司法書士zouroku改め司法書士増井のブログNO.2

福岡市東区香椎にて開業しているアラフォー司法書士のブログです。登記、裁判、成年後見等司法書士業務のほか、日々の出来事について書いています。

大学卒業後、公務員として2年ほど奉職しましたが、高校生の頃からの士業として開業したいという夢を諦めきれず不動産鑑定士二次試験合格後、25歳で福岡県庁を退職し士業の道を歩んでいます。公務員、不動産鑑定、大手資格予備校の講師を経て、司法書士へと遠回りな人生を歩んできたようでもありますが、不動産とはずっと向き合ってきたと思っています。
現在、当事務所では特に相続・成年後見業務に力を入れていますが、様々な業務を通じてこれまで培ってきた不動産に関する知識や経験は相当のものと自負しています。

司法書士を職業に選んだ理由

こんにちは

司法書士の増井です。

それにしても暑いですね。

さて、先日の勉強会でHPのプロフィール欄を改訂するように指導されました。

改訂した部分をブログにも掲載してみます。


高校生のとき

 普通の中学生生活を送り、福岡県内の私立高校に進学しました。時代はバブル絶頂期だったにもかかわら

ず、祖父に多額の借金があったようで事業(土建業)が傾いていました(私立の進学校であったため友達の家は

皆裕福で私は何だか惨めでした)。後から聞いた話によると事業の借金だけでなく、ギャンブルでも多額の借金

を作ってしまったようです。今は倒産してしまった大手消費者金融にも随分とお金を借りて毎月の返済に苦労し

ているようでした。

 ある日、祖父の愛人と名乗る女性、その夫と名乗る男性が家の前で大騒ぎをはじめました。当時の私にとって

はかなりの衝撃でした。その後彼らが現れないところを見ると手切れ金を渡してもみ消したのだと思います。

 また、同居していた叔父(もう亡くなりました)はギャンブルにはまり、借金を繰り返した人でした。若い男が借金

の取り立てにやってきたことがありました。家に誰もいなかったので高校生の私が対応しました(家に居ませんと

答えただけですが)。今考えるとあの男はヤミ金だったのだと思います。これまたかなりの衝撃でした。

 借金のカタに自宅や事務所を手放し、近くの借家に転居しました。そんなときに家に送られてきた資格の本に

司法書士という仕事があり、年収も高額(司法書士になってから、あれはまやかしであることに気がつきます)だ

と書いてありました。この資格を取得すれば、先日の不当な金銭支払請求などにも対抗できるのではないか、家

族は皆ハッピーに暮らせるのではないかと思いました。



大学在学中

 東京のW大学に進学したかったものの力およばず明治大学法学部に進学しました(浪人する余力はウチには

なく、この頃明治は私学の割に学費が安かったので結果オーライでした。あ、言っときますが母校は大好きで

す)。大学1、2年は司法書士のことなどすっかり忘れてしまい遊びまくりました。北朝鮮のミサイル攻撃が怖かっ

たので国際情勢に興味を持つようになり、社会人の勉強会に参加するようになり、国家公務員を目指すようにな

りました。大学を留年してまでも一生懸命勉強して国家公務員Ⅰ種、Ⅱ種、地方上級に合格しました。Ⅰ種につ

いては某省庁に内々定をいただきました(地下鉄サリン事件で有名になった省庁です)が、家族からの懇願もあ

り撤退しました。郷里の福岡にすごすごと戻りました。




公務員時代

 福岡に戻ることが決まってから、不動産鑑定士になるための勉強を開始しました。公務員試験で経済学の勉

強をして、不動産に興味をもったことと、司法書士も不動産鑑定士も同じ士業なので大して変わらないだろうとい

う安易な発想でした。県庁入庁後2年目で不動産鑑定士二次試験に合格しました。しかし、当時はバブル経済

崩壊のど真ん中で、就職先がありませんでした。




鑑定実務

 合格した翌年に何とか鑑定事務所に入所し鑑定実務を積みました。3年間で不動産鑑定の仕事は一通りでき

るようになりました(さわりだけですが)。仕事の中で不動産競売の評価は辛かったです。夜逃げしたお宅の調

査、大声で私たちを怒鳴りつける債務者、思わず涙をこぼす債務者の妻、理由もよく分からず物上保証してしま

い行き場を失ったおばあさん、みんなかわいそうでした。

占有屋もいましたので怖い思いもしました。



父の会社の物上保証

 懇願され祖母の養子となりました。祖母の土地の上に家を建て、祖母と住むことになります。土地建物は父の

会社の担保として提供することになりました。土建業は浮き沈みが激しいので、いずれ債務の支払が滞り、家を

手放すことになるだろうと予測していました。



予備校講師

 公務員、士業の事務所では働いたことはありましたが、営業をやるようなサラリーマンはやったことがなかった

ので、鑑定事務所を退所し、大手の専門学校(大原簿記)でサラリーマンを経験することにしました。ここで募

集、営業、講師業などの経験を積みました。非常勤講師になり、司法書士の勉強を本格的にはじめました。



任意売却

 父の会社が倒産しました。弁護士の先生の会社の破産手続を手伝いました。父の様子がおかしくなったので

母を引き取りました。マイホームは任意売却し手放しました(今まで勉強した知識をフル活用しました)。今思うと

この頃が一番辛かったです。

 その後仕事を続けながら司法書士試験に合格しました。はじめてやった業務は会社の保証人となっていた母

の破産手続です(今は孫も3人おり穏やかに生活しています)。


 長々と書いてきましたが司法書士を目指した理由は、法律上の問題などで困っている方のお手伝いをしたいと

いうことに尽きます。司法書士になってこれまで結果としてお手伝いができなかった方ももちろんいらっしゃいま

す。 しかし、これからも困っている方のお手伝いをしたいという気持ちは変わらないだろうと思います。


増井司法書士事務所のHP

http://masui-js.upper.jp/

ゆるゆるですがランキング参戦中


行政書士登録

こんにちは

司法書士の増井です

先日、福岡県行政書士会に行政書士の登録申請に行ってきました。

行政書士は鑑定事務所勤務時代の平成14年に合格しました。

試験時間を間違えて遅刻しました。試験開始30分経過ぎりぎりで教室に入るという失態がありながらも何とか合格しました(当時は試験で作文が課されていました)。

欠格事由はないはずなので登録が認められることと思います(笑)

農地法の許可を取得したい。建設業の許可を取りたい。

日本語の学校を作ったから相談に乗って欲しい。外国人だけど株式会社を設立したい。

司法書士をしばらくやっていると、ときどきこんな感じの相談があります。

その都度、知り合いの行政書士の先生をご紹介させていただいておりました。

それも悪いことではないと思いますが、お客様にとってはワンストップサービスの方が便利かもしれませんね。

これまで当職が業務を選ぶというよりは、頂いた仕事をこなすうちに今のような事務所になったので、行政書士業務が加わったとしても多分業務に選ばれるような方向になるのだろうなと思います。

あっ、ブログの題名を変えないといけませんね・・・

増井司法書士事務所のHP

http://masui-js.upper.jp/

ゆるゆるですがランキング参戦中






高齢者虐待防止・権利擁護研修講師


こんばんは

司法書士の増井です

合同会社の設立登記の依頼を受けています。

依頼者が希望される会社の目的にアルファベットが入っていたので、管轄の東京法務局に電話したら

FAXの照会は受け付けておらず郵送で照会書を送ってくれと言われました。

少しカルチャーショックでした。

東京法務局はきっと照会が多いのでしょうね・・・

さて、先日福岡県社協主催の標記研修会で講義をしてきました(LSふくおかの講師派遣事業です)。

180823_205829


受講生が200名を超えるとプレッシャーのかかりかたが違いますね・・・

但し、最近老眼になったので、近くを見る専用の眼鏡は少し度が軽くなっており、遠方が見えません。

つまり、受講生のお顔があまり見えない状態で講義させていただきました。

しっかり見えなかった分だけ少しはスラスラお話しできたかもしれませんね(笑)

老眼はもの悲しいですが、便利なところもあると気がつきました。

増井司法書士事務所のHP

http://masui-js.upper.jp/

ゆるゆるですがランキング参戦中


事務所を外に出すか、自宅兼事務所で続けていくか

こんばんは


司法書士の増井です。


今日は午後に労働事件の面談が1件あり、夕方からは近くの同職と食事をしました。


事務所近くの鉄板焼きのお店ですが大変おいしかったです。


さて、ある会議の途中雑談で自宅と事務所を別にするかどうか少し議論になりました。


当職は、約1年間外に事務所があった(合同事務所でした)以外は自宅兼事務所です。


2年前に中古の物件を購入しましたが、購入の決め手は執務に支障がない事務所スペースを確保できるかどうかでした。


自宅兼事務所のメリットは、


昼・夜とできたてのご飯が食べられる。


暇なときは比較的ゆっくりとお昼休みを過ごせる。


外に事務所を出すより経費がかからない。


お子様が遊んだり、DVDを見られたり、ハムスターと遊んだりできるスペースがある。
(ちなみに家内は幼稚園の教員免許を持っています)

ということでしょうか。


実はお子様連れのお客様には感謝されることが多いです。


デメリットは


仕事とプライベートを峻別できない。


ことでしょうか(ほかにもあると思います。ヤミ金処理はやりにくいとかもあるでしょうね)。


当職の周囲では自宅兼事務所の方もまあまあいらっしゃいます。


以前に比べるとどうしても法務局の前でないといけないという状況は変わってきているのでしょうね。


但し、謄本を取りに行くときには法務局の近くに事務所を出した方がいいかなと思うこともあります。
(最寄りの箱崎出張所がなくなったものですから・・・)


そうはいうものの、引越も大変なのでしばらく自宅兼事務所のまま行くでしょう。


増井司法書士事務所のHP

http://masui-js.upper.jp/

ゆるゆるですがランキング参戦中






プロフィール

司法書士増井敦章

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: