「JIN−仁− 完結編」 第6話 坂本龍馬の闇 「名前をなくした女神」 第7話 どん底からの脱出始まる

2011年05月24日

「鈴木先生」 第5回 誰が好きだっていいじゃない

 鈴木先生、ついに小川教から脱会?!
そして、その事をまるで見ていたかのように連絡を取ってくる麻美がコワイぞ・・・
でも、完全に離脱するためにも麻美(臼田あさ美)の存在は必要なのかにゃ〜

 さて、振り返ってみますか・・・( ̄∀ ̄)
鈴木先生(長谷川博己)の小川病はさらに進行し、末期状態となっております。
小川蘇美(土屋太鳳)の好きな相手が気になって気になってしょうがない!
てか、自分だと思えてしょうがない!
妄想もエスカレート、距離を置かれてしまった麻美も祝福してくれてるぞ。

 あの竹地事件後、2Aの教室には、妙な雰囲気が渦巻いており、鈴木先生も巻き込まれてしまいそうな予感ョ・・
鈴木先生は、男としても教師としても小川への思いを断ち切ろう!と決意するのでした。

 そんなある日、職員室に新しい仲間がやってきました。
山崎先生(山口智充)の後任のさわやか野郎・続木護(夕輝壽太)。
見るからに明朗快活な青年ですョ。
ところが・・・続木の顔を見た、クールビューティ小川の顔が曇り、挙動不審になるという事件が・・・
しかも二人は「蘇美ちゃん」「護ちゃん」と呼び合ってるじゃないですか〜!
鈴木先生は平静を装いながら、谷底に突き落とされたような衝撃に耐えてるぞ。
鈴木先生 (1) (ACTION COMICS)鈴木先生 2 (アクションコミックス)長谷川博己『鈴木先生』OFFICIAL BOOK (学研ムック) 

 聞くところによると、二人の父親が同じ会社に勤めていて、以前、一緒の社宅に住んでいたそうな・・
更衣室で二人っきりになった鈴木先生は、早速小川との関係についてさりげな〜く尋ねました。
表面上は穏やかな会話ですが、鈴木先生の心の中は大嵐状態・・・

『(`Д´) 全て話せ!小川とどういう関係なんだ?』
「ただの幼なじみですよ」続木

『(キ゚皿゚)凸 嘘つけ!ただの幼なじみであんなに狼狽するか?!』
「あ、でも、僕と同じ空手道場に通ってたかな」続木

『空手着姿なんて、たまらなすぎるじゃないか!』 
(;´∀`)また妄想入ってるよ・・スズタン・・
「あ〜でも、あんなに驚くと思わなかったなぁ〜
学校で馴れ馴れしく話しかけるべきじゃなかったですかね?」続木

『(「゚益゚)「 当たり前だろうが!!デリカシーないよ!』

 で、続木先生が海パンになったのを見て、本日の体育授業がプールと気づいた鈴木先生・・・妄想が止まらないよお〜
『空手着どころじゃないじゃないかっ!!

 プール授業の時間、ツヅッキーの鍛えられた眩しい肉体に生徒たちの視線が集まっております。
でも、そんな中でもいろんな視線が交錯してるのよ〜
もちろん、小川ファン5人衆の目は小川に・・・
 
 ザキセン事件の黒幕、神田マリ(工藤綾乃)はかつての親友カーベェ(小野花梨)へ・・
そして楽しそうに話している小川と中村加奈(未来穂香)にじっとりとした目を向けている入江沙季(松本花奈)へ。

 竹地事件後、小川と中村が急接近したため、中村を取られたと思ってる沙季の目がコワイ・・
小川がニクイ!で、みんなに続木先生と小川がアヤシイと広め始めましたぞ。
一瞬で沙季のそんな黒ーい思いに気づいたマリは仕掛けましたわ〜

 その頃、職員室の鈴木先生は続木と小川との関係を妄想し、エキサイトしております。
脳会議は荒れておりますョ〜
鬼のような顔になって、PCに変なアラビア文字みたいのを連打。

