恒例の旗振り指示があったので「領土再征服!領土再征服!」やったんだけど7年追いかけて初めてだよライブでこれやれるの…わたしでこれなんだから二次領拡リアタイ組の歴戦の先輩方はもっと興奮してたと思います。
で、レコンキスタ終わったら即「侵略するものされるもの」に。本当曲の持っていき方もそうだけど、進撃ヲタクグラサンおじさんの「ネタバレがアレだから言わないけど原作まじやべーのわかるよね?わかって??」ってノリで自作曲で一番最新話の状況とシンクロする曲ぶっこむのマジでずるいから進撃ファンで最新話バレOKな人は今すぐに「SoundHorizon 侵略する者される者」の歌詞を検索してほしい…
あと歌姫の配置があまりにもアレでTLで話題になってて、分からなくなりそうだったから図に起こしたらマジであのグラサン割るしかなくない?って感じだったのでとりあえずツイート貼っておきます↓


曲の内容に戻ると、これ原曲に参加してるのRIKKIママンだけだからママンのパートになったとき「本物だ…」って溜め息つきました。
歌姫割り当てまとめ↓
みさきち→「Celt Iberosの眷属が~」
RIKKIママン→「Hispania Romaが~」
つっきー→「Visigothsが継いだ~」
英子さん→「Aragon=Catalunia~」
Joelleさん→「嗚呼…教会の鐘を~」
まなみん→「嗚呼…境界の山を~」
Ceuiちゃん→「父を奪ったのは~」
まみっこ→「母を奪ったのは~」
Ceuiちゃん→「何故…人は~」
まみっこ→「弱い私は~」
各歌姫の個人的だったり演じた登場人物の背景に沿わせた歌詞の割り当て本当にやめてくださいグラサンパリンパリン(軽率に割っていくスタイル)
Ceuiちゃんとまみっこが原曲のYUUKI嬢の歌い方をかなり踏襲していてすごく嬉しかったし、歌姫の中で最推しがYUUKI嬢なので三次元でシャイライを見るまで死ねないって誓いました……
中間部の正則先生のトランペットソロと高桑さんのフルートソロの記憶がめちゃめちゃ薄いので早く円盤下さい!!!!

「侵略者に奪われし~」からは下手だったので聖典の民パート。ここでシンクロライトが上手下手に分かれてて、アリーナCからは本当に綺麗に分かれてるのが見られて壮観でした!
ところでこれライブでやるの7年追っかけてて初めてだったんだけど、ここ1年くらいまともにBDとか見返してなかったから歌詞トチるかもやべーーーーーー!とか思ってたらものすごい澱みなくガッツリ歌ってたしなんならスクリーンに歌詞出てなかったから(相変わらず初見組に対して鬼の要求をするグラサン氏)骨の髄までローランになってたんだなぁ…と再認識する羽目になりました。はい。
歌いながら「あれっカスタネットのカラカッが銀盤の音源よりめっちゃくっきりしてて気持ちいい」って気付いたのは本当に誰か褒めてほしい。

高桑さんの荒ぶるフルートでかっこよく終わって会場熱狂してたらスネア入ってきて、え?って思ってたらラストのクワイア入ってきて。
え?クワイアなんかいつもの音源と違……アーーーーーーーーックワイア生だーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!って認識できた時の衝撃といったらなかった。だって終わった時口開いてましたもん。
あとそのクワイアを途中から追いかけてくるホルンも生でね…ほんっと最高だったから円盤下さい……

⊿メンバー紹介
ホルンセクション「ホルンはマーチとかだと結構裏打ちばっかりとか多いんだけどね、グリッサンドすっごいのやってもらってまーす」
ハープ・朝川さん「ハープの倍音の響きが好きなんだよね。この限界まで高い音のとか。これ大丈夫ですかって言われたのもあるけど入れちゃいまーす」

⊿青春は花火のように

⊿MC
「率直に今の気持ちを言うとね、寂しい」そんなふうに語りだしたRevoさん。まるで「ツアーが終わってほしくない」と思ってる多くの団員の気持ちを見透かすように呟いてた。
「イヴェールくんがね」ここで客席のあちこちから息を呑むような感覚。そりゃそうだ、イヴェールは彼の半身だもん。「イヴェールくんも寂しいって言ってた。でもそれは宝石なんだよ。寂しくたっていい。哀しいって気持ちも少しは含まれるかもしれないけど、だったら最初から哀しいって言えばいい。寂しいのと哀しいのは別物なんだよ」
第二壁の最初、Theme of the Linked Horizonで「君が今感じてるその寂しさは きっと僕の寂しさと同じ色をしてる」と歌った彼は、そのことを改めて伝えてくれた。それがすごく嬉しかった。
君達と僕は同じだと、同じように寂しいと言ってくれたその声に、ああこの人はやっと「届けたい人たち」の体温を感じることができたんだ、取り繕わなくても虚勢を張らなくても自分のことを信じているリスナーがいるって揺るぎなく言えるくらいの自己肯定感を持てるようになったんだな、と感じた。
この日は喋りながらずっと自分の言葉に「うん、うん」って相槌を打っていて。どこかでわたしたちに他意なく伝えることよりも自分で納得して自分を鼓舞させるための、嘘偽りのない姿に見えた。
大阪で「全肯定おじさんになりましたー」って彼は言ってたけど、その時はまだほんのちょっとだけその言葉を訝しんだのね。客席にいる人たちに向かってそう言ってるくせに、自分のことは?棚に上げたりしないよね?って。
でもこの日の彼の話してくれた内容でもう大丈夫だなって思った。「SoundHorizonを辞めようかと思ったこともあった。でも辞めなかった。音楽で伝えたいことがあるから、使命感みたいなものがある」って。大阪でも「間違ってなかった」って言ってたけど、やっと全部ひっくるめて今まで抱えていた辛かったこととか難しい選択を肯定できたんだなって言葉尻から感じられた。
ちょうど7年前のメルコン千秋楽で、「ついて来れないやつはついて来なくていい」って言い放ったのを目の当たりにしたのがわたしがアーティストとしてのRevoを追いかけはじめた最初の一歩だった。スタートが「この人いつか音楽に取り殺される、でも文字通り魂を削って、それでもこの人が手放すことの出来ない『音楽』って一体何なんだ、そうまでしてもなお音楽という世界でしか生きられないのか」って強烈に印象付けられたから、7年かけてちゃんと地に足をつけて生きている彼の姿にとても安堵してる。恐ろしく穏やかな気持ちなんだ今。
「叶わない夢もある、諦めなきゃいけないこともある。でも人生は続くから、その先で待ってる」ついて来なくていい、からハロパでついて来て下さい、と首を垂れ、紅白出場の朝に個人サイトで「ついて来て!」と言った彼は今、わたしたちに同じ道を辿れとは言わない。――選び悔いた道の先はどんな場所に繋がっている?と「心臓を捧げよ!」で問うた彼は、リスナーの選ぶ道を肯定し、その先をも見据えながら自答してくれた。
もしも彼がSHの、自分の描く世界にだけ閉じこもっていたら見ることのなかった世界を見せてくれたという点で、わたしはRevoさんがLHというプロジェクトを始める決意をしてくれたことに感謝しているし、もしもLHがなかったら彼は今こんなになめらかな成熟をしていないと思うとそら恐ろしさすら感じるんです。
そしてLHをもしもやってなかったらわたしはRPGの面白さに気付くことなく、進撃の巨人という同世代が描いた稀代の名作を読むことなく人生を通り過ぎていたかもしれないから人生においてものすごい損失をしていた可能性がかなり高いんですよね…本当にRevoさんには感謝してもし足りない…

