2016年10月24日

理想の夫婦。

以前、漫画を読んでいて、可愛らしいなと思う夫婦がいた。

旦那さんは無口でクール。

でも、とても優しい。

奥さんはすっとんきょうで可愛らしく、少し焼きもち妬き。

幸せそうな夫婦だった。

ページをめくりながら、微笑ましく読んでいたっけ。

そこから私の理想の夫婦を考えてみる。

うーん、大恋愛して、結ばれて、仲睦まじく。

これは若い頃、考えていたけど、そこまで若くねえしなあ。

今は穏やかな夫婦関係に憧れていますね。

一緒に笑って、泣いて、乗り越えて、絆が少しずつ強くなったら良いなと思うかな。

後は、若い内から変わらないのは、来世でも夫婦になりたいと思う気持ちでしょうか。

私も好きで、相手も好きで、世の中と一緒に戦っていく戦友みたいだったら、きっと私は自ずと、来世でも!と思うだろうな。

共に戦おう!みたいな感じでさ。

二人にしか分からない独特のコミュニケーションがあって、そして、月日を重ねていきたい。

来世でも必ず見つけ出すんだ!

てか、私ってかなりのロマンチスト!

massugu1982 at 08:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 独り言 

2016年10月23日

ゲーム。

デヴィッドフィンチャー監督作品です。

私、この映画は高校生の時に観ました。

ミステリー映画で、どんどん引き込まれて、「最後どうなるの!」と思った記憶がある。

内容はあまり知らない方が楽しめると思う。

あらすじを少しだけ見て、ネタバレ部分はあまり読まない方が良い気がします。

ミステリーが好きな方なら、楽しめるのではと。

ラストがねえ…。

騙されましたわ、マジで。

ラストを知った後で、もう一度観ても楽しめるそう。

私は一度しか観ておりませんが。

とにかくハラハラドキドキの命がけ!

面白いですよ。

家族で観るもよし!

友達と観るもよし!

何より一人の方が集中して楽しめるかも。

推理して観てみるのも面白いかも。

ご覧あれ。

massugu1982 at 00:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 独り言 

2016年10月22日

カントリー。

気が付けば故郷を思う歌が好きだった。

懐かしい匂いがする私のホームタウンミュージック。

カントリーミュージックから始まり、ヒップホップ、ポップスに至るまで、今も色々と聴いている。

少し前だっただろうか。

ラジオを聴いていたら、故郷を思いながら都会に出てくるという内容の曲が流れた。

初めて聴く曲。

私の好きなバンドがカバーして歌っていた。

ちなみにカバーされた曲は売られていない。

その曲を聴いて、夜中の切なさも手伝い、私は感動してしまった。

ちょっとだけ高めの声と切ない歌詞。

そして、女性目線の曲を男性が歌う。

すごくマッチしていて、夜中に泣きそうになった。

私は故郷から離れたことはなく、離れるとはどんなイメージか分からないのだが、家族と離れて、これから一人でやらなくてはならない気負いと、不安、でも、ワクワクもあるのかなと思っている。

歌っていたバンドの方々も地方から出てきたようだ。

一層、この歌詞が染みるだろうな。

都会に出て故郷を思うのは、目を細めて懐かしむことだろう。

だから歌がより切ないんだ。

massugu1982 at 08:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 独り言 

2016年10月21日

親友のことを好き。

自分の好きな人が親友のことを好きになったら、どうしますか?

歌詞にあってね。

ふと私ならどうするかなと。

今までそんなことはなかったが、どうするかなあ。

私の好きな人への気持ちの度合いによるでしょうか。

あ、彼のこと、良いな、ぐらいだったら、親友のことを好きと聞いて、あら、残念☆と思うし、自分が本気なら当たって砕けろってなるかも。

まあ…長期戦になりそうですけど。

後は、好きな人がどれだけ親友のことを好きなのか、確認するかもね。

親友に対する気持ちが淡い程度なら、うんうんと話を聞いて、私、まだいける?と思ったり、情熱的で私の知らない彼女のよさを語って、好きなんだと話してくれたら、心で泣いて協力しようと思う。

後者が一番辛いんだけどね。

彼女のよさを知ってて、その上で好きになっておる!

いい男やー!

辛いよう!( ノД`)…

まあとにかく私は親友のことを好きという男性を好きになったことがないので、実際にはもっとドロドロでしょうね。汗

所詮、机上の空論のきれい事や。

でも、恨みっこなしでいきたい。

どっちも大切だから。



massugu1982 at 08:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月20日

状況判断。

カンの良い人が好きだな。

時にその人のカンが鋭すぎて大変な時もあるのだが、なんか素敵なのよねえ。

何も知らされず、ポンと放り込まれて、その場のことを瞬時に察知していく能力。

かっくいいー!

テレビドラマを観ていたら、そんなシーンがあった。

会議のような所で、事情を知らされず、放り込まれる。

会話で探りを入れるのだが、それが地雷を踏まない。

そうして徐々に確信に迫る。

すげえ!と思う。

私には無理なことだ。

周りに、「えっ、何のこと?!何々?どういう意味?」と聞くだろう。

で、関係者が頭を抱えるという…。

マジすいませんだよ…。

私の天然ばかやろうですよ…。

ここが良い味出していると好評だったりするのだがねって何の話!

さて、カンの良い人は特に会話でセンスを発揮されるのではと思う。

地雷を踏まなさそうよね。汗

相談事をされるのも多そうや。

相手に清潔感を与えていそうな気がする。

今思ったけど、彼らは武士のような佇まいのような気がする。

全部を話さなくても察する所がね。

なんかそんな気がするな。



massugu1982 at 08:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 独り言 

2016年10月19日

生きるとは。

人はなぜ生きるのだろう。

いつか死んでしまうのに。

後にも先にも無になってしまうのだったら、今やっていることは無意味ではないだろうか。

もし人間が一人もいなくなったら、誰が功績を伝えるのだ?