「鈴木先生、しっかりして下さい!
そんな所を人前で見せてはいけないっ!!」川野先生(でんでん)
「シークァーサージュース飲んで!」桃井先生(田畑智子)

 噂を流したのが沙季だと気づいた中村は、すぐに指導を入れに行ったけど、
コレが逆効果。
小川への黒い欲望が膨らんだだけだったわ〜
マリはそんな沙季に近づき、怒りを煽った後、今度は小川と鈴木先生との噂を広めるために、A組とB組に手紙を回す提案を・・・

 このマリってのは何なんだろうな〜ただ単にいぢわるが好きなのか?
それとも小川への憧れが屈折してるのかね〜?
でも、こういうふうに裏で動きまわって、相手がその通りに動くのを見て喜んでる子いたな〜

 妄想が頂点まで行って、ちょっと落ち着いたスズタンは続木先生と小川の事を祝福しようとすら思ってました。
その思いを確実にするために、小川の存在を神格化・・・(* ̄m ̄) 

 その頃・・・小川の好きな人問題を早急に解決したがってる者が、小川に接近中・・・
小川を好きな横関(岡駿斗)に振られた樺山あきら(三浦透子)。
先週も、小川には好きな人がいるんだからと諦めるよう横関を説得していたけど、相手にしてもらえなかったもんだから、小川から好きな相手を聞いて横関に伝えようとしているらしい。

「この状態って、みんなにとって不幸だと思うの。
私は誰が好きか言ったんだから(早く言えよ!的な)」樺山
「それは・・・樺山さんが勝手に言ったことでしょ・・・じゃ・・」小川

 困惑して去っていった小川を恨めしげに見ている樺山・・・
いや〜おもしろい!古沢良太さんの脚本はいつも大人数のキャストをうまく回して最後にキレイに落としてくれるんだけど、このドラマでも一人一人の微妙な雰囲気や思いを汲んだセリフや行動が生きてるよね〜
やっぱ、目が離せない脚本家だわ〜

 マリと沙季の手紙作戦は思ったほど騒ぎにならず、さらなる刺激を求めたマリは
職員室の起爆装置・足子先生(富田靖子)を利用することにしました。
噂を聞いた足子先生は、すぐに校長(斉木しげる)に御注進。
鈴木先生は二人から噂の真意(「ある女生徒と特別の関係を結んでいる」)を問い詰められるハメになってしまいましたとさ。
 
 すっかりまいっちんぐな鈴木先生は被害妄想モード。
ヤケになって小川に突撃しようと・・・

 ダメダメ!スズタン、目を覚まして!そっちに行っちゃだめだお〜
でも、相変わらず、小川と汽車に乗って最果ての地に逃亡する妄想には笑える・・・
しまいに若い漁師に小川を奪われ、一人寂しく野垂れ死って・・・アンタ・・・(^Д^)

 そして、教室では・・・小川への責めが始まっておりました。
好きな相手をどうしても言わせたい樺山が再度、白状するよう要求。
樺山もかなりキテいるようです・・・

 小川ファン5人衆が助け舟を出すんだけど、魔女軍団のマリ&沙季が現れ、
またみんなを煽り、鈴木との関係を説明するよう小川を追求。
中村達は止めさせようとするんだけど、多勢に無勢。
回りは天上人の小川が落ちて行くのをおもしろがってる子がほとんど・・・

 知らせを受けた鈴木先生が教室に駆けつけたら、小川は屋上へ・・・
ネットの扉をバーーン!!って蹴ったのはさすが空手有段者・・・違うか・・・
すぐにスズタンや横関、樺山、中村たちが駆けつける中・・・

「いいじゃない・・・想ってるだけで・・・いいじゃない・・・
誰が好きだって・・・いいじゃないかあーーーー!!」


 小川は泣き崩れてしまいました。
普段は大人な小川が見せた感情の爆発・・・みなさん、呆然と立ち尽くすだけでした。

 でも、小川は、やはり小川でした。
保健室で一休みすると、自分を取り戻していました。
小川は彼女なりに「バカにしている」とか「スカしている」とか言われる自分に悩んで、周りのいいなって思う人の良さを取り入れ変わろうと努力していたようです。