当日のついろぐを掘り返しながらまとめたんだけどものすごく散文になってる!当たり前だよ2週間前だよテンションが思い出せない!思い出せないし順番なんてもはやしっちゃかめっちゃかです!でも本当に今のRevoさんの軌跡を見られて、素直に半年間ツアー追いかけてよかった、というのが率直に言える感想です。
最後の心臓大合唱が終わった後、閉じた壁に「第三壁」ってバーーーーーーーーーンって出たんだけど何の予告ですかそれ!
少なくともキャスト陣にもサプライズだったみたいなんですけど!これでアニメ3期OPがLHじゃなかったら…って思うとそれはそれで怖い気もするけど、とりあえずBDを全力で待機しておきます。アニメ3期始まるくらいの時期にBD出てくれたら嬉しいなぁ。

【ライブレポ】Live Tour 2017'進撃の軌跡'総員集結凱旋公演1日目

あっと言う間に過ぎ去ってしまいましたが、半年という長きにわたるツアーは横浜での凱旋公演で終了しました。わたしが初めて見に行ったRevoさんの主宰公演はちょうど7年前、Marchenの追加公演だったんですが、会場こそ違えど同じ日に同じ横浜でLive行くことになるとは思いませんでした。思えば遠くに来たもんだ…
ちょっと時間が経ってしまったので忘れてきている部分の方が多いんだけど、どうにか備忘録的に書き留めておきます。画像めっちゃあってどうしてもレイアウト崩れちゃうのでなんとかしたい所存です…とりあえずレイアウト崩れない範囲で入れます!


Linked Horizon Live Tour 2017'進撃の軌跡'総員集結凱旋公演1日目
2018.01.13. @横浜アリーナ


当日は11時から物販開始だったのですが、少し遅れて12時前後に会場着。新幹線の車中で現地組のツイートを見てまーびっくり、横浜アリーナはLinked Horizonアリーナに様変わりしておりました。
まじでLinked Horizonアリーナでした。
791B4A27-130F-4927-8207-66196D7C3190
会場内のトイレの案内が全部心臓を捧げている…
643877BD-04C9-4280-8908-C7361BA83D17
稀にいるグラサンコスのヨコアリくん
10897C1C-008C-4461-9951-DE5B96B7A49A





















ショップもジャックされてた!
4B05014F-2D82-442E-B83A-37867BCDA0DB
限定フードの肉まんとフランク。あとお水と海苔。告知出たときまじかよって思ったけどまじで海苔だった。
肉まんは醤油と塩麹があって塩麹美味しかった…海苔は1週間経った今でもどうやって食べようか悩み中です。
お水は期限が2020年だったので、一旦非常用にして何事もなければ再来年の凱旋の日にでも飲みます。
66FA4BF6-6ED3-4F70-824A-BACCA25E7043DCB13AA9-6692-4090-91E3-0A073DD7879B










































コラボドリンク(ぶどうジュース・ワイン・ホットワイン)を頼むともらえたコースター。
アルコールだめなんでぶどうジュース一択だったんだけど、初日はお昼時に40分くらい並んだのに注文するの忘れて開場後にもう1回並んで無事にゲット。
4298D0C2-5C4B-42E5-9B39-BB50A4F99212





















ヨコアリくんがリンアリくんに変身してたwith廉価版ふらはいちゃん。両日とも握手してもらったうえ、2日目に至ってはロビーから捌ける時に知人ローランと談笑してたところを後ろから凸されたんだけどわたしは一体どこで運を遣ってるんだ…
7D8DA457-D3A3-45DF-94CB-4DB32342E366





















season2の劇場版が同日に封切りだったので、会場限定でムビチケとか前売券提示するともらえた限定ポスカ。
ここまでやっといて結局劇場版のOP主題歌なかったんだけど主宰のグラサンは本当に好き勝手しすぎだと思う(褒めてる)
5CF6A64E-71EF-4BFA-A4D1-27D55F823636














当日のライブチケット持ってるFC会員とモバイル会員限定の記念チケット。裏面にQRコード入っててちょっとしたお楽しみがありました。
FC会員の記念チケットはライブチケ2日分持ってれば1日1枚ずつもらえたんだけど、モバイルは1会員1枚限定だった…
3BE4CA4F-FCBC-447F-8D3C-16E48EFB6643






















今回の夢スタンプ。ペチンの描き文字がちゃんと原作準拠。ツアー中はインクがわりと死んでたので写りが薄い時もあったんだけど、スタンプ台が新品になってて過去最高にはっきりくっきり押せたw
CFA46851-1C51-479D-993B-013ED5B48920





















DJRevoのご当地キャラクター大集合の図。鹿児島公演から始まったのに、それより前の公演の都道府県のゆるキャラもしっかり回収してるあたり憎い。しかも金沢の金箔グラサンとかうどん脳の特大サイズ(非売品)とかちゃんとお店さんから貸し出ししてもらってる……それにしてもこれ、購入できるものは購入してるんだろうけどどこに保管してるんだろう…万が一れぼさんのご自宅だったらあまりにも壮観だしすごいじわる…
62EE8BCC-29ED-49DC-A488-BF1321ABEED587775701-D849-4668-BFEE-C3BF3E097F6D435B51DC-DE42-4DFC-AD2F-8790E3CB75B7
この辺の画像見てるとライブじゃなくてアミューズに来てる感覚に陥ってたのを思い出します。相互フォロワーさんもかなりの数来てたので、ちょっと見渡せば誰かに会えるような状態でした。
記念モノ多すぎて引き換え忘れに戦々恐々になってましたw


1日目はアリーナAの3列目でした。これまでアリーナD2回当たってたから上手から見るの初!と思って会場入りしたら、ステージに壁(物理)がありました。いやマジで。お、俺達の納税が壁になった…
壁があるので紗幕はなし。イスカちゃんの前説は今回メモってる余裕がなかったので他の方のレポを参照していただければ。そして開演!

⊿二ヶ月後の君へ
壁が左右に開いて一発目、とりあえずどこにどのセクションが配置されてるかに気を取られてしまいあんまり記憶が…しかも銀盤の音よりも生音モリモリだから音の強弱の加減も全然違うしはっきり言って脳味噌が全然足りない、可能なら凱旋公演をあと20回やってもらうか脳味噌と目と耳を30人分用意してから公演に臨みたい、そんな1曲でした(むり)
そしてこの日はキーボードのらっしーが加山雄三さんの現場に入っていたため不在、そのかわりらっしーのソロはツアー中のベストセレクション音源&映像!でした。左右に移動した壁がスクリーン代わりになって映像が投影されてました。
音響よすぎて凄かった…

⊿MC
れぼさん「よぅ…5年ぶりだな…」で沸き立つ会場!いやほんとにね、原作のエレンの台詞でもあるけど、LH名義で初めてやったコンサート(BDFF)も横アリだったから、そのステージを見てると本当に感慨深かった…
「明日もあるからネタバレ控えてね」ってやんわり言ってたのいつのMCか覚えてないんだけど初日は確かに言ってた。

⊿もしこの壁の中が一軒の家だとしたら
この曲でハープと弦とホルンと金管とパーカス(主にティンパニ)が全部生ってはっきり言って美味しいところ多すぎて耳が足りない。福岡に行けなかったので朝川さんのハープようやく聴けた喜びで溶けてたしまみっこのボーカルは過去最高だった…

⊿紅蓮の弓矢
イェーガー!で炎出た!!!!!!!(頭の悪そうな感想)
団長が花道に出たところでハロパの悪夢がフラッシュバックしちゃったんだけど(脚攣っていでぇ!!!!って思いっきりマイクに入った伝説のアレ)本当に何事もなく終わってよかったよ…というか団長全公演転ばなかったし脚攣らなかったから本当によかった…
「矢を番え追いかける」の裏の荒ぶるフルートがやっと生で聴けた…それにしても高桑さんまじで鬼譜面多すぎ…(ものすごい余談だけど高桑さんNeinの超紅炎でも荒ぶる連符めちゃくちゃやらされてる)

⊿14文字の伝言
英子さん、ツアーを通じて少しずつ変わっていった色合いの最高到達点が凱旋だった…花道に出てきて
歌ってるとき本当にカルラさんの心からの叫びに聴こえた…
ピアニカソロはらっしーの映像が映ってるときピンスポ入ってた気がするんだけど記憶が怪しい。

⊿最期の戦果
つっきー、花道にも出てきてたので結果的に間奏のアニキのターンでツアー中よりもかなりの距離走ってたんだけど、直前まで走ってたっていうか若干走りながらなのに「代わる代わる 変わる事態」の歌い出し全く声がブレてないんだけどまじでどういうことなの……
名古屋ではパーカスまたろうさんだけだったけど、今回はwith MPOで来てくれたので、結果的に金物と小物楽器もりもりになっててパーカス聴いてると耳が足りないーーーーー!!!!

⊿御業前MC
れぼさん「ツアー中は会場全部繋がってたりしたんだけど、ここでやっちゃうとアリーナがえらいことになるので、一列に繋がるのはSP席の人たちだけにしまーす。この花道を覆ってるΩの人たちね。ちょっと大変かもだけど動いて。ん?Ω?凸?あれ?凹?」
んもーΩでも凸でも凹でもいいよ!言わんとしてることは分かるから団長!

⊿双翼のヒカリ
ステージが広くなったせいでダンサー陣登場の時にめちゃめちゃ走る距離延びててすんごい運動量増えてるでしょ!感満載でした。白い翼洋介さん&黒い翼あかねさんが推しだから円盤出たらガン見したい。
まなみんも凱旋が今までで一番ペトラだった…

⊿自由の代償
イントロのダラブッカソロ、名古屋で聴いて最高だったのでまた生で拝めてありがたい限り…
代償は目が足りなさ過ぎて結局ツアーから凱旋まで9回行ったのに一度としてしっかり見れたと言い張れる回がない気がします。

⊿彼女は冷たい棺の中で
ツアーと一番演出が変わってたのがこの曲でした!
「屍を積み重ね それでも空に届かない」で階段へ向かい登り始めるみさきち、「伸ばした指の先に煌めく刃の痛み」であゆさんの指を切り落とすミカサの振りと同時に入る照明、「何一つ奪えぬまま奈落へと墜ちてゆく」でダンサー4人にリフトされて落ちていくみさきち…もといアニ…!(イドイドの時のメルツが井戸に落ちていく方式と言えば分かりやすいかもしれない)
「父の…いや私の人生が間違っていたのか…誰にも分からない…」でゆっくりとステージに下ろされるみさきち、静かに立ち上がりながら「冷たい棺の中で見た夢を…」と歌い始めるんだけど、何がすごいってこの間一切歌声がブレないんですよ…Marchenの時のMIKIさん(テレーゼ)は確か音源被せだった気がするんだけど、軽々とそれを飛び越えてきたみさきちのポテンシャル本当に恐ろしい……
思わず心の中で「み、実咲ーーーーーーーーーーーー!!!!!!」って叫んだしあのリフトの衝撃で正則先生のトランペットソロと「イデアの影は~」の高桑さんのリコーダーの対旋律の音吹っ飛んだのでまじで早く円盤が欲しい。

⊿心臓振付レクチャータイム
まさかとは思ってたけどここでもらっしーのベストセレクション音源用意してた団長本当に抜かりない。

⊿心臓を捧げよ!
耳が足りないので早く円盤下さい(既に色々吹っ飛んでいる)
「過ぎし日を裏切るもの」のところで、金管セクションの音がぶわーっと浮き上がってきてすんごい迫力でした。

⊿字幕カウントダウン、そして…
字幕の内容は「斯くして本編は一旦の終焉を迎えた…しかしここで終われる≪理由≫がないッ!というかまだ登場してないゲスト歌姫いる!」って一文があったのは確かですが細かい内容覚えてなくて本当にすいません!そしてカウントダウンののち、一旦は閉じた壁に映し出される「第二壁」の文字。
え、いやまさかこれは…と思ってたら壁が開いて鳴りだすグロッケンの音…

⊿Theme of the Linked Horizon
いやもう会場絶叫でした、後ろの方で泣き崩れる嗚咽も聞こえてきました。薄々期待していたのは確かですが、限りなく原曲に近い編成っていうか管楽器に関しては明らかに原曲より比率高めな編成で再び生で聴けるのが幸せすぎて、Revoさんのおかげで願ったことがわりと叶う世界に生きてるわたしまじ幸せ。ありがとうれぼさん。
れぼさんの声が、5年前のRLBDCの時と同じで優しくて、だけど芯の強さがいっとう増した声でした。進撃でのがなりも入った強い歌い方しか知らない人にとってはすごいギャップだったんじゃないかな…。
歌姫8人(進撃チーム&ゲストのこみさんmaoさんMiKAちゃん)でのコーラスまじでもりもり。
そしてRLBDCではあっちゃんのベースソロだったパート、ダンサーたけちゃん→OBAさん→洋介さんのソロ!洋介さんだけ8小節じゃなくて若干長めだったの、ダンサーチームのリーダーだからってのもあると思うけどれぼさん絶対洋介さん推しでしょって思った…w
繋がるリンリンのとこ久しぶりに右手でL字作って∞の振付したんだけどほんとまた出来るの嬉しくて嬉しくて。

⊿MC
れぼさん「第二幕はいろんな世界を味わってほしいと思います、聴いてけばどんな感じか分かると思いまーす」みたいに言ってたような。細かい言い回し覚えてない!ぞ!

⊿君は僕の希望
一度暗転したのち「誰だ?誰が来る?」という会場のそわそわ感、そして登場したのはmaoさん!歌うの5年ぶりのはずなのに前よりも格段にティズくんだしパワーアップしてた…
ティンホイッスル、今回は高桑さんの生音!

