本日はベージュに芝柄を地紋として入れた紋綸子に、水彩画のような花がらを入れました小紋着物に、ピンクの半幅帯を合わせました。
ここまでは良かったのですが、帯揚げと、帯締めを同系色にしてしまったのが、失敗でした。
IMG20240218082816

同系色であわせてしまうと、インパクトがなくなってしまいますよね。それではやっぱりいけません。これからは、違う色であわせられるようにいたします。
帯揚げ、帯締めも大事な部品です。たかが帯揚げと思ってしまってはいけません。実は、この2つの使用で、着物姿が変わるんだなということが、よくわかりました。どんな帯にも必要な部品だし、名古屋帯などでは、大事な部品で、装着に必要不可欠な部品でもあります。
私は、一重太鼓があまり好きではないのですが、文庫結びでも、帯揚げ、帯締めは必要です。
つけるのを、忘れないでつけるようにしましょう。
ちなみに、帯締めには対象年齢があり、紐様に丸く組んであるものは若い人用、平べったく組んであるものは、年配の方向きです。また、太いのは若い人よう、細いのは、年配の方用と、太さによっても、対象年齢がちがいますから、注意してね。
本当に、たかが帯揚げ、たかが帯締めではないのです。