マタハラ弁護団東海

マタハラに悩む全ての女性のために、東海地方の女性弁護士が集結したのが、マタハラ弁護団東海です。 無料相談、セミナー、勉強会への講師派遣など、随時開催しています。

妊娠・出産・育休を理由にした不利益な取り扱いを「マタニティ・ハラスメント」と言い、これらは違法とされています。
マタハラ弁護団東海では、このようなマタハラのご相談を随時お受けしています。また、勉強会への講師派遣も行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。
弁護団事務局:弁護士法人名古屋南部法律事務所
住所:名古屋市中区正木4-8-13金山フクマルビル
電話:052-682-3211
担当弁護士:岡村・田巻


こんにちは。マタハラ弁護団東海・野田です。

東京医科大学が女子受験生と多浪受験生に不利な得点操作を行っていた問題で、昨日、「医学部入試にける女性差別対策弁護団」が結成されました!

女子受験生に不利な得点操作をした理由について大学関係者は、
「結婚、出産、育児で辞めていったり長時間勤務ができなくなる女性医師が多い」
と説明したと報道されていますが、この理由が本当だとしたら、立派な(?)マタハラです。

本来なら、女性医師が結婚・出産・育児で職を離れなければならないような医療界の働き方を変えるべきであるのに、女性の医学部合格者を減らすことで対応するなんて、信じられない愚行です。

さて、弁護団は8月25日午後1時から4時の間、緊急ホットラインを行うそうです。
電話番号:044-431-3541

また、常時メールでの相談もできます。いずれも匿名可、ご家族等からの相談でも可だそうですので、お気軽にご相談下さい。
メールアドレス igakubu.sabetsu@gmail.com



こんにちは。マタハラ弁護団東海・野田です。 

昨年11月、当事務所の事務員さんが産休・育休に入るため代替事務員さんを採用したという記事をアップしました。
そしてその時、さらにもう一人事務員さんが年明け早々に産休・育休に入ることになったというお話もさせて頂きました。

そしてそして、さらにもう一人、ご懐妊の事務員さんが現れました!
なんというおめでたい事務所でしょう

特筆すべきは、この事務員さん、なんと当事務所に勤めだしてから三度目の産・育休取得なのです。
それだけ当事務所が、出産しても働き続けやすい事務所、ということだと自負しています
三人の小さいお子さんを抱えての職場復帰は不安もあるでしょうが、安心して復帰できるよう、事務所としても万全を期しておきたいです。

これからもどんどん出産して、また職場に戻ってきて頂きたいと思っています

あかちゃん



↑このページのトップヘ