aamall

2006年11月09日

HEAD フレックスポイント プレステージ チーム

decf2baa.jpgヘッドがツアー系のラケットをパワーや技術に自信がない方にも使ってもらえるように発売してきた「team」シリーズ。
ラジカル、インスティンクトに続いて、ついにプレステージのそれも発売になりました。
その名もフレックスポイント プレステージチームです。
ラケットヘッドの部分だけ白くなっているのがこのteamシリーズの見た目の特徴で、もちろんプレステージ版ですからその他の部分はあの斬新な赤が際立ちます。
スペックは平均重量295g、平均バランス330mmと、軽量にしているとはいえ流石プレステージ系。
軽量化しても、軽めのツアー系ラケットと遜色のないスペックです。

手にしてみると「少し重いかな?」と思ったのですが、振ってみるとさほど重量は気になりません。
「プレステージ系だっ!」と思って振ると、確かにとても楽に扱えます。
当たり自体は従来のプレステージよりかなりしなりを感じ取れ、ボールを飛ばすことがとても容易になってくれていました。
特にフェイスサイズが102平方インチということありトップスピン系がかけやすく、いわゆるグリグリ系の方は従来のプレステージの感覚を一掃されることでしょう。
かといって簡単に飛びすぎるわけではないので、しっかり振り切った上での感想ですが。

打感としては昔の最新テクノロジーが搭載されていないヘッドのラケットに戻ったような気がします。
チタンやインテリファイバーが搭載されてからは若干ですが球離れが早くなったような気がしていたのですが、昔のような食い付き感の高いしなり具合がこのFXPプレステージチームからは感じ取れました。
そして食い付き感の高さがそのままコントロール性の高さに比例してくれます。
最近発売されたヘッドのラケットの中では、昔ながらのヘッドの特徴を一番引き継いでいるような気がしました。

FXPプレステージチーム test一見「team」シリーズなので楽そうな感じがするかもしれませんが、充分ツアー系だと思います。
週に数回プレーする程度の方で、キャリアがある方はこれくらいのスペックがマッチするのではないでしょうか?
私もどうしても昔を忘れられず、ヘッドと契約していた時はプレステージMPをチョイスしていましたが、このFXPプレステージチームでも充分選手レベルに対応できるヒッティングができました。
振り遅れてもこれくらいのスペックならごまかしの効く打ち方もできるので、現在の筋力ならベストスペックなのかと・・・。
安心して振り切れて、尚且つごまかしも効く。
個人的にはかなり気に入ったモデルでした。

人気blogランキングに参加しています。
宜しければ是非ワンクリックをお願いしますm(__)m



masupyu at 16:19│Comments(0)TrackBack(0) ヘッド 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字