静岡 フラワーギフト マスダグリーン

静岡県藤枝市のフラワーショップ「マスダグリーン」です。
季節の花情報・花ギフト情報・ガーデニング情報などと共に、花屋の社長日記を掲載させて頂いてます。
オリジナル寄せ植えの定期便や、フラワーギフト・フラワーアレンジメントなどの全国発送も承っております。
ご意見・お問い合わせは 054(638)4188 増田 までお気軽にお寄せ下さい。

藤枝まちゼミH28秋講座”ハンギングバスケットに挑戦”参加申込受付開始

藤枝まちゼミ講座、この秋も9月に全62講座が開催されます。

当店では”ハンギングバスケット寄せ植え”の作成及び飾り方や管理の仕方まで、初心者向けにデモを通じてお教えします。

開催日】
9月11日(日) 13:30〜14:30
9月13日(火) 13:30〜14:30
9月27日(火) 13:30〜14:30
9月29日(木) 13:30〜14:30

【定員】 1講座4人

【会場】 マスダグリーン蝓弊粁1-1-1)

【問合せ】 054-638-4188 (9時30分〜18時30分)

メール masudagreen@tokai.or.jp


image


image


image


masudagreen

愛と清浄効果を併せ持つ セローム

【愛の木セローム】

風水では、お部屋の気の流れを整えるグッズとして植物をよく使います。邪気を除いて空気を浄化し、良い気の流れを作るといわれています。

セロームは、育つにつれ気根を自由にのばし、大きくなると葉のサイズが1mにもなるほど奇想天外に成長します。

そのような姿、気質から、セロームをお部屋に置いておくと、”既成概念で物事を考えず、自由な発想ができるようになる”といわれ、大きなチャレンジが舞い込み、尻込みせずに果敢にトライして大きく成長する。
という風水的意味をもった観葉植物なのです。

またこのセロームが属すフィロデンドロン属は、ギリシャ語でphileoフェレオ「愛する」と、dendronデンドロン「木」という意味の名前を持ち、多くのフィロデンドロンが、かずらと言われる蔓性で、熱帯地域では大きな木に寄り添い成長する姿から、「愛の木」という別名を持っているんです。

image


masudagreen

気持ちを落ち着かせる効果のある【コーヒーの木】

コーヒーの木は風水的には「気持ちを落ち着かせる」効果が高い観葉植物とされています。

花言葉は、「一緒に休みましょう」なのですが、「コーヒーでちょとひと息つきましょうか?」的な感じでなるほど〜という感じです。

リビングや寝室、オフィスや事務所などに置いてみてはどうでしょう!

image


masudagreen

たかが水遣り、されど水遣り

水遣り3年と言います。

簡単なようで難しい水遣り。

この水遣りの仕方、頻度、量で植物の生育状態も大きく違って来ます。

決してあなどってはいけません。

人間を育てるのと同じ、しっかり根に気持ちを込めて与える。

与える頻度も大事。切らし過ぎもいけないが与え過ぎもいけない。

つまり可愛がり過ぎないで幾分試練も与える。この微妙な感覚が難しい。

ここが子育てにも似ている。

生産者は水遣りだけはパートさんなどには絶対やらせず、自らが必ずやるという方もいる。

水遣り3年はその絶妙なバランスを覚えるにはその位の経験が必要と言っているのだろう。

幼い頃に欲しがる都度与え過ぎれば間延びしてしまうと共に丈夫な苗ができなくなってしまう。

与えな過ぎも立枯れの原因となるだけでなくダメージを与え過ぎてしまう事もあり、ここはそのバランスか難しい。

やはり育てながら体験していく事が大事である事をつくづく感じさせられます。

花の都しずおか推進協議会研修会にて「花つくりからまちつくり、人つくりへ」の講演

静岡の総合庁舎で開催された研修会、花の会、花の関係諸団体や生産者、市場関係者、行政の方を対象に「花のまちつくり」と「花壇の植え方」の2部構成で約2時間の講演講師を務めさせて頂きました。

約40名ほどの最後まで聴講下さいました皆様ありがとうございました。


今後「花育」活動やコミュニティガーデンなどの活動が広まっていく事を期待しています。

これはその時の講演をダイジェスト版に短く編集したものです。



masudagreen

藤枝おんばく ふじのくに静岡観光大賞受賞

始まって3年目にして大きな広がりを見せてきている”藤枝おんばく”

栄誉の受賞で記念祝賀パーティー

市長も飛び入り参加

全部で102のプログラムのおんばく

私のところは「ハンギングバスケット作り」全4回開催予定を満員の為、6回に増やして開催させて頂きました。

藤枝市の取り組んでいる”花回廊事業”の一環として採用頂いた駅のハンギングバスケット設置のおかげで認知度も増して来たことも感じていて、街のまちづくりや花育を広める活動に今後も協力していきたいと思います。


image


image


image


image


masudagreen


母校の後輩達、思い出のサッカー部の記事が

静岡新聞に母校が!

早朝から深夜まで部活でサッカーサッカー、おまけに体育の授業も自主サッカーばかり、伝統の校技でした。

全国制覇三冠王の翌年入学、プレッシャーに押しつぶされそうだった時代を思い出します。

懐かしい!

今度8月26日に開催予定な当時サッカー部同期メンバーとの懇談会も楽しみてす。

image

夏から晩秋の秋を彩るコリウスガーデン


葉の茂った樹木の陰、ベランダなど、日光が十分に当たらない場所では、長く花を咲かせ続けてくれる植物が少ないので、さびしくなりがちですよね。

そんな場所にぴったりなのが、コリウスです。

花ではなく葉を鑑賞しますが、年々葉色のバリエーションがふえて、シェードガーデンに植えるとその美しさは格別です。

成長が早いので苗から育てても短期間でよく茂ります。

夏に褪色する品種もありますが、秋はの葉色がことさら美しく冴え、霜がおりる頃まで楽しめます。

いろいろなタイプがあり、楽しみ方も広がっているんです。


image



image


masudagreen

夏の花壇にサルビアの花

緋色の鮮やかな花が印象的なサルビア。

ハーブとして知られるセージの仲間で、丈夫で育てやすいことが特徴です。

ただ、寒さには弱いことから、日本では一年草として扱われます。

すっと上に伸びた茎の先にたくさんの花を咲かせることから、寄せ植えには草丈の低い植物を選びましょう。

ニチニチソウやマリーゴールド、ケイトウを選ぶとまとまりのある寄せ植えに仕上がります。

日当たりと水はけのよい場所を好みますが、夏の直射日光に当たり続けると株が弱ってしまいます。

また、乾燥を嫌うので、土の表面が乾いたら水やりをしてください。

image


masudagreen

藤枝駅ハンギングバスケット


藤枝駅南北ロータリーに設置したハンギングバスケット寄せ植え7月現在こんな状態に生育してきました。

グリーンのテラスライムは1メートル位に伸びて来ましたのでコンパクトに切り戻しさせて頂きました。

市の予算は思うように付いておらず、管理は今のところ私共を含めたボランティアに頼らざるを得ない状況が続いてます。

こちらでの立体花飾りをシンボルとして 藤枝市内において「ハンギングバスケットの会」を一般市民団体として結成していきたいと思います。

藤枝市の花回廊事業に関わりながらも、花を植え込み・育成・管理するだけでなく、自分達が植え込みなどを定期的に勉強会などを開いて技術向上を図りながらも、イベントに参加したりも、立体町飾りをもっと街の花飾りとして普及させていければと思います。

もしそんな意識のある方は連絡下さい。 (090-2924-8688 増田)

もし藤枝市にお住まいの方は、駅前から蓮花寺池公園までの旧東海道沿いの街路灯なんかにこんな光景が四季折々見られたらどんなでしょう!