「でも・・・自分でもいいなって思える自分って・・人からみてもいいんですよね。
それって厄介で・・・
今までに無かった事がいっぱい起こって・・・ホント、まいっちゃった・・・
でも、これからももしかしたら、辛いこといっぱい起こるかもしれないけど、このまま、いいなって思える自分でがんばってみようと思います」小川
「うん、それでいい」鈴木
「鈴木先生・・・人気投票一位の鈴木先生が背負ってるもの、少しだけわかりました。
大変だけど、嫌われ役や笑われ役に逃げないでください。
いつまでも、私たちから見て憧れられる先生でいてください。私もやるから。
大人から見て、いいなって思える中学生をやるから。ずっとやるから」小川

 たいした子ぉや〜すべてが見えている。
ここまで言われ、さすがの鈴木先生もスッキリ目が覚めたようです。

『俺は何なんだ・・・14歳の子があそこまで言ってるのに・・俺は・・・・゚・(゚`Д´゚)・゚・』
『終わりだ』 
今度こそ小川と決別だ!妄想の中の小川の「バイバイ」にしっかり応える事ができたよ〜!
って、白い鳩が飛び立って、『逝った』って・・・
キャハハハハッ!!(≧▽≦)彡☆バンバン 何だこの演出〜〜最高!!

 教室に戻った小川はいつもの笑顔を見せていました。
みんなもほっ・・・・マリ&沙季だけが、チッ!って感じだったぞ。

 そして、職員更衣室では続木先生が鈴木先生を待ち伏せ・・・
「お願いします!!小川蘇美だけは、どうか止めて下さい!(ドゥゲザ?!(゚ロ゚」)」」)
僕にとって、彼女は、のんのん様なんです!!
僕は、今後も決して彼女に手を出したりしません!
誰のものにもされなければ、それでいいんです!
お願いします!お願いしますぅ〜〜」
続木
 
 涙ながらに訴えられちゃったよ〜

「続木先生、僕も同じなんです。小川を神様のように崇めています。
小川は僕の理想のクラスを作るために必要な特別な生徒だからです。
だけど、決して忘れてはいけない。
彼女は噂に傷つき、誹謗中傷に悩み、泣き崩れる、普通の中学2年生でもあるということを。
彼女は、神様のような生徒を一生懸命演じているんです。
だから、僕らも一生懸命に演じていきましょうよ。立派な教師を」鈴木

 続木先生の思いをしっかり受け止めてくれたスズタンって、やっぱり素敵!
小川病に悩む鈴木先生も好きだったけど、
これからのスズタンにも期待してますよお〜

 第1回 誰も正解を教えてくれない!それが学校
 第2回 14歳優等生の反乱! 給食廃止で教室炎上
 第3回 人気投票で熱血教師壊れる!
 第4回 恋の嵐?! 学級委員の自爆告白
 第6回 課外授業…愛って何ですか?
 第7回 届かない心の叫び!僕が犯した指導ミス
 第8回 夏祭りで事件勃発!生徒にバレた秘密・・・ 
 第9回 デキ婚は罪か!?生徒35名が教師を裁判!
 第10回(最終回) 光射す未来へ!教師の告白に涙の教室・・・

br_banner_renge


それにしても川野先生、生き霊になった女生徒と結婚とは・・・
中学生と先生の恋愛っていうと思い出すのはくらもちふさこ先生の「海の天辺」を思い出すけど、川野先生とはイメージ違いすぎなのよね〜コレもドラマ化か映画化して欲しいにゃ〜

