ホントに突然のチュー!だったわ〜(´゚∀゚`)
一人になって、ぶちょお(藤木直人)が出した結論は・・・
「君には叶わない。俺は、一生、君の縁側になる。
ただいま・・・蛍」
「お帰りなさいませ!!」蛍

 いろいろ迷ったけど、これが二人の愛の形なんだね。
天真爛漫な蛍と、それを広くて大きな愛情で受け止めてくれるぶちょお・・
良かったのう・・・(;ω;)

 そして二ツ木(安田顕)と山田姐さん(板谷由夏)の二人も落ち着くとこに落ち着いたようです。
二ちゃんの2泊3日の外泊は、実は別れた奥さんのおばあちゃんに結婚の報告に
行ってたんだって・・・
 まぁ、二ちゃんのことだから、浮気なんてありえないとは思っていたけどさ・・( ̄m ̄〃)

 悩みながら姐さんが出した結論は「辞めるのは止めにした」・・
「かわいい専業主婦になりたかったけど、私はそういうタイプじゃないわ。
男と並んで歩いて行く。
て言うか、むしろ男より三歩先に行く方が私らしいって・・・
もう一回言ってみて?おばあちゃんに言ったこと」姐
「一生添い遂げる女を見つけた。
まぁ・・・君に振り回されながら、三歩、後を付いて行きます。
時々振り向いてくれる?」二ツ木

 いや〜ん!!二ちゃん、かわいい!
てか、わたしゃ、こっちのカップルの方が好きかも。
どこまでも凛々しくてかっちょいい山田姐さんには惚れ惚れですわ。
蛍とぶちょおもそうなんだけど、お互いがぴったりの相方を見つけたって感じだね。
ホタルノヒカリ2 オリジナル・サウンドトラックキミがいる
 
 ぶちょおが出て行った後、電話をもらった蛍は婚約指輪が107万円と聞きびっくり仰天。
で、飲みながら観察しているうちに眠っちまって・・指輪を紛失!!したらしい・・・
起きたら、無かった!
 翌日、蛍(綾瀬はるか)の異常な挙動不審ぶりを見たぶちょおはすぐにピンときましたぞ。
ぶちょおに怒られてるうちに、変な深刻さはどっかに行っちゃったわ・・・( ̄∀ ̄)

 職場では、桜木(臼田あさ美)がオープン前の小夏の店の試食会を企画。
蛍は先輩として後輩の仕事をしっかり見守るよう山田姐さんから指導されました。
で、手を出さない代わりに気分転換をさせてあげようと川釣りに誘うのでした。

 何かズレてるような気もするが、気持ちはしっかり伝わりましたぞ。
こういう先輩もいいかも・・・・
準備は私にまかせて!って事で、頭の中は川釣り一色。
指輪のことをすっかり忘れていて、慌てて捜し始める蛍・・・
でも探せば探すほど家の中は散らかるし、何かおもしろそうなもんが発掘されたら
そっちに夢中になっちゃうから捜索は一向に進まない。
家の中はどんどん魔窟化していくのでした。

 その頃、ぶちょおは瀬乃(向井理)と契約更新や今後の事について話しておりました。
心配になった二ツ木も横に座ってます。
 瀬乃はやはり更新せずにニューヨークへ行くんだと・・・
で、話は自然と蛍のことに・・・

 瀬乃はぶちょおのことがすごく好きな蛍をいいと思ったんだって・・
「雨宮のことをもっと知っていいですか?」とジャブを送ると
「君がそうしたいのなら。俺が決めることじゃないから。
俺は雨宮の保護者じゃない。俺の許可を取る必要はない。
瀬乃の気持ちを止める権利も俺にはないから」余裕でかわすぶちょお。
 その態度にイラッときた若造・瀬乃は、蛍獲得に向けてちょっこし積極的になるのでした。

 翌日、エレベーターの中でぶちょおに会った蛍は、指輪捜しに真剣みが足りないと叱責される。
次の日曜には川釣りに行くと聞いて、耳を疑うぶちょお・・・

「指輪を舐めてかかったんだな。
君にはそういうところがある。
こんなちっこいモンが107万円もするのか・・
ビールいったい何本買えるだろ・・?ケッ!!って」ぶちょお
「そうです・・・その通りです・・・」蛍
「君にとっては、「ケッ!」というシロモノかもしれないが、俺にとっては、
君を思って一人ぼっちで買った大切な指輪だ」ぶちょお
「すいません・・・・」

 で、キチントさんの小夏(木村多江)に捜し方のコツを教わって、三たび捜索に取り組むんだけど、
やっぱりにゃい・・・・

 反省する蛍さん・・・
テーブルの自分の陣地も最小限にして・・・・
縁側にぶちょおのためのビールを置いて・・・思いを募らせるのでした。
って、どんな時でもビールはマストなのね・・・(´m`)

 で、川釣りに行く当日・・・
新聞に「老人の孤独死急増」という記事を見つけた蛍は、ぶちょおの将来が不安になり、慌てて小夏に手紙を書いて、ぶちょおの老後を託すのでした。

 ((´∀`*))ハハハ・・・
こういうとこが蛍らしいっちゅーか・・・
ホントにぶちょおの老後が心配になって、一人暮らしのぶちょおの家を見回りに行ってやって欲しいってアレだったんだろうけど、小夏はパートナーとして託されたって思うよね。
 一応、ぶちょおに会いに行って断るんだけど、女心が揺さぶられちゃいましたわ・・・

 そして、川釣りに参加した瀬乃は、ぐいぐい蛍に接近するんだけど、
やっぱり調子が狂っちゃう・・・
 キスを提案したら「とぉやあああああーーーーーー!!」って・・・(^Д^)
向井さんの「何だ、この子?!」ってセリフにウケたぞ。
一緒に過ごした瀬乃の結論は、「雨宮をやっぱり嫌いになれない」・・・でした。
 
 小夏から蛍の手紙を受け取ったぶちょおも同じだったようで・・・
手紙は、蛍のぶちょおへの愛情がじわ〜んと伝わってくる文面でした。
指輪を紛失してしまったのも、嬉しくて嬉しくてはしゃいでいた結果だと知り、
怒る気持ちも消えたようです。
 おバカさんだけど、かわいくて愛しい女だと再確認したんでしょうね。
帰って来てくれましたョ〜
良かった、良かった。

 それにしても『ぶちょおの老後はすぐそこです』って、アンタ・・・( *^皿^)
ぶちょお、年齢差、実はちょっこし気にしてんじゃないの〜?
てか、台湾関係の本読んでたから、そっちに転勤かと思ったョ。
 来週は、また結婚に向けて動き出すのかな・・? 
 第1夜 帰ってきた干物女
 第2夜 節約したい干物女
 第3夜  ガマンしないと結婚できない! 
 第4夜  干物女のラブラブメール
 第5夜  干物女の主婦力
 第6夜  結婚白紙?!ほっとく大作戦
 第7夜  干物女 秘密のドキドキ 
 第8夜  干物女の両家顔合せ
 第10夜  私の知らないぶちょお
 最終夜  結婚とは?干物女の決断

banner_24

今週の『ゲゲゲ』は、暗〜い雰囲気なんで、朗らかでかっちょいい向井さんが見られて、ほっ。
んが、ご近所さんの老けっぷり(特に東てる美さん)に比べて、まったく年をとらない布美枝と茂さんの外見が我が家では問題になっております。