フリーゲーム「CardWirth」の何かしらがあります。
初めての方は下記の「このBlogについて」を一読するのをお勧めします。

このBlogについて(2015/07/21:追記)
利用規約(2015/07/21:追記)
連絡用

#4「森に生きるものとして」

DL→uploader.jpへ

当シナリオの利用にあたって

対象レベル:3~5
必要人数:4人以上
プレイ時間:30分程度
内容:異種族間のトラブル解決
製作環境:WirthBuilder Ver1.1.38
対応:CardWirth ver1.50以降


 その森は古くからそこに在った。

 ときに優しく、ときに無慈悲に、森に生きるものを育んでいた。

 自然は美しく、そして恐ろしい。

 だが森は、ただそこに在るだけだ。

 我々はその姿を通して、己の心の内を曝け出しているのかもしれない。



【 解説 】

 とある森で起こった人間とエルフのトラブルを解決することになります。

 パーティメンバが4人以上でなければシナリオは開始されません。

 戦闘で全滅するとGAMEOVERが発生します。

 「交易都市リューン」で購入できる適正レベルのスキルを所持したレベル3の6人パーティが苦戦する戦闘バランスです。(カード運がないと全滅)
 またパーティの平均レベルが5以上の場合、ボスの強さが変化します。

 本シナリオは「_エルフ」「エルフ」クーポンに対応していません。

 作中におけるエルフ語は「エルフ語変換」コンバータを利用させていただきました。


【 履歴 】

2015/07/28
 Ver.1.02
  「ロープ」が消費されない不具合
  PCの口調差分が正しく機能していない不具合を修整しました。
2015/07/26
 Ver.1.01
  特定状況下でイベントが中断される不具合を修整しました。
2015/07/25
 Ver.1.0として公開
2015/07/23
 Ver.β 完成



【 制作話 】(ネタバレ含)続きを読む

#3「美しき世界」

DL→uploader.jpへ

当シナリオの利用にあたって

対象レベル:なし
必要人数:4人以上
プレイ時間:10分程度
内容:読み物
製作環境:WirthBuilder Ver1.1.38
対応:CardWirth ver1.50以降


 あなたは初めて冒険に出たときのことを覚えていますか?

 無限に広がる多種多様な冒険との出会い。

 そこには楽しさも、悲しさも、つらさも、体験した冒険の数だけあったことでしょう。

 そんな歴戦の冒険者であるあなたも、気がつけばずいぶん長くこの旅を続けていますね。

 同じように、ここにも数多の冒険を経た冒険者が独り……

 どこか悲観的な彼/彼女は、すっかり冒険の日々に疲れていました。

 そしてそんな彼/彼女の傍らにはいつも気にかけてくれる大切な人がいたのです。

【 解説 】

 長い冒険者生活に疲れた悲観的なPCと、そんな彼/彼女とともに歩んできた楽観的なPCふたりによる会話劇です。
 Lv制限はありませんが、経験豊富なPCを用意するのをお勧めします。
 また本作は久しくCardWirthをプレイしていない方が、かつてのPCたちを引っ張りだしてきてプレイしてほしい一作になっています。

 会話と状況の都合上、パーティメンバが4人以上でなければシナリオは開始しません。
 またシナリオを終えてもクーポンの取得はなく、済印も着きません。


【 履歴 】

2015/07/16
 Ver1.0で公開開始


【 制作話 】(ネタバレ含)
続きを読む

#2「嘘つきロッコ」

DL→uploader.jpへ

当シナリオの利用にあたって

対象レベル:1~3
適正人数:3~6人
プレイ時間:30分以内
内容:モンスター討伐
製作環境:CardWirthEditor Ver.1.28
対応:CardWirth ver1.28以降


 ラツィオ村からやってきた商人ノリスは気の弱い男で、リューンに来る途中に怖い目にあってしまったので、帰りは冒険者を雇うことにした。

 ラツィオ村は牧羊で有名なほかは、これといってなにもない、小さくのどかな村。

 しかしその村で唯一、悩みの種があった……

【 解説 】

護衛がメインと思いきや……実際は捜索&討伐のほうがメイン。
捜索自体も「捜索してる雰囲気」を楽しむ程度になっています。
所要時間は30分以内。早ければ数分。
戦闘バランスは純正シナリオ『ゴブリンの洞窟』をクリアしていれば、Lv1パーティーでも問題ないかと思います。その場合、多少の運かあるいは力押しに頼らない機知を必要としますが。
複数の分岐と4つのエンディングがあります。

またこのシナリオにはリプレイ機能が搭載されています。
くわしくは付属のReadmeを参照してください。

【 履歴 】

2008/06/27
 Ver.1.0として公開開始


【 制作話 】
続きを読む