2013年11月10日

式年遷宮に行ってまいりました 2日目 内宮編その2(完)

IMG_6334




















内宮の参拝を終えた私は、まず最寄りにある猿田彦神社に向かいます。


御祭神の猿田彦大神は、高天原の天照大御神の孫神であるニニギノミコトが、葦原中つ国(=日本)を治めるために降臨した際、先導を行った神様です。
その猿田彦大神を祀った猿田彦神社は、交通安全、方位除け、物事を善い方へと導かれる神様として祀られています。
IMG_6335














沿道脇にある、「猿田彦神社」と書かれた石柱。
IMG_6336























拝殿です。左横に方位石があります。
IMG_6338














方位石。決められた順に手をかざして祈祷すると願いが叶うのだそうです。
IMG_6339




















ネットで探してきた情報によると、Dr.コパ氏曰く、

・仕事運を上げたい人 ・・・・・亥 → 卯 → 未
・金運をアップさせたい人  ・・巳 → 酉 → 丑
・精神的な安定や財産 ・・・・・申 → 子 → 辰
・人気や才能を高めたい人・・・寅 → 午 → 戌

の順にさわると願いが叶うそうです。
当日はそのことは知らなかったので、やっていませんw



そして境内には、もう一つ、佐瑠女神社(さるめじんじゃ)という神社があります。
IMG_6340






















佐瑠女神社は、猿田彦大神の奥様の神様で、芸能の神様である天宇受賣命(あめのうずめのみこと)を祀った神様です。
スサノオの狼藉に業を煮やした天照大御神が天の岩戸に閉じこもり、天照大御神を再び外に出すために八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)の案により、外で宴会をして、上半身裸で踊って天照大御神の興味を引こうとした神様です。

IMG_6342IMG_6343


































猿田彦大神と天宇受賣命は、一節によると村境や辻(十字路)を護る道祖神の元である神様とも言いますね。
どちらの神様にもお参りをして、本日の旅の無事、今後の人生が善き方向に進むよう、お願いをしてまいりました。



_____


猿田彦神社の参拝を終えた私は、とぼとぼと国道23号線を1kmほど北に歩いて月讀宮に向かいます。
IMG_6344





















国道23号線側からの入り口です。
反対側の県道12号線(御幸道路)側にも入口があるのですが、車で来られる方はこちらの方に専用駐車場があります。
(県道12号線側はタクシー待ちの車が数台入る程度)
IMG_6346























では、境内に入ります。
IMG_6347













ここに祀られている神様は四(三)柱です。
IMG_6348











手前から伊弉諾尊(いざなみのみこと)、伊弉冉尊(いざなぎのみこと)、月讀尊(つくよみのみこと)、月讀尊荒御魂(〜あらみたま)です。

ここの神様は参拝に順番がありまして、

1)月讀尊
2)月讀尊荒御魂
3)伊弉冉尊
4)伊弉諾尊

の順番に参拝するのだそうです。



ちなみに反対側から撮った写真。
通常、参道に沿って来るとこのように見えます。
このアングルになりますと一番右の月讀尊荒御魂のお社が収められませんでした。
IMG_6349














手前が月讀尊、奥が月讀尊荒御魂のお社です。
IMG_6350














手前が伊弉冉尊、奥が伊弉諾尊です。
IMG_6351














ここにも、お社を遷宮する新御敷地(しんみしきち)がありました。
IMG_6352
IMG_6353IMG_6354



































ここでも御朱印をいただいてまいりました(後述)。
ちょうどお昼時だったので、話しかけた時にそこの神職の方がご飯を食べていたのが印象的でしたw




反対側(御幸道路:県道12号線)側の入り口。
IMG_6355














月讀宮の案内地図。
IMG_6356














ここで、伊勢神宮とその周辺の神社の解説をするボランティアのおじさんに会ってそれらに関する雑談をしばらくいたしました。
おじさんは他のお客との約束があって待っているのだそうですが、私が同じく参拝+見学に来ている人間と思って話しかけてきてくれたのだそうです^^

そこで、最寄りに葭原神社(あしはらじんじゃ)はないかと聞いた所、同じ境内内にあると言ってくれました。




そして葭原神社を見つけて参拝してまいりました。
まず月讀宮含む四柱の参拝を優先にしたいというのがあったので、国道23号線の入口側にあるのをすっかり忘れていました。
(失礼だなぁw)
IMG_6358













_____


月讀宮を出た私は、御幸道路(県道12号線)を1km強ほど北に歩いて倭姫宮に着きました。
ここに着く途中、道路に大きな鳥居がありましたが、歩くのに夢中で撮るのをすっかり忘れてしまいました(駄
DSC_0326











倭姫命は、第11代垂仁天皇の皇女で、お告げにより天照大御神を伊勢に導いて内宮を創建し、伊勢神宮の祭祀や運営基板を確立されたと言われております。
また、創建は大正12年(1923)年で、神宮125社の中でもっとも新しいお宮です。


