篠笛工房・眞風では現在、多くのお客様との取引はネット上で行っております。

ですので、お客様のお顔や住んでいるところは想像でしかありません。

 

P1050581

お客様から注文を頂いてから、内容についての確認のメールを差し上げると決まったように 「楽しみに待っています!」と、返信メールが届きます。 

 

  この言葉を頂くと顔の見えないお客様のことが頭に浮かび、何としても期待に応えたいと言う気持ちが「フツフツと沸いてきます。」

  

  どこの誰だか分からない、名もない笛師を「信じてくれているんだ!」・・・
「信頼してくれているんだ」・・・「本当にありがたいことです。」

 

 ほとんどが注文を受けて名前を確認しつつ・・「お客様はどんな人かな?」

あるいは住所を見ながら「どんな所に住んでいるのかな?きっといい所でしょうね?」 

などと思いつつ勝手に想像しています。 

  

  作る篠笛は唄用あるいは古典調に限らず発送するまでの間には、何度も何度も何度も試し吹きをし、確認をします。

 「音程は正確かな〜?」「バンバン鳴り響くかな〜?」「綺麗な音は出るだろうか〜?」「手触りや巻き仕上げ、塗りは・・・」数えたらキリがないくらいチックをします。

  

  お客様から「無事届いたよ!」とメールが届くまでは心配で、心配で・・・・・

まるで、3人の娘を嫁がせた時のことを思いださせてくれます。

  
 と言うことで・・・・

今日も娘を育てるように手塩にかけて、お客様のことを思いつつ篠笛を作っております 



bitm7ap