さて、時効管理課に「平成の三億円事件」の犯人と名乗る女性から電話が入る。
呼び出されて行った霧山(オダギリジョー)は、
手記を書きたいので遺留品を渡して欲しいと女(葉月里緒菜)に訴えられ、
もし、霧山の推理で犯人だと断定できたら遺留品を返すと約束する。

 平行して描かれる十文字(豊原功補)と蜂須賀(緋田康人)の事件は・・
パチンコ屋の景品交換所から現金が盗まれた事件。
現場はぬかるみで靴が残っていた。はだしになっているはすの犯人を追って
喫茶店に入ると、そこにいる女性は全員はだし?!
 しかも何故か全員けだるそう?!はたして解決できるのか?

 何か、今回も先週ほどではないにしろ、真面目度50%(先週は90%)って
感じでしょうか・・・
トリックとかストーリーをきちんと考えられている分、遊びの部分が
少なくて寂しかったな〜

 気になった場面は・・・

・ 現金輸送車の不倫カップルの田山涼成さん、若作りのズラがステキ!

・ アネゴ探偵の曲が不自然に鳴っていたのが笑えた。

・ 霧山の着メロっつーか、着声の「ギャーー!」っていったい・・・

・ 「奥様人生相談」もっとじっくり聞きたかったんですけど・・・

・ 霧山がそばにいないと「時効」の判を押しがいがないと言って押さない熊本(岩松了)
  に又来「私が押してあげようか?」
  「これ、私の仕事だから」
  「へ〜そう思ってたんだ・・」
  「又来君、キライ」

・ 十文字、いさみ足で三億円事件の遺留品を隠して、署内が大騒ぎになったために
  なぜか灰になってしまう(「明日のジョー」)

・ リバーシブルつまようじって・・・

・ オフィス大宮にあった発明品の数々
  「ねっ、猫の手も借りたい」
  「覚醒くん」(目覚まし時計にメガホンついてるだけ)
  「給水さん」(別名ウォーターヘッド、メットを被ってても水分が補給できるストロー付)
  「シャビー」(謎の髭剃り)

・ 秋津と夏美の発明品、シークレットシークレットシューズ。

・ いつもと違って霧山が「誰にもいいませんよカード」を渡す時の言葉は
  「犯人ではないなどと言う事はありません」・・ん?

・ 秋津からお別れにもらった「鼻緒につまようじがしまえる下駄」

・ 時効管理課のみんなでコロッケを食べてたら、コロッケを持って鑑識課へ
  むかうサネイエ。

・ モロ師岡が着ていた蛍光ラインの入っていたあの服って・・

 何人かで監督をしているから、けっこう雰囲気がコロコロ変わるな〜
そこがまたおもしろいっちゃ、おもしろいとも言えるが・・・
その監督によっては乗り切れない回もあるな〜

 オダギリジョーのメガネタイムを長くして!という方、ポチッとお願いします。
       人気blogランキングへ