南東側の入口から入って比較的長い、自然の多い参道を進みます。
IMG_6360






















階段を登ると、突き当りにお宮が見えてきます。
IMG_6361























倭姫宮です。旅の無事と今後の人生が順調に進むようお参りをいたします。
DSC_0327














ここでも御朱印をいただき、東側の入口から出ます。
IMG_6366














_____


東側の入口から出ると、目の前には神宮徴古館(じんぐうちょうこかん)が見えます。
IMG_6367













ここは明治42年(1909)に開館した博物館で、式年遷宮のたびに新調される御装束神宝の撤下品(てっかひん)をはじめ、内宮殿舎配置模型や神宮の歴史に関わる資料などを展示しているのだそうです。
IMG_6370














結構期待していたのですが、
IMG_6371IMG_6372
































休館><
10月6日までやっていないそうで、これは運が悪かったですね。
次の機会が(お礼参りとか)あったら見てこようと思います。




徴古館にあった、倭姫宮と、その近辺にある記念館が載っている地図です。
IMG_6373
















そばには式年遷宮記念神宮美術館や、
IMG_6374














神宮農業館もありましたが、どちらも休館中でした。
これらも次回があったら行こうと思っております。
IMG_6375















これで伊勢神宮の外宮、内宮と目的にしていた場所の参拝、見学はほぼ終了いたしました。
ここで午後の1時少し過ぎで、乗る予定の電車が5時ですのでかなり時間がありました。
とりあえずおみやげを買うために伊勢駅方面に歩いていきます。


途中の道で見つけた餃子屋の看板。
DSC_0328




















紅美鈴さんが作っているそうです(違



その後、近鉄鳥羽線の宇治山田駅、外宮周辺と自分のお目当てのおみやげを探したのですが、どこにもなく、
改めてスマホでそのおみやげのある場所を探してみたら、内宮周辺のおはらい町にあるそうで、しばらく他のおみやげで妥協しようか、そのおみやげを買いに再びおはらい町に戻るべきかしばらく考えました。


そしてそこで出た結論は、おはらい町に戻ってそのおみやげを買ってくる、ということでした。
切符を買っていた帰りの電車が5時でしたのでそこまで帰れれば良い。
善は急げということで伊勢駅から近鉄鳥羽線の五十鈴川駅まで行き、麻吉旅館脇にあるバス停留所からバスに乗っておはらい町に着きました。


おはらい町で買ったのは、五十鈴茶屋の『おかげ犬サブレ』。
赤福ですと当たり前すぎるし、あんこの和菓子なので仕事場で配るにも手間がかかると思い、これにいたしました。
DSC_0337




















(すでに会社の人に配った後でしたので、ゴムひもが解けた状態になってしまいました;)

このお菓子は、五十鈴茶屋でしか売っていないので要注意ですw


ちなみに、このお菓子の語源になっている「おかげ犬」とは、江戸時代の伊勢神宮参拝、通称「おかげ参り」ブームの際に、病気等で参拝できない人が飼っている犬に「おかげ犬」の印であるしめ縄とお金を渡し、途中の参拝する人たちに伊勢神宮に導いてもらって伊勢神宮の御札を買ってきてもらうという、そういう習慣があったそうです。

伊勢のお土産で見かける「おかげ犬」について - NAVER まとめ

その「おかげ犬」をモチーフにしたデザインはネットで見てこれに決めた!と決心したいたのでがんばって戻った甲斐がありました。
(実際、会社の人、特に女性陣には好評でしたしw)
ちなみに私が買ったのは一箱5枚入りで600円です。



_____


帰りは伊勢駅のバスに乗って、何とかがんばって16時20分頃には伊勢駅に着くことが出来ました。
IMG_6376














あとは電車に乗って帰宅するだけなのですが、伊勢駅で珍しい特急を見ましたので写真を撮りました。
DSC_0329























その名も












DSC_0333












しまかぜw



艦これつながりでつい興奮してしまいましたw




_____

そんなこんなで無事帰宅し、私の1泊2日の伊勢神宮参拝を無事終わらせることが出来ました。
あと、2日目にいただいてきた御朱印の方も以下に載せておきます。

初日の二見興玉神社と2日目の内宮です。
DSC_0334













2日目の猿田彦神社と月讀宮。
DSC_0335














2日目の倭姫宮。
DSC_0336






















不案内な所の旅は、行く前は色々不安も多いものですが、今回の旅も色々発見があって良い旅でございました。
今回お祈りしたもので願いがかなったものがあったら、お礼参りで再び参拝したいです。
(おわり)

mastersgthiro46 at 01:41│Comments(0)clip! 
web拍手 by FC2

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ついったーのひとりごと