木曽フライフィッシングバカ・ジョギングバカ・商売バカ

長野県木曽でのフライフィッシング、ジョギング、商売(居酒屋)のお話。渓流シーズンは最近は教える側にまわってます。ジョギングは週5〜7日で10km。居酒屋を家族ではじめて徐々に素敵なスタッフが集まり楽しくやってます。そんな充実した毎日を赤裸々にのせてきます。

November 2005

働く意義

ただ働くにしても自分が欲しいものを買うためにただ働くのと、自分が働くことに何か意味があって働くのとはちょっと違うんじゃないと思います。

ちなみに僕の働く意義って何かなって考えてみました。そして思ったことが自分の経験や知識を通して、家族、仲間、地域のみなさんに貢献するということです。そして自分も幸せになって家族も幸せになってもらいたいと言うことです。こうやって縁あってまた家族がひとつになったことは天国でとうちゃんはきっと喜んでくれてるんじゃないかなって思います。しかし、金のことでもめることは望んでいないんじゃないかなって思います。みなが協力して商売を盛り上げてお客さんや地域の人に喜んでもらうことによって家族もうるおって来ると思います。そのためにおのおのが必死になって商売のことを考えてやってみることが大切やと思います。他力本願ではあかんのやと思います。知恵だしてやってみなあかんのちゃうかなって思います。これらをやっていくなかで楽しみながらやっていくのも大切やと思います。みなさんの働く意義って何ですか?みなさんはそれをやっていますか?やらな〜何もはじまらへんし、ずっと不満ばっか言い続けるでしょう。

 毎回、毎回、新しい問題をかみさんが僕にくれる言うことは人の上にたってまとめていくと言うことでまだまだ沢山まなばなあかんことがある言うことです。

神さんのくれた新たな問題

今週末は“ちから”はええ感じでした。金、土、日と賑わい。金曜日にはサンクスギビング祭りを行い。沢山の人に来ていただき、飲んで食べて、手品を楽しんでいい週末を送ることができました。そこでひとつ僕がやってみたことがありました。

 

自分を変えることでした。今まで仕事仲間である家族に求めて、期待

 

したりしていました。でも自分じゃないんだから自分の思うようになりませんし。人それぞれ経験してみなければわからないところもあると思うんです。なので考えて、考えて自分を変えてみようと思いました。それは信じて見守る。そして自分がやって態度でしめすことです。そしたら自分でもすごい気持ちが楽で、弟の笑顔もいつもより多い感じがして、会話も増えたような気がしました。相手の気配りも感じました。そういうのってお客さんに通ずると思うんです。なのでそれが通じて週末こんなににぎわったんちゃうかなって信じてます。

 そして一難さってまた一難とはこのことです。また新しい問題を神さんが僕にくれました。それは朝かあちゃんが共同経営者である弟にもっと給料やれと怒ってきたことです。これは前回もお話したのですが、僕はかっとなってそのとき口答えしてしまったのですが、後にずっとそのことを考えてどうしたら、理解してくれるのかとか考えました。かあちゃんの話のなかには自分たちがすしや始めておかあさんはいきなり“10万とか20万”とかもらっていたと言い張っていました。しかし自分の今の経営の経験や知識と比較してなにか変やなと思いました。とうちゃんはきっと生活費など全てを含めてかあちゃんにそれだけ渡していたのだと思います。僕のイメージではとうちゃんのときのすしやは毎日にぎわっていたという感じではなかったです。それなのに20万?あれ〜?と思いました。きっと帳簿上では10万とかそれくらいが母の専従者給与というものになって残りの分はきっと事業主貸という感じで父の商売の金からだしていたんちゃうかな?って思いました。そうでなくては売り上げと共同経営者の賃金があきらかにあっていないので税務署から言われるんちゃうかなって思いました。それがわかってちょっとすっきりしました。

 かあちゃんはこれからもずっと同じことを言い続けてくると思います。それをどう対処したらいいのか建設的な考えかたにできるのか考えました。そこで思ったのが、次この話がでたら一度、家族全体でならどうしたらそれぞれがハッピーになれるお金を得られるのか?これからの資金のやりくりや今の店の状態などあと他の仲間と給料の状態などを再確認して話あってみるべきやと思いました。僕らいくら言ってもきっと自分たちで考えてみなければわからないと思うので。

 はじめのうちは開業で使ったお金もあるのでなかなかプラスにはならないかもわかりません。なのでたいがいの経営者は最初のうちは給料はもらえません。しかし最初の月からもらってる共同経営者は幸せを感じられるようになったらうれしいですし、もっと賃金が欲しいのであればどうしたらいいか考え、仲間に話し、行動に移す必死がでてくるのかもわかりません。サラリーマンが1万プラスになろうと思ったら1年も2年もかかるのに個人はもうけたらすぐ1万プラスにできます。だから

 

儲ければいいんです。

思い

明日はいよいよサンクスギヴィングデーまつりです。

 

手品します。(口からトランプ出たりします)

 

鶏料理を振る舞います(けっこう新しい味かも、、、)

 

生ビール5杯に1杯無料です。

 

当日けっこう込み合うかもわかりませんが、楽しんで家族で一生懸命もてなさせてもらいますんで、友達、友人、仲間を連れて遊びにきてください。

 

ちから

 

23−2869

 

火曜日にフランス人のオスカーさんの講演会があったので弟を連れて行ってきました。彼のお話やヨーロッパの旅行事情などについてのお話を聞きました。ヨーロッパはまた日本やアメリカとは違った感じの自然や町並みでおもしろいな〜と思いました。ぜひ行ってみたい!!

