2014年11月

2014年11月24日

なんだか毛色の違うイメージの一日。3

ウォーキングをしていたら、中学生ぐらいの男の子と女の子に出会った。

男の子は私の方を見て下を向き、女の子は彼の方を見た。

ねえ、距離はものすごく近くて彼女は飛び越えてしまうのに、彼は宇宙的な単位でものすごく離れているように感じている?

なぜかそんなことを考えてしまった。

女の子は簡単に飛び越えてしまうのに、男の子は遠いんだね。

そこが女子と男子の違いなのだろうか?

逆パターンもあるかな?

男の子が笑顔で飛び越えて、女の子が恥ずかしがる、とかね。

そんな恋愛について(答えでねーのに)考えて今日はそれで暮れていくのかと思ったら、夜はお祭りへ行くことになった。

ぼんぼりと音楽。

私の好きなもの。

なぜか涙が込み上げてきた。

前世がそうだったのか、DNAがそうさせるのか・・・。

ルーツを感じてしまった。

この日はなぜか答えの出ないことを色々思う一日だった。

雰囲気の違うことが一日に起こるってたまには楽しい。

massugu1982 at 13:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 独り言 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: