最近は2時間のウォーキング&ジョギングのほうがやりたくて1か月釣りに行っていませんでした。
朝4時に起きて前回尺2本とった渓へ
2匹目から岩盤のエグレから32cm
IMGP0450
もうすでにハッピーです。
大物がでそうな予感がしたのでいそうなところをポイントを選んでそしてサイトで釣り上がって行きました。深みのある巻きから33cm
IMGP0457

IMGP0458

水深のあるプール真ん中にはごっつい倒木がありました。対岸の岩を登って下を覗くと何匹か魚が定位しています。岩盤際に石がありその上でごっついのんがライズしてますそこには5,6cmくらい太さの木が2本ほど浮いています。上は木が茂っていてほとんどバックがとれません。魚をかけたとしても水面から3mくらい上の岩からなのでもし万が一かかった場合どうしようか予想しました。がんばって運よく下流の浅い瀬までいなして自分が糸のテンションを保ちながら岩を降り、そこでランディング。釣れたらラッキーくらいの気持ちでトライしました。フライは魚の50cm上流に落ち、少し間をおいてフライが消えたのであわせをいれました。浮いていた木が動いたのでひっかけちゃったかなと思ったら魚がかかってました。運よくその木には絡まらず回避でき、終始潜られないように顔をださせて空気を吸わせる状態を保ちました。一回岩の下にもぐられましたがそれも回避でき、テンションをはりながら岩の上を移動。途中水面から細い流木が突き出ていて、それにも絡まったらいややなと思っておりましたがそれも回避できました。次は3mの岩をテンションはりながら自分が降りる。それも上手にできてランディングまでいたりました。
38cmの怪物のようなイワナ
IMGP0463

IMGP0470

去年は40cmとったんですがそれに次いでうれしい一匹です。ランディングネットよりもでかい。まさか今シーズンもこんなに良い魚に出会えるとは思いませんでした。

次は支流との合流のなんでもない浅いところから31cm
IMGP0472

最後は瀬の流心近くにでかめのが動いていたような気がしてやってみたら30cm
IMGP0478

生まれて初めて1日に尺もん5匹キャッチできてうれしかったです。この渓のポテンシャルを感じております。その反面新しい渓にチャレンジしたい贅沢病もでてきております。もしくはいつも単独なんで仲間と行くとか何かいつもと違う新鮮を欲しがっています。
38cmの怪物を思いだして今でもちょいちょいニヤニヤしています。