殺されたのは戸部(池田鉄洋)・・・?そして、殺したのは耕介(濱田岳)?
そして、高岡賢一だった男(石黒賢)は、それを隠ぺいするために自分が殺されたことにして消えたのか・・・

 川に上がった胴体に色めきだつ捜査本部・・・
「これ、高岡賢一じゃありません。
高岡賢一は殺されてません。高岡賢一が このヤマの犯人です」
と、姫川は言ってたけど、私は高岡が耕介をかばってる方に100万ルピー賭けてみっか・・・(σ´-`)
 
 それとも、高岡が戸部を殺して、耕介が手伝ったのかな〜
だとしたら、自分がしてきたことへのケジメをつけるためなのか・・?
息子の治療のためのお金が必要だったから、戸部がしてきたようにしたのか?
うう〜迷うところだな〜(-ω-;)

 「ソウルケイジ」・・・
その言葉の意味がわかれば、犯人もわかるんだろうな・・・
「魂の檻」?囚われていたのは高岡?それとも耕介?でも、誰もが囚われてるようにも思うし・・・

 殺されたと思われる高岡賢一は、本物の高岡賢一ではなかった。
姫川は、本物の高岡賢一は13年前自殺しており、偽の高岡が何らかの理由で彼に成り代わったと主張。
その経過が今回の事件に深く関係があるため、捜査方向を13年前の本物の高岡賢一が自殺するに至った状況をよく調べることから始めるべきだと伝えたんだけど、橋爪管理官(渡辺いっけい)にも日下(遠藤健一)にも却下されてしまったわ〜

 まぁねぇ・・二人が言うように、本物の高岡賢一が自殺したって証拠もないしなぁ・・
でも、今泉(高嶋政宏)の計らいで、姫川班は本物の高岡賢一が亡くなる13年前以前を、日下班は13年前以後を調べることになりました。
フジテレビ系火9ドラマ「ストロベリーナイト」オリジナルサウンドトラックストロベリーナイト (光文社文庫)ストロベリーナイト Blu-ray
 その後、姫川班は本物の高岡賢一の家の周辺を地上げのため執拗な嫌がらせを繰り返していた中心人物が当時中林ハウジングに勤務していた戸部真樹夫という男だと聞き込みました。
そして日下班は、木下興業の保険業務を担当していたのが戸部だという情報を掴みましたぞ。

 戸部は姓は違うけど、田嶋組初代組長の息子であるため、保険金詐欺を仕切っていたのは戸部で間違いなという事になりました。
その戸部は、高岡賢一殺害後、姿を消していた。

 「高岡賢一」は、13年前高岡家の土地を中林ハウジングに売った後、実家周辺を離れ、中林建設で大工として働き始めた。
戸部も地上げ終了後、中林建設に異動している。高岡と戸部は繋がりました。

 姫川は、本物の高岡賢一の自殺を知った戸部が土地を国に接収されないために、自殺遺体を秘密裏に処分し、この前殺された高岡と名乗っていた男に身代わりを命じ、土地売買契約書にサインをさせたと推理しました。
さらに、高岡のフリをさせられた男は、そのまま住む場所を変えて高岡賢一として生きていったと。

 その後、「高岡賢一」が自分に保険をかけていたことが判明。
受取人は三島耕介に1千万円、内藤君江という女性に5千万円でした。

 内藤君江とは何者なのか・・・
彼女は13年前交通事故に遭い全身麻痺となった甥・内藤雄太の世話を続けていました。
雄太の母親は事故の際、死亡しており、父親の和敏は重傷だったが、その後亡くなったと言っているらしい。

 この内藤和敏が「高岡賢一」なのか・・・
姫川達は、内藤和敏が事故の2か月後、中林建設が建設中のビル現場で自殺していることを突き止めました。
この時の遺体は君江によって確認され、君江は保険金5千万円を受け取っていた。
もし、コレが保険金詐欺なら君江も共犯ということになる・・・

 っておじさん達に伝えたんだけど、例によって「予断ではなく ちゃんと証拠を揃えてから 物を言え」って言われちゃった・・・
「ドンマイ!」と慰める井岡(生瀬勝久)にイラッとする姫川・・・(´m`)

 でも、菊田がすかさずフォロー。(さすが菊タン・・・(゚▽^d))
中林興業で働いていた女性社員が戸部に脅迫まがいのことをされて、保険書類改ざんに協力したという証言を得たことを発表しました。
コレで保険金詐欺は確定。

 あとは殺された「高岡賢一」が、どう関わっていたか・・
内部資料を探った結果、「高岡賢一」が中林建設を退社するまでの間、保険金詐欺が疑われる現場には、必ず高岡がいた事が確認されました。
保険金詐欺の内実を知っていた高岡が戸部をゆすり、そのせいで殺されてしまったのか・・・

 でも、そんなの、前に姫川が言っていたように他人の子である耕介の面倒を見ていた「高岡賢一」らしくないよね〜
姫川は「高岡賢一」と内藤雄太とのDNA鑑定を求めたんだけど・・・・
「バカヤロー!!今ある材料で そんな令状とれるわけないだろうが!入れ替わりの断定は、まだできん!!」橋爪
┐( -"-)┌・・・・

 居酒屋に場所を移しての、姫川班の会議・・・
自殺した内藤和敏は本物だったのだろうか・・・
彼は息子の治療費のために、保険金詐欺に関わり、死んでいったのだろうか・・・

「保さん、娘さんのために死ねる?」姫川
「そりゃ もちろん!と言いたいところですが、そういう気持ちがあっても、現実は娘たちのために生きてないとという気持ちの方が強いですね。生きて、支えてやりたいと・・・」石倉(宇梶剛士)
「そっか・・・そういう意味では、内藤も内藤としての人生は捨てたけど、高岡として生きて、息子を陰から見守ってたわけよね」姫川
「けど、 死んだ人間として陰からしか見守ってやれないってのは、辛かったと思いますよ」石倉
「それもあって、同年代の三島耕介をかわいがってたんですかね」菊田(西島秀俊)

「息子の身代わりってことですか?
そういえば、三島耕介は、高岡のそういう裏の顔のことは知ってたんですかね」葉山(小出恵介)
「どうかな。まったく知らないか、知っていても何も言わないのは、それだけ高岡に対して深い情を抱いていたってことになるんじゃないかな」石倉
「2人とも、どうしようもなく孤独やったんちゃいますかね。そやから本物の親子のようになれた」井岡
「でも、その三島耕介の孤独の原因は高岡にもある。高岡は重い十字架を背負ってまで、なぜ、そんなに彼を愛することができたんだろう・・」姫川

 まるで本当の親子のような、いや、それ以上の絆を感じさせる高岡と耕介の関係。
その関係に疑問を感じるのは、姫川自身が親子間の絶対的な愛情に疑問を感じているから。
親子でも憎みあうこともある、親子だからと言ってすべてを受け入れてもらえる訳ではない。
事件の謎を追いながら、姫川は自分自身の中にある母への愛情、そして母からもらった愛情を探し出そうとしている・・・

 って、井岡が鋭い事を言ったんで、ちょっとびっくり・・( ̄▽ ̄;)
やはり「デキる男」との評判は事実だったのか・・・?

 そして、保さんの言葉に納得・・・・
愛する人のために死ぬよりも、その人のために、どんなに辛くても生きる道を選ぶ。
生き方は違っても。姫川の母瑞江(手塚理美)もそうなんじゃないでしょうか。
生き続けていることが愛情の証明のようにも思います。それを姫川が受け入れる日が来れば、もう少し楽になれるのに・・・

 瑞枝の元に行った玲子は、夫に話しているつもりの言葉を聞いてしまう。
「嫌な夢見ちゃった・・・玲子がね、誰かを殺しちゃった・・・私かな・・・私が、あの日、同窓会なんか行かなかったら・・・」
居たたまれなくなり、そりゃ出ていくさ・・・
「何なのよ!何なのよ、ほんとに!ああああーーー!どうやって笑えって言うのよ!」

