マタハラ弁護団東海

マタハラに悩む全ての女性のために、東海地方の女性弁護士が集結したのが、マタハラ弁護団東海です。 無料相談、セミナー、勉強会への講師派遣など、随時開催しています。

妊娠・出産・育休を理由にした不利益な取り扱いを「マタニティ・ハラスメント」と言い、これらは違法とされています。
マタハラ弁護団東海では、このようなマタハラのご相談を随時お受けしています。また、勉強会への講師派遣も行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。
弁護団事務局:弁護士法人名古屋南部法律事務所
住所:名古屋市中区正木4-8-13金山フクマルビル
電話:052-682-3211
担当弁護士:岡村・田巻


こんにちは。マタハラ弁護団東海・野田です。

今日事務所に、育休中の事務員さんがあかちゃんを連れて来てくれましたよ 

松田さん

保育園に申し込むための書類をお渡しし、育休明けの勤務形態の希望をお聞きしました。

ちなみに、当事務所は大企業に負けない充実した育児休業規程をおいています
時短勤務に加え、フレックスタイム制も完備していますが、これまで誰もフレックスタイム制を使ったことがないのが残念で・・・。
今回育休明け予定の事務員さんに利用を勧めてみましたが、ちょっとイメージが湧かない様子でした。
ぜひ前向きに検討してほしいです

また、育休明けは原職に復帰するのが原則となっていますが、時短勤務で原職ができるのか、不安を感じておられるようでしたので、どうしたら時短勤務で安心して原職復帰できるのか、所内での検討課題となりました。

安心して復職してもらえるよう、職場環境を整えます!



 こんにちは。マタハラ弁護団東海です。

 当弁護団のリーフレットを、婦人科のクリニック様に置いて頂けるようになりました!

43685127_327507948036509_4019135811827007488_n

 このような感じで置いて頂いています

 リーフレットをご希望の方は、お気軽にご連絡下さい。


こんにちは。マタハラ弁護団東海・野田です。

東京医科大学が女子受験生と多浪受験生に不利な得点操作を行っていた問題で、昨日、「医学部入試にける女性差別対策弁護団」が結成されました!

女子受験生に不利な得点操作をした理由について大学関係者は、
「結婚、出産、育児で辞めていったり長時間勤務ができなくなる女性医師が多い」
と説明したと報道されていますが、この理由が本当だとしたら、立派な(?)マタハラです。

本来なら、女性医師が結婚・出産・育児で職を離れなければならないような医療界の働き方を変えるべきであるのに、女性の医学部合格者を減らすことで対応するなんて、信じられない愚行です。

さて、弁護団は8月25日午後1時から4時の間、緊急ホットラインを行うそうです。
電話番号:044-431-3541

また、常時メールでの相談もできます。いずれも匿名可、ご家族等からの相談でも可だそうですので、お気軽にご相談下さい。
メールアドレス igakubu.sabetsu@gmail.com


↑このページのトップヘ