誰がここに生きていた証拠を伝えるのだ?

神様はなぜ人間を作ったのだろう。

何か理由があったのだろうか。

それとも神様の気紛れだったのか。

今日も暗いな、私。汗

たまに考えてしまうこのテーマ。

本当に無になってしまうのだったら、意味ないよなって思ってしまうんだよ。

私のない頭を絞り出して考えてみる。

もしかして、これから生きる人の道しるべの為に生きているのかな。

人生初心者の為に、道に迷わないように。

私たちが生きることによって、後輩たちに色々と伝えているのかなあと思う。

うーん、答えになっているだろうか。

答えになってなかったら、すまん。

私の考えはここまでや。

でも、もしかしたら、なぜ生きるのか、死んだら答えが分かるのかもしれないね。

それは誰にも分からない。

答え、知りたいな。

それって地球がなぜ出来たのかにも通じそうな気がする。

massugu1982 at 08:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 独り言 

2016年10月18日

可愛い女子。

女子視点から見た私の可愛いなと思う女子は。

そうですね、喜びの感情をストレートに出す子でしょうか。

例えば!

「これ買ったから一緒に食べない?」と言って差し出したスイーツに「やったー!」と言って喜んでくれる子でしょうか。

あげた方もなんだか嬉しい。

あげがいがあるというもんです。

潔いのも可愛いなと思う。

例えば、「一緒に踊らない?」と言った時に、「私は得意じゃないから」と一旦断るのだが、皆が楽しそうに踊っているのを見て、「よっしゃ、踊りますか!」というタイプ。

何か良いんだよな、その場を壊さなくて。

私はなかなか出来ないので、憧れてしまう。

悲しみを隠すタイプもまた可愛い。

でも、隠しきれず出ちゃう所が良いな。

「皆が楽しくないと思って隠していたけど、バレてたね、ごめんね」と言う感じが可愛くて、微笑ましくて、健気だなと思ってしまう。

私の可愛いなと思う女子像は共通している。

ピュアで、サービス精神旺盛で、明るく、少し天然。

なーんか、気になるんだよね。

その性格、変わらないでいてくれ、マジで。

色んな人の癒しになってると思うぞ!





massugu1982 at 08:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 独り言 

2016年10月17日

別れ。

人は出会い、別れ、また出会い、そして別れ…。

出会いと別れの繰り返し。

まあ、私も少しだけですが、年上の恋人がいて、別れも経験しました。

しんどいときに別れた彼。

特に好きだった訳ではないけれど、しんどい時期だったので、切り出された時には、どっと疲れがあったな。

別れようと言われて別れたのだが、そのセリフを言われた時は、そんなに辛くなかった。

確かにショックではあるのだが、辛くはない。

日常ですね、寂しいの。

交際期間が長かったので、ふとした瞬間に、あ、今私一人だっけと思っていた。

好きじゃなかったけど、一人にされ、広い大海原に放り出されたような悲しみ。

依存心の強いわたしには堪えたな。

別れって辛い。

でも、恋愛って別れも経験して、一つの恋愛が出来上がる気がする。

分からないけど。

一期一会。

別れる時に、感謝できるようになりたい。

私を成長させてくれてありがとうと。

でも、私は恨み節を言ってしまうかな。

出来るだけ笑顔で別れられたら。

前向きでいられたら、神様から素敵な出会いのプレゼント、もらえるかもよ。

massugu1982 at 08:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 独り言 

2016年10月16日

プライベートライアン。

この時期にどうだろうと思ったのですが、良い映画なのでご紹介。

スティーブンスピルバーグ監督作品です。

インディジョーンズの監督さんですね。

他にもたくさんの良い映画があります。

さて、この映画、戦争映画でございます。

陽気な映画でなく、冒頭からかなり重いです。

でも、引き込まれる。

私は、戦闘部分にひかれたのではなく、ひかれたのは男たちの結束感でしょうか。

外国でも日本でもある男たちの独特のコミュニケーション、繋がり?でしょうか、そこにひかれました。

私は繋がりに注目した訳ですが、他にも注目する部分があったり。

あえてここではあげませんがね。

見応えあります。

重たい映画ですが、とても良い映画です。

戦争はいけないと教えてくれます。

お暇な時にご覧ください。

massugu1982 at 00:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月15日

年取って。

この間、気持ちよく歩いていたら、バイクが通り過ぎた。

通り過ぎた瞬間、

「田中さん…!」

ご近所に住んでおられる田中さんというおじいさんだった。

真っ青なバイクに黒の革のスーツに身を包み、颯爽と走ってかれました。

イカすなあ。

カッコええなあ。

セカンドライフを満喫され、楽しそうだった。

さて、私、田中さんを見ていて思ったのだが、年取ったらどんな風になりたいかな。

不思議なおばあちゃんでいたい。

見た目は普通なんだけど、実はあの大物海外アーティストと繋がっている!とかね。

そんな素振りはおくびにも出さず、ちょっと変わった不思議なばあさんやと思われている。

で、孫にちょっとあれ取ってと頼んだ時に、タンスの中に一枚の写真が。

孫がなんだこれと思って見てみると、あの大物海外アーティストと映っている写真だった。

ばあちゃん、何これ?と聞かれて、私は、じいさんが面白半分に作った合成写真だわと言い、謎が深まるという…。

つかみ所のない、噛めば噛むほど味のあるばあさんになりたい。

そしたらきっと、孫との駆け引き、楽しめそうじゃない?

まだまだ若い者には負けとれん!ってね。



massugu1982 at 08:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 独り言 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: