image













生まれてこのかたはじめてのアメリカの結婚式に呼ばれて行ってきました、ニューオリンズに。
 西海岸とアリゾナまでは行ったことあったんですが中南部は初めてです。
 この1週間僕がいなくても営業することを自らチャレンジした素敵な宝たち(仲間達)にまずビッグ感謝です。  フライトが早いということで前のりで東横インの成田空港の所に一泊しました。宿は中国系のお客様ばかりで驚きました。まるで日本ではないみたいでした。フロントにはテレビで見たことある炊飯器などが山のようにありました。
 フライトはダラスまで約11時間。そこで乗継ぎニューオリンズまで1時間、長かったです。しかしいつもよりも寝ることができ時差ボケは少ないほうでした。

image
























さすがニューオリンズはジャズの街、空港にはこのようなオブジェが。この週は街の中心地フレンクオーターでフェスティバルがあり普段の人口の倍になるらしくホテルを早めに予約したのですがいつもの3倍くらいの素敵なホテルに宿泊しました。
 ホテルにチェックし、まずは第2次世界大戦ミュージアムに。
 その後アウトレットモールを散策し、名物のベニェを試食しました。1人前は揚げたてのドーナッツにたっぷりの粉砂糖がかかったものが3個もついてました。僕は一口だけ。これを全部食べるのかと思うとアメリカンのすごさを感じます。油を感じる甘い天ぷらを食べてるような気持ちになりました。
 その後フレンチクオーターを散策。この街はお酒を外で歩きながら楽しんでも良いようです。
 昼食はCresent city brewing houseに行きました。Beer Samplerを注文し、名物の生ガキ、牡蠣の上にいろんな具を乗せてオーブンで焼いたものをトライしました。ビールは一口目はいろんな味を感じることができるのですが、二口目から鈍感になりあんまりわかんなかったです。でも土地のクラフトビールを生ガキでといっしょに頂けるのは最高の幸せです。牡蠣のオーブン焼きは牡蠣の本来のうまさが負けちゃってやっぱ生がいいよねって思っちゃいました。試してみないとわからないので良い経験です。

image
image
image
image



















































夜は散策しながら下調べしていたSefood restaurantへ
空腹感は一個もありません。しかし一食もミスできません。奮発してSteamed Lobsterトライしました。その他にクラフトビール、前菜にワニのソーセージ、ジャンバラやと名物をやはりトライ。ロブスターはす〜ごくでかくてこの旅で一番うまかったです。これからは旅先では生ガキとクラフトビールではなくロブスター探してしまいそうです。

image
image
image
image



















































その後はフレンチクオーターのバーボンストリートを散策。にぎやかな通りで各バーからライブミュージックが鳴り響き、とても楽しい通りです。気持ちもワクワクして踊りたい気持ちになりました。
 これでニューオリンズ一日目は終了です。明日は結婚式の前日に新郎新婦が企画してくれたSwamp tour(沼ツアー)とCrawfish Party(ザリガニパーティー)です。また最高の一日になりそうで楽しみです。

image
image