これ、夫が岩松了が出てるからとか言って録画したのを、
何の期待もせずに見たのですが、すごくおもしろかった。
好きですね〜こういうドラマ。

 霧山修一郎(オダギリジョー)は、時効管理課で働く警察官。
この部署はひまなんで、いつも課のみんなでおしゃべりに花が咲いている。
話しているうちに自分には趣味がないことに気づいた修一郎は
趣味で時効になった事件を捜査することを思いつく。
 
 はっきりいって捜査はどうでもいいです。
このドラマに推理の醍醐味を期待するのは間違っています。
もちろんそれなりに考えられたトリックはあるようですが、
なんと言ってもしょせん趣味ですから。

 ところで、この時間帯はコワザに走るというか、
いろんな遊びにチャレンジするのが好きなスタッフが集まっているのでしょうか、
かなり笑わせてくれます。
 「検挙は謙虚に」「アメーバ急便」「呪いカレー」「くしゃみはハクションですが、このドラマはフィクションです」「この件は誰にもいいませんよ」カード。

 まず、時効管理課の責任者熊本(岩松了)。
突然霧山の家にやって来てトイレを借りていく。
「私がここでうんこしたことはくれぐれも言うなよ」と言って去っていく。
 同じく又来(ふせえり)(ビシバシステムの方ですね)
も仕事する気なし。熊本とのどこまでも続く不毛な会話はなれたもの。
 サネイエは暗いキャラみたいだけど、「ちびまるこちゃん」の野口さんみたいな
存在でしょうか。これから、地味に活躍してくれるでしょう。

 この課にしょっちゅう現われる刑事課の十文字疾風(豊原功補)。
頭は悪いが刑事魂を持ってますよ〜
携帯の着メロは「西部警察」。
この「時効警察」のホームページでは、十文字疾風さんのブログ「刑事の花道」も見られますよ〜

 いちおう霧山ラブの三日月しずか役の麻生久美子さん。
「THE有頂天ホテル」に香取真吾の友達の役で出ていましたね〜
甘すぎず爽快な柑橘系でしょうか。ちょっとスパイシーでいい感じ。
オダリギジョーさんとの絡みが楽しみですね〜

 さて、オダギリジョーさん。
この方の他のドラマも映画も見たことがありませんが、
すごく新鮮な魅力を感じました。

 脚本がとにかくおもしろかった。
出演者のせいもありますが、舞台を見ているような台詞まわしと設定、
それぞれのキャラクターの完成度、今後に期待させるものばかりです。
 脚本・演出として四人の名前が入っています。
三木聡、岩松了、園子温ケラリーノ・サンドロヴィッチ塚本連平
何かすごくくせのありそうなメンバーじゃないですか?
ますます楽しみです。

 このドラマけっこう好きかも・・という方 ポチッとな。人気blogランキングへ