おじいちゃんの写真に写っているホームズの写真・・・
やはりホームズは何やら片山家への恩返しのため、義太郎に刑事魂を吹き込みにきたのか?
もはや、シュシュ様の動向にしか興味がなくなってしまったという、このドラマですが・・・(´д`;)

 この普通にシリアスで沈鬱なムードはいったい・・・
赤川次郎さん原作にある軽妙なテンポの良さはどこへ行ってしまったの・・・
深刻に額に縦線入っている相葉ちゃんばかり見ているのも辛い・・・
そして、そんな義太郎に声を嗄らして怒鳴り続ける尾美さんを見ると悲しくなってしまう。
てか、この路線でいくつもりならテレ朝の刑事ドラマスタッフに学んで欲しいよ・・・・(←エラそうだな・・)

 連続放火事件は老人を食い物にする囲い屋の仕業だった。
住民を立ち退かせて新築したいオーナー→依頼された「LR企画」は金に困ってる人に目をつけ放火させる→MSを出ていくはめになった老人達を「自立支援」の名目の元に狭くて陽当たりも悪いMSに監禁して、生活保護費を巻き上げる・・・と。
 『LR企画』の悪を立証しようとしていた『週刊QQ』の記者有田令子(紺野まひる)と関わり、捜査するうちに義太郎(相葉雅紀)は犯罪を未然に防ぐために動くという刑事のスタイルを自分の中に見出すのでした。

 義太郎の中に刑事らしい信念が生れたのは良かったと思います・・・
三毛猫ホームズの推理 (角川文庫 (5680))三毛猫ホームズの推理 オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る
 今回のホームズ(マツコ・デラックス)はなぜか給食のおばさんスタイルで登場。
義太郎が放火事件に遭遇し、人命だけでなくインコを助けたことで感謝を伝えてましたぞ。
で、軽く喝を入れて猫に戻るのでした。
「自分には 何ができんのかもう一回 ちゃんと考えなさい」

 頑張って立石とLR企画の関係を掴み、立石が殺されたことに気づいたのは偉かったけど、あの取り調べはひどかったねぇ・・
根本(尾美としのり)じゃなくても怒るワ・・・(-ω-;)
「あなたが立石さんを殺したんじゃないですか?」って言った後、なんも出てこないという・・・
それで「はい、殺しました」って自白するなら、取り調べ室はいらねぇんだよ!

 すいませんね、抑えてるんだけど・・・(;´Д`)
でも、この場面は・・・ちょっとねぇ・・・

 その後、ホームズの「氷に塩」のアドバイスで立石に不整脈を起こさせた過程がわかった義太郎は、石津(大倉忠義)にコンビニの監視カメラ映像を確認させて、証拠固めをしてから動いたわけやね。
何かメインのゲストである紺野さんのキャラに魅力が全く見いだせず・・・
おじいちゃんおばあちゃんの存在感が救いだったわーー

 エンディングで寂しそうな顔をしていたマツコが気になるわ〜
「大好きな人に自分の死ぬ姿 見せて悲しませないように迷惑をかけないようにそれで独りぼっちで死んで行くのよ」って、言ってたけど、化け猫期間終了でこの世からオサラバしてしまうのかちら・・・

 第1話 天才化け猫 & ダメ刑事 VS 密室殺人
 第2話 家出猫はミタ!亡霊殺人事件
 第3話 猫消失!? 古城監禁殺人ツアー
 第4話 古城連続殺人 ! 真犯人の涙・・・
 第5話 回る殺人の怪 !? 初恋の義太郎 

br_banner_sumire

HPこちらで、「シュシュの唄」と共に撮影中のかわゆいシュシュ様のお姿が堪能できます。
(d゚ω゚d) どうぞ、覗いてみて〜!