マタハラ弁護団東海

マタハラに悩む全ての女性のために、東海地方の女性弁護士が集結したのが、マタハラ弁護団東海です。 無料相談、セミナー、勉強会への講師派遣など、随時開催しています。

妊娠・出産・育休を理由にした不利益な取り扱いを「マタニティ・ハラスメント」と言い、これらは違法とされています。
マタハラ弁護団東海では、このようなマタハラのご相談を随時お受けしています。また、勉強会への講師派遣も行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。
弁護団事務局:弁護士法人名古屋南部法律事務所
住所:名古屋市中区正木4-8-13金山フクマルビル
電話:052-682-3211
担当弁護士:岡村・田巻

こんにちは。マタハラ弁護団東海・野田です。

2018年1月1日から、事業主にマタハラの防止措置を講じることが義務付けられているのをご存じでしょうか。

danda0I9A4330_TP_V

知らなかった!、知ってたけどまだ何もしてない・・・という事業者の方は、すぐに弁護士にご相談下さい!

具体的な防止措置義務の内容は、厚生労働大臣の指針に定められています。
しかし、自分で防止措置を作ろうと思うとなかなか大変ですし、とても面倒ですよね。
マタハラ弁護団東海では、事業者の皆様のマタハラ防止対策(就業規則等の改正、周知・啓発のための資料作り、相談窓口の設置など)もお手伝いしています!


お気軽にマタハラ弁護団東海までお問合せ下さい。
弁護団事務局:弁護士法人名古屋南部法律事務所
住所:名古屋市中区正木4-8-13金山フクマルビル
電話:052-682-3211
担当弁護士:岡村・田巻



こんにちは。マタハラ弁護団東海・野田です。

今日事務所に、育休中の事務員さんがあかちゃんを連れて来てくれましたよ 

松田さん

保育園に申し込むための書類をお渡しし、育休明けの勤務形態の希望をお聞きしました。

ちなみに、当事務所は大企業に負けない充実した育児休業規程をおいています
時短勤務に加え、フレックスタイム制も完備していますが、これまで誰もフレックスタイム制を使ったことがないのが残念で・・・。
今回育休明け予定の事務員さんに利用を勧めてみましたが、ちょっとイメージが湧かない様子でした。
ぜひ前向きに検討してほしいです

また、育休明けは原職に復帰するのが原則となっていますが、時短勤務で原職ができるのか、不安を感じておられるようでしたので、どうしたら時短勤務で安心して原職復帰できるのか、所内での検討課題となりました。

安心して復職してもらえるよう、職場環境を整えます!



 こんにちは。マタハラ弁護団東海です。

 当弁護団のリーフレットを、婦人科のクリニック様に置いて頂けるようになりました!

43685127_327507948036509_4019135811827007488_n

 このような感じで置いて頂いています

 リーフレットをご希望の方は、お気軽にご連絡下さい。

↑このページのトップヘ