2021年04月17日

札響新・定期演奏会 第5回

今回のhitaru詣では長老と一緒です。

仕事を早上がりしたのは良かったのですが、
のんびり出かけて、夕食を軽くとったらhitaru着は18:40。
ちょっと余裕がない開演前でした。

プレミアム席のセンター寄りという良席。
ベートーヴェン、シべリウスと長老好みのプログラムですが、
曰く「なんだ、シベリウスがヴァイオリン協奏曲だと思った・・・」
おいおい(^^;・・・

以下、いつものように・・・

2021年4月14日19:00
札幌文化芸術劇場 hitaru
hitaruシリーズ新・定期演奏会 第5回
高関健指揮

20120414p


アルヴォ・ペルト:「カントゥス」〜ベンジャミン・ブリテンの思い出に
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲
ソリスト・アンコール
バッハ:無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番〜サラバンド
ヴァイオリン/竹澤 恭子
シベリウス:交響曲第2番

高関さん登場ということで、
ヴァイオリンは両翼にぐっと広がる。

最初のペルト、YouTubeで予習したけれども、
旋律線がある程度聴こえないと、美しい音楽にはならない様子。
今回の札響も序盤はやや混沌とした雰囲気、
ヴァイオリン・パートには、コンマス田島氏くらいの、
集中度が欲しかったか・・・
それほど田島氏のボーイングは毅然として美しいと感じた。
音楽のボリュームが上がり、各声部がそろっていい雰囲気のところで終曲・・・。

管楽器陣が登場して、ベートーヴェン。
なんと、オーボエは野郎二人!

竹澤恭子、長く活躍しているが、自分は生では初めて聴くのではないか?
実に線が太いベートーヴェン、しかし表情、テンポには細部までこだわりが感じられる。
高関が中庸のテンポで始め、竹澤がじっくりと弾きこんで、
音楽はスローダウンしながら、
スケールを増していくといったところ。

自分の理想とは微妙に違ったが、
大きな手ごたえを感じる熱演。

オケも左右に広がるヴァイオリンの対峙を軸に、
弦楽器の響きを大いに楽しめた。

アンコールにお約束のバッハから・・・
雰囲気は良いが、細部の仕上げには?

しかし、毎度思うのだが、
女性ヴァイオリニストの演奏後の表情ってなんとも素敵である。

休憩15分。

シベリウスは小樽でオッコ・カムを聴いて以来か?
そういえば秋山指揮のCDは手元にあり、
図書館から尾高指揮のCDを借りたこともあったから、
札響の十八番のひとつと言っていいのかもしれない。

第1楽章、インテンポで進む音楽は、
時に、この曲に欲しい隈取が甘く、立体感が弱い。
オケの響きそのものは全く悪くないのだが・・・。
第2楽章も弦楽器の細かく激しい動きが何となく・・・
とはいえオケ全体のボリューム感、バランスは過不足ない。
やがて終盤に向けて、表情も濃い音楽になってきたかと思われた。
第3楽章、中間部?のオーボエに色気が欲しいかな?
崩壊したかと思われるほどテンポが落ちた?ように聴こえたアラルガンドでフィナーレへ突入。
弦楽器が弓をたっぷり使って歌い、
金管が力強く鳴れば、大満足のエンディングである。

この日、全曲にわたって一番感心したのは、
両翼のヴァイオリンのシンクロの見事さ。
セカンド・ヴァイオリントップの桐原氏、
指揮者を挟んで田島氏に引けを取らないパフォーマンスだった。
ベートーヴェンとシベリウスの、
ふたつのヴァイオリン・パートの使い方の違いも感じられて、
楽しい見ものでもあった。

ペルトも含めて、各曲盛大な拍手が心地よいが、
ベートーヴェン、シベリウスはもうちょっと最後の響きを味わいたい。
7月から再開するkitaraの大ホールはここよりも繊細に響くはずだ。

終演21:15
以後分散退場。
歩みの遅い長老に合わせると、
前後の間隔が密になりがちだった(^^;

長老、終演後曰く
「たまには生を聴かなきゃね〜」
「ケンタッキー買って帰ろうか・・・」
はいはい(^^)

massa_3 at 12:07|PermalinkComments(0) 頑張れ!札響!! | hitaru詣で

2021年04月11日

New Chronorogyは来週へ(^^;

New Chronorogyの1900年。

ここ数日追い込みましたが、
今一息足りませんで、次の週末アップを目指します。

1900~1901年スカラ座のスケジュールを追いきれなかったのが大きいのですが、
実はそこに思いが行ってしまい、
一番大事な?
レオンカヴァッロの「ザザ」の初演について、手付かずだったのを忘れてました(^^;
ミラノでの初演ですから、
おそらくスケジュールは把握できるはず・・・
と思い、飛ばして、先に行ったままでした。

