「ゴング格闘技」で4年以上の長期にわたり連載させていただいた「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」が単行本になります。

新潮社からの発売になります。

9月30日に全国の書店に並びます。

東京だけは9月28日から大きな書店に並びます。

木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか
木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか


▶増田俊也公式ブログのトップページに戻る
▶格闘技blogの最新情報
▶柔道blogの最新情報


連載時から読んで頂いた読者はご存じのとおり、とてつもなく長い大河ノンフィクションであり、上下巻ないし上中下巻の分冊にしなければと思っていました。

しかし、そうすると値段が高くなってしまいますので、できるだけ安くするために1冊のかなり分厚い本にまとめてもらいました。

値段は2600円です(税込み2730円)。

原稿の量が1600枚あり、あの大著「大山倍達正伝」が1000枚なので1.5倍以上の量です。連載には入れなかった新事実なども入れ、物語のスピードも重視しながら、連載の重厚感を損なわないものに仕上げました。

少部数で刷りますので、確実に手に入れたい方は、アマゾンでの予約が始まりましたので御予約ください。アマゾンは2000円以上の書籍は送料無料になります。


木村とエリオ_笑顔で握手








木村政彦先生の桁外れのバンカラぶり、高専柔道大会優勝、全日本選手権13連覇、そしてブラジルでのエリオ・グレイシーとの偉大なる戦い。

力道山との確執、あの大決戦。敗北。

愛弟子の岩釣兼生先生に打撃ありのバーリトゥード秘密特訓をほどこし、全日本プロレスに送り込んでプロレス界への復讐にかける思い。。。

僕の木村政彦先生への思いが、すべてつまっています。

かつて柔道をやられていた70歳代、80歳代の年配のオールドファンが、ゴング格闘技の発売日には1000円札を握りしめて書店に走ってくれたと聞いています。

連載を読んでくれた読者の方々、御協力いただいた関係者の方々すべてに感謝いたします。僕を支えてくれたすべての人に感謝いたします。

本当にありがとうございました。


男の星座シーン1
















扉写真2_増田俊也1













男の星座シーン3

扉写真2_増田俊也













2

3

木村倒れる

空手バカ一代シーン2


男の星座シーン2

















岩釣先生2 








IWA 















1