⊿<ハジマリ>のクロニクル
「歴史を導く白い鴉と」のまみっこナレーションで会場絶叫。そしてこの時点でちょっと第二壁のパターンが読めてきたぞ!
原曲のサックスソロは鹿討さんのトロンボーンソロでした。え、ここ相模原のときどうだったっけ…
まみっこがルキウスでもありアルミンにも見えてくるからこの曲本当にずるい……

⊿MC
れぼさん「ブレイブリーデフォルトから『君は僕の希望』と、SHから『<ハジマリ>のクロニクル』をお届けしましたー。『君は僕の希望』は、羊飼いのティズくんの曲です。あ、そもそもの説明しなきゃ」と今回はすっきりしっかり解説してくれる団長。
れぼさん「『<ハジマリ>のクロニクル』は、原曲聴いたことある人少ないかもしれないんだけど、今回は原曲とはちょっと変えてトロンボーンの鹿討さんにソロをやってもらいました。すごいよねードゥルルルルンってやってましたねー」
れぼさん…メンバー紹介のホルンの時はグリッサンドって言ってたのになんでトロンボーンのグリッサンド出てこないの…(笑)ちょっと専門齧る話のときと不意のときで語彙力が大いに違うのは何故なの…

⊿雛鳥
イントロのピアノで既に歓声、そしてこみさんのすぱーーーーーんと抜ける「果てしない空へ」のハイトーン、健在どころか5年前よりもさらに確かなイデアちゃんでした。歌いだしは5年前よりももうちょっとだけ堅さの取れた、まだまだ世界に飛び出す前で知らないことがたくさんある、だけどそんな事実を知る由もない純真な声。
次の瞬間聴こえてきたメロディがあまりにも原曲通りの音で、え?平原さんいないのに?って思ってステージ見たら正則先生のピッコロトランペットでした!このピッコロトランペットの音が、トランペット群とは思えないほど柔らかくて瑞々しくて軽やかで、なのに芯がしっかりしていて、あまりにも15歳の女の子イデアちゃんすぎてまだAメロ入ってないのに既に泣きそうでした…
れぼさん後生だからこれからもトランペット正則先生にお願いして……
一番最後の「まだ見ぬ地平へ」は、いろんな尺度と価値観に触れて少しだけ大人になったイデアちゃんの声でした。5分という限られた時間の中で一人の女の子の成長を歌声で描き出すこみさん、まじでまじの歌姫です……

⊿澪音の世界
「荒れ果てた荒野を 一人の少女が往く」のナレーションが入った瞬間キターーーーーーーーーー!!!!!って内心ガッツボーズしました。ツアー中アンコールみさきち回1回しか当たらなくてしかも雛鳥だったから念願の!澪音!
みさきち、うっかり「豪奢な廃墟に転がり」を2回歌ってたけど円盤来るとしたら空虚な廃墟はどうなるのかしら。しかし思っていた以上に曲と声の相性が良かった…少し乾いたハイトーンがめちゃくちゃしっくりくる……
この曲発表が2003年で、当時諫山先生も高校生で進撃の構想なんてまだしてなかった時期なのにアニが歌うとしてここまで違和感がないの、れぼさんと諫山先生のお互いの魂の内側で何かしら共鳴してるとしか思えない…

⊿MC
凱旋のれぼさん、「俺の最高のアレンジを聴け!」みたいな感じで原曲からソロ楽器を変えたりしたところは全部解説してくれる過去に類のないほどの親切設計MCだったんだけど、そのMCを踏まえたうえで聴き直したいから特典ディスクとかでMCも収録して???????
ピッコロトランペットの説明をするれぼさん「楽器は基本的に音が高いほど小さくて低いほど大きいんです。同じ種類の楽器なら分かりやすいんだけどね、フルートも実はバスフルートとかあったり。あとb管とかEs管とか基準の音が変わったり」(要約)
水を得た魚のように喋り出すれぼさん、バスフルート辺りまではついていけてた客席がb管Es管で?????ってなりだした辺りでちゃんと切り上げてたwツアー中だったらこれ絶対深追いして喋ってたな……

⊿純愛十字砲火
ここでこれ突っ込まれて飛ばないわけねーだろ!ってくらい手拍子もハイ!ハハイ!も会場めちゃくちゃやってた…MiKAちゃん、これ踊りながら歌う曲じゃないんだけど、5年前より明らかにブレスに余裕があって
まじでどういうことなの…
そういえば今回はBDFF歌姫も全員進撃モチーフ+固定キャラある人はそれ仕様の新規衣装になってたんだけど、プリンちゃんのどピンク衣装じゃないモノトーン+ゴールドのブレードの衣装だったのにMiKAちゃんめちゃくちゃプリンちゃんだった。

⊿彼の者の名は…
澪音までの流れから「次はつっきーの肖像だな?」と思わせておいてからの彼の者で会場のテンションが吹っ飛んでました、いやマジで。しかもツアー中は一徹アニキのヴァイオリンが終始あらぶってたのに、サビからツインギター&ベースをフューチャーした編曲に変わっててああーーーーーーーーっそこ3人とうといーーーーーーーーー!!!!って内心で叫びながら時間が経過してました……(ちなみにメインがYUKIさん)

⊿MC
れぼさん「戦いはね、いつだって突然始まるんですよ…石碑からドラゴン!?とかね」←翌日の伏線

⊿神話
サッシャさん出てきてナレーションからの神話。ちょっと待って控えめに言ってハープも弦もホルンも生の神話なんてもうミラコンフルオケで再演しない限り絶対に2度と聴けないやつでは……?
ちなみにゲスト歌姫も全員ステージに上がってましたが、詩女神のソロ回しは進撃チーム。
記憶力がポンコツすぎて歌姫の割り振り覚えてないんだけど、まみっこがフリュギアとロクリア両方やってたのはかろうじて覚えてます…そしてまみっこ、しもつきんにもYUUKIちゃんにも歌い方寄せてて(特にゆうちゃん)オールラウンダー麻美めっちゃ発揮してた…
そしてここからが伝説の始まり、最後の歌姫の和声が終わってC(His)の音が鳴ったその瞬間――

⊿光と闇の童話
サッシャさんのナレーションと同時にLEDスクリーンの映像が切り替わり、会場この日一番の阿鼻叫喚!
いやだってこれツアーでは海外公演のみのサービス曲だったよね???恐ろしいまでに繋ぎの音に違和感なかったね???そんでもってMarchen追加公演はちょうど7年前の1月13日14日で同じ横浜でやったね?(パシフィコだけど)
個人的になんだけどRevoさん主宰のコンサートライブに初参加したのがメルコン追加両日で、当然ながら初めて生で聴いたRevo曲は「光と闇の童話」なんだけど、第七の地平線の序章となるこの曲を初めて生で聴いたちょうど7年後に同じ横浜で聴けると全く思っていなくて。しかも2011年当時はこの曲かなり苦戦してて、2011年に領復含めて5回生で聴いてて「今日は調子いいな」って思えたのが神戸2日目の1回だけで、あと全部ピッチ上ずってあらぶりまくってめためただったのね。
この日は間違いなく過去最高の童話だった。あのあと二ヶ月後もだけどピッチコントロール難しい曲いくつも作ってそのたび真摯に取り組んできて、じゆしんのMCでサイレンぽい音出した時もそうだけど、この人はどれだけ努力して今のこのヴォーカルに手を届かせたんだろう、そう思わざるをえないパフォーマンスでした。
この日のこの曲のヴォーカルの仕上がりに、わたしが彼を追いかけて見届けた7年と彼が悩み選びながら駆け抜けてきた7年が凝縮されてるな、目を逸らさずについてきてよかったと心から思いました。
音楽に完璧なんてないからそれは絶対に言わないけれど、少なくともわたしの頭の中で鳴らせる理想の童話にただただ限りなく近かったと、それだけは断言できます。いいから早く音源ください(土下座)
あとLEDスクリーンに映った井戸の周りに咲いてた野薔薇が光ってたのと、西山ーティのギターが素晴らしすぎたことしか言えない……

