お囃子用の篠笛は各地方や郷土芸能、お囃連等によって色々です。
ですので、指孔の位置や音程にも違いが多少あります。
例えば下記の写真をご覧ください。

P8031197

これは古典調(お囃子用)七穴四本調子です。
ご覧の通り上の篠笛は下の篠笛に比べ指孔が全体的に近いです。
特に第一孔と第二穴の間隔が穴半分くらい違いがあります。


次に指孔の大きさはどうでしょうか?

多少、上が小さく下のものが大きいですね・・
この二つの篠笛は同じ音程に調律しております。


どちらが吹き易いと思われますか?


また、男性と女性では手の大きさ、指の長さが違います。

これが、私にとっての泣き所、どちらが良いとは言い切れません。
つまり、私の篠笛の多くはネット販売ですのでお客様の容姿は分りませんのでお名前で判断するしかありません。


勝手に男性だから指孔が広くても良いのかな〜と思ってら、小指が届かないので返品しますと言われます。
また、ある女性からは以前愛用していたものより指孔が近く吹き易いです。

 
とにかく、吹き易さを考えれば男性でも女性でも指孔が近い方にこしたことはありませんね?
・・・と言うことでこれからは指孔はできるだけ近くします。


では・・・
   
http://masuyamashinichi.jp/