マタハラ弁護団東海

マタハラに悩む全ての女性のために、東海地方の女性弁護士が集結したのが、マタハラ弁護団東海です。 無料相談、セミナー、勉強会への講師派遣など、随時開催しています。

妊娠・出産・育休を理由にした不利益な取り扱いを「マタニティ・ハラスメント」と言い、これらは違法とされています。
マタハラ弁護団東海では、このようなマタハラのご相談を随時お受けしています。また、勉強会への講師派遣も行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。
弁護団事務局:弁護士法人名古屋南部法律事務所
住所:名古屋市中区正木4-8-13金山フクマルビル
電話:052-682-3211
担当弁護士:岡村・田巻


こんにちは。マタハラ弁護団東海・野田です。 

昨年11月、当事務所の事務員さんが産休・育休に入るため代替事務員さんを採用したという記事をアップしました。
そしてその時、さらにもう一人事務員さんが年明け早々に産休・育休に入ることになったというお話もさせて頂きました。

そしてそして、さらにもう一人、ご懐妊の事務員さんが現れました!
なんというおめでたい事務所でしょう

特筆すべきは、この事務員さん、なんと当事務所に勤めだしてから三度目の産・育休取得なのです。
それだけ当事務所が、出産しても働き続けやすい事務所、ということだと自負しています
三人の小さいお子さんを抱えての職場復帰は不安もあるでしょうが、安心して復帰できるよう、事務所としても万全を期しておきたいです。

これからもどんどん出産して、また職場に戻ってきて頂きたいと思っています

あかちゃん




 こんにちは。マタハラ弁護団東海です。

  昨年(2017年)9月から、ハケンで働く方の悩みに弁護士が回答する「派遣ネット相談」~ハケン(派遣)で働く方の悩みに弁護士が回答します~が始まりました!

 

 主催は、非正規労働者の権利実現全国会議(略称:非正規会議)です。
 20159月、10月に派遣法が変わり、今年にもハケンで働く方々が解雇されるなど様々な問題が起こり得ることから、全国各地の弁護士でネット相談に取り組んでいます。

 

 これまでに80件ほどの悩み相談がありましたが、代表例を非正規会議HPに載せていますので是非ご覧ください。

 また、非正規会議HPでは『ここが知りたい! 改正派遣法Q&A』(第1刷)もダウンロードできます。(http://www.hiseiki.jp/whatsnew/160916_haken-qanda.php

 

 ハケンで働く方には「自分はどうなの?」という具体的な悩みがあると思います。
 ぜひ、派遣ネット相談にその悩みをお寄せください!
 派遣ネット相談

IMARIC20160805210023_TP_V

↑このページのトップヘ