正午(堺正章)は、ZUKAN売り上げ不調の責任を取って辞める事にした。
文平(田中圭)と祥子(青木さやか)には、現場を離れることにしたとだけ告げて・・
 今までの実績があると訴える文平に
「関係ないんだよ・・実績とか過去なんていうのは・・
求められてるのは今どうかってことなんだ・・それでいいんだよ」正午
 ZUKANのライブで一生懸命メンバーのテンションを上げようと盛り上げ、
「あと、よろしくな」と去る正午。
その姿に正午の決意を悟る祥子。

 ケンちゃん(ムッシュかまやつ)には、自分の思いを告げる正午。
「必要とされてないのに、いるのは辛いな〜と思ってさ・・
プライド高いのかな〜俺って・・
(仕事を辞めた後の)何の準備もしてこなかったんだよね〜
まいったね〜こりゃ・・怖いもんだよ、何もなくなっちゃうのはね・・」
「恋はどうなるんですか?」ヨーコ(尾形沙耶香)
「何もなくなっちゃった60歳には厳しいでしょ・・恋は」正午

 そこにかえで(夏川結衣)がやって来て、がんばってオーディションを受けまくってることを報告。
「負けたくないなって思ったんです。
立木さんは自分の力で成功して、今もむちゃくちゃがんばってる。
私はどうなんだろう・・?って思って。
立木さんに負けないぐらいやってみよう、そう思ったんです」
かえでの決意を複雑な思いで聞く正午。
 龍彦(徳井義実)もシナリオの勉強を始め、受賞作は映画化されるという「シナリオ・グランプリ」に応募しようとがんばってるらしい。
「良かった・・・みんな・・・かえでさん、がんばってね」正午

 さっきまでは自分もレースに参加してバリバリ走っていたのに・・・
かえでの言葉をただ黙って聞いているだけの自分が悲しい・・・せつなか〜
 さて、最初に会社を興した時のアパートを見て感慨に浸っていた正午は朝子(小嶋陽菜)と再会する。
 就職する不安を訴える朝子。
「何かになるとか、何かにならなくちゃとか思わなくていいんだよ。
どんな仕事に就こうと君は君だ。
職業に選ばれるんじゃない。君が選ぶんだ、君のためにね」正午

 社長室から出てきた正午を迎える文平と祥子。
「バレてた?」正午
「当たり前です。辞めてどうされるんですか?」祥子
「何も決めてないよ。とにかくさ、1回ゼロになってみようと思ってさ」
「俺もついていきます!」文平
「お前達はな、まだゼロになる資格はないの。
ごめんな〜上の世代としてはもっとかっこよく終りたかったっていうか・・
お前達に夢を与えるような仕事の終え方見せたかったんだけど・・・
それが俺達の義務だろうって、そう思ったんだけど。
何か、かっこ悪くてごめんな・・」正午
 泣いている文平の頭をなでて、抱きしめる正午。

 「祥子、ありがとうな、本当に。
お前は本当にいい女だ。俺はそう思う。じゃあな!」正午
「団塊の世代の特徴ですね・・・やせ我慢がかっこいいと思ってる」祥子

 いや〜やっぱりやせ我慢ができるってのはかっこいいですョ!
現状を受け入れるっていうのは、辛ければ辛いほど簡単なことではないですから。
正午は二人に仕事のやり方、楽しみ方、幕の引き方を身をもって教えたと思いますよ(涙
それに、自信を失ってる文平や戸惑ってる祥子に、これからも仕事を続けていけるような感謝をこめたプレゼント(言葉)を渡すってのが・・粋だよね・・

 光代(夏木マリ)一家と最初で最後の食事をして、かえでとのデートを思い出に
一人みんなの前からいなくなろうとする正午。
さすがに光代は全てわかってましたね・・
わかっていても、黙って行かせるのはやはり同じ世代だからなのかな・・

 正午との出会いによって、大きく人生が変わったかえでと正午。
遅咲きかもしれないけど、必死にがんばって自分の人生を切り開いていこうとしている。
「タクシー亀山」おもしろそう・・・夏川さんのタクシー運転手のドラマ見てみたいぞ。
部屋の中のものも全て処分して、トランクひとつで出て行こうとする正午・・

「♪ 時のわすれもの いくつあるだろう
ここまで来て ふと思い出す はるかかなた
胸の かたすみに ひかり消えてゆく
笑い顔や流した涙 遠い景色

あの頃の トランクは いつしか色あせて
どこか 僕に似ている ♪
人は誰もみな 旅のその途中 
迷いながら寄り道をして 立ち止まり また歩く ♪」
(秋元康作詞 聞き書きなんでまちがってたらごめんなさいΣヽ(・´д`・||)ノ)

 この年齢になってゼロになるってすごい勇気ですよね・・
潔いっていうか・・この年代の人の美意識なのかな?
でも、「旅の終わり」じゃなくて「旅の途中」であって欲しいな・・
正午にはゆっくりとでも走り続けてていて欲しい。
そして、いろんな人に幸せをあげた正午だったけど、正午自身も幸せをつかんで欲しい。
できれば、その時に、かえでが側にいてくれるともっといいかな・・
結婚というゴールではなくても・・・

 最終回、坂口さんとの再会が明るい兆しになりそうですね。
楽しみだわ〜