matakita821 at 16:11│Comments(2)TrackBack(7) このエントリーをはてなブックマークに追加 「鈴木先生」 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 鈴木先生 LESSON.5 誰が好きだっていいじゃない  [ レベル999のgoo部屋 ]   2011年05月24日 17:27
『誰が好きだっていいじゃない』 内容 “見えちゃうの。妄想してるじゃない!” 恋人・麻美(臼田あさ美)の豹変が、“能力”だと知り、 動揺する鈴木先生(長谷川博己)は、なんとか“妄想”を断ち切ると決意する。 そのころ、竹地(藤原薫)の事件により、 鈴木だけでな
2. テレビ東京「鈴木先生」第5話:誰が好きだっていいじゃない  [ 伊達でございます! ]   2011年05月24日 21:13
  鈴木の“小川妄想劇場”は、とどまることを知らず。現実に恋をしているのは麻美さん、あなただけです…。小川断ちを決意する鈴木。その叫びは、麻美に届くのか?   「中学生 ...
3. 「鈴木先生」5 ☆☆☆☆  [ ドラマでポン ]   2011年05月24日 22:49
神さま仏さま小川さま? 教え子相手に、妬いたり妄想したりと大忙しの鈴木先生がキモイキモイ(><) でも人間だから。異性として意識してしまうこと事態は責められませんよね。 ...
4. 【鈴木先生】第5話  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   2011年05月25日 04:53
前略、麻美さん。 白状します。 あなたに言われたこと、そのとおりです。 自分でも情けないですが、僕は生徒である小川蘇美の妄想にとりつかれています。 小川蘇美、受難の日。。。 男子ぃズ、待...
5. 鈴木先生 誰が好きだっていいじゃない  [ のほほん便り ]   2011年05月25日 08:53
なんだか、毎回。凄いものを目の当たりにしてる感の、鈴木先生。ほとんど、お約束に、冒頭は、鈴木先生(長谷川博己)、小川蘇美(土屋太鳳)との妄想劇場から。 ついには駆け落ち(から、彼女の心変わり)まで、どんどん、エスカレートいったのは、逆に今回・バイバイ…
6. 「鈴木先生」第5話★小川蘇美はのんのん様〜山口百恵的、超絶存在!?  [ 世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星) ]   2011年05月25日 09:52
「鈴木先生」第5話 前回、前々回は、山崎先生(山口智充)と竹地がぶっ壊れちゃう凄まじい話だったから、今回の話がおとなしく感じちゃいました。 −◆− 小川の空手着姿を想像して萌えてる鈴木先生だとか、退職した山崎先生の後任・続木先生(夕輝壽太)と小川の親密
7. 「鈴木先生」レビュー  [ ドラマレビュー トラックバックセンター ]   2011年05月25日 18:41
ドラマ「鈴木先生」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:長谷川博己、他 *原作:武富健治 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^

この記事へのコメント

1. Posted by くう   2011年05月25日 05:11
小川妄想劇場が終わっちゃったら、次回からオープニングはどうなるの〜(T_T)
。。。と、ちょっと心配。。。

でも、先生としての自覚と麻美さんを取り戻せたのは良かったね(⌒▽⌒)
しかし、麻美さんの件は妄想ではなくて事実なのね。。。
自分の妄想が見られてしまうなんて、ちょっと恐い@@;
だから、あんなに可愛いのに、彼氏が居なかったんだね。

今回もセリフセリフの嵐で、スピード感があって面白かった♪
小川の未来に幸あれ(⌒▽⌒)/
2. Posted by きこり→くうさん   2011年05月25日 22:33
>次回からオープニングはどうなるの〜(T_T)
。。。と、ちょっと心配。。。
何か寅さんの映画のオープニングみたいに、妄想から始まるってのが定番になってきてたから、コレが無くなると寂しいよね〜
麻美だとそんなおもしろい妄想にならなさそうなんだよな〜
>しかし、麻美さんの件は妄想ではなくて事実なのね。。。
どういう能力なんだろうね?
見えるのは妄想だけ?日常生活とかも見えるのかな〜?
でも、うまいキャスティングだわ〜(笑
>今回もセリフセリフの嵐で、スピード感があって面白かった♪
楽しかったよね〜!ホント、いいテンポできてるわ。
内容濃いんだけど、すんごいスムーズに流れていくんだよな〜
生徒達の個性もさらに出てきて、教室をのぞき見しているような感覚になるよ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「JIN−仁− 完結編」 第6話 坂本龍馬の闇 「名前をなくした女神」 第7話 どん底からの脱出始まる