⊿MC
れぼさん「今2曲の繋がり綺麗だったでしょ?あの最後の音と最初の音、あの音である理由があるからどうしても変えたくなかったんだよね。でも長年やってると奇跡が起こります、実は神話の最後の音と光と闇の童話の最初の音、同じだったんだよねぇ」(要約・意訳)
普段だったら絶対こんな解説してくれないかられぼさんのデレっぷりやばかったけど、計算にしろ偶然にしろそれぞれに理由がある2曲で最初と最後の音同じって事実がそれだけで爆弾なんですよね……(現場で頭抱えた)
しかもこの音、たびたび考察に上がってるんだけどピアノのド(C)=シ#(His)=History、神話は終わり歴史が残る、となってMarchenはそこから物語が始まるわけだけど、第一の地平線がChronicle=歴史……ってことを考えるとこの時のMCにやばさしか残らない……

⊿メンバー紹介
今回板に乗る人数が実に80人を超えるので、セクションごとまとめて紹介という流れになりました。よってトークもメンバーピックアップもなし。
れぼさん「金管ねー、入ると音の厚みが一気に増すんだよね。ついつい入れたくなっちゃうんだけどやりすぎないように入れるとこ絞ってます。でもチューバとかBPM180で裏拍やらされたりしてまーす」
すんごいさらっと言ったけど控えめに言ってそれやばいですからね……BPMっていうのは1分間に何拍入れるのかってテンポの速さを示す数字なんだけど、1分に180拍=1秒に3拍入るってことで、それやるとなると表拍でもタンギングが結構大変なんだけど裏だとアマチュアだったら普通に拍落っことす人続発だと思います……鬼ってレベルじゃねえよ……
(学生時代チューバでBPM180でSing Sing Singのエレキベースの譜面吹かされて死にそうになった経験者は語る)(表拍でもついてくの大変だったし何よりブレスポイントがなくて毎回死にそうだった)

⊿青春は花火のように
結局凱旋も振付の説明はなし。「見よう見まねで。飛ぶとこは飛べたら飛んでね!」
毎回わちゃわちゃしてて振付でいっぱいいっぱいになってるからまともにレポできた試しがないんだけど今回も案の定でした。

⊿MC
れぼさん「箱根駅伝ってあるじゃない。あれって、走ってる選手のご家族ってどこにいるか知ってる?一番苦しいとこで待ってるんだって。こんなに走ってきた、もう足が上がらない、しんどいって思ってる時に『頑張れ』って。そうするとね、ああ毎日朝早くからごはん作ってもらったり練習行くのに起こしてもらったり、いろいろしてもらったから今走れてるんだ、頑張ろうって。僕も同じです」(要約・意訳)
れぼさん「いいお正月だった」って言ってたけど、ふんわりスポーツ観戦が好きなのは前とあんまり変わってないのねw
イイこと言ってもらってるのに全然言葉尻覚えられてないから本当にポンコツ脳なんだけど、でも今回の凱旋は端々の言動かられぼさんが自分のこれまでとこれからのみちゆきに対してちゃんと肯定してくれているのが伝わってきて、「君は君の往く道を目指して」とわたしたちリスナーとお互いに真っすぐ言い合えるくらいなめらかに柔らかく、でも一条のヒカリになったんだなぁ、とひしひしと感じる、そんなMCでした。
総括的な感想は2日目のラストにまとめて書くので1日目はここまで!

【ライブレポ】Live Tour 2017'進撃の軌跡'大阪公演3日目


3daysの3日目!今書いてて思ったんですが、もしかしなくても過去のSH/LHで3daysのライブって2007年のFC限定ライブ「超聖誕祭」だけだったのでは…?(その頃まだSHを知りませんでしたが)


Linked Horizon Live Tour 2017"進撃の軌跡"大阪公演3日目
2017.10.29. @オリックス劇場


今回のツアー中、ESPさんの各地のショップさんで新ギター「Feuerroter Horizont」(フォイアーロッター・ホリツォント)のサンプル機の展示会が行われているということで、ようやく遠征の予定と合わせられたので29日の午前中は梅田にあるESPカスタムショップさんに寄らせていただきました。
店内では自由の代償アニメPVを流して頂けていて、店内BGMも「進撃の軌跡」(しかも初回盤)、コミックスの陳列とファンからの奉納品なのかご当地マァムの箱まで。至れり尽くせりでした。
フォイアちゃん、めっちゃくちゃ美人さんなギターです!写真だけだと美しさが伝わらない…本当に塗装が綺麗です。
ちなみにこの子はRevoさんがステージで使用しているのと並行で職人さんが同じ工程で作っていたもので、木材自体は同じものですが木目が違うので少し表情が違うんですよ、とのことでした。
製作工程の途中まではツアーパンフに、途中からは最新号のFC会報に載っています。楽器の製作工程って普通は知る機会がないので、お写真付きで紙媒体に残していただけるの大変ありがたい!

IMG_20171105_203626

店員さんに言われて見てみたのですが、見る角度によって縁取りの塗装の紫色が見えたり見えなかったりします。
フォイアちゃんはステージ上だと本編終了直前のボーナストラック「紅蓮の燈火は水平線の彼方へと…」でしか使われないので、照明の関係上ステージ全体が黄昏色になってしまって紫が上手く見えなかったりするんですよね…
なので普通の蛍光灯の下で見られる機会って本当に貴重です。今後展示会なんかの予定は全く白紙だそうなので、次に間近の距離で見られるかどうかはツアー終わってからRevoさんの気が向くかどうかにかかってます。
最悪展示はなくてもいいからこんなに綺麗な子なんだからもっとMCで自慢してよRevoさん…!
250万円あれば実際に買えますが、買っちゃうと生活が破綻するのと保管場所がないので大人しくしています(地方住まいなので250万あったら車を優先しないとえらいことに…)

お昼ごはんは何か大阪らしいものを…と思っていたのですが、友人に誘ってもらってかねてから気になっていたこちらのお店へ。

DSC_0593IMG_20171105_203501

洋食屋Revoさん!2店舗あるそうですがグランフロントの方に。ちょうど29(にく)の日でランチフェアやってたのでオトクにご馳走になりました。美味しいお肉は正義!黒毛和牛なんて人生で数えるほどしか食べたことないですが美味しかった…ハンバーグも捨てがたかったけど友人と一口トレードしたらハンバーグも大変に美味しかったので、次回大阪に行くときはリベンジしたい所存です。

前日開場後の記念スタンプ列がめちゃくちゃ混んでたので、早めに会場に行ってスタンプを。
大阪2日目・3日目はこの絵柄でした。2日目の分前回の記事で載せるの忘れてた!