Zaza_Pianoscore1900

なんとかしなきゃ・・・
・・・と思えば、次の水曜日はhitaru詣で、札響だったりします・・・

ブリバッハも楽しく(^^)
CD70の締めはBWV98。
アリアが終曲で、コラールを期待した身には、
「あれ?」としばらく次のトラックを待ってたりします。

BB_070071
BBR_070071


massa_3 at 23:07|PermalinkComments(0) トスカニーニ! | ブリバッハを聴く

2021年04月09日

そろそろお取り替え?

4月も9日!
このところ、少しですが、帰宅時間も早くなっています。

来週は久しぶりに、長老と札響を聴きに行く予定です。
高関さんのベートーヴェンとシベリウス。

ヴァイオリンが左右に並べば、
トスカニーニのシベリウスがどう響いていたのか?
なんて想像する楽しみもあります。

New Chronorogyがなかなか進みませんが、
次の週末には、1900年アップするべく、
ピッチを上げています(^^;

このところ、ブリバッハを聴いていて気になるのが、
プレーヤーが悪いのか、メディアがよろしくないのか?
音飛びが目立ちます。

思い切って、
中古のSACDプレーヤーをヤフオク辺りで探していますが、
良縁に巡り合えますかどうか・・・

ブリバッハCD68は1枚で5曲!のお徳用!!
しかも作品そのものも、受難曲やミサ曲の一節を想わせる充実ぶりであります。
BB_068069

BBR_068069


massa_3 at 21:48|PermalinkComments(0) トスカニーニ! | ブリバッハを聴く

2021年03月30日

道草〜1900年のパンデミック

New Chronorogyは1900年で足踏み状態です。

その1900年、欧米ではインフルエンザが流行、
いわゆる「パンデミック」となりました。

スカラ座にもその波が押し寄せていたようです。

1月23日のCorriere della Sera紙は、
スカラ座の「ローエングリン」初日が、
主要キャストのひとり、Oreste Luppiの不調により延期されることを報じました。

Corriere della Sera 19000123

その翌々日には劇場関連のニュース記事の中に"d'influenza"という単語も見られ、

Corriere della Sera 19000125

別枠の社会情勢の記事の中でもスカラ座でのインフルエンザの蔓延が伝えられています。

Corriere della Sera 19000125b


さらには2月13日、ふたりの歌手のキャンセルもあって、
上演直前に演目が「ローエングリン」から「ジークフリート」に変更されているようです。
中止ではなく、演目変更というところがすごいですね。

Corriere della Sera 19000214
  ↑
これ、読み違えてたらごめんなさい・・・

この時の「ローエングリン」の上演はすっかりインフルエンザ流行にたたられたようです。

この流行、記録によれば日本にも伝わったとか・・・

今更ですが、恐るべきは「パンデミック」!!

Corriere della Sera 19000203


ブリバッハは引き続きカンタータ三昧!
なんとも幸せなこの響き!!
仕事の何とかを忘れさせてくれるひと時・・・

BB_066067

BBR_066067
massa_3 at 23:27|PermalinkComments(0) トスカニーニ! | ブリバッハを聴く

2021年03月26日

発表!PMF2021スケジュール!!

先の報道に遅れましたが、公式HPが動きました。

PMF2021開催概要を発表しました

普通に働きますと、ほとんどのコンサートを聴くことができませんね(^^;
仕事を切り上げて、19時開演のコンサートに駆け付けるか・・・
と思えば、今年は22日から4連休?

個人的には、今、一番聴きたいと思う日本人指揮者が登場します。
沖澤のどか
札響より先に来ましたね(^^)
ピクニックとGALAに持ってきたあたり、
若さが売り?のPMFに相応しい大英断ですね。

そのほか、海外の教授陣がデジタルコンサート、
過去の演奏なのか、ライブなのか?
いずれにしても期待されます。
昨年は転居のタイミングもあって、
webのコンサートを全くチェックできずに残念な思いをしました。

まずは動きだしました。
応援したいと思います。

ブリバッハは引き続き、
カンタータの森の中、
何度聴いても飽きることのない響きに、
歩みが滞りがちです。

第75番のコラールは、
パイヤールがほっこりとした編曲をしていましたのを思い出します。

BB_064065

BBR_064065



massa_3 at 22:23|PermalinkComments(0) PMF | 頑張れ!札響!!