ボルサリーノ

93c5a6cd.jpg


久しぶりに見たよ、自分のブログ・・・・って

半年以上、更新していないにも関わらず、結構、訪ねてくれる人がいて、大変申し訳ない思い。

また滞るかもしれないが、再開してみました。

先日、客さんがこんな事を言っていた。

「あるテーラーでジャケットを注文したけど、イマイチだった。
とても忙しくいらしく、あまり話を聞いてもらえなかった。」

このお客さんは、腕の上げ下げに敏感な方で、ウチでも、袖付け部分の補正を念入りに行っている。

テーラーは、「大丈夫ですよ」と言ってたらしいが、きちんと把握出来なかったようだ。

まあ、テーラーによって考え方、アプローチ方法は違うので、たまたま合わなかっただけかもしれないが、
気になるのは、お客さんが、ちゃんと聞いてもらえなかった、と感じていること。

他人の商売に口を挟む気も、権利もないけど、テーラーとして、これはあまりいただけない。

”BESPOKE”と謳うように、テーラーの仕事の第一は、顧客の話を聞くこと。

”在るモノ”を売っているのではなく、”これから作る”仕事においては、
これがスタートであり、また全てといっても過言ではない。

入念に打ち合わせをして、最善を尽くしても、満足して頂けないこともある。
それを考えると、お客さんに、聞いてもらえなかったと感じさせるのは、テーラーの責任だろう。

商売である以上、多くのお客さんに来てもらって、忙しい方がいいのは当たり前。
ただ、本来、時間と手間がかかるオーダーは、キャパを超えると仕事が雑になる。

幸い(?)なことに、今のところウチは、キャパを超えてはいないので、
お客さんの話を、十分に聞くことは出来ていると思う。
(理解できてるかどうかは、また別の話)

この先、キャパを超えるほど忙しくなった時(なるのか?)、この話を思い出そう。

写真は、帽子マニアのお客さんから頂いたボルサリーノ。

とても気に入ってるのだが、なかなか合わせるのが難しく、コーディネートを思案中。

こんなことを楽しみながら、仕事が出来る位のペースが良いな・・・・


Bespoke Tailor Since1993 WILBEE

春のウェスタン!

久し振りにウェスタンスーツの注文。
P4158436


白のウールトロピカルで、ロングジャケットのスーツという依頼。

かなりド派手になる予感。

仕立て上がり、お客さんのTさんに試着してもらうと、
「おー!これはかなり良いよ!」との第一声。

黒で統一されたハット、ベルト、ブーツ、リボンタイで合わせると、
店の中が明るくなったと思う位の華やかさ!
P4168444

「春のウェスタン」これ、アリです!

ただ残念ながら、私にはこれを着て行く場所が思い当たらない。(´;ω;`)

Tさん、かなり気に入って頂けたようで、
次は、秋冬用に、ネイビーブルーのギャバジンで注文したいとのこと。

10月にお待ちしています。!(^^)!


Bespoke Tailor Since1993  WILBEE











噂話

先日、同業の方達と会い、色々と話しました。

ちょっとした業界の噂話、笑い話です。あくまも噂なので、真偽のほどは定かではありません。

* 東京は一等地の老舗テーラー。古くからの顧客には政治家、実業家等の所謂、VIPを多く抱える。
  しかし、内実はなかなか厳しい面もあるらしく、下職さん(独立した職人。一着ごとに工賃を支払う)
  の一部には、手間賃の支払いが滞っている人も。
  
  従業員、下職さん、取引先参加の新年会。社長の挨拶の中で、
  「昨年は、お取引先に、多くのお支払いをすることが出来ました。今年もさらに・・・・・」の後、
  「あっ、下職さんは、もう少し待ってください。」
  
  正直過ぎ!(´∀`*) でも、経営者は大変なんです。

* これも東京のテーラー。
   仮縫いが無料とうたっているが、その無料の仮縫いは・・・・・
  
  直縫い、つまり出来あがったものに、仕付け糸を施し(白モノなんて言います)て、
  仮縫いっぽくしてあるだけ。

  って、ホント!?  これ、バレないの?  まあ、無料だしってか?


  しかし、ホントだとしたら、よく、こんなこと、考えつくなあと思った次第。


この後も、ちょっと続きます。
  
記事検索
楽天市場
QRコード
QRコード
プロフィール

マッシー

タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