P1040687







こんにちは笛師の眞風です。
私は幼い頃、遠くから聞こえてくる笛音、
中でも村祭りでの太鼓と笛の掛け合いが好きでした。

小学校3年生の頃、隣の家の竹藪から篠竹頂き、
焼き火箸で穴を開け笛を作りました。

自分ではあまり上手にできたとは思いませんでしたが、
それでも、親父は良くできたと褒めてくれました。

親父の喜ぶ笑顔、お袋もビックリ褒めてくれました。
喜ばれる嬉しさを知りました。

たぶん、その時、私は笛師になろうと思いました。

村祭りの時期が近づいてくると、天国に行ってしまって
親父のことが思い出されます。

もうすぐ「村祭り」

自分の親父の笑顔を心に思い浮かべて、毎日篠笛を作っております。



bitzkmsssap