そんな事想像して見て下さい。

#ハンギングバスケット
 


masudagreen

マスダグリーン フェイスブックページとユーチューブチャンネルの紹介

マスダグリーンのフェイスブックページを紹介させて頂きます

image

https://www.facebook.com/masudagreen/

またこちらはユーチューブ動画チャンネル

https://m.youtube.com/user/masudagreen

またこちらのフェイスブックページもよろしく

〈ハンギングバスケット寄せ植え〉

https://www.facebook.com/hangingbasket.masudagreen/


〈花はなフレーム寄せ植え)

https://www.facebook.com/hanahanaframe/

〈多肉植物〉

https://www.facebook.com/%E5%A4%9A%E8%82%89%E6%A4%8D%E7%89%A9-%E9%9D%99%E5%B2%A1%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%80%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3-1430606303849873/


また私個人(増田和彦)のFacebookもございます。但し友達リクエストに関してましては面識のある方、ご紹介の方、同時にメッセージを頂ける方のみ受け入れさせて頂いておりますのでご了承下さい。


masudagreen






夏の花苗サルビアの切り戻し

サルビアの花後にじょうずに切り戻し剪定すると、
猛暑を乗り切り、秋にまた美しい花を楽しめます。

image

1.わき枝を伸ばしてから定植させる
サルビアの咲き終わった花茎をそのまま残しておくと、
見栄えも悪い上に、タネを作るため栄養を使い株が弱ります。
花が終わりかけたら早目に花茎は切り落とします。

花が咲いている位置が高すぎて株が間延びしている場合は、
花茎よりも下の位置まで切り戻してもかまいません。

このように切り戻しをしていくと、
下から何本か新しいわき枝が伸びてきます。

わき枝が伸びると花の数も増え、株の姿もまとまってきます。
ポット苗から移し、定植させるのに良いタイミングです。

2.下葉が色づき落ちてきた時の手入れ方法
サルビアを夏まで長く咲かせて鑑賞していると、
一部の枝だけが長く伸び、下葉が落ち見栄えが悪くなってきます。

特に暑さに弱いサルビア・スプレンデンスなどは
梅雨が明ける頃暑さで株が弱り、花つきが悪くなってきます。

短期間に葉の色が汚い色に染まった時は、
葉裏にハダニが発生している証拠だと判断して下さい。

暑さで弱った株は思い切って全体の半分の長さに短く切り戻します。
株を休ませ仕立てなおすと、コンパクトな株姿になって秋花を咲かせます。



image

masudagreen

真夏の植物の水遣りポイント

■水やりのポイント

1.炎天下での水やりは避けて!

炎天下で水を与えても蒸れてしまい、かえって植物を弱らせてしまいます。(野菜をゆがいているのと同じです)

昼に見たら、しおれていてかわいそう!と思っても、ガマンしてください。

水を与えると一時的には温度は下がりますが、日差しが強い時は、蒸れてしまいます。

どうしてもという時は、日陰に移し水やりをするか 、涼しくなるのをじっと我慢し夕方与えましょう。

水はできるだけ、早朝や夕方の涼しい時間にやりましょう。


2.開花中は花に水をかけないで!

開花中は花にかけないよう株元へ与えます。
花に水をかけると蒸れたり花びらが散ったりして、花が速く傷む原因になります。

咲いていない時は全体にかけましょう。

高温で乾燥しやすい夏は、ときどきシャワーや霧吹きで葉に水を与えましょう。
ダニの予防にも効果的です。


3.ホースから出る熱水に注意!

ホースを使用する場合、ホース内に残っていた水が、日中の暑さでお湯になっている場合もあるので、少し流して温度が下がったことを確認してから植物に与えましょう。


image


masudagreenhttp://masudagreen.co.jp">

期待する花育活動の広まり

近年の若者に命の尊さを軽視する傾向、自然との触れ合いや共存を考える機会が少なくなってる事など感じますよね。

花育では、花に触れる接する事により、命の大切さを学び、思いやりの優しい心や感謝の心を育む事がその重要な目的の一つとされています。

この前の駅前のハンギングバスケットを投げる、蹴るの暴行で破壊した行為など、大切なものを失いかけているような危機感を感じてしまいますよね。

花育活動が広まる事を期待してます。

image



image


masudagreen

大盛況 藤枝おんぱくでのハンギングバスケット作成講座

この春100以上のプログラムを市内各地で開催された藤枝おんぱく

その中で私のところではお店でハンギングバスケットの寄せ植え作成講座計6回を開催させて頂きました。

いずれも定員ほほ満員の大盛況の内に終了する事ができました。

感謝です。

image


image


image


image


image


image


image


masudagreen


神秘的な真夏の夜の花''月下美人''

純白の大輪を一夜だけ咲かせる月下美人は幻想的

image

 花の命は短くて------

とはよく言われることですが,月下美人ほど短命な花は他にないでしょう


その開花の様子はまさに感動の瞬間


白く輝く月光の下,強い香りを放ちながら満開の時を迎えますが,その神々しい姿は夜半過ぎにはしおれ,一夜だけの華麗な夢の世界は終焉を迎えます。


ひと夏にわずか数回,しかもほんの数時間しか見ることのできない花でありながら,多く花好きを惹き付けてやまないのは,幻想的な美しさだけでなく,この花の持つロマンもその魅力となっているからでしょう。


この月下美人,実は中南米のジャングルに生息する森林性のサボテンで,孔雀サボテンと同属の仲間

家庭でも栽培は意外と簡単


大株になれば一晩で数十輪の花をつけるようになり,秋までに数回の開花を楽しめるようになります。


私の家でも庭先に置いてあった鉢植えの「月下美人」を開花しそうな夕方室内に持ち込み,家族で楽しみながら開花を眺めたものでした。


強い香りと共に,幻想的な想い浸ったものでした。


みるみる開花していく姿をみると,生命の神秘さを感じたりしますね。


masudagreen   

幸運をもたらすレモンマートル

レモンよりもレモン」といわれるほど、強い柑橘系の香りを放つレモンマートル。
香りの成分である「シトラール」がレモンの20倍ほど含まれており、世界一の含有率とされています。

シトラールには、抗菌、鎮痛、鎮静作用があります。

この作用によって、免疫力の低下が原因で引き起こされるヘルペスなどの病気や風邪を予防する効果があるとされています。

また、その香りをかぐことで、高ぶった感情を落ち着かせる作用もあります。

さらに、皮膚を刺激し、血行をよくする働きから、美肌作用も期待できるそうです。

ハーブティーなんかにもバッチリ!

花言葉は「愛」 「幸運」


image


image



masudagreen

和と洋を組み合わせたお茶の木ミニチュア盆栽・苔玉盆栽

茶木(お茶の木)を洋風なお洒落な焼き物容器に!

こんなミニチュア盆栽

今風でこんなものが若者受けし出してます。

お茶の木は静岡の特産土産にならないか、静岡空港を利用して訪れた海外からのお客様 への日本の手みやげにならないか。

あるいは、海外の盆栽ブームへ向けた輸出にならないかといった気持ちを込めて作った試作品です。

他にも苔玉盆栽や素材植物はモミジ、カエデなんかも


image



image



masudagreen



寄せ植えのワンポイントに五色トウガラシ、キャットテール

この時期の寄せ植えや花壇に、暑さに強いキャットテールや五色トウガラシがアクセントなどに面白いです、

image


image




キャットテールは ふっかふかのネコの尻尾のような植物

この雰囲気が何とも言えない


image


image



masudagreen

植物の意識・花の意識

愛の法則・宇宙の法則
「生あるものには意識が宿る」
そんな言葉聞いた事ありませんか?
人間の優しい声掛けや愛情に植物が応えるなんて感じた事ありませんか?
枯れかけた花も「がんばれ!」と愛情をかけ、しっかり根元に意識的に水を与える。

また心地よい音楽を聞かせてあげる。

それだけでも違ってくるのを実感しています。
現にそういった事を取り入れている生産者もいます。

五感を超えたところ、根底に何か通じる共通の意識なるものが存在し、それが宇宙、また愛情などに相通じるのではないだろうか。

信じる、信じないの違いもあるだろうが、現に有名な樹木医はみなそういった共通の感覚を持っているようだ。

科学においても証明されつつある時代になって来た。

<花の意識・植物の意識の存在>

私も現実として実感すると共にそう信じる。
image

masudagreen
livedoor プロフィール
Archives
QRコード
QRコード
私のおすすめ書籍







Recent Comments
訪問者数
  • 累計:

  • ライブドアブログ