みなさ〜ん!「節約美女」が旅行から帰ってきましたョ〜
いや〜やっぱかわええわ・・・はるかちゃん・・・
彼女が動いてる姿見るだけで癒されるわ・・(私って何なんだろ・・( ̄ー ̄?)

 さて、蛍(綾瀬はるか)の経済観念のなさに呆れ果てたぶちょお(藤木直人)は、
「収支予算書」の提出を命令。
しかし、返ってきた予算書は・・・・

 ビール  →  飲みたい分だけ
 お菓子  →  食べたい分だけ
 漫画・雑誌→  読みたい分だけ
 服     →  汚れたら買う
 家     →  タダの約束
 
 どうやら、蛍の辞書に『節約』という文字は無かったようで・・・
ぶちょおは蛍を鍛えるために「節約ひとつできない女とは結婚できない」と告げ
衝撃を与えるのでした。

 「シーズン1」見始めた時は、こういうぶちょおみたいな細かい男と結婚したら
めんどくせぇだろうな〜と思ってましたが、考えようによっちゃ、全部やってくれるんだから楽だよね。
ぐだぐだ文句言われたとしても聞かなきゃいいんだし・・・
って、ダメかい?

 素直な蛍は「結婚のためにその1 節約するべし!」を実行し「節約美女」になるために励むのでした。
ホタル ノ ヒカリ(2) (講談社コミックスKiss (550巻))ホタル ノ ヒカリ(1) (講談社コミックスKiss (529巻))
 そして職場では・・・
瀬乃(向井理)が総予算20億の老舗リゾートホテルのリノベーションの最終コンペの準備をしている横で、蛍は予算50万の商店街のイベント「キッズフェア」の企画を練っております。

 ところが、予算のお金が集まらず、会長さん(金田明夫)からイベント中止の連絡が・・
「節約強化週間」中の蛍は、節約トレーニングのいい機会とばかりに
「お金がなくても私が何とかします!」と宣言するのでした。

 瀬乃ったら、「予算は多い少ないに関係なく、どんな仕事でも一生懸命」と一生懸命な蛍のことを、「ウザイ」と言いながらも、ちょっこし気になってるようですぞ。

 そして、「節約美男」のぶちょおですが・・・
さすがにクライアントに会いに行くのにアイロンの焦げあとを付けて堂々としている蛍を見逃す訳にもいかず、ちょっとお高めのお店で服を見繕ってくれました(後で代金請求)。

 さて、蛍が半額の予算で作り直した企画書を見た会長さんは、大喜びでGOサインを出してくれました。
 一方、瀬乃の方はクライアントの資金繰りがつかず企画が流れてしまったわ・・
ドライにPCの中のデータを消していた瀬乃でしたが、やはりショックなようです。
 そんな瀬乃に「一生懸命やっていたから、うまいですよ!」と缶ビールを
握らせる大阪のおばちゃんのような蛍・・・

 そして自宅では「キッズフェア」のために家内制手工業でいろいろ作っております。
疲れきって新聞紙をかけて寝てしまった蛍にジャージをかぶせてあげて、
蛍が消し忘れた家電のコンセントをしっかりと抜き、開いたお口まで閉じてくれるぶちょお・・・

 やっぱりいいにゃあ・・・(。-_-。)ポッ

 翌日、ぶちょおが接待ゴルフで留守の間に小夏さん(木村多江)と 千夏ちゃん(石井萌々果)がパパを訪ねてやって来ました。
ぶちょおとは学生時代からの友人で、ご主人は3年前に事故で亡くなられたそうな・・
 この度、お店を始めるそうで、そのことでぶちょおには色々相談にのってもらってたんだって・・

 きちんと夏仕様のお着物をお召しになって、手作りのおはぎと糠漬けを持ってきてくれた
小夏の節約美女ぶりに驚愕する蛍・・・
「家のこともちゃんとできなくて・・」って言ってましたが、
「全然勉強してなくて・・・」と言いながら98点はとるタイプと見たぞ。
「できない」のレベルが私なんかとは、全く違うと思われ・・・(; ̄ー ̄A

 結婚を祝福されたけど、自分のダメさかげんに改めて落ち込む蛍。
ぶちょおは、蛍が仕事で忙しくて節約どころじゃないってちゃんとわかってくれてるけど、
名誉挽回のためにがんばらねば!
 蛍は「キッズフェア」の「ちびっこ競争」の優勝商品の「イベリコ豚」が
ぶちょおの大好物だと知り、獲得のために気合を入れるのでした。

 って、関係者はもらえないだろ!
でも、蜂のコスプレがかわいいから許すぞ。
何を着てもはるかちゃんは、かわいいのう・・・
わたしゃ、もう孫をみるおばあちゃんの心境だよ(*'ー'*)

 イベント当日、ファイトで参加した蛍なのですが、優勝できなかったショックと寝不足&空腹で倒れてしまう。
すぐに心配してかけよる瀬乃の姿にジェラシーを燃やす桜木(臼田あさ美)。
あなたも何かコスプレすればいいんじゃ・・・
 
 蛍は山田姐さん(板谷由夏)の配慮で彼女の部屋に運ばれ、しばらくぶりに姐さんとじっくり話すことができたわ。
どうやら妊娠は勘違いだったようだけど、大喜びの二ツ木(安田顕)にはその事を話せずにいたのよね。
 それと、姐さんが結婚をしぶっていたのは、「子供ができたからしかたなく結婚」って体が嫌だったらしい。
もっと前向きな気持で、はっきりとプロポーズして欲しかったのかにゃ・・・?

 二ツ木は慰謝料代わりに別れた奥さんのMSのローンを支払ってるんだって・・
そういうのもね〜マイナスポイントになっているようで・・・・
「他にもっといい人がいるんじゃ・・・」
姐さんの方も、二ツ木との付き合いにいまひとつ、ふたつ、積極的になれないようですわ。

 蛍は商店街の会長さんから、「必ず幸せになれる」しかも「イベリコ豚が食べられる」というブライダルディナー券をもらったんでぶちょおと行く約束をしてたんだけど、
姐さんに幸せになって欲しくてチケットをあげてしまうのでした。

 そして、ぶちょおも・・・・イベリコ豚を諦めて二ツ木にチケットを渡してました。
2人ともやっぱり似た者同士なのよね。
 蛍たちのおかげで、ピリピリしていた2人の仲も元どおり。
まだ結婚には遠い道のりだけどね・・・

 今回もぶちょおと蛍にほっこりとさせていただきました。
この2人なら、いい感じに、なが〜い付き合いができそうですよね。
蛍の花嫁修業は、まだ始まったばかり。
次回の課題が楽しみですわ。
 瀬乃ったら、蛍を食べ物で釣ろうとは・・・よくわかってるわね。
蛍にとってはただの同僚だろうけど、瀬乃は徐々に本気モードになるのよね〜
どうなるのかにゃ〜

 第1夜 帰ってきた干物女
 第3夜  ガマンしないと結婚できない!
 第4夜  干物女のラブラブメール
 第5夜  干物女の主婦力
 第6夜  結婚白紙?!ほっとく大作戦
 第7夜  干物女 秘密のドキドキ
 第8夜  干物女の両家顔合せ
 第9夜  チューは突然やってくる!
 第10夜  私の知らないぶちょお
 最終夜  結婚とは?干物女の決断
 
br_banner_suika


眠りこけてるぶちょお、((*゚Д゚*))かわゆーーーし!
ほっぺのぶたさんも光ってたわ〜