 

来月に名古屋で講演会があります。僕の先輩経営者に強く勧められて行くことにしました。3日あるうちの1日だけためしに行ってみることにしました。今まで行くなかで一番高いのですが、先輩が強く勧めるだけあってなにかつかめるにちがいないと思ってます。お金は多少かかりますが、それ以上の価値があると思ってます。やはり今の商売の中での一番の課題家族経営だと思ってます。それを上手にやるために僕自身がまずよくなっていく必要があると思います。僕は意地っ張りなところがあると思います。常に物事に対して柔軟に対応しようと心がけているのですが、コアな部分でかわれないところがあると思います。そしてまわりの人のお話も聞けないところがあります。特に部下のお話は跳ね除けてしまうところがあります。ひとつのことで考えることがあるとそれが自分のなかで消化するまで時間がかかり、そのとき笑顔になれなかったりしてしまいます。それをせっして仲間も笑顔がなくなるのがわかります。自分みたいにまわりは動けない、人はそれぞれ違うんだし、しかし仕事ではある程度のけじめが必要やし、向上心やそれに対する行動かて必要なんやし、そんなんもとめてしまう自分はどうなんだろうかとも思ったりします。しかしよくなりたいんです。僕も幸せになって家族も幸せになって欲しいんです。

 

店のお金のことや専従者の給料のことで母から言われたりします。それが最近よく母から言われるんですが?僕はたまたま社長で経理も任されています。そんな僕が給料なしでやっていて、共同経営者である弟がしっかりした賃金をもらってない。そうすると弟はやめるんかもわかれへんからちゃんとしたお金をやれとか言われたりします。本人からも以前言われたことがあります。簡単に言うたら僕は商売と家族の間で板ばさみ的なところがあります。商売もうまいことやっていかなあかん。そして家族の金の話。でも僕自身は給料0

 

僕は思うんですが、開業当初は最初から給料はなかなかでないもんなんだと思うんです。それは僕自身は承知しています。開業費もかかることですし、そんななか最初の月から共同経営者である弟が少なからず賃金をいただけることはとても幸せなんではないかと思うんです。もっと金くれ、金払えって言うことってなんか「自分、自分」って言ってるような気がします。ならそんなん言ってる目の前の相手はあなたがたのことや店のことを考えて給料なしでやってるんですよ。って思うんです。生計も共にしてますし、そんなん考えると同年代の友達と同じくらいもしくはそれ以上もらってるんといっしょやと思うんです。そんなんもっとわかって共同経営者の立場から見てくれるようになってもらったらもうけもんです。「にいいちゃん俺これいらんからみんなでがんばってはやくもととれるようになろうぜ」なんってあった日にゃ〜もう夢のような話です。いかん、いかんかって想像してしまった。

逆の立場になってもしかれがお金の管理や社長であったならば、なんて言うんだろうかとまたかって想像が膨らんだりしてしまいます。いかん、いかん。

そんなんいろいろ考えてしまいます。僕ができること目の前のことを一生懸命やる。そして家族を信じてあんまり言わないってことかな?よかれと思ってやってみてもうまくいかないことってあるんで、わかんなくなってきちゃった。

セミナー

今日も木曽は寒いっすよ〜。−3度!!朝車の窓に結晶ができ前が見えない状態でした。慣れてない僕はワイパーでこすってみたところきれいになれへんもんで手袋で軽く視界が悪いなか運転してみました。左半分はまったく見えなかったんですが、左折がなかったもんで無事に運転することができました、ほっ!!

ちなみに今の時期シアトルは8度前後です。いかに木曽が寒いかがわかります。もうシアトルの冬より寒いっす。少しずつでも体ならしていかなやってかれへん。それでも子供のころ19年間すんどったんやからできるはずやねん。

弟は今日は松本のほうにセミナーに行きました。経営コンサルタントのお話を聞きにいくそうです。僕も誘われたのですが、それが昨日でもうすでにごりらせんせの寺子屋(英語の授業)が3つはいっていたのでいけませんでした。弟がお話でなにかをつかんで行動にうつしてくれたらうれしいです。そして僕にいろいろお話してくれたらうれしいと思います。

問題集

その後、仲間といろいろなお話をして、信じることに決めました。罰ゲームもいらんと思いました。料理のことなど信じて、まかして、期待以上のことをやってのけてます。

僕が彼に言うことはこれからできるようになるところです。逆に言わずに信じて見守っていたら責任もってできるようになるかもしらんと思いました。あまりに求めすぎてしまうと完璧主義者になってまうからあんまようないかもわからへんとも思いました。彼には彼のええとこあるし、僕には僕のええとこがあるはずなんやから、、、。

なんやかんや言って彼はできるこやし、いってることはたいがい学んでできるようになる学習能力はあると思ってます。せやからがまんしていらいらすることもあるやろうけど、やってみようと思います。

この顔見たら、、、
ごりら先生
シアトル在住7年。自分のやりたいことに徹底してがんばるお笑いにかんしては貪欲なにいちゃんです。いじってなんぼいじられなんぼっす。でも常に愛のあるいじりに徹っしてます。
こっちも行ってみて

ご訪問のさいにはぜひワンクリックを
☆皆様の応援が明日へのエネルギーになります☆

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ









ありがたいみなさんからの感想
先生の読んだ本
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