IMG_20171105_203444

サシャとユミル!それぞれ2回目かな?
しばらく雨が強かったので、友人と喫茶店に避難したりしながら開場まで待つことに。17時半開演だったんだけど、17時前に雨がほぼ上がって晴れ間が見えたのほんとRevoさん何か持ってる。
今回の席は1階9列ドセン。…もしかしなくてもこの位置、Neinコンだったら花道で潰されていたのでは…。
Twitter生息ローランのスラングで言うと道のファンサをもろに受けられる位置でした(※曲中に「道」という歌詞が出てくるところでピンスポが舞台中央から客席後方に向かって動き、「道」を示すような照明演出がある)。


⊿本日のイスカちゃん
最終日なので大阪らしいお土産を買いに来たイスカちゃん。定番の食べ物も買ったけど他のものも欲しい…と思っていたところ、通りがかりのおばちゃんが素敵なヒョウ柄の洋服を着ていた。おばちゃんにどこで買えるのか聞いたところ、そのまま行きつけの洋品店を紹介されて向かってみる。店主のおばちゃんも全身素敵なヒョウ柄の服で決めていて、まだまだ人生経験の浅いイスカちゃんはTシャツだけ購入。
また大阪に来ることがあれば今度は全身コーディネートに挑戦したい!とのこと。

⊿二ヶ月後の君へ
Revoさん、「これからも続く戦いは~」の8小節くらい前のギターツインソロの時にモニターに脚をかけようとして上手くいかなかったのか、「やっちゃったw」って感じでにへって笑ってたのが可愛かったw

⊿二ヶ月後MC
れぼさん「今日は東京の方でもAttack音体感(※アニメ進撃の朗読劇&音楽イベント)っていうイベンテョ(※噛んだ)やってるんですけど、どっちに行くか迷った人も多いと思います。でもこっちを選んで来てくれた君達…間違ってないぜ!」
結構派手に噛んで会場一同笑ってたんだけど、自己申告しなかったのでれぼさん的には甘噛みとして処理された模様。いやそれ噛んでないってちょっと無理がありますよおにーさん!
前回(アニメ1期)のAttack音体感はRevoさんシークレットゲストだったので、今回日程が発表された時被ってたから「どっちだ…どっちを取るべきだ…」ってなってた人がTwitterでも結構いた印象。28までLH大阪で29音体感行ってた強者な方もいたみたいで素晴らしい…

⊿もしこの壁の中が一軒の家だとしたら
まみっこ、珍しく最初力んでパワーで押し切るような歌い方だったのですが、「偽物なんだぜ」で上がり切れずにロングトーンも力尽きてしまって。じゆしんツアーの時もそういうことがなかったのでちょっと驚きました。
でもそのあと「俺達は~」から発声が少し変わって、「旅立つ冒険者」は本当に力強い伸びで今まで聴いた中で最高に突き抜けてて芯が強かった……すぱーーーーーーんと抜けていくのに音圧がすごくてパワー最大解放な感じだった……

⊿14文字の伝言
7回目でようやくですが、「アナタが生まれるまでは」で英子さんの真上から水色のライト落としてることに気付きました…この時英子さんは赤ちゃんを抱く振付をしてるんですが、それに合わせて上手から下手に向かってライトが動いています。SHでは水色=生の象徴として使われることが多いので、ここでほろり。
そして英子さん、回を追うごとに「どうか自分を信じて」がどんどん力強くなっているように感じます。CD音源では儚さすら感じるものでしたが、最近はエレンのみちゆきを送り出すものとしての強さのほうが色濃く出ているような。
そういえば28日の公演では、捌けが今までで一番名残惜しそうに感じました…背中を向けるのが28日はいちだん遅かったような気がします。もはや確証すらない…

⊿神の御業前MC
れぼさん「今日はこの曲でお祈りすることに縛りを入れまーす。皆さんいろんなことを祈ってくれてると思うんですけど、今日は自分のことを祈ってみてください」
って言われたんだけどあんまり思いつかなくて(自分のことに対して自分に都合がいいことを祈ってしまうと他力本願な気がして抵抗があるので)、「Revoさんが表現したいものを表現できてそれを全部見届けてから死にたい…」とひっそりこっそり思ってました。
そしたら御業終わってからのMCで「自分のことって言われても他の人のこと願った人もいると思います、でもそれでもいいんです、自分より優先順位が高い誰かがいても」って言ってもらえて少しだけほっとしました。

⊿自由の翼
前半(座標まで)はれぼさんのボーカルそこそこいいくらいかなとか思ってたら、翼からリミッター外してきてこれ以降は多少の歌詞ミスはあったもののRevoーカル史上最高に最高の音程・音色・表現力でした…後生だから音源くださいよろしくお願いします……(土下座)
どこで歌詞ミスったか覚えてないくらい、というかそれが気にならないくらい「ヴォーカル」という楽器としての音の鳴りと響きがよかったんですよ。もはやこれまでのヴォーカリストとしてのRevoという人物に対して認識を改めなければならない、そのくらいのレベルでした。
しかもギター持ってなかった弓矢と座標よりギター弾きながら歌ってた翼と代償の方が良かったから確実にアドレナリン噴出しまくってたように思う。ドセンだったので勘違いでなければ視線が合ったしどこかで指さされたので死んだ。
あと「鳥は飛ぶために」でRevoさんの後ろに入ってくるいたダンサー佐藤洋介さんに落っことされたので、凱旋含めてあと4公演しかないのに大変今更ながらダンサー男性陣の推しが洋介さんに決まりました…翼のどっかで洋介さんと一瞬目が合った気がした…。
(いやみんな好きなんですけど!箱推しだけど敢えて誰か一人って言われたら洋介さん!)
洋介さんの翼の表現は「双翼のヒカリ」の「鳥は飛ぶために」でも大変素晴らしいので凱旋にも出演していただけることを切に願っております。ダンサーだけ凱旋の出演メンバー未発表なんだけど多分ステージ広くなるから7人全員出てほしい……

⊿自由の代償
サシャが奇行種に追われる「迫り来る~」で一瞬ヴォーカルの入りミスって立ち上がり遅れたんだけど、その直後の「巨大な影に」の「に」のロングトーンがRevoーカル史上最高の音でした……
ド正面から聴けたけど武者震いが止まらなくてその後のフレーズの記憶が一部飛んでるくらいやばかったです。「貪る為に奔れ」くらいでようやく我に帰れた気がします。
あとどっかでアニキと目が合った気がしましたが多分気のせいです。

⊿心臓前MC(レクチャータイム)
いつもの「♪そしてこの辺は 適当にやり過~ごし」のところでぎゅうぎゅうにメッセージを詰め込んでくるれぼさん。もはや文字数という概念は取り払ったっぽい。「尾崎豊ばりに詰め込みました~!じゃあ行くぜ大阪!心臓を捧げよッ!!!!!」

⊿紅蓮の燈火は水平線の彼方へと…
れぼさんメインの音ちょっと取りこぼしてた気が果てしなくする…今までこの曲でそんなにミスってなかったのに…

⊿スクリーン字幕後、DJRevo前
(この日のご当地字幕ネタは海遊館のジンベエザメでした)れぼさん「そろそろこう…ネタが尽きてきててすごい無理やり捻りだしてるんだよね…」「ジンベエザメさ、あれ知識があるからいいけど、なんにも知らない状態で海の中で出会ったら『終わった…』って思うよね。でかいし。小学生みたいな感想でしたー」
あっれぼさんでも「終わった…」って表現遣うんだ…と思ってちょっとじわる。

⊿DJRevo
この日は「彼女は冷たい棺の中で」。冒頭のMCで「今日ライブ初めての人」と恒例の質問をしてたんですが、P席最前の方が挙手されていて、「実は目を付けてました~。というわけで今日は最前列の君です!」→ベース。「なんか最近ベース人気だね!?恋愛マスターが喜んでるぞw」
新機材はあべのべあでした。結構大きめの子だったので卓の横に特設台が用意される始末。
れぼさん「途中から新機材が毎回導入されるシステムになりました。どこからかってはっきり覚えてます、鹿児島の時からだね。お土産にお茶買おっかな~って見てたら、西郷どんのマトリョーシカに入ったお茶が売ってて、あれこれ使えるんじゃね!?って思って飾ったのが最初です。探すの意外と大変でなんで始めちゃったんだろうって…wでもみんなが喜んでくれるならいいでーす」
れぼさん「上から読んでもあべのべあ、下から読んでもあべのべあ」ってよほど大事なのか2回言ったし、2回目の2個目のあべのべあの発音がめちゃくちゃ良くてどう聞いてもあべのbearだったw
ベース以外にもいろんな楽器アゲてくれたけど、「イデアの影は~」のとこ当然のようにティンホイッスル上げてくれて最高だったし、ラストの「冷たい棺の~」のとこはあのベースがいっちばん美味しいとこ上げてくれた…実はあのベース一番好きって書いて会報のアンケートに載せてもらってたからめちゃくちゃ嬉しかった…


