アハハ・・・(ll∀)やっぱりね・・わかってたから、いいのよ・・

 さて、エリ(水川あさみ)とオグリン(山崎樹範)が帰国して、シェアハウスに
戻ってくるところから「特別編」は始まりましたよ〜
どれだけの月日が流れたのかは明確にされないんだけど・・・
どっかで「一年半後」とかって読んだような気が・・(*^-_ゝ-)瑠美ちゃんも歩いてたしね・・

 んで、宗佑(錦戸亮)のお墓参りに行った美知留(長澤まさみ)は、
出会いと二人で過ごした日々を思い出す訳だ・・

 ここから「総集編」ですよ〜という分かりやすい形で、すんごい駆け足で11回分をたどるのさ・・
でも、最初の美知留と瑠可(上野樹里)が再会したシーンでは・・

『美知留、きっとあなたには想像できないね。
四年ぶりにあなたの姿を見かけて、私がどんなに驚いたか・・
この四年間、私がどんなにあなたを思い、どんなに会いたいと願ってきたか・・
そして、それと同じぐらい再会を恐れてきたか・・・』瑠可

『瑠可・・私は全然知らなかった・・
その時、あなたが振り返って私を見てたこと
あなたの視線に私は気づかなかった・・・』美知留

 おっ、こんな感じで出されなかった心の声を見せながら進んでいくのか?って
一瞬テンション上がったけど、ここだけだったわ・・・(´・∀・` )ハハ・・

 この特別編・・もしかしてあの美容室のいぢわるな先輩を出すためのものなのか〜?
何故か、唐突に美知留が務めていた美容室へ行くオグリン・・・
そこで偶然にもあのDVされていた先輩がカットすることになり、偶然にも丁度DVされた次の日だったみたいで・・「目どうしたの?!」とオグリンは尋ねる訳です。
 んで、自分とは違って恋人に大切にされてるふうの美知留に嫉妬していたとデカイ声で告白するのでした・・どうでもいいよ・・・
この場面、心の底からいらないと思ったよ。いまさら言われてもねぇ・・・

 まっ、再度見てみますと宗佑を演じた錦戸君ってホントいいね・・
最終回で書くの忘れたんで、書きますが・・
何と言っても、あの引きこまれそうなくらーーーーいくらーーい目がいいね。
瑠可と対峙した時の瞬間的に目を伏せる演技もいいし、
特に印象的だったのは、自殺する直前、美知留に「そばにいてあげる」と言われた時の
「何で泣くの?美知留・・」という時の表情ですね〜。
混乱と何かを悟った不安感、子供が母親にすがってるような・・・
完璧に宗佑という男性を表現していました。

 それとね、宗佑の地味地味区役所ファッション。
白Yに紺かグレーのスーツ、中にはこれまた紺系のベスト、ネクタイはストライプ・・
これが、何か萌えるのさ〜
キャストの中で一番衣装地味だったろうね・・

 上野さんのことは最終回に書きましたんで、割愛させていただきまして・・・
今回、改めて長澤さんを見てて思うのは、長澤さんの演技って何か厚い皮を
一枚かぶってるような感じがするんだよね・・
長澤さん全体を厚い皮が覆ってるというか・・・
うまく言えないんだけど・・・だから、相手役の人の言葉も直接届かないし、
発せられる言葉もその皮を通してだから、直接伝わらないっつーか・・(大汗

 そもそも、この美知留というキャラクターがね・・・
再度見ても、タケルが宗佑にボコボコにされてベッドに横たわってるそばで
「私のせいなの・・・」には、一気にカーーーっと血圧上昇させるものがあるし・・

 それと、美知留の事を異性として愛しているという言葉を聞いてしまった後も
もっと複雑な思いがあっていいと思うんだよね・・
 恋人からDVを受けて男性不信になってるところに、瑠可のそんな思いを聞いちゃう訳だから・・・
受け入れられないとわかりながらも、今まで瑠可が示してくれた思いやりには感謝してるだろうし・・応えられない苦しみというかな〜?
そこを見せてくれたら、ラストで3人で暮らす生活を選ぶことももっと自然に見れたんじゃないのかなって・・・気もするけど・・
o(゚◇゚o)?どうなんでしょね・・
じゃあ、オマエやってみろよ!って言われたらアレですけど・・

 それと、またまたラストになって唐突にタケル(瑛太)の姉から電話が来るってのも・・・
てか、この人まだ電話かけてきてたのかい・・・

 で、初めて「姉さん・・」と応えるタケル。
「俺、家族ができたんだ。
俺、姉さんのこと一生許せないと思ってた。
俺は今、大切な人達と一緒に姉さんの知らない世界で幸せに生きてる。
自由になれたんだ。だから・・・今なら許せると思う。
姉さんも幸せにね」
 タケル、君の気持ちは良くわかる。
でもさ・・こんなふうに唐突にさわやかになられても苦しみの過程をすっとばしてるから、違和感感じるんだってば・・|;-_-|=3

 で、最終回で美知留が言っていた『家族・友達・夫婦・恋人、そのどれかであるようで、どれでもない私達だけど・・』という心の声を今度は瑠可とタケルの声で言った後に「僕らの未来に乾杯!」・・・・・・

 いや〜〜(; ̄ー ̄)...? 
やっぱり「特別編」やらない方が良かったんじゃ・・?
美しかった思い出までが・・・流されていってしまいそうよ・・
やっぱりピークはタケルに瑠可が受け入れられるシーンだな〜
いいや・・・感動した部分だけ心に残しておこう・・・・(´Д`||)・・ハハ・・