3表紙
週刊大衆で連載中の漫画版『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか~KIMURA』の第3巻が発売されました。

作画は『プロレススーパースター列伝』の原田久仁信先生。

第0巻(プロローグ編)から始まっていますので実質的には4巻になります。

木村政彦少年が地元熊本の鎮西中学を卒業して牛島辰熊先生のスカウトを受け、いよいよ上京して拓大予科に入学、牛島塾に入ります。木村のライバル阿部謙四郎も出て、後の戦いをあおっています。
2^
牛島辰熊先生との初めての乱取りシーンも見所(牛島先生に虎がかぶさります)ですが、旧制五高の寮の二階から寮雨をやる木村政彦少年も面白いです。原田先生の茶目っ気たっぷりの筆で旧制一高時代に芥川龍之介が寮雨をするシーンも描かれています。
1^
 上京し、戦争の足音が聞こえてくる空気感を描くことで、大河物語の雰囲気が出てきました。