⊿アンコール
れぼさん「大阪はアンコール盛り上がる曲しかやりません!みんなまだいける?」
アンコール一発目は十字砲火!あれわたしもしかして今回のツアーの十字砲火回フルコンプなのでは(相模原、名古屋初日、大阪3日目)つっきーの肖像聴けずじまいは避けたい…
名古屋の時は3階で一般枠のかなりギリギリで取ったので周りがノリ切れてなかったけど、今回は9列目だったので訓練されてる人が大半でしたwでも手拍子出来てる人が意外と少な目だったな…
とりあえず十字砲火で体力セーブするわけないよねーって飛び跳ねまくった。
れぼさん「ブレイブリーデフォルトってゲームの曲です。戦場アイドルプリンちゃんってのがいて、歌で味方を鼓舞するっていう。『ミ・ナ・ギ・ル~~~~!!!』って。何言ってんだお前っていう感じですが本当です」
れぼさん「ごめん昨日のMCで嘘言ってました!昨日アニエスの英語読みがアリエスって言っちゃったんだけどアグネスでした。アグネス・チャンさんの。あの人今はなんとか大使とかやってますけど昔は歌手だったんですよ」
「聖闘士星矢が好きすぎて頭の中で勝手に事実を作ってました。誰にも突っ込まれなかったけどRevoが嘘ついたって残っちゃうので訂正しときまーす」

れぼさん「さーもう1曲…皆何やりたい?」
会場\ハロウィーーーーーーーーン!!!!!!/
れぼさん「面舵いっぱーーーーーい?」
会場\おっぱーーーーーーーい!!!!!!!/
れぼさん「それはやりませーーーんw」
この時のれぼさん、すごい「してやったり」な感じの笑顔でほんとグラサン割るわって思いましたw
それにしてもこのご新規さん完全置いてくコーレス酷いw(ライブ限定曲の「T・N・G」のコーレスだしこの曲を最後にライブでやったの6年前だし音源はない)
歌姫・ダンサーがどのタイミングで出てきたかさっぱり覚えてないけどこの時点で整列してたような。
れぼさん「では。悪戯するならー?」
会場\今でしょーーーーーーー!!!!!!!/
→朝までハロウィンでした!
10月末にライブがないとほぼ絶望的に演奏されない曲のはずなんですが、今までライブでやった回フルコンプ出来ててまじでラッキー☆(ハロパ、祝賀27日夜、今回)
タイミング的にみんな期待していたのもあって、始まった瞬間大合唱だったし(実際Revo曲でライブで無礼講お祭り騒ぎで大合唱になる曲ってこれくらいしかない)みんな飛び跳ねてるしで会場の温度感がすっごい噛みあっててめちゃくちゃ楽しかったです!
1番Aメロで歌姫ダンサーRevoさん全員整列してハロウィンチルドレンのポーズ決めてたのまじで可愛すぎてもう1回見たい…俺たちの信頼できるカメラマン江隈さんならばっちりシャッター切って会報に載せてくれるって信じてるぜ…!
2番Aメロで「ボロボロのシーツおばけ」でOBAさんクローズアップするの、twitterで指摘されてるレポ見るまで気付かなかったけど「OBAけ」で名前ネタにかけてて配役そこまで名前ネタやるれぼさんSUKI…
あとラストのレニーが倒れるところ、れぼさん含めて他のメンバーが全員倒れたりしゃがんだり低い体勢を取ってたのに、一人だけ道頓堀のグリコのポーズ取ってたOBAさん推せる。あれツボでした…

⊿メンバー紹介
初心に帰って「印象に残ったシーン」がお題。

洋介さん→「最初の方にも言ったと思うんだけど、1巻のいっちばん最初の超大型が出てくるシーン」れぼさん「分かる。僕も創刊号からずっと読んでるけど、あれ「は?」って思ったもん」
OBAさん→「最近倒れ癖が」れぼさん「昨日スルーされてて倒れ損だったよねw」前日のみさきちww
「だいぶ最近の話なんですけど」れぼさん「アニメ派の人もいるしアニメでやったとこまでにしときましょうか。一応聞いとこう、アニメしか見てない人ー。ちょいちょいいるね、アニメまでで」OBAさん「うわぁ…」この時のOBAさんめっちゃプルプル震えてて可愛かった…踊ってるときの眼光で人を殺せるのでは…という表情とギャップが激しすぎてOBAさんやばい。
しばしシンキングタイムのあと、OBAさん「エレンの一番最初の『駆逐してやる!』の表情が凄くて。目とかこんなんなってて(ここで顔の横に手を持ってきて指をわしゃわしゃーっと動かす)。あれ描いてる人どんな気持ちで描いてたんだろうって…自分踊る時も気持ち入れて表情作るんですけど、あれだけはどうにも再現できません」れぼさん「あれねー。エレンずっと瞳孔開いてるもんね。アニメだと叫びっぱなしだし」
みなみさん→エレンが食べられるシーン
あゆさん→

バンメンのターン記憶がすっぽ抜けすぎててやばいので思い出せたら編集します(多分むり)
アニキ→
淳士→
あっちゃん→
YUKIさん→本日のメンバーピックアップ、暴れん坊将軍からの栄光の移動王国!栄光の移動王国かっこよすぎたし、れぼさん胸に右手を当ててて(捧げてるのではない。ここ重要)YUKIさんまじで拝むしかない…ひと時だけでも帰国させてくれてありがとうYUKIさん…
らっしー→西山アニキは最近よく「俺みたいになるなよ」って言うからしくじり先生です!
一徹アニキ→
れぼさん「一徹アニキがまとめてくれてるストリングスチームです!いつものレコーディングの時とかだと、一徹アニキに話せばうまーく対応してくれるので、なかなか個人個人と話す機会ってなかったりしたんですよね。でも今回MCで話したりとかして、何となく分かってきたかなって。今までストリングスチームだけさん付けで呼んでたけどもういいよね、カメルーン真希!」って紹介のコール呼び捨てになりました。凱旋入れてあと4公演しかないけど!w
ストリングス梶谷さん→「絶対誰かと被ると思ってたらやっぱり被りました、エレンが食べられるシーン、3度見くらいして。中学2年の娘がいるんですけど、家に帰ってから話したら『まだそこ!?』って言われて。追い付いた今なら娘の気持ちが分かります。『まだそこ!?』って」
れぼさん「確か娘さん、アニと身長と体重一緒なんでしたっけ」梶谷さん「そうなんですけどだいぶぽっちゃりというか…」れぼさん「あれですね、筋肉と脂肪で重さが違うから」

