今日は、三島市へ出稽古に行ってきました。こういう時は、訪問着が一番いいですね。いつもこの時は、訪問着と決めています。よその社中に行くのだから、まさしく「訪問」着という、名前にふさわしいと思います。
DSC_0131
今回は、絞りで、大きな花と流水を入れた訪問着に、これ又絞りで柄を作った帯を、締めました。なんだか絞りばかりになってしまいましたが、面白い柄付きだと思います。
絞りというと、あまり格的には高くないんだそうです。何でか調べてみましたところ、紋を入れないことや、記事に凹凸があるからとか理由があるようですが、いずれにしても、格としては、高くないんだということを知りました。絞りは、それだけでかなり存在感がある柄付きだと思いますね。手間がかかる染色法ではありますが、おしゃれな普段着として、使いたいなと思います。