181


 コンビニのファミリーマート、サークルKサンクスで販売されているサプライズBOOKの編集に関わらせていただきました。
 現在、写真の2冊がすでに店頭に並んでおります。ぜひ、お近くのファミマ、サークルK、サンクスにお立ち寄りになったときは、書籍の棚をご覧ください。ほかにも、実用的な本が並んでいると思います。本文は2色。価格は552円プラス税とお求めやすい価格帯。書店、アマゾンでは販売しておりません。

 このシリーズは、コンビニに立ち寄るお客様向けの書籍として、独自に企画・制作されたものです。書籍ですが、出版コードはなく、POSのバーコードのみ。

 また、カバーは、裏返すとタイトルなどのない模様だけになります。つまり、購入して電車などで読むときにカバーをいったんはずして、裏返してつければ、なんの本かはわからない、ということになります。書店とちがって、コンビニでは紙のブックカバーをつけてくれませんので。

 簡単に内容をご紹介します。

『サラリーマンのために公認会計士・税理士が書いた お金の取説』
 タイトルのとおり、公認会計士・税理士である椿祐輔氏が、サラリーマンのために書き下ろした本です。著者自身、サラリーマンから独立開業して気づいた「サラリーマンは、給与や税金や社会制度をもっと知っておかないと損してしまう」という気持ちが、ストレートに内容に反映されています。

 どんな税金を払っているのか。なにをどうすれば源泉された税金が戻ってくるのか。結婚、出産、相続など人生の節目に重要になるお金の知識、そして副業は? 介護は? 病気やケガは?といった疑問に対して、簡潔に答えています。

 また社会保障関係などについては、社会保険労務士事務所エントラストが監修しています。

 もしかして、損をしてるんじゃないか?とふと疑問に思ったら、ぜひ。

『目・肩・腰に即効! メグちゃん 指ヨガ』
 指ヨガとは聞き慣れない言葉ですが、実はけっこうじわじわと広まっているのです。足ツボもいいのですが、通勤電車の中とか、職場の休憩時間などに手軽にできるケアとしては、手を使うほうが簡単ですよね?

 東洋的な考え方である「部分即全体」から、指、手のひら、手の甲には全身の不調を改善するポイントがある、という考えが生まれました。たしかに、昔から、手に汗握ることもあれば、手のひらに「人」と書いて飲む、なんておまじないもありましたが、指や手は独特の存在ですよね。人類はこれが高度に発達した結果、脳との関係性もとても深くなっています。
 片手だけに全身のポイントがありますので、どちらかの手だけをケアすれば改善されていきます。つまりセルフケアが可能です。一部で両手にやったほうがいいケアもありますが、基本は片手でOK。

 指や手を揉む、圧すだけではなく、呼吸法を取り入れたので、指ヨガというわけです。指圧やマッサージほど強く押したり揉む必要はありません。30秒から3分ぐらいまで、不調部分にあわせて、手軽にできます。

 さらに著者の吉地惠氏はこの考え方に、独自に「血流」についての考え方をプラス。

 本書では、基本的なやり方から、不調な部分別の方法、肩こり、目の疲れ、腰の痛み、便秘などのときにどうやるかを図解で示しています。さらに、スポーツのウオーミングアップやクールダウン、親子など親しい人とのコミュニケーションにもなる「誰かにやってあげる」ということ、職業別のケア方法まで網羅しています。

 とくに自律神経に対応した方法は便利で、私自身もけっこう利用しています。あと目の疲れ、肩こりですね。たとえば寝るときに、これをしばらくやってみるというのが、いいです。あとは起きる前に、ちょっとやるとか。

 これから寒い季節。指ヨガならいつでもどこでも手軽にできますので、やり方を一通り知っておくと心強いのではないでしょうか。