この日は珍しく歌姫は引っ込まずに上手で待機。(いつもは引っ込んで下手から出てくる)
英子さん→れぼさん「あの人の後は嫌だって言ってたので…トップバッター松本英子!」って言った瞬間「やったーーーーーーー!」って上手から飛び出してくるの可愛すぎです英子さん…
可愛すぎて内容あんまり覚えてない…\(^o^)/
まなみん→「ペトラ・ラル・まなみとしては、壁外調査から帰ってきてリヴァイ様がペトラのお父さんから手紙の内容言われるシーンで顔の血の気が引いてるじゃないですか。あの時リヴァイ様ペトラのこと想ってくれてたのかなって…そうなら嬉しいなって…」まなみん、ペトラに感情移入するあまりガチ泣きしてました…
9列目からは涙は見えなかったけど声が震えてて、れぼさんがまなみんを励ますみたいに左手でまなみんの右肩をぽんぽんって叩いてた…
パンフのネタバレになるんだけど、れぼさん軌跡の新録曲でいちばん最初に出来たのが双翼らしくて。あの絶妙な匙加減のリヴァ←ペトを書ける人とそれを体現してくれた人の間柄なので余程分かち合うものがあったんだ…と…まなみんペトラをここまで想ってくれて本当にありがとう…

みさきち→「アニちゃんの寝起きのシーン…朝日が射してて…あれ全部アニちゃんのためにあるんだなって…」なんかみさきちが序盤に比べて随分まみっこ化してるというか毒されてる…w
みさきち「ところでさっき梶谷さんの娘さんがアニちゃんと身長体重同じって聞きましたが初耳です!」れぼさん「えっ、それだいぶ序盤の公演で言ってたよね?」みさきち「えっ!?なんで私覚えてないんだろう……あの、ぜひ会わせていただきたいです、あっ何もしないんで!」梶谷さん「でもだいぶ体型とか違いますし」みさきち「いいんです、抱きしめたい…」梶谷さん手で×マーク出してたwwwww
れぼさん「さーあと二択ですね」でれぼさん選びかねてるうちにまみっことつっきーがファイティングポーズ→クラウチングスタートのポーズ。れぼさん「よーい…月香!」まみっこ崩れて膝ついて拗ねて駄々こねてるの可愛いww
つっきー→「ユミルが塔から飛び降りて巨人になるとこあるじゃないですか」れぼさん「ウドガルト城ね」出たよれぼさんの進撃ヲタっぷりが…固有名詞すぐ出てくる…
つっきー「変身した時ブッサイクやな!?って…鎧かっこいいし女型綺麗やし超大型もかっこいいのになんで!?って…」れぼさん「でも巨人になってから取った行動はかっこいいよね」つっきー、盛大に頷いてユミルをフォロー。
まみっこ→「わたし特に1巻と2巻が好きでずっと繰り返してるんですけど…あっ、長いって言われるから早口で巻きますね!」と、ミカサ推し的に尊いシーンを中心に怒涛のマシンガントークを展開し、れぼさんにすら付け入る隙を与えないまま語り倒すまみっこwwwwww
全体の2/3くらい行ったところであまりの勢いに拍手が沸いたけどそれでも止まらず場内爆笑。「だめだこの人…早く何とかしないと…」って思ったけどもはや手遅れな感じがしないでもない…w
れぼさん「時間さえ許せば麻美が全部あらすじ喋ってくれる」あっ団長から太鼓判出ました。早口で喋ってたのにほぼ2巻分のミカサ尊いポイント話してたから全然巻きになってなかったwwwww
れぼさん「あの子は今もまだ、終われなかった話の続きをしているのだと思います。こんな子を見かけたら、それは麻美かもしれません。せーの、」
会場\おやすみ、まみーーーーーー!/
まみっこ「????」
れぼさん「ネタが分からなかった人は分からないと思いまーす」
「朝までハロウィン」と同じ「ハロウィンと夜の物語」に収録されている「おやすみレニー」の最後の語りのネタだったんだけど、歌姫はもとよりバンメンとダンサーもほぼ置いてきぼりだったこのれぼさんとローランの小気味よい共犯関係…たのしい…w

⊿青春花火前
れぼさん「ジャンプは着地が大事!!!!」太ももぺちぺちしながらあまりにも真顔で言ってたので笑ってしまった…でもれぼさん今回30公演以上やっててまだ1回も転んでないし脚も攣ってないからほんとすごいと思う(昔は脚攣りの常習犯で両足同時にやっちゃって自力で立てなかったこともあるから…)

⊿ラストMC
れぼさん「あーーーー楽しかった!楽しくて疲れて楽しくて疲れて楽しかった!!!!僕が考えた言葉じゃないけど感無量です。どっかのMCでも言ったけど僕は未来から来ました。未来から来たから、次に君たちに会う時どんな顔をしてるか分かります。笑顔です」
「大丈夫、大丈夫です。全部肯定します。君達は乗り越えられる。余裕です。辛いことや苦しいこともたくさんあると思うけど、乗り越えた未来からしたらそんなの余裕です。大阪、ほんとにありがとう!!!」(要約・意訳。混ざってる可能性大です)
「大丈夫」「余裕です」「全肯定します」この3つを繰り返していた大阪公演、Revoさんにとってもわたしたちにとってもターニングポイントになるんだろうな、と思いながら彼の言葉を聴いていました。祝賀とか、Neinの千秋楽とか舞台挨拶とか、そういう節目の公演ではないんだけど、ここは確実にこれからの彼とわたしたちの関係の礎に…いや、既に道半ばだから「礎」という表現は変だな、バックボーンの一つになるんだとそんな感慨がありました。
もしかしたら、しつこいくらいに「大丈夫」「余裕です」って言ってたのは、過去の、あるいは今のRevoさん自身への鼓舞だったのかもしれない。だけど同時に、それを目の当たりにした客席にいたわたしたちへの、そして伝え聞いた未来にいる誰かへのYELLでもある。
前日(28日)のラストのMCで「3日目はなるべくところになると思います」ってれぼさん言ってたんだけど、この日のライブは本当にそれを体現したものになったなと実感しました。れぼさんとメンバーとお客さんと、もちろんお客さんは全員が同じではないけれど、みんなが理想とする温度感に収まるべくして収まったというか、文字通り「会場全体が一体となった」という表現がぴったりな気がしています。
Revoさん、「全肯定おじさんになりました」って言ってたけど、彼にとって肯定するということは信じることと同義なのかもな、とふと思いました。
そして、肯定することは否定の否定ではない。肯定か否定かで考えてしまうと二元論になってしまうけれど、肯定するということは実はもっと多元的・多角的なことなんですよね。彼はその瞳に映す数多の人の行く末をありのまま見つめようとしているのかなと感じています。すなわちこれが彼が出した「選び悔いた道」の選択でもあるし、同時に「Nein」という2年半前に彼がわたしたちに問いかけたものに対する見解のひとつであるようにも思います。
彼がアーティストでありクリエイターであり同時に発信者である以上、そしてわたしたちがその受け手である以上、一対多数という構図からは逃れられないしそれを崩すことは非常に難しい。それでもRevoさんは可能な限り自分と向き合う多数という存在のなかのひとりひとり、個を大事にしようとしてくれている。それが視線や態度やことばの端々から感じ取れるからこそわたしは発信者Revoという人間の意志を信頼しているし、これからも信頼させてくれると思います。
これほどすべてに対してあたたかい気持ちで終われたライブは初めてでした。そんな公演に参加できたことを幸せに思いながら、凱旋を待とうと思います。
誕生日だから川崎行きたかった!!!!!!!!!!!!!!(残響)

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

masquerade_si10

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