マタハラ弁護団東海

マタハラに悩む全ての女性のために、愛知県弁護士会所属の女性弁護士が集結したのが、マタハラ弁護団愛知です。 無料相談、セミナー、勉強会への講師派遣など、随時開催しています。

妊娠・出産・育休を理由にした不利益な取り扱いを「マタニティ・ハラスメント」と言い、これらは違法とされています。
マタハラ弁護団東海では、このようなマタハラのご相談を随時お受けしています。また、勉強会への講師派遣も行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。
弁護団事務局:弁護士法人名古屋南部法律事務所
住所:名古屋市中区正木4-8-13金山フクマルビル
電話:052-682-3211
担当弁護士:岡村・田巻

 はじめまして、岐阜の弁護士の田島朋美と申します。

 昨年、岐阜でのマタハラ問題の勉強会に岡村晴美先生、横地明美先生にお越し頂いたのをきっかけに、マタハラ弁護団に加入しました。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 私は大学卒業後、しばらく民間企業で働いた経験があります。

 残業代はきちんと支払われていましたし、パワハラ、セクハラに関する通報窓口やコンプライアンスデスクも整備され、もちろん産休等に関する規定もありました。
 今の言葉でいえば、割と「ホワイト」な職場だったと思います。
 

 私の在職中に、本社で初めて産休・育休を取得した女性社員がいて、大きな話題になりました。

 それまで、制度はあっても、「女性は出産を機に退職するものだ」という職場の雰囲気があり、誰も活用できていなかったのです。
 古い体質の会社でしたから、「女の子は腰掛け」という昔ながらの意識が強く残っていたのだと思います。

「(1人目が頑張ってくれたから)これから産休が取りやすくなる」と好意的にとらえる意見もあれば、「長期間休まれて周りの迷惑だ」、「みんな暗黙の了解で辞めていくのに、一人だけわがままだ」という否定的な意見もありました。
 

 このように、比較的「ホワイト」な会社であっても、セクハラやパワハラなどに比べてマタハラ(当時はマタハラという言葉もありませんでしたが)に対する理解は遅れていたのです。

 しかし、その後、他にも産休を取得する人がぽつぽつと出始め、今では全社的に産休を取る人が増えたと聞いています。この件をきっかけに会社全体の意識が変わり、制度を活用できるようになったのです。

 今にして思えば、これが私のマタハラ問題の原体験でした。

 

 今でも、日本の多くの企業、特に中小企業では、経営者の無理解だけではなく、同僚たちの目も気になって、中々権利を主張できずにいるのが実情ではないでしょうか。

 経営者だけではなく、働く人たちの意識が変わらなければ、マタハラの問題はなくなりません。

 私が勤めていた会社でも、1人目が権利を主張して、その人が切り拓いた道を他の人たちも歩めるようになりました。

 マタハラに悩んでいる皆さん、職場を変えて、安心できる環境で子育てをするためには、勇気を持って一歩を踏み出すことが必要です。

 我々マタハラ弁護団の弁護士は、その一歩のお手伝いをさせて頂きたいと思っています。

 悩んでいること、困っていることがあったらどうぞご相談下さい。

こんにちは。マタハラ弁護団東海・渥美です!

 昨年の重要なニュースのひとつに、電通という大企業で働いていた高橋まつりさんが過労自殺したというショックなことがありました。
 高橋さんはまだ新入社員だったのに長時間にわたる残業の他、上司からのパワハラに加えて「死ぬほど働け」という企業体質があったと言われています。
 この事件は、お母さんの勇気によって告発され、社会問題に発展したことで、長時間残業規制の大きなきっかけになりました。

  しかし、弁護士としての私の経験では、なにか会社ともめ、会社に法律違反があって、そのことで体調を壊したり退職を余儀なくされたりしたときでも、それを堂々と告発する労働者はそれほど多くないのが実情です。
「会社にお世話になったから」「同僚からいろいろ言われたくないから」「やっても無駄だから」などという理由で闘うことを諦めてしまう人が結構います。そういう心情はよく分かります。

  でも、1985年に雇用均等法ができ、1999年には努力義務が禁止規定になり、2006年にセクハラ防止規定ができ、さらに2015年にマタハラ防止規定ができてきたことは、なによりも多くの被害者を受けた女性達が勇気をもって闘ってきたことの証です。
 つまり多くの先輩女性からの皆さんへの大切な贈り物です。
 
  法律は神様が与えたものでは有りません。
 多くの人々の闘いによって権力や支配者から勝ち取ってきたものなのです。それは、法律が制定された歴史をみると良く分かります。
  もし、このホームページをご覧の皆さんの中に、「働いているけど、気になることがある。相談したい」と思っているかたは遠慮なくお電話下さい。お待ちしています。

  なお、この弁護団は2月1日から名称を変え「マタハラ弁護団東海」になりました。 
 今まで「愛知」にしていたのですが、岐阜の田島弁護士にもこの弁護団に加入していただき、弁護団会議では「ねえ、マタハラ弁護団愛知の岐阜支部にしようか」という冗談のような意見もでましたが、結局、愛知県、岐阜県、三重県の3県をカバーする「東海」に広げました。
  これからもよろしくお願いします。


こんにちは。マタハラ弁護団愛知・野田です。

先日、当事務所の男性事務員が、第二子が出生したことに伴い、10日間の育児休業を取得しました!

我が事務所で男性事務員が育休を取得するのは、実に初めてのことです
マタハラ弁護団としては嬉しい限りです。

10日という短い期間でしたが、ミルクをあげたり沐浴させたりしたとのことです。
また、上の子を買い物や動物園に連れて行ったりもしたそうですよ

 正直仕事に行った方がいいと思ったときもあったぐらい、育児の大変さが分かったようです。
 それが何よりの育休取得の成果だと思います(笑)
 
 もっともっと、男性の育児休業取得が増えることを願っています。 

PPW_kodomowoseouoyakotoyama-thumb-autox1600-13082
 

↑このページのトップヘ