 さて、今回、ガンテツ(武田鉄矢)も登場!
何やら田嶋組関係者で引っ張ろうとしている奴がいたようで・・・日下に手を引けと脅しに来ましたぞ。
堂々と渡り合った日下でしたが、まだまだガンテツの方が上手のようです。

 にゃんと、日下はガンテツの下に居たことがあるそうな。
で、その時の捜査スタイルは姫川と似た感じだったんだって・・・
で、ガンテツは日下が間違った相手を逮捕するのを知りながら教えず、誤認逮捕させた後に、自分が本ボシを引っ張って来たそうな。
「嘘・・・なんでそんなことを・・」姫川
「ガンテツは日下に実力があることを、よく知ってた。だから、蹴落としたんだ」今泉

 ガンテツ・・・恐ろしい子。
伸び盛りの若い芽をつむとは・・・
それから、日下は着実で綿密に裏をとる捜査スタイルに変えたらしい・・
あの殺しても死なないような日下にも、青い時代があったのね・・・((-∀- )
日下が姫川を気にするのは、若き日の自分を姫川に見てたからだったんだね。

 でも、日下はガンテツにそうやって蹴落とされたから、這い上がって今の立場を築いた。
日下はガンテツほど非情にはなりきれないけど、同じように姫川に間違いに気づかせようとしてるんだろうな。

 そうそう、今回、日下の家庭観が菊田に語る形で知らされましたね。
「他人同士が一緒になって、コツコツ角ぶつけ合って、お互い奇麗に角がとれて、まあ、何ていうのかな・・・
お互い包み合うように1つのボールになるっていうのかな。
子供が生まれたら、そのボールに包み込んでやって家族ってボールが大きくなってく・・・」
でもな、なかなかうまくもいかなくてな・・・・妙な方向に転がってったりすんのが困りもんだよ。
お前らならきっと いいボールになるよ」

 御見通しかーーい!
しかし、こんな優しくて暖かいイメージを持ちながら、現実は仕事にのめりこみ、家庭をおざなりにしてしまっている・・・
不器用なんだねぇ・・・
てか、あんな口調で毎回言われてたら、よっぽど理解のある奥さんじゃないと家庭崩壊するわな・・・
日下家はどうなるんじゃろ・・・・

 左手首だけの殺人事件・・・その謎を解明しながら、うまい具合に「家族」というテーマを織り込んでいますよね。
私は三島耕介と高岡賢一の間には深い絆があって、たとえ高岡が実の父親殺害に関係していたとしても、耕介は高岡を選ぶように思うんだけどなぁ・・希望的観測かしら・・

 そして、「高岡賢一」は、三島耕介が20歳になって、大工としても一人前に育ったら、元の自分に戻ろうと決めていたんじゃないでしょうか・・
だから、今回の事件を知って(って、わたしゃ、耕介が殺したって前提で書いてるけど)積極的に偽装工作に関わったんじゃ・・
息子同様である耕介のために。この事件が二人が親子であることの証明であるように。
だから高岡は、保さんのように、本当の息子のためにも耕介のためにも生きていると思います。

 来週、ついに最終回!予告を何度も見たけどよくわからん!
皆様、一緒に見届けましょうぞ・・・

 第一話 シンメトリー
 第二話 右では殴らない その1
 第三話 右では殴らない その2
 第四話 過ぎた正義 その1
 第五話 過ぎた正義 その2 選ばれた殺意
 第六話 感染遊戯
 第七話 悪しき実 その1
 第八話 悪しき実 その2
 第九話 ソウルケイジ その1
 第十一話 (最終話) ソウルケイジ その3 こんなにも人を愛した殺人者がいただろうか

ねこちゃん
今回は菊田劇場はなし・・・?
でも、来週は菊田様が姫川の頭なでなでの場面が?!(ノ)´∀`(ヾ)
あぁ・・・ずっと菊田様を見つめていたいのに・・・最終回なんて悲しすぎる。
生き甲斐がひとつ消えるわ・・(←おおげさ・・)